【ブチギレ】朝青龍がコロコロコミックに大激怒! 日本人が謝罪する事態に

大相撲第68代横綱で現在は実業家やタレント、評論家としても活躍する朝青龍明徳(あさしょうりゅう あきのり)さん。現役時代は憎たらしいほどの強さでヒール的な人気を誇った大横綱で、引退後も歯に衣着せぬ物言いでたびたび話題になっている。

そんな朝青龍さんが、またもや怒り狂っているのでお知らせしたい。2018年2月22日に自身のTwitterに投稿したところによると、今回朝青龍さんがブチギレているのは、小学生向けの漫画雑誌「コロコロコミック」に対してである──。

・コロコロコミックに大激怒

朝青龍さんが激怒したできごとで記憶に新しいのが、日馬富士による貴ノ岩暴行事件だ。日馬富士を非難する日本メディアに対し、朝青龍さんは怒りのツイート12連発を投稿。各所に波紋を巻き起こした。

そして今回朝青龍さんがブチギレているのが、冒頭でもお伝えした通り「コロコロコミック」に対してである。コロコロコミックといえば、かつては『おぼっちゃまくん』や『つるぴかハゲ丸』などが連載されていたことで知られ、対象はせいぜい小学校高学年まで、中学生で読んでいるコはほとんどいない月刊漫画雑誌である。

そんな漫画雑誌になぜ大横綱がブチギレているのか? 投稿によると朝青龍さんがブチギレているのは吉野あすみ先生が描く『やりすぎ!!! イタズラくん』に対してで、モンゴルの英雄「チンギスハーン」をギャグにされたことにご立腹のようだ。

具体的にはチンギスハーンを「チンチン」と読んだり、肖像画のチンギスハーンのおでこに可愛いティンティンを書き込んだりしているもので、くだらないと言えばこの上なくくだらない小学生レベルのギャグである。

・多くの日本人ユーザーが謝罪

だがしかし、現役時代から己に正直で、見方を変えると “ピュア中のピュア” な性格の朝青龍はこれに対し大激怒!


「よっぽど中国人がましや!!! あれ得ない!! 悲し涙!! 大好きな日本人がこんな風に!!」

「我が国東アジアで一番の平和である国!! 日本国まりに日本と平和国ありますか? てきばっかりの国々!! なぜこんな事おかした?」(両方とも原文のまま)


……と投稿しているのだ。これに対し「日本人として謝罪します」「モンゴルのみなさん、本当にごめんなさい」「こんな日本人ばかりだと思わないでください」と多くの日本人が謝罪する事態となっている。

謝りたくなる気持ちもわからなくもないが、一方でコロコロコミックは子供向けのギャグ漫画でありそこに悪意があったとは考えにくい。朝青龍のピュアすぎる性格だからこそ起きたこの一件、あなたはどう思うだろうか?

参照元:Twitter @Asashoryu
執筆:P.K.サンジュン

【猫の日】企業Twitterアカウントが次々と猫化!「タニャタ」「ニャープ」「キングニャム」などアイコンまで仕上げて来てる件

本日2月22日は猫の日! 猫ってなんであんなに可愛いんだろうか。ゴロゴロしてるのを見るだけで全てを許せる気がするぜ。

ネットの人気者の記念日だけあって、本日は朝からこの話題で持ち切りである。そんな中、人気の企業Twitterアカウントが軒並み猫化しているためお伝えしたい。

・猫化アカウント

ネットの話題に敏感に反応し、華麗にサーフする企業アカウントたち。以前の記事で、「#自社製品を自虐してみた」が盛り上がる様子をお伝えしたが、本日猫の日も全力で乗っかっていっている。こちらで確認できる限り、以下の企業アカウントが猫化していた。

タニタ → タニャタ
シャープ → ニャープ
キングジム → キングニャム
タカラトミー → タカラトミャ―
パインアメ → パインニャメ
井村屋 → いむにゃや
ノザキのコンビーフ → ノザキのニャンビーフ
アデランス → アデニャンス
ビックカメラ → ビックカメニャ
浅田飴 → あさにゃあめ
CASIO → ニャシオ
ビッグカツのすぐる → ビッグニャンのすぐる
鈴鹿サーキット → 鈴猫ニャーキャット

──などなど。名前だけでなく、専用のアイコンを作っているアカウントも多く、その本気度が伝わってくるようだ。完全に「猫の日」に向けて仕上げて来てる……!

今回紹介した以外にも、人知れず猫になっている企業はあるに違いない。もし、フォローしている企業アカウントがあればアイコンを要チェックだ。

参照元:Twitter @kingjim
執筆:中澤星児

【イラスト】『よくわかる埼玉県2018』が猛烈な勢いで拡散中! 埼玉の約70%は「片田舎」か「秘境」らしい

全国5位の人口約730万人を誇る埼玉県。人口密度は東京・大阪・神奈川に次ぎ全国第4位であることからもわかるように、数字だけみれば文句なしの大都市である。だが「海がない」「ダ埼玉」とネタになることも多く、埼玉県民以外にとってはいまいちイメージが掴みづらい県だ。

2018年2月21日、そんな埼玉県をこの上なくわかりやすく解説したイラストが公開され猛烈な勢いで拡散している。その名も「よくわかる埼玉県2018」──。これを見れば他県民でも埼玉県のことがすぐに理解できるハズだ。

・漫画家「矢野トシノリ」先生の作品

イラストを公開したのは双葉社ピザッツDX「もっとマワして♡裏回覧板」を連載中の漫画家、矢野トシノリ@hosimaki)先生である。 2月21日に矢野先生が投稿した「よくわかる埼玉県2018」は約2時間で2000リツイート以上を記録するなど猛烈な勢いで拡散中だ。

実は矢野先生が「よくわかる埼玉県」を投稿したのは今回が初めてではない。昨年も「よくわかる埼玉県2017」を公開しており、こちらは1万6000リツイート以上を記録している。

さて「よくわかる埼玉県2018」だが、エリアは大きく「さいたま」「さいたまベッドタウン」「西武王国」「片田舎」「秘境」と分けられている。イラストを見る限り埼玉県は70%近くが「片田舎」もしくは「秘境」のようだ。

・一目瞭然

また埼玉県民にとって東京都練馬区はほぼ埼玉のようなもので、埼玉の首都は池袋、東京は「おそれ多い大都会」らしい。その他にも「クレヨンしんちゃん」や「あのはな」「せんべい(草加せんべい)」などと馴染みのあるワードが多く記載されているから、土地勘のない人でもおおよそのイメージは掴めることだろう

埼玉県を的確に表現しながら、埼玉愛にあふれる矢野トシノリ先生の「よくわかる埼玉県2018」。先生が手掛ける「もっとマワして♡裏回覧板」は単行本も発売中なので、気になる人はそちらもぜひチェックして欲しい。

参照元:Twitter @hosimaki
イラスト:矢野トシノリ , used with permission.
執筆:P.K.サンジュン

【男子フィギュア】米アダム・リッポン選手のツイートが色々と素晴らしすぎると話題に / 海外メディア「金メダルでなくても優勝!」「絶対にフォローすべき」

羽生結弦選手が金メダルに輝いた平昌五輪の男子フィギュア。羽生選手を始め、宇野昌磨選手も田中刑事選手も美しい演技をありがとう! ハビエル・フェルナンデス選手も金博洋選手もどの選手も本当に素晴らしかったです!!

今、そんな男子フィギュア界で、ある選手のツイートが “金メダル級” に素敵だと話題になっている。それは……男子で10位、団体戦で銅メダルを獲得したアメリカ代表アダム・リッポン選手! 一体どんなツイートなのだろう?

・スポーツ界でゲイのアスリートであるのはどんな感じ?

「金メダルは取れなかったかもしれないが、彼のツイートはネット上で優勝だ!」「彼のアカウントをフォローしないなんて間違っている」……これらは、ネットメディアがリッポン選手のツイートを取り上げたときの言葉だ。

例えば『Bored Panda』や『Mashable』は、ゲイであることをカミングアウトしているリッポン選手のこんな言葉を紹介している。

「最近あるインタビューで、スポーツ界でゲイのアスリートであるのはどんな感じかと聞かれた。僕は、ストレートのアスリートと全く一緒だと答えた。同じように一生懸命に努力しなければならない。まあこっちの眉毛の方がゴージャスだけどね」

・自分を嫌う人々に対する姿勢

同性愛であることを公表し、アメリカの冬季オリンピック代表になったのはリッポン選手が初めて。そのため多くの批判にさらされることも多いようだが、彼がそんな “アンチ” からの声に負けることはない。

あるTV番組で、リッポン選手は「私は◯◯なしではオリンピックに出場できなかった」と「◯◯」に言葉を入れてほしいとインタビューを受けた。番組内で彼は「母親」と答えたものの、心の中には別の答えが浮かんでいたのだとか。それは……

「自分に対するアンチたち」

また「あなたが失敗しますように」とメッセージを送ってくる人々にむかって、リッポン選手は以下の通りツイートしたりもしている。

「僕は人生でたくさん失敗してきた。でもより大切なのは、これまで全ての挫折から何かしら学んできたことだ。自らの過ちを認め、失意から成長してきたことだ。そして今では大舞台にのぞむ女戦士になれたんだ」

ちなみにリッポン選手は、ペンス米副大統領からの面会要求を「ペンスは同性愛者の “矯正” 治療機関に出資した」と拒否したとも伝えられている。

・仲間や悩み傷ついている人々へのメッセージ

そのように彼は自分の仲間を大切にする。米大手メディア『NBC』からオリンピック特派員になってほしいとオファーを受けたときも、リッポン選手は以下の理由で断っている。

「特派員になればチームUSAと離れなければならない。(略)僕のチームメートたちは僕の競技中に一緒にいてくれた。今度は僕が、彼らのためにそこにいる必要があるんだ」

NBC はリッポン選手から断られるとは思っていなかったらしく、彼の返答を受ける前にリッポン選手の写真とともに「NBCチームへようこそ」とフライングでツイートをしてしまっていたのだとか。上記の返答を受けた後、NBC はこのツイートを削除している。

また彼はツイッター上で、傷つき、悩む人々に寄り添うメッセージも送っている。2月14日にフロリダ州ブロワード郡の高校で起こった銃乱射事件について、リッポン選手は次のように哀悼の意を表した。

「オリンピックに出場した日が “人生で最も大切な日” か聞かれたけど、答えはノーだ。だって毎日が大切な日。当たり前だと思ってはいけない。もう銃が乱射される事件などが起こるべきではない。傷ついた家族のみなさんに愛を」

別の機会では、悩める若者たちの力になりたいともつぶやいている。自分がゲイであるとカミングアウトし、オリンピックに出場することが若い人々の助けになればいいとリッポン選手は願っているのだった。

「自分の居場所がないと感じている若い人たちの救いになればいいと思っている。かつては僕も同じように感じていた。自分自身であることが、いかに素晴らしいかを知ってもらいたい。一生懸命になれば、なんだって出来るんだから」

参照元:Twitter @AdarippBored PandaMashableTIMENPR(英語)、Instagram @adaripp
執筆:小千谷サチ

匿名の悪口が過去の遺物に……現代ネット社会を風刺したマンガに共感の嵐「マジでこうなってほしい」


匿名性が高いインターネットの世界。人の本性なのか、悪口、ため口なんでもござれ状態だ。やりすぎて逮捕される人も出始めているが、みんなそこまでしてディスりたいのだろうか

そんな現代のネット社会を風刺したマンガが共感を集めているためご紹介したい。こんな時代が来ればいいなあ

・未来の小学校

未来の小学校の授業を描いた本作品。描いたのは、マンガ家・横山了一先生(@yokoyama_bancho)だ。Twitterに投稿された本作は、1日足らずで1万リツイートを超えて拡散され続けている。

描かれているのは、未来のネットマナーの授業。先生は言う。「いきなりため口はやめよう」「とくめいだからってわるくちをいわない」「ネットが広がったころはこんなことも守れない大人がたくさんいたんですよ!」と。


「え~かっこわる~」「アタシそんな時代絶対イヤ~!」と反応する子供たち。ネットディスは過去の遺物に……どことなく、星新一先生のショートショート作品を彷彿とさせる現代への風刺を含んだ本作。ネットの声は以下の通り。

・ネットの声

「今すぐにでも小中学校でやるべき授業ですね!(一部大人も!)」
「早く来いそんな優しいネット社会!」
「10年前に学校でこんな感じの内容で全校集会を受けたことがあるので学校によってはやってるかもですね」
「もう始まってますよ!」
「高校の情報でやってた」
「クラス内で模擬チャットみたいなものをやりました…が!匿名なのをいいことに最後は罵倒大会になり先生が激怒し授業が中止になりました」
「マジでこうなってほしい」
「中学校ぐらいからそのような授業受けてきました。(中略)年に一回は、SNSによって起こった事件の話をされたり、実際に生徒のTwitterアカウントを晒されたりしてます(笑)」

──「早く来い」「マジでこうなってほしい」など共感の嵐。また、学校によってはすでにネットマナーを授業で教えているところもあるようだ。近い未来、本当にこんな時代が来るのかもしれない。まだ、ネットで悪口言ってるの?

参照元:Twitter @yokoyama_bancho
マンガ:横山了一, used with permission.
執筆:中澤星児

Plane passenger almost gets busted for unusually-shaped chocolate in carry-on luggage

At least he has the chocolate for stress eating after this ordeal.

Valentine’s Day has come and gone for another year. Now that the ladies have either emptied their wallets on sweet treats or put in some elbow grease whipping up homemade chocolate for the men, they now get to sit back and wait to reap the returns of their labors on White Day (March 14).

Speaking of returns, we’re very curious to find out what Japanese Twitter user @rr250r_smr will reciprocate with, thanks to whoever gave him a decidedly strange box of chocolates which landed him in a pickle at the airport. We’ll let him take it away here:

“I made it home so now I’d like to share a bit about the trouble I experienced today. The security check at Itami Airport [aka Osaka International Airport] revealed hand tools so they emptied out all of the contents of my carry-on bag to do a second check…of course I had no idea what was going on, and I didn’t argue with them. After inspecting all of the items, they broke the seal on the final present I had received which turned out to be tool-shaped chocolate. People of the world, please take note.”

Poor guy–it sounds like there was no way for him to have known what his chocolate looked like since he hadn’t yet opened the box himself. While we’re sure he had a few heart-pounding moments when airport security singled out his bag, hopefully everyone got a laugh out of it when they realized that the tool set was, in fact, edible.

A few days later he followed the ordeal up with two more posts:

“I’m finally going to eat the chocolate that became an issue.”

“It’s definitely chocolate!”

It remains to be seen what the logic behind the tool-shaped chocolate was in the first place (maybe he’s an ace at DIY home projects?), but it’s one gift that he certainly won’t forget anytime soon.

Next time, for something a little more traditional but still as unique, might we suggest going to the airport with these boozy samurai warlord chocolates? They’re not shaped like swords and shouldn’t set off the security alarm.

Source: Twitter/@rr250r_smr via My Game News Flash
Featured image: Twitter/@rr250r_smr

Japanese partygoer starts dishwashing at American friend’s house, ends up pondering her culture

A simple act leads to a deep discussion on important cultural values within Japan vs. outside countries and traditional gender roles. 

Who does the dishes in your household? Is it an expectation, or do they volunteer? Would they behave any differently at someone else’s house? As one Japanese net user found out, the answers to these questions may reveal more than they initially seem.

A little over a week ago, a single instance of doing something that was completely natural to her at an American friend’s party and the ensuing reaction prompted Twitter user @montserrat5 to post a series of four tweets in total on her thoughts about the experience. Japanese people from around the country have since chimed in with their opinions and observations as well, leading to a net-wide discussion on the subject.

Let’s take a look at the original tweet and scenario that sparked the debate:

“I went to a drinking party at my American male friend’s place. As it was wrapping up, I started doing the dishes. He rushed over to me and asked, ‘What are you doing?’ to which I answered, ‘Huh? Cleaning up…’ He continued while laughing, ‘You’re not someone who actually enjoys doing the dishes as a hobby, are you? If someone’s gonna do them then everyone needs to play rock-paper-scissors first,’ which caused me to stop. Somehow I was taken aback.”

It’s important to note for the purposes of this exchange that the writer of the post is a Japanese female, who later clarified that the party took place in Japan and the attendees were almost all non-Japanese people. She continued in a second tweet:

“Men view women naturally cleaning up after eating and drinking as completely normal. That idea is so deeply ingrained. If it were a party with Japanese people only, they would probably say, ‘It’s a woman’s job.’ But from the standpoint of my American friend who doesn’t harbor such an idea, I probably looked like a strange person to take over something bothersome even though I wasn’t asked to, so he got me to stop. Habits are scary…haha.”

Is she reading too much into this situation, or is she making a valid point? While it’s true that even individuals from the same country of origin and of the same gender have different notions on how to delegate household tasks, @monserrat5 further went on to share another intercultural anecdote:

“I have an American uncle. When he came to his Japanese relatives’ gathering, he got flustered when I tried to pour him some alcohol and said, ‘You don’t have to do that for me,’ and took the beer bottle. That was when I was in my twenties, and I think it was probably the moment when questions were born about exactly what things are ingrained inside of me regarding femininity.”

She finished the dialogue with one more summary tweet:

“This tweet is about my thoughts on those moments when I have questions such as ‘If I stop and think about it, what exactly does this mean?’ regarding the customs, culture, upbringing, manners, national characteristics, and the climate that I’ve been submerged in my whole life. After having those questions, there are various ideas about how to think moving forward, but the one thing I can say is that I can’t return to a time when I didn’t have any questions.”

▼ (NOT part of the discussion agenda: questions about interspecies dishwashing)

Japanese net users weighed in on her postings with mixed opinions:

“Every country has a different culture and manners. If there are people who are using this tweet to prove that Japan is a little behind the times, I think that’s not quite right.”

“In the case of my relatives’ house, it seems that in more cases than not the women are in charge of managing things inside the house. I have a feeling that it’s most common in Japan for men to be in charge of the house itself. In terms of my relatives, the women do the cleaning up in the kitchen while the men are delegated more manual labor tasks such as cleaning the barbecue grill, yard, and pond maintenance.”

“At private establishments in Japan (especially in the lower parts of town), when a man and women enter a restaurant together, the beer bottle, sake bottle, or cup is left on the woman’s side. There are even some older women who forcefully return a bottle moved near the drinking person back to the woman’s side while saying, ‘You’re not being thoughtful. You should pour it.’ It has nothing to do with culture or the like–I just wish somebody would kick out the older people who force young women to behave this way.”    

“I would begin cleaning up any fallen trash, dirty tables, or used plates normally. Just leaving those things as they are is neither virtuous nor immoral. It’s just customary. I prefer the people in countries that take the self-initiative to tidy those things without worrying about differences in how others might view them rather than those from countries who would just let them sit there.”

Truth be told, as an American female, my immediate reaction to @montserrat5’s original anecdote was not related to traditional gender roles at all, as most of the other net users and she herself seemed to interpret it, but to the host vs. guest dynamic. If I were hosting a party at my place, I would never expect my guests to do the dishes for me. Furthermore, if one of them automatically began to clean, I would absolutely intervene just as the American male friend did in this case. From my own time in Japan, I have witnessed Japanese friends trying to stop me from cleaning up as well, so I’m not convinced that it’s necessarily a cultural difference, either. We’d be curious to hear from readers all over the world what your reactions to the tweet series were, and judging by @montserrat5’s interest in the topic, she’d be keen to hear your thoughts too!

Source: Twitter/@montserrat5 via My Games News Flash
Featured image: SoraNews24