【ブチギレ】朝青龍がコロコロコミックに大激怒! 日本人が謝罪する事態に

大相撲第68代横綱で現在は実業家やタレント、評論家としても活躍する朝青龍明徳(あさしょうりゅう あきのり)さん。現役時代は憎たらしいほどの強さでヒール的な人気を誇った大横綱で、引退後も歯に衣着せぬ物言いでたびたび話題になっている。

そんな朝青龍さんが、またもや怒り狂っているのでお知らせしたい。2018年2月22日に自身のTwitterに投稿したところによると、今回朝青龍さんがブチギレているのは、小学生向けの漫画雑誌「コロコロコミック」に対してである──。

・コロコロコミックに大激怒

朝青龍さんが激怒したできごとで記憶に新しいのが、日馬富士による貴ノ岩暴行事件だ。日馬富士を非難する日本メディアに対し、朝青龍さんは怒りのツイート12連発を投稿。各所に波紋を巻き起こした。

そして今回朝青龍さんがブチギレているのが、冒頭でもお伝えした通り「コロコロコミック」に対してである。コロコロコミックといえば、かつては『おぼっちゃまくん』や『つるぴかハゲ丸』などが連載されていたことで知られ、対象はせいぜい小学校高学年まで、中学生で読んでいるコはほとんどいない月刊漫画雑誌である。

そんな漫画雑誌になぜ大横綱がブチギレているのか? 投稿によると朝青龍さんがブチギレているのは吉野あすみ先生が描く『やりすぎ!!! イタズラくん』に対してで、モンゴルの英雄「チンギスハーン」をギャグにされたことにご立腹のようだ。

具体的にはチンギスハーンを「チンチン」と読んだり、肖像画のチンギスハーンのおでこに可愛いティンティンを書き込んだりしているもので、くだらないと言えばこの上なくくだらない小学生レベルのギャグである。

・多くの日本人ユーザーが謝罪

だがしかし、現役時代から己に正直で、見方を変えると “ピュア中のピュア” な性格の朝青龍はこれに対し大激怒!


「よっぽど中国人がましや!!! あれ得ない!! 悲し涙!! 大好きな日本人がこんな風に!!」

「我が国東アジアで一番の平和である国!! 日本国まりに日本と平和国ありますか? てきばっかりの国々!! なぜこんな事おかした?」(両方とも原文のまま)


……と投稿しているのだ。これに対し「日本人として謝罪します」「モンゴルのみなさん、本当にごめんなさい」「こんな日本人ばかりだと思わないでください」と多くの日本人が謝罪する事態となっている。

謝りたくなる気持ちもわからなくもないが、一方でコロコロコミックは子供向けのギャグ漫画でありそこに悪意があったとは考えにくい。朝青龍のピュアすぎる性格だからこそ起きたこの一件、あなたはどう思うだろうか?

参照元:Twitter @Asashoryu
執筆:P.K.サンジュン

【夢の競演】ベジータとフリーザと野沢雅子が街ブラする動画が面白すぎっぞ! ドラゴンボールファンはいっちょ見てみねぇーとぶっ殺すぞ!!

タレントや芸人がぶらぶらと街を散歩しながら、気になるスポットや食べ物を紹介する「街ブラ番組」がここ数年流行っている。個人的には特に好きでも嫌いでもないのだが、たまたま超絶面白い「街ブラ動画」を発見してしまったのでぜひご紹介したい。出演するのはベジータフリーザ、そして野沢雅子である。

ファンならすでにピンときているのではないか。そう、ドラゴンボールのキャラマネで有名な芸人たちが、なぜかそのキャラの格好で街ブラをしているわけだから、これが面白くねぇわけねぇーだろうが。マジで全員無駄に似すぎてっから、今すぐ見ねぇーとぶっ殺すぞ!!

・あのキャラたちが街ブラ

ベジータ、フリーザ、野沢雅子という夢の競演が実現した地上波番組が、YouTubeで公式配信中である。『まろに☆え~るTV~とちぎの旅! ワクワクすっぞ!』というタイトルで、その名の通りDB芸人たちが栃木を旅する番組だ。2018年2月22日現在、そのでぇー1話とでぇー2話が公開されている。

・とにかく似すぎている

テレビなどで見たことある人も多いだろうが、この3名のモノマネはマジで激似だ。特にアイデンティティ田島さん演じる野沢雅子さんのモノマネは、モノマネというかもはや本人である。悟空とベジータ、そしてフリーザが街ブラするなんて、オラワクワクすっぞ~!

1話の終盤では、「あの地球人のように」からの「クリリンのことか!」もあるので要注目だ。それにしても、長らく悟空不在が続いたDB芸人の輪に、田島さんが加わった現在の “最後のピースがハマった感” は異常である。もうこれ何でもいけるやん! という無限の可能性しか感じねぇーぞ。

・見ねぇーとぶっ殺すぞ!

次回予告を見ると、メンバーにピッコロまで加わっているではないか。おめぇ、まだ面白くなるんか!? さらにワクワクしてきたぞ~! 言うまでもないがドラゴンボールファンは必見の番組なので、みんなぜってぇー見てくれよな!!

参照元:YouTube
執筆:あひるねこ

匿名の悪口が過去の遺物に……現代ネット社会を風刺したマンガに共感の嵐「マジでこうなってほしい」


匿名性が高いインターネットの世界。人の本性なのか、悪口、ため口なんでもござれ状態だ。やりすぎて逮捕される人も出始めているが、みんなそこまでしてディスりたいのだろうか

そんな現代のネット社会を風刺したマンガが共感を集めているためご紹介したい。こんな時代が来ればいいなあ

・未来の小学校

未来の小学校の授業を描いた本作品。描いたのは、マンガ家・横山了一先生(@yokoyama_bancho)だ。Twitterに投稿された本作は、1日足らずで1万リツイートを超えて拡散され続けている。

描かれているのは、未来のネットマナーの授業。先生は言う。「いきなりため口はやめよう」「とくめいだからってわるくちをいわない」「ネットが広がったころはこんなことも守れない大人がたくさんいたんですよ!」と。


「え~かっこわる~」「アタシそんな時代絶対イヤ~!」と反応する子供たち。ネットディスは過去の遺物に……どことなく、星新一先生のショートショート作品を彷彿とさせる現代への風刺を含んだ本作。ネットの声は以下の通り。

・ネットの声

「今すぐにでも小中学校でやるべき授業ですね!(一部大人も!)」
「早く来いそんな優しいネット社会!」
「10年前に学校でこんな感じの内容で全校集会を受けたことがあるので学校によってはやってるかもですね」
「もう始まってますよ!」
「高校の情報でやってた」
「クラス内で模擬チャットみたいなものをやりました…が!匿名なのをいいことに最後は罵倒大会になり先生が激怒し授業が中止になりました」
「マジでこうなってほしい」
「中学校ぐらいからそのような授業受けてきました。(中略)年に一回は、SNSによって起こった事件の話をされたり、実際に生徒のTwitterアカウントを晒されたりしてます(笑)」

──「早く来い」「マジでこうなってほしい」など共感の嵐。また、学校によってはすでにネットマナーを授業で教えているところもあるようだ。近い未来、本当にこんな時代が来るのかもしれない。まだ、ネットで悪口言ってるの?

参照元:Twitter @yokoyama_bancho
マンガ:横山了一, used with permission.
執筆:中澤星児

誰でも「超人ハルク」になれる! 怪力パンチを出せる自作の拳が驚異の破壊力!!

マーベル・コミックのなかでも、異彩を放つ『超人ハルク』。ストーリーを見たことがなくても、緑色の怪力モンスターに変身するキャラクターというのは知っている人も多いだろう。怪力といえばハルク。ハルクといえば怪力だ。

もし実在したら、どれくらいのパワーを秘めているのか。思わず想像してしまうものだが、なんとそんな『超人ハルク』のようなパワーを手に入れようと、実際に驚異の破壊力を持つ拳を自作してしまった人物が現れた。それでは、さっそく拳の全貌を動画でご覧に入れよう。

・鉄板を切り抜いて拳を製作

動画を公開したのは、映画に登場する数々のアイテムを再現しているカナダ出身の人気ユーチューバー「Hacksmith」氏である。前述の通り、今回彼が製作した拳は驚異の破壊力を持っているようだが、いったいどんな仕組みなのだろうか?

動画「Make it Real: HULK FIST SMASHES EVERYTHING」で製作風景を確認すると、拳の3Dデータに基づいて切り抜いた鉄板を溶接し、最後にスプレーで緑色に塗って完成だ。なるほど、簡単に言うと “鉄製の拳” というわけである。

その後、動画の4:50あたりからどれほど威力があるのかを披露。緑色の拳を手にはめて「ドカーン!」と振り下ろすと……なんというパワーだ! コンクリートブロックや鉄製の鍋など、素手では破壊不可能なものを次々とぶっ壊していくから凄い。

・使いこなすのには相当なパワーが必要

自分への衝撃が気になるところだが、持つことさえできたら誰でも超人ハルクになれる “鉄製の拳” 。もしも、この拳をはめて自由に動けるとすれば、使用者自身がすでに相当なパワーの持ち主といえるだろう。

それはさておき、Hacksmith氏のYouTubeチャンネルでは、他にも「アイアン・マン」のパワードスーツや、「マイティ・ソー」のハンマーなど、様々なアイテムを再現する様子が見られるので、興味のある方は要チェックだ。

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ

【100均検証】iPad Proで絵を描く時にダイソーの『携帯スタンド吸盤タイプ』を使うと革命的に最高!

今回の100均検証、タイトルにApple社製の大型タブレット「iPad Pro」や、「絵を描く時」などの文言が入っており、絵描き向けの内容になっていそうな気もするが、おそらく他の目的でも応用できると思うので、ぜひとも最後まで読んでほしい。

「iPad Pro」といえば絵を描く時に最高すぎることが広く知られており、つい数カ月前には漫画家御用達の漫画ソフト「クリスタ」のiPad版がリリースされるなど、漫画家やイラストレーターにとって “必須” のアイテムになりつつある。

当の私(羽鳥)も実は漫画家(マミヤ狂四郎)なのであるが、とある原稿を iPad Proを使って描いていた時のこと。「肩と首が痛ぇ……。ちょっと角度が欲しいな……」と思いながら、グルリとあたりを見渡してみると……

机の脇に、ダイソーの『携帯スタンド吸盤タイプ』が置いてあった。そして、その時、「ピーン!」ときた。

まさか……これ……使えるんじゃ……と!!

まずは、机に『携帯スタンド吸盤タイプ』をガッチリと固定する。レバー付きの吸盤なので、机にデコボコがなければ「ピタッ!」と固定されるはず。

そして、iPad Proを好みの角度に立てかけて、携帯スタンドの「頭」のほうの吸盤で iPad Proの裏面をプニッっと吸着。すると……

めちゃめちゃ描きやすい〜!!

角度も位置も思いのまま〜!!

回転もできちゃう〜!!

おめでとうございま〜す~!!

ブーンブンブンブーン!! キキーッ!

しかも、画面の回転をロックしたら……

まるで原稿用紙をグルグル回して描くがごとく……

角度つきでグルグル描きまで可能ときたーっ!!

これはもう……iPad Proスタンド革命や〜〜〜〜!

本っ当に最高。革命的に最高。むしろこれ、iPad Proで絵を描く用に開発されたんじゃねーかってくらいに最高。しかも価格はたったの100円。スマホ用にも使えるし、ヘッドストラップにもなっちゃうし、可能性無限大すぎる!!

iPad Proと『携帯スタンド吸盤タイプ』の組み合わせで描いた絵のクオリティは普段と何も変わらなかったが、圧倒的に「肩や首が楽チン!」だったので、次回以降も絶対にこの組み合わせで使おうと思う。どこでも使えるし。ちゃぶ台でもできるし!

Report:100均研究家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証

【号外】『中間管理録トネガワ』が今年中に日テレでアニメ化! 見どころをファンに聞いてみた!!


号外! 号外ーーーーーー!! なんとあの『中間管理録トネガワ』がアニメ化するぞォォォオオオ! しかも、2018年内に日本テレビで放送されるようだ!!

『賭博黙示録カイジ』のスピンオフである本作は、血も涙もない帝愛グループの最高幹部の1人・利根川幸雄が主人公の作品である。マジでこれアニメ化するの?

・Amazonページで判明

この情報が判明したのは、これまた『カイジ』のスピンオフ作品『1日外出録ハンチョウ』3巻のAmazonページでのこと。2018年3月6日に出版予定の本作のAmazonページには、イメージ画像が4点表示されているのだが……


そのうちの1つの帯に「日本テレビAnichU枠にて2018年アニメ化決定」と記されているのだ! ざわ……ざわ……

なお、制作は「マッドハウス」でアニメ版『カイジ』と同じ。これはますます期待が高まる一方だ!! そこで、以前、オススメのマンガに『中間管理録トネガワ』をあげていた和才雄一郎に見どころを聞いてみたところ、以下の回答が返ってきた。

和才雄一郎「見どころなんて……考えるなっ……! 楽な方へ楽な方へ……まさにクズの発想だっ……! そんなこと……考える前に……カイジを読めばいいっ……! そうすれば……いやが応でも……利根川のイメージが……帝愛のイメージが……頭に残るだろっ……! 準備は……それで……十分だっっっ……!

そのイメージを……『中間管理録トネガワ』が……どう裏切ってくるのか……? 強いて言えば……それが……見どころだっ! それから……個人的には……「限定ジャンケン」の企画会議が……アニメでは……どうなっているのかっ! それが……楽しみだっ! あと……まさやんが……! うっ……! ネタバレに……なるからっ……! これ以上……言えないっ!」

──とにもかくにも、見逃せないアニメ版『トネガワ』。ファンはざわざわしながら待つしかねェェェエエエ!

参照元:Amazon
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

【衝撃】ジャンプで連載の漫画『時間の支配者』が唐突に打ち切り → 続きの読み方のハードルが高すぎると話題に

真っ白な原稿の上に、ペン一つで様々なドラマを生み出していく……。漫画は本当に素晴らしい。と同時に、非常に厳しい世界でもある。プロとして連載している以上、人気は常に意識しなければならないし、結果が伴わなければ打ち切りになってしまう。これまで、中途半端な形で終了してしまった作品をいくつも見てきた。

今、連載が打ち切りとなったある少年ジャンプ作品が話題になっている。打ち切りは打ち切りだが、完全に終了というわけではなく、続き自体はちゃんと読めるらしい。しかし、その続きの読み方のハードルがめちゃめちゃ高いのだ。正直、読める気がしないぞ。

・衝撃の打ち切り

少年ジャンプの漫画誌アプリ「少年ジャンプ+」。そこで連載されている『時間の支配者』は、かつてアニメ化もされた人気作品だ。しかし、2018年2月15日に公開された第77話にて、唐突に連載が終了してしまう。

普通打ち切りになる場合、伏線などが回収されないことはあっても、一応作品として完結するような形になっているものだ。しかし、『時間の支配者』は違った。明らかに次回に続く感じで終了してしまったのである。最後のページのセリフは以下の通り。

「ミーナは……私の本当の母親かもしれないんだ!」

うむ、これは完全に続きがある。だが、ページの下の方に目をやると……。

「おわり ご愛読ありがとうございました。」

ええええええええええええ! 終わり? ここで!? いやいや、嘘だろ! さらに最後に添えられた衝撃の一文が、読者を混乱の海に叩き落す。

「この続きは、中国の漫画雑誌『翻漫画』で確認しよう!」

なん……だと……? そう、「ジャンプ+」で連載されていた作品を読んでいたら、続きは中国の雑誌に掲載されるといきなり告げられたのである。完全にポルナレフ状態になったのは言うまでもないが、それは他の読者も同じだったようだ。コメント欄を埋め尽くす困惑の声を一部ご紹介しよう。

・読者の声

「えっ!? 終わり!?」
「ちょっと言ってる意味がわからないです」
「中国の雑誌買っても読めねえだろ」
「どんな終わり方やねん」
「唐突な終わりで草」
「そんな無茶な」
「ある意味伝説」
「続き読みにちょっと中国行ってくる」

続きが読めるのは嬉しいが、中国の雑誌じゃ何が書いてあるのか分からない。ジャンプさん、いくらなんでもハードルが高すぎやしませんかねぇ……。

・中国版が本家

ただ、この移籍劇はまったく脈絡なく起きたわけではない。そもそも『時間の支配者』は台湾出身の作家・彭傑先生による作品だ。2014年に中国版のジャンプ「漫画行」で連載がスタートし、その後2015年に「ジャンプ+」でも掲載されるようになった。言ってしまえば、あちらが本流なのである。

日本での掲載が終了となったのは、何か事情があったのだろうか? 続きがきちんと翻訳されるかどうかは不明だが、ただ一つ確かなのは、日本の読者にとって今回の出来事が歴史に残るレベルの事件だったということだ。

参照元:少年ジャンプ+
執筆:あひるねこ