【ブチギレ】朝青龍がコロコロコミックに大激怒! 日本人が謝罪する事態に

大相撲第68代横綱で現在は実業家やタレント、評論家としても活躍する朝青龍明徳(あさしょうりゅう あきのり)さん。現役時代は憎たらしいほどの強さでヒール的な人気を誇った大横綱で、引退後も歯に衣着せぬ物言いでたびたび話題になっている。

そんな朝青龍さんが、またもや怒り狂っているのでお知らせしたい。2018年2月22日に自身のTwitterに投稿したところによると、今回朝青龍さんがブチギレているのは、小学生向けの漫画雑誌「コロコロコミック」に対してである──。

・コロコロコミックに大激怒

朝青龍さんが激怒したできごとで記憶に新しいのが、日馬富士による貴ノ岩暴行事件だ。日馬富士を非難する日本メディアに対し、朝青龍さんは怒りのツイート12連発を投稿。各所に波紋を巻き起こした。

そして今回朝青龍さんがブチギレているのが、冒頭でもお伝えした通り「コロコロコミック」に対してである。コロコロコミックといえば、かつては『おぼっちゃまくん』や『つるぴかハゲ丸』などが連載されていたことで知られ、対象はせいぜい小学校高学年まで、中学生で読んでいるコはほとんどいない月刊漫画雑誌である。

そんな漫画雑誌になぜ大横綱がブチギレているのか? 投稿によると朝青龍さんがブチギレているのは吉野あすみ先生が描く『やりすぎ!!! イタズラくん』に対してで、モンゴルの英雄「チンギスハーン」をギャグにされたことにご立腹のようだ。

具体的にはチンギスハーンを「チンチン」と読んだり、肖像画のチンギスハーンのおでこに可愛いティンティンを書き込んだりしているもので、くだらないと言えばこの上なくくだらない小学生レベルのギャグである。

・多くの日本人ユーザーが謝罪

だがしかし、現役時代から己に正直で、見方を変えると “ピュア中のピュア” な性格の朝青龍はこれに対し大激怒!


「よっぽど中国人がましや!!! あれ得ない!! 悲し涙!! 大好きな日本人がこんな風に!!」

「我が国東アジアで一番の平和である国!! 日本国まりに日本と平和国ありますか? てきばっかりの国々!! なぜこんな事おかした?」(両方とも原文のまま)


……と投稿しているのだ。これに対し「日本人として謝罪します」「モンゴルのみなさん、本当にごめんなさい」「こんな日本人ばかりだと思わないでください」と多くの日本人が謝罪する事態となっている。

謝りたくなる気持ちもわからなくもないが、一方でコロコロコミックは子供向けのギャグ漫画でありそこに悪意があったとは考えにくい。朝青龍のピュアすぎる性格だからこそ起きたこの一件、あなたはどう思うだろうか?

参照元:Twitter @Asashoryu
執筆:P.K.サンジュン

ブラック・アイド・ピーズの歌姫ファーギーの米国歌斉唱がヒドすぎると叩かれる事態に → 本人が謝罪


何度か来日したこともある人気ヒップホップ・ミクスチャーグループ、ブラック・アイド・ピーズの紅一点ファーギーはソロとしても活動し、アルバムを発表して大ヒットを飛ばしている。

そんな彼女が、NBA(プロバスケットボールリーグ)のオールスターゲームで米国歌を斉唱。ところが、その出来が最悪だったとして、視聴者からブーイングの嵐となってしまったのである。

・ファーギーが米国歌を斉唱したが……

実際に筆者がファーギーの米国歌斉唱を見るまでに、海外エンタメ情報サイトやアメリカのラジオ番組で「本当にヒドかった」と散々報道されていた。なので、どれだけマズかったのか気になっていたこともあり、興味本位で動画を見てみることに。

動画「Fergie Performs The U.S. National Anthem」を再生すると、確かにしょっぱなから彼女の声域が安定していない印象を受ける。

・ちょっと聞き苦しい感じは否めない!?

そして中盤を過ぎる頃には、かなり聞き苦しい歌声に……。コートにたたずみ彼女の国歌斉唱に耳を傾けていた選手達も、反応に困った様子で苦笑いを浮かべる人まで登場。

こういったスポーツの試合前に行われる国歌斉唱に登場するアーティストは、個々で味付けを変えて歌うのが習わしである。ファーギーはスローテンポのブルージーなジャズっぽいアレンジで歌っていたのだが、それも良くなかったのかもしれない。

・ファーギーが謝罪のコメントを発表

こうして国家を歌い切ったファーギーだが、視聴者やネット民から「最悪の国歌斉唱だった」と叩かれてしまう事態に……。米ニュースサイト『9 NEWS』によると、ファーギーは批判を受けたパフォーマンスについて次のようにコメントしている。

「NBAのために特別なことを試したかったの。私はアーティストとしてリスクを冒すことを恐れないけれど、斉唱では意図した音程で歌えませんでした。我が国を愛しているし、自分のベストを尽くしたのは本当です」

筆者的には、口パクではなく自分のアレンジでちゃんと歌い、批判も受け止め謝罪したファーギーに拍手を送りたい。

参照元:YouTube9 NEWS(英語)
執筆:Nekolas

超巨大グローバル企業「Bosch(ボッシュ)」の技術力がマジでスゲぇ…実は自動車部品や電動工具だけじゃなかった!

『Bosch(ボッシュ)』といえば、ドイツで設立された世界No1の自動車部品メーカーだ。同社は世界約150カ国で事業を展開し、39万人以上もの従業員数を誇る超巨大グローバル企業としても知られている。

車のイメージが強いこともあって、自動車部品に特化した企業と思われがちだが、実を言うとそうではない。多くの分野で優れた製品を生み出しており、あらゆるところで『Bosch』の技術が採用されているのだ。今回はその技術が一体どんなものなのかをご紹介しよう。

・プレミアム電動アシスト自転車用ユニット「Bosch eBike Systems」

『Bosch』のなかでも注目を浴びている製品のひとつが、自転車用ユニット「Bosch eBike Systems」だ。なんと、約2.5時間の充電で最長100kmもの航続距離を実現。スタイリッシュな外見に加え、取り外し可能なディスプレイには5段階の走行モードも搭載されている。

通勤、買い物、ツーリングなど幅広い用途に対応できる仕様となっており、自動車、バイクに次ぐ新たな乗り物としての広がりが期待されている製品だ。

・ドライバーを駐車時のストレスから解放する「リモート駐車支援」

もうひとつ『Bosch』の乗り物関連の製品で話題となっているのが、ドライバーを駐車時のストレスから解放する「リモート駐車支援」である。これは、ドライバーが車両の外に出てスマホから指示をだすだけで、まるで魔法のように駐車ができる優れものだ

ブレーキやハンドルなどの操作は車自身が制御。経験を積んだドライバーと同じような短い時間で駐車できてしまうとのこと。まさに、ドライバーを駐車時のストレスから解放する画期的なシステムだ。

・バイク搭載ディスプレイ「ライダーインフォメーションシステム」

また、バイク搭載用のディスプレイにも要注目。正式名称『インテグレーテッド コネクティビティー クラスター』という難しそうなネーミングだが、操作は簡単。スマホとBluetooth接続でヘルメット越しに電話をしたり、ハンドルバーから音楽にアクセスできるほか、ナビも利用可能となっている。

さらに高速走行時には、運転に集中できるよう状況によって表示内容を最適化してくれるほか、過酷な天候条件に対する耐久性もバツグン。どんな状況下でもライダーの強い味方になってくれる実用的な機能が満載だ

・AI病害予測機能搭載「スマート農業ソリューション」

そして『Bosch』は農業でも力を発揮。ハウス栽培農家の問題を解決するために環境モニタリングサービス、AIを使用した病害予測サービスを提供する『Plantect(プランテクト)』も開発した。

同サービスを導入することで、家にいながらPCやスマホでハウス内の環境データ(温度湿度・CO2・日射)をチェックできたり、作物の健康状態を知ることが可能になるとのこと。なんと病害予測の精度が92%だというから驚きだ。

・NO.1 低振動ドリル「ボッシュハンマードリル」

他には既に多くのDIY愛好家や作業員の間で愛されている電動工具の存在も忘れてはならない。同社のハンマードリルに採用されているアクティブバイブレーションコントロール機能は、打撃運動によって発生する反動を機械内部で打ち消すことができる。つまり、低振動で疲れにくいドリルというわけだ。

しかも、クラス最軽量の軽さに加え、内蔵のセンサーが使用中にドリルが跳ね上がる可能性を感知して瞬時にモーターを停止する機能も搭載。作業者を守りつつ快適に作業ができるよう配慮されている点は、さすが世界の『Bosch』である。

・特設ページを公開中

このように自動車のほか、自転車、バイク、農業、工具とあらゆる分野で卓越した技術力を発揮している『Bosch』。同社は前述の製品をわかりやすく解説した特設ページ「Did You Know?」を動画とともに公開しているぞ。 

参考リンク:『Bosch』特設サイト
執筆:K.ナガハシ

【画像クイズ】この中に「とある動物」が写っています。どこにいるでしょう? / マサイ通信:第142回

スパ! なんでも今日2月22日は「猫の日」だったらしいな。ニャンニャンニャン♪ さーて、そんなことより今回は、画像クイズを出しちゃおうかなって思ってる。難易度は、そう高くない。問題となるのは1枚の画像だ。

オレが撮影したマサイの家なんだけども、実はこの中に……とある動物が紛れ込んでいるんだ。ほとんど同じ色をしているから、よーく目を凝らさないとわからないかもしれない。制限時間は10秒だな。さあ、みんなも探してみよう!! ニャンニャンニャン♪


答えは犬だ。バレバレだったな。


猫の日だからって猫を問題にするほど戦士のオレは甘くない。猫でしょ、猫でしょ……と思わせておいてからの犬。しかも子犬。アンドかわいい。ボクシングにたとえるならば、右でしょ右でしょ……と思わせておいてからの左フック。効いただろ?

ちなみに、オレらの村では猫よりも犬のほうがポピュラーだ。今回みたいな子犬ちゃんもいるし、少し大きな黒犬だっている。過去にお伝えした「マサイ族の超日常写真集」の中にもマサイ犬が写っているので犬好きなら要チェック。オレセリ!

Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

【別世界】ブラジルで幻想的すぎる「川の増水」の映像が激撮される

世界は広い。私(中澤)は、日本では考えられないような海外のニュースを見る度、改めて世界の広さを思い知らされる。

ブラジルで起こった川の増水の映像もその1つ。全てを飲み込んだ水。カメラが潜ってみると、水中には幻想的すぎる光景が広がっていた

・水色の世界に続く小道

2018年2月の頭に増水したラプラタ川。映像は、その際の水中の様子を映したもののようだ。Twitterに投稿されたその映像を見ると、美しすぎる光景が。

澄んだ水の中に続く歩道と木々。小道を進んでいくと橋があり、その先は水色の世界が広がっている。なんて幻想的……!

なお、この現象は辺りの森林の状態が関係して起こっており、かなり稀(まれ)であるらしい。時に想像を絶する美しさを見せてくれる世界の景色。今日も知らないところで、平然と奇跡のような光景が目撃されているかもしれない。

参照元:Twitter @putsdiegoMashable(英語)
執筆:中澤星児

【見逃し厳禁】『プリズン・ブレイク』が好きな人に超オススメの海外ドラマ3選

『LOST』と『24 TWENTY FOUR』と共に、2000年代中盤から第二次海外ドラマブームを生み出した脱獄アクションドラマ『プリズン・ブレイク』。サスペンスとスリル満点のシリーズは脱獄ドラマの金字塔的存在として、今でも多くのファンの支持を得ている。その人気ぶりを受け、続編となるシーズン5がオリジナル版終了から8年後に製作されたほどだ。

そこで今回は、『プリズン・ブレイク』が好きな人に超オススメの海外ドラマ3選を紹介することにしたい。

・『プリズン・ブレイク』ってどんな作品!?

まず、『プリズン・ブレイク』がどんな作品か知らないという人のために、簡単に筋書きを説明したいと思う。本作の主人公は、副大統領を殺害した罪で投獄された兄リンカーンを救うため、自ら罪を犯して兄と同じ刑務所に入った弟マイケル。

彼は上半身に脱獄プランをタトゥーに刻み、天才的な頭脳を駆使して自由の身になるべく壮大な計画を実行に移すのだが……。本シリーズは、シーズンごとに大まかなテーマに分かれているのも見どころのひとつである。

シーズン1は脱獄するまでのサスペンスが緊張感あふれる演出で描かれ、シーズン2は脱獄後の息をもつかせぬ逃走劇が中心に。シーズン3は、パナマの刑務所に投獄されたマイケルを救うべくリンカーンが脱獄計画を決行し、シーズン4はマイケル達が政府の陰謀に立ち向かう。

ちなみに、シーズン5は死んだはずのマイケルが実は生きていて、中東イエメンの刑務所に収監されていた……というシナリオになっている。それでは、ここからが『プリズン・ブレイク』が好きな人に絶対オススメの海外ドラマ3選。続けてどうぞ。


・『ザ・シューター』

本作は、2007年公開映画『ザ・シューター / 極大射程』のドラマ版となり、主人公は元海兵隊の凄腕スナイパーのボブ・リー・スワガー。友人の死をきっかけに現役を退いていた彼が、軍の仲間アイザックから大統領暗殺計画の阻止を依頼され、昔のよしみで引き受けるも実は巧妙に仕掛けられた罠だったのだ。

阻止するはずの計画で濡れ衣を着せられ、暗殺者に仕立てられてしまったボブは、その陰謀を暴くべくFBIとCIAのみならず、ロシアの諜報機関までをも敵に回すことになってしまう……。

大ヒット映画のドラマ版リメイクは、本家を超えられずにポシャってしまうパターンが多い。だが、本作は映画版でメガホンを取った アントワーン・フークア監督が製作総指揮を務めていることもあり、オリジナルの世界観を残しながらも独自の進化を遂げ、見応えある極上エンターテイメントに仕上がっている。

畳み掛けるようなアクションとスリル感は、『プリズン・ブレイク』のシーズン2に匹敵する面白さだ。


・『ブラックリスト』

基本的に1話完結の犯罪ドラマだが、侮ってはいけない。本作の主人公は、何十年にもわたりFBIの最重要指名手配犯だったレイモンド・“レッド”・レディントン。

世界中の犯罪者たちの裏取引に協力し、“犯罪コンシェルジュ” の異名を誇る彼が突然FBIに出頭。FBIの新人捜査官エリザエス・キーンを担当にすれば、世界中に潜伏している指名手配犯の “ブラックリスト” を提供すると言い出したのだ。

こうしてエリザベスは、今まで面識もなかったレッドと組み捜査に乗り出すことになるのだが、シーズン1後半辺りからレッドの目的が徐々に明らかになり始める。そして、なぜ彼がエリザベスを指名したのか二人の過去も語られ、ブラックリストの犯罪者を捕まえるだけのストーリーではなくなっていく。

全米で視聴率ナンバーワンを獲得した本作はアクション&サスペンス、ミステリーがテンコ盛り! しかし、テンポ良くストーリーが展開するため満腹感を感じる暇もなく惹きつけられ、『プリズン・ブレイク』のファンなら絶対にハマること間違いナシだ。


・『MR. ROBOT / ミスター・ロボット』

上でおススメした2作品とは少し毛色が違うが、『プリズン・ブレイク』のシーズン4が好きな人は、夢中になって『MR. ROBOT / ミスター・ロボット』を見てしまうはずだ。

主人公は、社会不安障害を抱える無口なエリオット。セキュリティ・エンジニアとしてサイバーセキュリティ会社「オールセーフ」に勤務する彼は、ある日会社の顧客である「Eコープ」が受けた激しいサーバー攻撃を食い止める。Eコープは、“現代社会が生んだ怪物” とも呼ばれる世界一の複合企業。

その後エリオットは、Eコープを攻撃した「f・ソサエティ」なるハッカーチームを率いるミスター・ロボットから接触を受け、ハッキング攻撃を阻止した腕を買われてチームへスカウトされることに。f・ソサエティの目的はEコープが保有する金融データを破壊し、史上最大規模の富の再配分を実現することだった……。

てんでコンピューターに疎い筆者でも、かじりついて一気見してしまった本作。クリエイターのサム・エスメイルは、アラブ諸国で起きた民主化運動に影響を受け本シリーズを製作し、f・ソサエティは実在するハッカー集団「アノニマス」を彷彿とさせる。

現実を反映させたストーリー構築もさることながら、エリオットとミスター・ロボットの隠された関係が明るみになる展開など、ミステリーの要素もタップリ。久々に筆者がドップリとハマってしまった傑作シリーズだ。

『ザ・シューター』と『ブラックリスト』はNetflixにて配信中で、『MR. ROBOT / ミスター・ロボット』はAmazonプライムで視聴可能である。ちなみに筆者は、『MR. ROBOT』が見たいがためにAmazonと契約している。まだまだ寒い日が続く今日この頃、おススめドラマを見ながらぬくぬくと家で楽しんで頂けたらと思う。

参照元:Instagram @Prison Break
執筆:Nekolas

警察から逃げようとした女性の隠れ方が絶望的にヘタクソすぎてネット騒然

子供時代に友達と一緒に楽しむ遊びの定番といえば、「けんけんぱ」や「かくれんぼ」などがある。ちなみにかくれんぼは英語圏の国で「Hide and Seek:アイド・アンド・シーク」と呼ばれているため、誰もが一度は経験したことがある世界共通の遊びだと言えるだろう。

しかし大人になったら、こういった遊びとも縁遠くなってしまう。そんな子供時代の感覚をすっかり忘れてしまったのか、警察から逃げようとした女性の隠れ方が衝撃的すぎて、ネット民から失笑を買っているというのだ。

・女性を捕えるために警察が自宅を訪れると……

英ニュースサイト『METRO』によると、“事件” が起きたのは英ダービーシャーのアルフレトンだ。ダービーシャー警察の地域安全対策チームが、法廷に出廷しなかった匿名女性を捕らえるべく女性宅へ赴いたところ、想像をはるかに上回る光景に出くわしたのだとか。

どのような経緯で警察が女性宅に入ったのかまでは不明だが、女性は警察から逃げようと試みてバスルームに隠れた。しかし、警察が見たのは女性の驚くべき隠れ方だった。衝撃画像をツイートした警察の投稿を見ると……

・洗濯物カゴを被って隠れようと試みた女性

女性は白い洗濯物用のカゴを被り、頭と上半身を隠してはいるものの直立状態。そう、まったく隠れることができていないのだ。これは思わず吹き出してしまいそうな光景というか、衝撃的ですらある。

あまりに隠れる時間がなく、ワラをもつかむ思いだったのか。いずれにせよ、絶望的にヘタクソすぎる隠れ方にネットは騒然。おそらく警察も笑ってしまったことだろう。

・かくれんぼに程遠い隠れ方に失笑

いい大人が決められた日に裁判所に出廷しないのも問題だし、逃げる時の隠れ方もお粗末すぎて、どうにもコメントし難いこの事件。警察に捕まった際、女性は「月曜に出廷するわ」と言っていたそうだが、決められた日に裁判所へ行っていれば処罰が増えなくて済んだのに……と思わざるを得ない。

かくれんぼは意外とセンスが問われる。警察にもツイートで「かくれんぼになっていない」とコメントされた女性は、きっと子供の頃もかくれんぼですぐに見つかっていたのではないだろうか。

参照元:Twitter Alfreton Town @AlfretonTownSNTMETRO(英語)
執筆:Nekolas