お好み焼き食べ放題1000円!『ランチパスポート』のアプリがお得すぎて中国人も炊飯器捨てるレベル!!


腹が減った……。猛烈に腹が減って仕方がない。実は私(中澤)は、ここ数日昼ご飯を抜いている。だってランチを外食するとちょっと食べるだけでも高くつくんだもん。

そんな高いランチを安くする裏ワザがあると言ったらあなたはどうする? お好み焼き食べ放題が1000円! 漬けマグロ丼なんて500円で食べられちゃう!! ここは天国? お腹空きすぎて天国来ちゃったの?

・ペロの声が聞こえる

ランチを抜くようになって1つ分かったことがある。ご飯を食べないと何もやる気が起きないのだ。マジでダルイ。ちょっと横になろう。

……あれ? なんだろう?

昔飼ってた犬のペロの声が聞こえる。

ペロ、僕はもう疲れたよ。


と思ったら、佐藤記者が私を呼ぶ声だった

「星児ィィィイイイ! 大丈夫か!? 一体何があった! 何!? 腹が減っただと!? 俺も腹が減った!! 猛烈に減って死にそうだ! よし、ついて来い!!」

──言うなり、編集部を出ていってしまう佐藤記者。これまで数々の高コスパ飲食店を紹介している佐藤記者なら何か良い店を知っているかもしれない。そこでついて行ってみると……

・謎の食べ放題

やって来たのは新宿歌舞伎町にある『熱狂道とん堀』。なんだ、以前の記事で紹介したことがある店じゃん。そう思っていると、店員さんに佐藤記者が何かを耳打ちした。それを受けて、レジの奥から謎のメニューを持ってくる店員さん。

そのメニューにはこう書かれていた。「お好み焼き もんじゃ焼き 食べ放題1000円」と! ファ!? こんなメニュー初めて見たんですが!! 1枚800円くらいする店もあるお好み焼きが、食べ放題で1000円ってマジかよ!

このオッサン、何か悪いことでもやってるんじゃないだろうか? それか、ワンドリンク注文必須でそれがめちゃくちゃ高いとか? 不安に思う私をよそに、お好み焼きを焼き始める佐藤記者。

佐藤英典「さあ食え! 今すぐ食え!! じゃないと俺が全部食うぞ! うおおおおおお!! 食欲が俺を越えていくゥゥゥウウウ」


──焼きあがったものからガツガツかき込み出す佐藤記者。やっぱりペロかな? そんな佐藤記者を横目に私もお好み焼きを食べる。ウマイ。

・裏で何やってんの?

結局、7枚以上食べてしまったが、会計は確かに1000円ポッキリだった。もちろん、ワンドリンク制ということもない。何コレ? 天国ですか? 最後に店員さんにスマホを見せる佐藤記者。さっきからコソコソ店員さんと何やってるんスか? 裏取引ですか?

佐藤英典「ランチクーポン本『ランチパスポート』のアプリで値引きしてもらった。この店でお好み焼きが1000円で食べ放題できたのはこのアプリの力だ」

──佐藤記者によると、月額380円の『ランチパスポート』のアプリで配布されている値引きクーポンを使用して今回の高コスパ食べ放題を実現させたという。よかった……悪いことしてるわけじゃなかったんだ。なお、本アプリには他にも以下のような飲食店が掲載されている。

・掲載されている飲食店

『串家物語 新宿東宝ビル店』 ビュッフェスタイルの串揚げランチ1620円から1728円 → 1080円
『新宿駆け込み餃子』 肉汁焼き餃子Wランチ(10個)930円 → 500円
『二丁目つけめん GACHI』極鶏ラーメン750円 → 540円
『プロント北参道店』小海老のトマトクリーム790円 → 500円
『BURGER’S BASE』B.J.Cバーガーセット1580円 → 1000円
『板前バル』月見ねぎトロとしらすの五色丼850円 → 500円
『SUBWAY 東京オペラシティビル店、新宿野村ビル店』チーズローストチキン ドリンクMセット700円 → 540円
『うま煮や』マグロの漬け丼定食756円 → 540円
※2018年7月3日時点の情報のため掲載店舗やメニューは変更になる場合があります

──などなど89店舗以上。中には500円以上値引きされるものもあり、1食食べただけで月額の元が取れるものも多い。お買い得すぎんだろォォォオオオ

さらにさらに! 本アプリでは、2018年7月1日から『レシートdeキャッシュバック』もスタートしている。レシート1枚あたりのキャッシュバック金額が最大200円と大きいので注目だ!

ランチをお得に食べられるだけでなく、「カレーハウスCoCo壱番屋」「大阪王将」「かっぱ寿司」など人気店の対象メニューのレシートをアップロードするだけで、毎月キャッシュバックももらえるランチパスポートアプリ。中国人も炊飯器捨ててアプリをダウンロードするレベル!!

というわけで、さっそくダウンロードすることにした私。クーポンが携帯のみで完結するところも手軽で使い勝手が良い。お昼ご飯にコスパを重視する方はぜひ!

参考リンク:ランチパスポートレシートdeキャッシュバック
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

【低評価続出】レシート買取サービス「ONE」のCEOが再開時期について言及 / 登録ユーザーがもっとも恐れていることはアレだ……

レシートを1枚10円で買い取るアプリ「ONE」は、リリースからわずか16時間で約7万人ものユーザーを獲得するに至った。不要な紙切れが10円とはいえ、お金になるのは大変有難い。猛烈な勢いでダウンロードされ、1日足らずで24万枚ものレシートが売却されるとは、運営会社も想定していなかったようだ。

その結果、買取サービスが一時中止される事態に。少し遅れてインストールしたユーザーからは、不満の声が相次いでいる。これを受けて、ワンフィナンシャル株式会社のCEO山内奏人さんは、次のようにコメントしている。

・山内さんのツイート

2週間、、、2週間だけ時間をください、、、絶対戻ります、、、アプリを入れてお待ちくださいませ!」

新しい挑戦には試行錯誤がつきものだ。きっとやってみて初めて分かることもあるだろう。未知のサービスを提供しているのだから、想定外の事態に遭遇することも理解できる。できるだけ速やかに、サービス再開を目指して欲しい。

そうは思うんだけど、ひとつ気になることが……。

欲に駆られてレシートで億万長者、レシートで富豪を目指していた私(佐藤)は、秒速で免許証の写真を送信してしまった次第。2週間で確実に復旧してくれればいいけど、このままお蔵入りとかになったら、結構笑えない……。

若い人の挑戦は無論、応援する! でも、ユーザーの不安も理解してね! よろしく頼むよッ!!

参照元:iTunes「one」、Twitter @5otoyam
Report:佐藤英典
Photo:RocketNews24.
Screenshot:iOS(ONE)

レシート1枚10円で買い取ってくれる神アプリ『ONE』に異常事態発生! 1日100円を稼ぐ楽しみが……

2018年6月12日、画期的なアプリ(iOS)が登場した。レシートを10円で買い取ってくれる「ONE」である。ただのゴミ屑にしかならなかったレシートを10円で買い取ってくれるなんて正気の沙汰じゃないだろ! リリース直後から注目を集めて、アッという間にAppStoreの無料部門で1位にのぼり詰めた。

それから一夜を経て、今日もこずかい稼ぐぞ! と思いつつ、アプリでレシートを撮影し、お金と交換しようとしたところ……! できないッ!! なぜだ!? たかが10円されど10円! なんで10円と交換できへんのじゃーーーッ!

・レシートで稼ぐ?

リリース後に早速アプリをダウンロードした私(佐藤)は、てっきり無限にレシートを買い取ってくれるとばかり思っていたレシートで億万長者を目指そうと思ったが、1日10枚が限度、1カ月で3000円にしかならないことが判明した。

・10円ゲットしようとしたら

とはいえ、たばこ代の足しにはなる。なによりゴミが10円に変わるだけでも十分に価値がある。という訳で今日もレシートをパシャリとスマホで撮影。

10円頂きや! と思ったら……

できない! なぜだッ!?

・サービス停止だと!?

実は、リリースから約16時間で8万5000ものダウンロードを達成しており、たった1日で7万人ものユーザーを獲得したそうだ。運営元であるワンフィナンシャルのCEO山内奏人さんは、Twitterで次のようにつぶやいている。

「約8.5万ダウンロード、約7万人のユーザー様から24.54万枚のレシートを買い取らせていただきました。 現在一時的にサービスを停止させていただいております

なんてこった! せっかく今日もレシート10枚を買い取ってもらって100円ゲットだぜッ! と思っていたのに、サービスを停止しているとは……。人気が集中しすぎて、想定外の事態が発生したようである。

これは仕方ない。少しでも早く復旧してくれることを願う。そして、1日100円を得る楽しみを再び提供して欲しいものだ。

参照元:iTunes「one」、Twitter @5otoyam
Report:佐藤英典
Photo:RocketNews24.
Screenshot:iOS(ONE)

【検証】レシートを撮影するだけで、1枚につき10円で買い取るアプリ「ONE」登場! 早速バンバン撮影してみた結果ッ!!

財布のなかや机の上が、不要なレシートだらけになってしまうだらしない輩に朗報だ! 捨てる以外に使い道のなかったレシートを買い取ってくれる、ちょっと頭のおかしいサービスがスタートした!!

ワンフィナンシャル株式会社は2018年6月12日に、レシートをスマホで撮影するだけで現金がもらえるというアプリ「ONE」(iOSのみ)をリリースしたのである。マジかよ! 家中のレシートを全部集めて現金化するしかねぇええええ!!

・レシート1枚10円で買い取り

同社のニュースリリースには、以下のようにある。

「『ONE』はどんなレシートも1枚10円にかわるサービスです。ステップは非常にシンプルで写真を撮るだけで瞬時にアプリ内ウォレットに10円が振り込まれます」

おいおい、マジかよ。ゴミを撮影するだけで10円くれるって、ホトケ様かよ。いまどきまともに労働しても、一瞬で10円もくれないっていうのに。ゴミ貯めこんでいるヤツは富豪になれるじゃねえか。という訳で、秒速で億を稼ぐために、早速アプリをインストールしてみたぞ

・SMSに認証コード

使い方は簡単だ。インストールしたら、最初に「はじめる」をタップする。

次に本人確認のために電話番号の入力が求められる。利用規約を確認したうえで、「利用規約に同意してSMSを送る」をタップすると、SMSに認証コードが送信される。アプリリリース当日はアクセスが集中したせいか、すぐにSMSが返ってこない場合があったので、そんな時は少し時間をおいて再度電話番号を送信してみよう。

このコードを入力すると、利用が可能となる。

・カメラへのアクセスを許可

登録が完了した最初の画面(買取画面)には、画面下の「+」以外何も表示されていない。「まずはここから」ということで、この「+」をタップする。

続いてカメラへのアクセスが求められるので「OK」。

これでレシート撮影の準備が完了だ。

・レシートを撮影

早速レシートを撮影。画面の中央にレシートが来るようにして、画面下のシャッターボタンを押す。この時注意したいのは、レシートがくしゃくしゃになっていたり、文字が分かりづらいと認識しにくいようなので、レシートを真っすぐ中央に合わせて撮るようにしよう。

撮影できたら、画面下の紙飛行機のボタンをタップすれば……

査定結果「10円レシート」が表示される。そして「お金と交換」を押すと……

アプリ内のウォレットに10円が入る

・チョロい! チョロすぎッ!!

ウヒョーッ! チョロい!! チョロすぎる。これで10円ゲットだぜーーーッ! これを100回繰り返したら1000円。1000回繰り返したら1万円! 1万回繰り返したら、10万円になるんやで! もう仕事辞めるわ、それでコレだけやって生計立てるわッ!

という訳で早速バンバン撮りまくった結果、こうなった!

1日10枚まで……。つまりがんばっても1日100円が限度。1カ月3000円が上限とのことです。

ムリだ、仕事辞められへん……。レシート富豪になろうと思ったのに…………

・本人確認と口座登録

ちなみにレシートを撮影してアプリ内のウォレットに貯めたお金は、本人確認書類の提出を行い、振込口座を登録しないと引き出すことはできない。

本人確認用の書類は、運転免許証や健康保険証、パスポートなどを利用することができる。

これらの書類の提出は、コピーを郵送する必要はない。カメラで撮影して送信すればOKだ。

名前と性別を入力すれば、書類の提出は完了となる。本人確認には、最大で半日程度かかるようだ。

・不正が発覚した場合

また引き出しには1回につきサービス料200円がかかるとのこと。なお引き出し口座は、国内のほぼすべての金融機関に対応しているとのことである。

ちなみに、すべてのレシートが買取対象ではあるものの、同じレシートを使いまわしたり、複数人で同じレシートを撮影することはできないとしている。不正が発覚した場合には、アカウント停止になるとのことだ。気になるのは、どうやってその不正を防ぐか? という点である。仮にそれっぽいものを自作して撮影した場合、どうやってニセモノと判別するのかが気になった。

・今後に期待

個人情報と購買傾向を紐づけるのに、このサービスは大いに役立つだろう。また、不要とされてきたレシートを少額とはいえお金に換えられることは、ユーザーにとってもメリットになるはずだ。しかし、想定外の問題が起きる可能性もゼロではない。このサービスが今後どのように進化を遂げるのか、気になるところである。

参考リンク:ONE FINANCIAL ニュースリリース(PDF)、iTunes「one」
Report:佐藤英典
Photo:RocketNews24.
Screenshot:iOS(ONE)

【注意】6月5日まで「ローソンのレシートを絶対に捨ててはいけない」たった1つの理由

みなさんはコンビニで買い物する際、レシートをどうしているだろうか? もちろん全て保管しておく人もいるには違いないが「もらわない」もしくは「その場で捨ててしまっている」という人が多いのではなかろうか?

かく言う記者もその一人で、領収書などでない限りその場で捨てるかレシートを受け取らずにレジを立ち去ってしまっている。だがしかし、2018年6月5日まで「ローソンのレシート」を捨ててはならない。それにはたった1つの理由があるからだ。

・捨ててはいけない理由

まどろっこしいことは抜きにして、さっそく「6月5日までローソンのレシートを捨ててはいけない理由」を発表しよう。レシートを捨ててはいけない理由……それはズバリ、

コーヒー20円引きクーポン券

……が付いているからである。対象となるのは「アイスコーヒー」と「ホットコーヒー」の2種類で「カフェラテ」は含まれていない。アイスコーヒーはMとメガサイズ、ホットコーヒーはMとLサイズがそれぞれ20円割引きになるのだ。

また、このクーポンが発生するのは「フローズンドリンク」以外のカフェメニューを購入した場合に限られる。例えば、タバコだけを購入してもクーポン券はついてこないから注意して欲しい。

おそらく読者の方の中には「毎朝コンビニでコーヒーを買う」という人も大勢いらっしゃることだろう。そんな人は期間中、無限ループでもらえる20円割引きクーポンを絶対に捨てずに利用することをオススメしたい。

関東地方では半袖がちょうどいいくらいの気候になり、アイスコーヒーがますます美味しい季節になってきた。もう1度言うぞ、2018年6月5日まで「ローソンのレシート」は絶対に捨ててはならない──。

参考リンク:ローソン
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.