タイヤの代わりに吸盤を付けた車を走らせるとどうなるのか? 実際にやってみたらこうなったっていう動画

ロケットニュース24では以前、ロシアのユーチューバーが公開した「タイヤの代わりにバネをつけた車は走れるのか?」といった内容の動画をご紹介した。バネをつけても意外と普通に走っていたのが印象的だったが……

同じユーチューバーが、今度はタイヤの代わりに吸盤をつけて走らせる動画をアップしていたのでご紹介したい。さて、普通に走行は可能なのか、そして吸盤によってタイヤのグリップ性能は上がるのだろうか? これは期待せずにはいられない!

・ “トイレのスッポン” の吸盤部分をホイールに固定

動画を再生すると、同YouTubeチャンネル「Гараж 54」でおなじみのスキンヘッドの男性と、日本では “スッポン” や “ラバーカップ” などの愛称で知られる吸盤付きの棒が映し出される。なるほど、この吸盤部分を利用するというわけか。

男性はまずはじめに接地面が平らになるよう、ホイールに鉄板を溶接。さらに鉄板の上にスッポンの吸盤部分だけをネジで固定し始めた。さあ、後輪2本を吸盤付きのタイヤに交換したところで、いよいよ走行テスト開始である。

走行シーンが見られるのは3:00あたりからだ。いったいどんな走りをみせるのか……お、おおおっ!? アスファルトの上を普通に進んでいくぞ! だがしかし、激しくハンドルを切ると吸盤がボロボロと外れ、あっという間にタイヤは残念な姿に。

・耐久性の低さが目立つ結果に

その後も車を走らせ続けるが、ほぼ吸盤は取れてしまいグリップ性能より耐久性の低さばかりが目立つ結果となった。たとえ大量に “スッポン” を持っていたとしても、どうやらタイヤの代わりに使うべきではないようである。もちろん日本では違法になるのでマネは厳禁だゾ。

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ

【野球少年必見】元プロ選手・中村紀洋さんのYouTube動画が目からウロコ! 一瞬でクセを見抜いて修正する指導法が面白い!!

いい時代になったものだ。インターネットが欠かせない世の中となった今、YouTube上で元プロ野球選手の指導を見ることができるようになった。2018年7月2日にノリさんこと中村紀洋さんが開設したチャンネルのことである。

「これまでの野球人生で培った野球理論(N’s method)とエンターテイメントを届ける」チャンネルとのことだが、いざアップされた動画がどれも目からウロコすぎた。これぞプロの指導! うまくなりたい野球少年たちは必見だ!!

・ボールの握り方

7月17日現在、少年たちを指導する動画は3本アップされている。まずボールの握り方から指導しており、ノリさんは丁寧に優しく教えていく。なぜボールを深く握るのか、少年たちにしっかり考えさせた上で答えへと導く。

ここで伝えるのがもったいない内容なので詳しくは動画をご覧いただきたいが、一言だけ言うならさすがゴールデングラブ賞7回の守備職人。理にかなった指導で基本を教えていき、目に見えて改善するからスゴい。

・5分間で打撃フォーム修正

そして打撃フォームに関する動画も公開されているのだが、こちらもさすが元ホームラン王&打点王。フォームをチェックする時点で瞬時に悪いクセを見抜き、子どもにもイメージしやすいようなアドバイスを送ると……たった5分で少年のバッティングは激変する

もう1本アップされている「バットをしっかり握り腕を締める」という動画もヒジョーにタメになる。なお、どの動画も高評価を連発。以下のような声がコメント欄に寄せられていたので一部を紹介しよう。

・高評価連発

「全て理にかなってるから素晴らしい」
「子供の頃、ノリさんに教わりたかったです。」
「ノリさんチルドレンからプロが生まれる日も近いな」
「全国のお父さんはこれを子どもと一緒に見るんや!」
「ノリさんの教え方すごい良い、さすがプロやなって思う」
「自分が子供の時にこんなんあったらなぁ…今の子らが羨ましいなぁ」
「教え方上手いし何よりもノリさんが言ってるから説得力あるよね」

といったように、プロ&レジェンドの指導法に感動する人が続出している。ちなみに最近アップされた動画では、草野球で1打席勝負するノリさんの姿も確認できる。カッコいいフォームは変わらないのでそちらも必見だ!

参照元:YouTube
執筆:原田たかし

【ツッコミどころ満載】こんな食レポ見たことない! プロでも転がせなかった「新スイーツ」がこちらです

ネットでは日々たくさんのレポート動画が公開されている。中でも定番となっているのが、レポーターが実際に料理を食べて、味の感想を述べる “食レポ” だ。美味しさをいかにして視聴者へ伝えるか、そこはレポーターの腕の見せどころでもある。

さて、今回は数ある食レポ動画の中からツッコミどころ満載の1本をお届けしたい。プロの女性レポーターが桃の新スイーツを紹介するのだが、どうにもこうにも転がせていないのだ。こんな食レポ見たことない!

・タレントの鈴木あきえさんが食レポ

レポーターを務めるのは、これまでテレビの情報番組などで数多くの食レポを担当してきたタレントの鈴木あきえさんだ。動画を再生すると、鈴木さんの「今日のお店はこちら!」という元気なかけ声とともに食レポがスタートする。

・桃の新スイーツをレポート

鈴木さんが出演していると、安心感と一緒にそこはかとなく週末の朝の雰囲気が漂うのはさておき、画面の左上には「ハンパない桃感 新スイーツをレポート」という文字を確認できる。いったいどんなスイーツが登場するのだろうか。

これまでにない斬新なスイーツだとしても、百戦錬磨の鈴木さんにかかれば要点をバシッと紹介してくれるに違いない……と期待しながら動画の続きを見ると、さっそくスイーツがテーブルに運ばれてきた。皿の上に乗っているのは、ん、んんん!?

なんとスティック状の焼き菓子である。

予想していたものと違ったのか、鈴木さんは思わず「おっと」と口走る。明らかに動揺の色を隠せていないし、しかも焼き菓子……こうなるとプロのレポーターでもお手上げか……と思いきや!

すぐに切り替えて「きれいな長方形ですねぇ!」と褒め始めるからさすがプロ。片っぱしから褒めちぎる姿は「プロの鑑(かがみ)」だ!! しかし、よく考えたら “きれいな長方形” って褒めるポイントが強引すぎる ……ような気もするが、それでも鈴木さんはたたみ込むようにしてレポートを続ける。

「やっぱ正方形より長方形ですよねぇ」や「見事な茶色!」と見た目をゴリ推し。コメント探しで行き詰まっているのが分かる。そしていよいよ実食! 鈴木さんがフィニッシュブローで選んだ感想はというと……!!

「桃!」

まさかの直球で「桃」の一言のみ!! 全然伝わってこねぇぇぇえええええーーー! と突っ込まずにはいられないコメントだ。ちなみにフタを開けてみたら、動画は『SOYJOY クリスピー ピーチ』のCMだった。マジかよ〜!!

商品を普通に説明してもらえばよかったのでは……とも思うが、何はともあれ転がせないながらも形にした鈴木さんはさすがプロだし、ピーチフレーバーのまるごと大豆バーSOYJOYは美味しそう。どれくらい「桃」なのかも気になるところである。

参照元:YouTube、大塚製薬「SOYJOY」
執筆:K.ナガハシ

Japanese netizens outraged over famous YouTube channel’s treatment of hamsters【Videos】

Netizens are now calling for the arrest of the owner for animal abuse.

There’s a ton of cute ways to have fun with hamsters, and it’s our duty as humans to keep the adorable little balls of fluff happy.

Popular Japanese YouTube channel Ham Ham Exploration Party specializes in videos of hamsters, some of which have been featured in TV programs. The channel’s owner has kept the cute rodents as pets for 24 years, but some netizens have called him out on pet abuse.

▼ Here, he offers one of them ice cream.

A balanced diet is key to maintaining healthy hamsters, mostly consisting of dried grains, vegetables, and fruits. In this YouTube channel however, the owner often feeds his pets stuff unfit for hamster consumption, such as ice cream, soda, miso soup ingredients, dead yeast from Japanese sake, and even raw meat.

These foods are extremely high in sugar or sodium, and frequent consumption by small animals can easily lead to obesity or weakened immune systems. It’s like eating a block of sugar or salt the size of your head every day.

What’s more, he has recorded an astonishing video of him burying a hamster under a pile of snow, with the poor animal trying desperately to escape being entombed in an icy prison.

▼ Warning! The following video may be disturbing for some viewers.

Japanese netizens have launched an online petition to arrest the owner of Ham Ham Exploration Party on the grounds of pet abuse. Started roughly a year ago, the movement has garnered support from over 9,000 people and is steadily gaining momentum.

It’s a shame some pets end up in the hands of extremely careless owners, and we hope netizen voices reach Ham Ham Exploration Party in some way.

Before getting a hamster, or any pet for that matter, it’s a great idea to check the Internet beforehand to equip ourselves with crucial information about diet and health. Take care of them well, and they’ll reward you with their adorable cuteness.

Source: YouTube/Ham Ham Exploration Party Change.org via Yahoo! Japan, My Game News Flash
Top image: YouTube/Ham Ham Exploration Party

【鬼畜の所業】死ぬほどスベらされた挙句、その様子をYouTubeで公開された事件について告発する

今回、私(あひるねこ)が筆を執ったのは他でもない。先日私が受けた想像を絶するような辱め、そして、それを実行した男を告発するためである。当サイトで執筆するようになってから約3年、あそこまでの苦痛を味わったのはこれが初めてだ。

一体、私はどんな目に遭ったのか? それはこれからじっくりと語っていくとして、先に申し上げておく。この記事に面白要素は一切ない。純然たる告発である。そのことを踏まえた上で、以下を読み進めていただきたい。

・どうしてこうなった

数週間前、私は超音波によってワインを熟成できる『Sonic Decanter(ソニック・デキャンタ)』というマシンを使い、コーラを熟成させたらどうなるのか? という記事を書いたのだが、その際、記事内にコーラを飲む様子を収めた動画を入れようという話になった。

そこで登場するのが、当編集部の田代だ。田代は動画の編集に長けており、その技術で常に我々をサポートしてくれている。彼ならきっとこの記事にピッタリの動画を作ってくれるはず。しかし、このあと田代は、頑張る方向を大きく間違えることになる。

・狂い始めた歯車

当初私が想像していたのは、通常のコーラと熟成したコーラを飲み比べ、その様子をテレビ番組のようにポップに編集した動画だ。ところが、どうやら田代の頭にはそんな画は一切なかったようで、私に向かってこんなことを言ってきた。

「あひるねこさんには YouTuber になってもらって、『あひるしゃちょー』として動画に出てもらいます! コーラを飲んで、いろいろとリアクションをしてもらいますね!!」

……。

一体この男は何を言っているのか。え? あひるしゃちょーって何? YouTuber ってどういうこと? 繰り返す。一体この男は何を言っているのか。

・地獄絵図

その後、田代から「動画でやってもらうネタ」が一覧で送られてきたのだが……とりあえず、以下に書き出してみたのでご覧いただきたい。

「(悟空っぽく)このコーラ、シュワシュワすっぞ!」

「激ウマコーラ、フォーーッ!」

「ウマッシュ・バンディク~! ウマッシュ・バンディク~!!」

「熟成コーラ、おいしいよ♪ それワカチコ、ワカチコー♪」

「一体いつから私が無感情だと錯覚していた?」

「ゲッツ! シーユーネクスタイム!!」

地獄である。掛け値なしの地獄である。それは、私を恐怖のどん底に突き落とすのに十分な破壊力を持っていた。何なのだ、この一周回っても面白くない微妙なネタの数々は。あの男は私に死ねと言っているのか? いや、こんなことをさせられるくらいなら死んだ方がマシである。

しかし、田代は私を見ながら「編集は任せてください!」と目をキラキラと輝かせている。くっ、やるしかないのか……。こうして、胃に鉛のような鈍痛を覚えながら、撮影当日を迎えたのだった。

・責任の所在

結果的に、私は上記のネタをすべてやり切った。命をすり減らしてやり切った。そして、田代の演出もまた容赦がなかった。「今の最高によかったです! でも、まだまだいける!」「もう1回やったら絶対もっとよくなりますよ!」など、私をスベらせることに一切の妥協がない。

2時間にも及んだ撮影の結果は、動画『【あひるしゃちょー】超音波でコーラを熟成させてみた』をご覧いただきたいが、これだけはハッキリ言っておく。私はただ田代の指示に忠実に従っただけである。どうかこの点をご理解いただき、その上で動画をご覧いただけると幸いだ。

・残酷な結末

また、参考までにお伝えしておくと、YouTube でこの動画が公開されたのが2018年6月11日。そして、公開から2週間経った時点での再生回数はわずか493回である……。いや、爆死しとるやないか!

7件の高評価に対し、低評価が28件もついているのが地味にキツイ。「若干スベったな」「ごめんやけどナンセンス」というコメントから分かるとおり、サラリと軽快にスベっているのもまた地獄みが強いとしか言いようがないだろう。というか、笑っているのは編集部の佐藤とサンジュンくらいである。

Instagram Photo

・鬼畜の所業

公開から2週間以上が経過した現在も、私はこの動画をまともに直視することができない。身体が全力で視聴を拒むのである。そう、紛うことなき黒歴史だ。死ぬほどスベらされた挙句、YouTube に公開される……こんな非道な仕打ちが、果たして許されていいのか!?

たしかに、田代の編集は相変わらず冴え渡っている。だがどうしてだろう。あれ以来、田代を見ると冷や汗が出るのは……。問題の動画を見るかどうかは、あなたの自由である。しかし、できることならどうか見ないでほしい。再生回数が増えるたび、私の心は確実に削られていくのだから。

Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

Pixiv to release modeling software that lets you easily create gorgeous 3D anime characters【Vid】

Design stunning characters and show them off to the world. Best of all, it’s absolutely free!

Ever wanted to make your own unique 3D anime character but stopped because it’d take countless hours to create one that resembles a virtual YouTuber? Such was the case in the past, but times have changed.

Pixiv Inc., the company behind Japanese artist community Pixiv, has just announced their free streamlined modeling software called VRoid Studio, allowing both aspiring artists and veterans alike to swiftly design characters as they see fit.

▼ Creating your original 3D anime character has never been so easy.

VRoid Studio is packed with features to take the hassle out of character creation, so let’s take a closer look at some of them.

With the “Procedural Hair Design” feature, artists can use the stylus to create 3D objects like hair and tweak a ton of customization options via slider bars to adjust thickness, direction, or even the way hair tips curve.

▼ Draw a few strokes, modifying each lock of hair…

▼ …and tailor your character’s look effortlessly.

VRoid Studio also comes with “Texture Painting”, a powerful tool offering users the ability to directly paint onto 3D objects in the program. Conventional texture mapping techniques require pre-made textures to be wrapped around 3D models, a monumental task for those who aren’t tech-savvy. But VRoid Studio streamlines the experience and lets artists fully concentrate on drawing instead of grappling with 3D modeling concepts they aren’t familiar with.

Brush pressure sensitivity is a must for software like these, and VRoid Studio is no different, allowing artists to express their creativity with bold and light strokes of the stylus.

▼ Not satisfied with the stock eyes? Add as much detail as you want.

▼ A real-time preview on the side helps users focus on their work.

There’s a wealth of customization options for hair and eyes, but Pixiv Inc. hopes to push the boundaries and provide more tools for other body parts to give artists a true sense of drawing on a 3D model.

The recent rise in virtual YouTubers, virtual reality, and augmented reality-based communication has in turn resulted in a steady demand for quality 3D character models. However, existing software are often complicated to operate and require a huge time investment to learn their techniques. Pixiv Inc. hopes to fill this void with the easily accessible VRoid Studio.

▼ This Twitter user went for a
warrior look on his character

Available to Windows and Mac users, VRoid Studio will undergo closed beta testing starting late July, and signing up is as easy as heading to the official website here and plugging in your e-mail address.

Development of a platform called VR Project is also underway, which lets people use their created anime characters as avatars to communicate in an online world, all done using virtual reality or augmented reality. That doesn’t mean its use is limited to only social purposes though, as utilizing it for 3D animation or game development is just as feasible too.

As a company that encourages and supports artists, Pixiv Inc. envisions both VRoid Studio and VR Project to pave the way for even greater 3D content. Whether you’re a beginner or a professional, why not give the program a whirl? It’s good to be prepared for when you can enjoy a date at a cafe with your virtual crush!

Source: Pixiv VRoid, YouTube/Pixiv via Panora
Images: YouTube/Pixiv

【謎】Instagramが新しい動画サービス『IGTV』の提供を開始! 使ってみて感じた「最大の疑問」はこれだ!!

昔のInstagramは良かった。画面や機能がシンプルで、何かと使い勝手が良かったのに……。その魅力をかなぐり捨てるように(?)新しい機能が登場したぞ! 最大60分の動画を投稿できる「IGTV」だ。

わざわざ専用アプリまで出して、Instagramは何がしたいんだ……。という気が個人的にはするのだが、とりあえず使い方とチャンネル開設の手順を説明するぞ!

・YouTubeを意識?

このサービスはYouTubeを意識したものと見られる。たしかに動画サービスといえば、何といってもYouTubeだ。YouTuber という言葉も日本で十分に認知されており、最近は子どものなりたい職業のひとつによく挙げられる。

「Instagramer」という言葉はあるが、YouTuber ほどではないし、プロとしてやっていけるのかどうかも不明な状況。ここへきて、動画サービスに力を入れるのはアリなのかも。

・15秒から10分の動画

すでに気づいている人も多いと思うが、Instagramのアプリを起動すると、フィード画面の右上に新しいアイコンが表示されているはずだ(表示されない場合は、最新バージョンにアップデート)。フォローしている人がIGTVに動画を投稿している場合は、オレンジのグラデーションで目立つように表示されているはず。

これをタップすると、投稿動画を見ることができる。これまでInstagramは通常投稿で1分、ストーリーの場合は15秒の動画を投稿・視聴することができた。しかし、IGTVは1分以上の縦型動画を投稿できるのだ。

なお、投稿できる動画は縦型。また、60分の動画を投稿できるのは限られた人で、大抵は15秒から10分の動画となるようだ。

視聴する場合、投稿された動画はフォローしている人のものがデフォルトで表示される。そのほか「おすすめ」「フォロー中」「人気」の順でタブが設けられており、視聴途中で中断したものは「視聴を再開」で途中から見ることが可能だ。

・自分のチャンネルを作成

それから、「チャンネルを作成」をタップすれば、自分のチャンネルを作ることができる。

最初にチャンネルを作成するに当たってのヒントが表示され……

3つのヒントを確認すると、すでに自分のアカウント名でチャンネルが出来上がっている。

動画を投稿するには、右上の「+」をタップする。

・動画の詳細

端末に保存されているビデオから投稿したいモノをタップすると、投稿が可能だ。

投稿動画を選択したら「次へ」をタップ。

続いて、投稿動画の編集画面について説明しよう。まず、カバー・タイトル・詳細を入力。ちなみに、公開範囲にFacebookを設定することもできる。

「投稿する」をタップすると、IGTVのチャンネルに動画がアップロードされる。

アップロードが完了すれば、自分のチャンネルで動画を視聴することができるはずだ。

・動画のインサイト

動画を投稿すると、Instagramのホーム画面にもIGTVのアイコンが表示される。

ここでも自分の投稿動画を確認することができる。

なお、動画はインサイトで再生回数やいいね! の数、コメント数を知ることができるようになっている。

・最大の疑問

と、基本的なことを軽く実践してみたのだが、私(佐藤)が感じた最大の疑問が……

ぶっちゃけ、『IGTV』のアプリいる?

──である。というのも、IGTVの機能はInstagram上でも利用できるので、独立アプリをダウンロードする意味が、私にはちょっとわからない。Instagramだけでよくない? と思ってしまった。

とはいえ、私はまだ軽く使った程度なので、IGTVの魅力に気づいていないだけなのかもしれない。何度も使ってみると、その良さが分かるのかもしれないが……。

どちらにせよ、『IGTV』がどこまで浸透するのか? 気になるところだ。

Report:佐藤英典
Screenshot:iOS(Instagram)