【マジかよ】レシート買取で始まったはずの「ONE」またアップデート! 今度は名刺の写真を送れと……

その昔、不要になったレシートを1枚10円で買い取ってくれるサービスがあった。その名を「ONE」といういまとなっては伝説のサービスだ。なぜなら、買取はたった1日しか実施しておらず、レシート買取を復活させてくれるはずが、今では全然関係ない方向へと舵取りをしている気がして仕方がないからだ。

そのONEがまたアップデート! 今回も「軽微な不具合を修正しました」とアップデートの説明があるが……そう言って、レシート買取と全然違うことをしていたのは1度や2度ではない。実際にアップデートしたら、ほら見ろ! キャンペーンを開始してるじゃないか。今回は「名刺を撮影して150円」って……。

・見てるからな~……

当初本人確認が必要だったために、免許証の写真をONEに送信してしまった私(佐藤)は、常にチェックしている。アプリに張り付いてチェックしている。レシート買取が本当に復活するのか? いつも見ているぞ~……、お前のことを常に見ているからな。コソッとキャンペーンを始めたってすぐにわかるんだ。

・名刺の写真が150円?

今回はアプリの更新を実施した約半日後に、新しい買取キャンペーンを開始している。

買取ページを見ると、「フォースタートアップ株式会社」のキャンペーンが新たに加わっているじゃないか。150円で名刺の写真? いやいやいや……、私は怖い。名刺に記されている内容を知っているか? 150円と釣り合うのか?

・本人の名刺

もしかして、他人の名刺を150円で買う気なのか? と思ったら、そうではなかった。本人の名刺だ。その名刺からスタートアップの適性を診断して、スタートアップ情報を提供するとのこと。診断自体がナニモノなのかさえもわからない……。提供される情報も、どんなものなのか……。

・条件

ちなみに買取には条件があり、現在渋谷・港・新宿区に本社のある企業で、IT・インターネット関連企業に在籍していること。露骨な囲い込みに見えるのは気のせいか? なお、名刺は2枚撮影する必要があるそうだ。本人確認のため、1枚しか持っていない人の名刺はダメということらしい。

また買取は1人1枚、1回150円なのだとか。

・そもそもONEとは?

今さら振り返るけど、このアプリはたしかにレシート買取から始まったはず。念のためアプリの「ヘルプ」を見てみると、こう書いてある。

Q ONEとはどのようなサービスですか?

A 「ONE」はどんなレシートも1枚10円にかわるサービスです

やっぱりだ! そこは変わっていない。ということは、レシート買い取りを復活させる予定や目処があるのだろうか? それとも、レシート買い取りとは全然違うことを今後はメインにする方針だが、ただ単にヘルプの部分を書き換えてないだけなのだろうか?

よくわからないが、本来の路線に戻る日を夢見て、今後も更新をチェックしてやるからな~……。ずーーっと見てるからな~……。

Report:佐藤英典
Screenshot:iOS「ONE」

レシート買い取りサービス「ONE」がまたまたアップデート! サービス内容まで変える事態にユーザーから不満の声続出

本来のサービスであったはずの「レシート買取」を放置したまま、スマホアプリの『ONE』がまたまたアップデートを実施した。たしかつい先日(2018年7月24日)、バージョン1.4.1をリリースしたばかりなのに、8月3日に1.5.0をリリースした。

これでまたレシートを買い取ってくれる! と思ったら、シャンプー・育毛剤の写真の買取と、アンケートに回答するとお金がもらえることになってる。しかも……アプリの説明まで変わってる……

・レシート買取じゃない

バージョンアップした後にアプリを起動して「買取」の項目を見てみると、レシートの買取に関する項目はなく、株式会社アラン・プロダクツってところのキャンペーンが新しく加わっている。

詳細を確認すると、ヘアケア商品の写真の買取(最大20円)、そしてアンケートへの回答(最大100円)でお金がもらえることが表記してある。

・注意事項

注意事項には、収集した写真とアンケートの回答は株式会社アラン・プロダクツに提供することが記載されている。そのアラン・プロダクツはONEから提供された個人情報を以下の目的で利用するそうだ。なお、以下にある「ヘアラボ(旧ハゲラボ)」とはアラン・プロダクツが運用を行うサービスである。

1.利用者に適した情報、サービスを提供するため
2.利用者へのプレゼントの配送、ポイントの付与のため
3.利用者にヘアラボのサービスに関するお知らせをするため
4.利用者にヘアラボのサービスを安心・安全に提供するため
5.ヘアラボのサービスの改善および新たなサービス等を検討するため
6.ヘアラボのサービスのご利用状況等を調査、分析するため
7.ヘアラボのサービスの広告配信のため

ポイントの付与ってなんやねん。プレゼントの配送ってのも何だか怖い気がする……。なお、今回は買取期間についての情報がある。キャンペーン開催期間は5日、1日の買取上限を設けているそうだ。1ユーザーの買取件数は、写真・アンケートそれぞれ1件ずつとなっている。

・アプリの説明が!?

さて、キャンペーンを行うのはいいのだが、レシートの買取はいつになったら復活するのか? アプリの説明には「アプリの継続のために全力で取り組んでいる」とあり、「お待たせして申し訳ございません」とあるが、具体的な時期については明記されていない。どこかに書いてないのか? そう思って今一度AppStore を見てみると……

ONEの説明が書き変わっている!

「画像を撮ってお金にかえよう」

しかし、アプリのリリース当初はこうだった。

「毎日たまるレシートをお金にかえよう」

もしかして、アップデート連発している間に、利用規約を更新するどこかのタイミングでサラリと変えてしまったのか?

・相変わらず説明不足

不要なレシートを1枚10円で買ってくれるのが魅力だったはず。それが今では……。何でこんなことになったのか? せめて、公式ページで詳しく解説すべきではないのか? と思ってしまう。

私(佐藤)はこのアプリの魅力を失ったと感じているのだが、ユーザーの反応も芳しくない。「先にレシート買取を始めて欲しい」「そろそろ本題に入りませんか?」「当初の目的は、レシート買取なはず」などの声が挙がっている状態だ。この調子だとレシート買取の再開はないのか……。

参考リンク:ワンファイナンシャル株式会社
執筆:佐藤英典
Screenshot:iOS(ONE)

レシート買取アプリ『ONE』がまたまたアップデート! 保険証券の写真を「最大400円で買い取る」と言い出した……

レシート買取サービスとして世に出たアプリ『ONE』。リリース直後に買取サービスを停止したものの、2018年7月19日に「バージョン1.4.0」をリリースし、「キャンペーン内容が分かりやすくなりました」とアナウンスしていたのは以前の記事でお伝えした通り。

そんなアプリがまたまたバージョンアップ! 前回同様に「今回のバージョンでは、軽微な不具合の修正しました」と更新内容を掲げていたと思ったら……買取ページに驚きのキャンペーンが登場している。それは、保険証券の写真の買取だ。最大400円って……。

・またまたアップデート!

アップデートをしない状態で開くと利用できない状態になっていた『ONE』。バージョン1.4.0はサポートされていないとのことだが、そもそも何もサービスを提供してないような……。

更新して再度アプリを開くと、買取ページに以下の新項目が。

「今だけ あなたの保険証券を撮影すると 最大400円で買取!」

400円ッ! マジかよ、すげぇええええ!! 保険証券の写真を撮るだけで、400円もくれるのか!?

──ってなると思ったか?

ならないだろ、普通。そもそもゴミだったレシートを1枚10円で買い取ってくれるから「すげえ」ってなってたのに、保険証券が400円で「すげえ」とはならないんだよ。安すぎるだろ。しかも、注意事項を読んでみると……

「当社は株式会社hokan及びその取引先(以下「hokan等」といいます。)に対して、お客様に撮影いただいた保険証券の情報を提供いたします。hokan等の個人情報の利用目的は、1. お客様に対する保険や保険に関する商品・サービスのご案内・ご提供、2. 募集人に対する保険や保険に関する商品・サービスのご案内、ご提供、3. 保険や保険に関連する新商品・サービスの開発、各種分析、となります。

当社は、hokan等に対して、保険証券に記載されている以外の情報(電話番号や本人確認書類に記載されている情報)は、一切開示・譲渡いたしません」

つまり、最大400円で買った情報をよその会社に提供して、その会社が保険に関するサービスをユーザーに案内してくると。保険証券の写真送ったら、保険の営業を受けるってことね。その価値、400円?

・レシート買取は?

ちなみに、今回の更新について、私(佐藤)と同じようにアプリのまともな更新を待っている人たちは……

「保険証券買取? ふざけてるだろ」
「レシートはもうやめた?」
「怪しさ満点」
「レシートじゃなきゃ意味ない」
「レシートはなんだった?」

……など。もともと期待していたアプリのサービスから離れ始めていることを気にしてるようだ。私も同じく、レシートを買い取ってくれるからこそ面白い取り組みだと思った。しかし気になるのは、提出した個人情報の扱いについて、運営会社の公式サイトに何もアナウンスがないことだ。

最初の勢いはどこに行ったのか? そして、レシート買い取りを再開する気はあるのか? もはや、迷走していると感じるのは気のせいだろうか。

ちなみに、私は約1カ月前に同社の問い合わせフォームからレシート買い取りの再開時期について質問したのだが、それにもいまだ返事がない。まったくどうなっているんだ……。

参考リンク:ワンファイナンシャル株式会社
執筆:佐藤英典
Screenshot:iOS(ONE)

レシート買取アプリ「ONE」がこっそりアップデート来たーーーッ! と思ったら…

レシートを1枚10円で買い取るアプリの「ONE」。2018年6月12日にリリースされたが、即日に買取サービスをストップしたのは以前の記事でお伝えした通り。あれから1カ月以上が過ぎたものの、いまだに再開に関する情報は発表されていない。ところが……!

7月19日にバージョン1.4.0がリリースされたのだ。これは買取復活したのか!? バージョンに関する情報にはこうある。

・ONEバージョン1.4.0の詳細

「今回のバージョンでは、キャンペーンの内容が分かりやすくなりました。今後は、特定の画像の買取キャンペーンを順次開催していく予定です」(ONEより)

ん? キャンペーンとは!? 更新前の買取画面を見ると……

ONEは「DMM AUTO」とのコラボで実施したガソリンスタンドのレシートを、1枚100円で買い取るキャンペーンを実施していた。

ただし、確かあれは一時的なもので、1枚10円でどんなレシートを買い取るのが本当のサービスだったはず。とにかく更新して、買取画面を見てみたところ……

「キャンペーンがありません」ってどうなっとんねん! 「買取キャンペーンは終了しました」じゃねえだろ!!

──それにしても、一体なぜこんなことになったのだろうか? 気になるところだが、この更新について運営元の「ワンファイナンシャル株式会社」もCEOの山内奏人氏も何も明らかにしていないのが現状だ。

・説明が欲しい……

もし、元のサービスとは違う形でONEを運営していくのなら、運営側はその旨をきちんとユーザーに伝えるべきではないだろうか。それがないと、利用に不安を抱く人は多いはず。私のように、すでに個人情報を提出してしまった人間もいるのだから……。

参考リンク:ワンファイナンシャル株式会社
Report:佐藤英典
Screenshot:iOS(ONE)

レシート買取アプリ「ONE」がリリースから1カ月! 現在の状況は……

2018年6月12日のリリース直後に爆発的な話題となった、レシート買取アプリ「ONE」。どんなレシートでも1枚10円で買い取ってくれる(1日上限10枚)というので、たちまち話題となり、一時AppStoreでダウンロード数1位を獲得した。

しかし……その日のうちにサービスがストップしたまま今日(7月12日)でちょうど1カ月が経った。あれからどうなったかというと……

どうにもなってない。

運営元のワンファイナンシャル株式会社のCEO、山内奏人さんは当初7月を目途に買取再開する意志を示していたのだが、それっきり進捗の報告はない。最新Twitterでは、以下のようにつぶやいている。

「かっこよすぎる、、、、」(山内奏人公式Twitterより)

どうやら山内さんは他のユーザーの投稿に対して感想を述べたようだが、再開が遅れていることについての謝罪や再開に向けての進捗状況を伝えたりといった旨のツイートはない。

ちなみに私(佐藤)は、6月29日に同社にサービス再開時期を尋ねる質問を送信したのものの……こちらも音沙汰なし。

・ユーザーの不安

失敗は誰にだってある。失敗してわかることはこの世にたくさんあるだろう。それを糧に挑戦を続ければいいと思う。だが、個人情報を提出してしまった身としては、少なくとも現状についてのアナウンスが欲しいところ。私と同じように、どうしたらいいのか戸惑っているユーザーも多いと思う。待つしかないのだろうか……。

参照元:iTunes「one」、Twitter @5otoyam
Report:佐藤英典
Photo:RocketNews24.
Screenshot:iOS(ONE)

【疑問】レシート買取サービス「ONE」は2週間で再開するはずだったが……どうなったのか?

あれはたしか、2018年6月中旬のことだった。正確には13日のことだ。レシートを1枚10円で買い取ってくれるアプリ「ONE」がリリースされ、その直後に買取サービスが停止してしまい、運営元のCEOは以下のように再開時期について発言していた。

・ワンファイナンシャル株式会社のCEO山内奏人さんの投稿

2週間、、、2週間だけ時間をください、、、絶対戻ります、、、アプリを入れてお待ちくださいませ!」(山内奏人Twitterより)

6月13日の投稿から2週間後は27日。今日は7月4日だから3週間経った。何か具体的なことに関してアナウンスがあるのかなと思ったら、7月2日に山内さんは以下のツイートをしている。

「ぼくは諦めません」(山内奏人Twitterより)

──この投稿からも察しがつくように、まだサービスは再開されていない。また、具体的な再開時期も未定。そのような状況のためか、AppStoreでのアプリに対する評価は当然良いものではない。

・質問を送ったが……

ちなみに、私は同社に再開時期等についての質問を送ったのだが、何も返ってこない。「お待ちください」でもいいから返してくれると安心するのだが……。

参照元:iTunes「one」(2018年7月4日現在、サービスの利用はできない)、Twitter @5otoyam
Report:佐藤英典
Photo:RocketNews24.
Screenshot:iOS(ONE)

【もう終わり?】 レシート買取アプリ『ONE』、DMM AUTOとのコラボ企画が終了し何モノでもなくなる!

2018年6月12日にリリースされた、レシート買取アプリの『ONE』。革新的なサービスとして話題になったものの、運営元の想定を超える反響があり、その日のうちに買取サービスを休止した。

それから約1週間を経て、一部買取サービスの再開! ガソリンスタンドのレシートに限って最大100円で買い取ることを発表したのである。利用には限度があるものの、車を所有する人にとっては有難い! はずだった……。最新のアップデートを確認すると、それも終了してしまっている。今は一体どういう状態なんだ!?

・DMM AUTOとコラボ

ガソリンスタンドのレシート買い取りは、車をスマホで売却できるサービス『DMM AUTO』のコラボ企画としてキャンペーンを実施していた。ONEがリリースされた当初はレシートの区別なく、一律1枚10円、1日10枚を限度に買い取ってもらえたが、このキャンペーンでガソリンスタンドのものに限り買い取ると変更になったのである。

また、運営元の「ワンファイナンシャル株式会社」は、買い取り額の上限に達したら、レシートの買い取りを終了すると予告していた。

・またアップデート

キャンペーン開始時にアプリのアップデートを行ったはずなのだが、6月20日にまたバージョンアップしていることが判明。もしや! ガソスタ以外のレシートの買い取りも復活したのか? 「軽微な改善を行いました」ってあるぞ

早速アップデートをして確認してみる。

買取ページの画面下にある「+」をタップして、レシートを撮影しようとすると……

なんだ!?

「キャンペーン終了」とあるだけで、ほかには何もない。つまり、DMM AUTOとのコラボが終了して、ガソスタのレシートの買い取りが終わったために、現段階(2018年6月21日16時)では何も買い取りをしていないってことのようだ。

せいぜい出来ることといえば、運良くアプリのリリース初日にレシートを買い取ってもらえた人が、その買い取り金額を引き出すことくらいか? 

・アナウンスを!

若い人の挑戦はぜひとも応援したい! 試行錯誤であれこれ試しながら、最良の形を模索しているに違いない。だが! 買い取り再開とか終了とかキャンペーンの開始や終了について、何もアナウンスがないとどうしても不安になる。

個人的なことを言わせてもらうなら、私(佐藤)は本人確認書類を提出してしまっているから、ものスゴイ不安だ……。この先、どうするのかハッキリしてくれないと、おじさんマジで怒っちゃうよ!

参考リンク:ワンファイナンシャル株式会社
Report:佐藤英典
Screenshot:iOS(ONE)