ソニーが世界最高スペックのカメラを搭載した『Xperia XZ2 Premium』を発表 / ネットでは賛否両論の声

ソニー独自の技術が詰め込まれたスマートフォンとして知られる「Xperia(エクスペリア)」。高音質なミュージックプレーヤーとして、さらには高画質なデジタルカメラとしても支持されている人気の機種だ。

本日2018年4月16日、「Xperia」シリーズのフラッグシップモデルである『Xperia XZ2 Premium』が発表された。世界最高スペックのカメラを搭載しているとのことだが、全貌はいかに。さっそく動画とともに確認していこう。

・高性能なカメラに要注目

前述の通り、『Xperia XZ2 Premium』の大きな特徴といえるのが超高性能なカメラだ。メインカメラに1900万画素(F1.8)のカラーセンサーと1200万画素(F1.6)のモノクロセンサーからなる2眼カメラ『Motion Eye Dual』を搭載しているという。

さらにソニー独自の画像融合処理プロセッサ「AUBE(オーブ)」によって、世界最高スペックのISO 12800の動画、またはISO 51200の超高感度写真が撮影可能となっているほか、世界で唯一、4K動画の撮影と再生ができる機種に仕上がっているもようだ。

・ガラスで覆われた艶のあるボディー

動画「Xperia XZ2 Premium – camera to the extreme」でデザインを確認すると、ガラスで覆われた艶のあるボディーや、2眼カメラ『Motion Eye Dual』が確認できる。特にインパクトはないが、この中に最高峰の技術が詰まっていると思うと感心せずにはいられない。

ソニーによると、ボディーには3Dガラスを使ってホールド感を高めながら「Corning Gorilla Glass 5」を採用することで強度を向上。さらに防水・防塵にも対応しているという。また、本体カラーはクロームブラックとクロームシルバーの2色を用意するとのことだ。

・ネットの反応

ただ、凄まじいスペックのスマホが出たものの、ネット上では賛否両論。まずは好意的な意見からお伝えしよう。

「xperia xz2 premiumはんぱねえ」
「Xperia XZ2 Premiumのスペック化け物かよ…」
「Xperia XZ Premiumよいな。iPhoneから乗り換えるか」
「ワイが求めてたのはこれや…全ての神スペックを兼ね備えた完璧スマホや…」
「デュアルカメラか……と思って7プラにしようとしてたらまさかのXperiaが出そうとしていた」

などなど、カメラをはじめとするスペックに驚いている声だ。では、好意的ではない声はどういったものがあるかというと……

「新しいXperia、やっぱりダサい…」
「xperia xz2 premium、236gってさすがに重すぎない?」
「XPERIA XZ2 Premium、スペックはすごいけど、236gは重いよ…」
「幅80mmと重量236gに唖然とする。無理やり周回遅れに追いつこうとした弊害なのか?」
「Xperia XZ2 Premium 236g って… 無理!/(^o^)\」

もっとも多かったのは、236gという重量に対しての声だ。日本でのシェア率が高いiPhoneは、ほとんどの機種が200g以下なので重量を気にする人は多いのだろうか。また、好みの問題もあるが、丸みを帯びた角のデザインが気になるという声も多く見られた。

ともあれ『Xperia XZ2 Premium』は、2018年夏頃にグローバルで発売される予定となっている。日本での販売はまだ未定だが、とにかくカメラの画質にこだわりたい方は要チェックの機種といえるだろう。

参照元:YouTube、Sony Mobile Communications「Press releases」(英語)
執筆:K.ナガハシ

【続報】漫画タウンとして復活した(?)『漫画村』がオラつき続ける → 自称公式Twitter「敵は僕たちじゃないんだ」→「逮捕に怯え始めたか?」の声も

つい先日、人気タイトルを無許可で配信する、いわゆる “海賊版漫画サイト” として問題となっていた漫画村が「漫画タウンとして復活したかも?」というニュースをお伝えした。公式を自称するTwitterアカウントは出版業界を始め四方八方にオラつきまくっていたが、今回はその続報だ。

結論から言うと、そのアカウントのオラつきは収まっていない……どころか勢いを増すばかりである。ただ全体的に「自己弁護」の気配が節々に出てきており、ネットの一部では「そろそろ逮捕に怯え始めたか?」などの声もあるようだ。

・さらならオラつき

まずは、自称・漫画タウン公式Twitterの言い分を聞いてみよう。以下で、以前の記事でご紹介した一連のツイート後の投稿をご覧いただきたい。

「特定のサイトを潰しても新しいサイト出てきたら無意味だよ。根本的に解決しないと終わらないよ。それ、証明したよね」

「ネットで無料で読んでる人と本屋で立ち読みしてる人は同じだよ。問題なのは、無料で読める環境が身近になったのに、本を売ることでしかお金と交換できない仕組みだよ。出版社総出で新しいシステムを作らないと衰退していくよ」

「これだけオープンにしてるのにまだサイトは健在だよ。なにしてるの? 人気すぎて重くなるのはごめんね」

「「コンテンツが無料になったら漫画家になる人がいなくなる〜」って言う人は、本を売ることでしかお金にできないと思ってるんだろうけど、コンテンツを無料にしても、ファンが増えたら他でお金と交換したらいいよ。コンテンツを無料で読めて、なおかつ著者にもお金が回る仕組みは可能だよね」

「出版社は古い体質をやめてオープンになればいいよ。政府は中途半端な規制をするなら他のサイトもするべきだよ。まとめサイトも、動画投稿サイトも、やるなら徹底的に取り締まらないと終わらないよ。それかユーザー側も罪にするかだよ」

「敵は僕たちじゃないんだよ。変えなきゃ生き残れないのに、尻が重いみたいだから叩いてあげてるんだよ」

漫画を始めとするコンテンツビジネスに、新しいビジネスモデルはきっと存在するのだろう。そういう意味では、既存のビジネスモデルにあぐらをかいてきた出版業界に一石を投じている、との見方も出来なくはない。

だがしかし、これを出版業界が言うならまだしも、無断でコンテンツを使用し続け “実際に金儲けしていた元・漫画村(自称)” が発したところで何の説得力もない。また「新しいシステム」とは言いながらも、その内容は抽象的な言葉にとどまっている。

・ネットの声

「敵は僕たちじゃないんだ(笑)」
「正式にそのシステムやらを作って金を稼いでください」
「その仕組みが作れれば出版社からも引く手あまたでしょう」
「なんでイチイチ煽るのかね?」
「自己弁護が始めったか」
「逮捕がチラつき始めたのかな?」
「悔しいが出版社の怠慢があることは間違いない」
「↑うむ、そこはあってるな」
「お前がいくらきれいごとを言おうと、大金稼いじゃってるしなぁ」

ネットの声にもあるように、一連のツイートは以前のものと比べ “自己弁護” の気配が強くなっているようにも感じられる。「敵は僕たちじゃないんだ」の一言がそれを表しているのではないだろうか? 今後この件がどのような展開を迎えるのか、注目したい。

参照元:Twitter @mangataun
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

【まさかの新曲】小室哲哉さんがスマホ向けゲームの音楽監督に就任! 近日公開の主題歌を含む全29曲を制作 / ネットの声「これは嬉しい」「ワクワク」など

2018年1月、音楽業界からの引退を発表した小室哲哉さん。会見で「元々ただ音楽が好きだった」と自らの原点を振り返るコメントが印象的だったが……な、なんと! なんと現在、スマホ向けゲームの音楽監督に就任! 主題歌を含む楽曲の制作に取りかかっていることが明らかとなった!!

・昨年の春から約1年をかけてゲーム音楽を制作

小室さんが音楽監督を担当するゲームのタイトルは『ガーディアンズ』だ。公式YouTubeチャンネルなどによると、同ゲームはタップ&スワイプの直感操作で、いつでも誰とでも気軽に遊べるスマホ向けロールプレイングゲーム(MMORPG)とのこと。

小室さんは、昨年の春から約1年をかけてゲームの世界を彩る音楽全29曲(主題歌+BGM28曲)を制作。主題歌「Guardian」は、小室さん本人が登場するMVと共に「ガーディアンズ」公式YouTube チャンネルにて近日公開するという。

思い返せば会見で「現在引き受けさせていただいている仕事はたくさんあります」と語っていた小室さん。本作もそのなかのひとつなのかもしれない。──とすると単純に “復活” とは言えないが、いずれにせよ新たなTKサウンドが聴けるのは嬉しいことだ。

小室さんの新曲制作の知らせを受けて、ネットでは多くの声があがっている。

・ネットの声

「これは嬉しい」
「頑張ってほしい」
「楽しみです」
「早くやりたい!」
「ワクワク」
「小室さんバンザイ!」
「最高やん」
「テンション上がります」
「びっくりしました!」
「主題歌も楽しみ」

さあ、主題歌「Guardian」はいったい誰が歌うのだろうか? 近日公開されるというMVの内容に期待は膨らむばかりだ。

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ
画像:(c)LINE Corporation (c)AIDIS Inc.

【炎上】閉鎖した漫画村が『漫画タウン』として復活? 公式Twitterがオラつきまくる「サイトのせいで漫画の売り上げ落ちたの? 本当に?」

人気タイトルを無許可で配信する、いわゆる “海賊版漫画サイト” として問題となっていた漫画村。つい先日「漫画村」のアクセス遮断を政府が認め、この件は一件落着かと思われていた。だがしかし……。

漫画村が閲覧不能になった期間はほんの一瞬だったのかも? というのも、漫画タウン公式を自称しているTwitterアカウントが「漫画村が漫画タウンとして復活したよ」とツイート。しかもそのアカウントは開き直りとも取れる自論を展開し、炎上の様相を呈している。これは……ひどい。

・挑発的な投稿

まずは、漫画タウンの公式を自称しているTwitterアカウントが投稿したコメントを以下でご紹介しよう。

「いくらサイトを潰したって、もう漫画の売り上げは増えないよ。みんな無料で音楽聴くし、無料で動画を見るし、もう出来上がったコンテンツにお金を払う時代じゃないんだよ。漫画だけを叩くのはおかしいんだよ」

「サイトのせいで漫画の売り上げ落ちたの? ほんとに落ちたの? それはサイトのせいじゃなくて出版社の努力不足だよ。これからも今のままの売り方をするなら漫画は売れないよ」

「漫画タウンはすでにネット上にアップされてる画像を集めて読みやすいように整理してるだけなんだよ。だからもともと漫画はアップロードされてるんだ。もうコンテンツは無料の時代なんだ。「著者の利益が〜」って言う人は、そんなに好きな著者がいるなら直接募金したらいいよ」

……いかがだろうか。「盗人猛々しい」とはまさにこのことではなかろうか? ネットの進化に法整備のスピードが追い付かず「どうせ逮捕まではされない」とタカをくくっているのか、度を越した挑発的コメントだ。

当然ながら一連の投稿には非難が相次いでおり、現在は “絶賛炎上中” といったところだ。一部の声をご紹介しよう。

・ネットの声

「いくら能書きたれても、お前が犯罪者だということは変わらない」
「コンテンツにお金を払わず無料で楽しむっていうのは、コンビニで万引きするのと変わんないんだけどね」
「万引きして食うメシはウマいか?」
「時代って括りで人の努力の結晶を無料でみせびらかすなよ」
「ここまでケンカ売るって何がしたいのかサッパリわからんな」
「コンテンツが無料かどうかはお前じゃなく制作者が決めるんだ」
「出版業界があぐらをかいて、企業努力を怠ってたのは紛れもない事実。目を覚ませ」

なお、復活したという「漫画タウン」も現在はサーバーに繋がらない状態が続いており、実質的な再開とはなっていないようだ。いたちごっこの気配もするこの一件、果たしてどのような結末を迎えるのだろうか?

参照元:Twitter @mangataun
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

VRの可能性ハンパねぇ! ジャミロクワイの『Virtual Insanity』をヴァーチャル・リアリティ上の楽器で演奏してみたっていう動画

1990年代に一世を風靡した英ロンドン出身のバンド「ジャミロクワイ」。同バンドの楽曲のなかでも、圧倒的な人気と知名度を誇るナンバーが『Virtual Insanity(ヴァーチャル・インサニティ)』だ。

そんな有名曲を、なんとヴァーチャル・リアリティ上の楽器で演奏するアーティストが現れた。ちなみにダジャレを言いたいだけではないのであしからず……。それでは、動画「“Virtual Insanity” Performed in Virtual Reality (Jamiroquai Cover)」でどんなサウンドなのかをチェックしてみよう。

・VRヘッドセットを装着した瞬間に様々な楽器が出現

『Virtual Insanity』をカバーしたのは、シンガーソングライターのチェイス・ホルフェルダーさんだ。動画を再生すると、冒頭からさっそくホルフェルダーさんが登場。グリーン色の部屋に入り、VR専用ヘッドマウントディスプレイを装着すると…… 

「ヒュィィイイイーーーン!」という音とともに、突然、部屋にキーボードや電子ドラムといった様々な楽器が出現!! ホルフェルダーさんは次々と楽器を演奏していき、やがて素晴らしい歌声で『Virtual Insanity』を歌い始めるのだった。

動画の解説文によると、このカバー曲はVR専用ヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」の仮想現実上にある楽器やサウンドだけで作られているという。つまり、その場に実在していない楽器で演奏されているというわけだ。VRの可能性ハンパねぇぇぇえええーーーーー!

また、完成度の高いアレンジや歌声もさることながら、ポップかつサイバーな映像も必見。ぜひヴァーチャル空間に映し出されたヴァーチャル楽器で奏でられる『Virtual Insanity』を動画でご覧あれ!!

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ

【Xperia Ear Duo】ソニーが発表した “耳をふさがない” ワイヤレスイヤホンの動画がこちらです / 周囲の音を聞きながら音楽が楽しめてスポーツもOKっぽいぞ!

ソニーから超画期的なオーディオアイテムが登場した。2018年4月21日に発売されるその商品の名前は『Xperia Ear Duo(XEA20)』。周囲の音を聞きながら音楽や会話を楽しめるワイヤレスイヤホンだ。

・“耳をふさがない” 左右独立型のワイヤレスイヤホン

ソニーモバイルコミュニケーションズによれば、『Xperia Ear Duo』は前述の通り、周囲の音を聞きながら音楽や会話を楽しめる “耳をふさがない” 左右独立型のワイヤレスイヤホン。ソニーストアでの価格は2万9880円(税別)となっている。

また、同製品はソニーのオーディオ部門で培った技術を用いて高音質かつ自然でクリアな音を実現しているのだとか。さらには、音漏れの低減も実現しており、電車やオフィスなどでも安心して使用できるという点がまた興味深い。

・直感的に操作できるらしい

操作性にも要注目。独自開発のボイスアシスタント「Assistant for Xperia」が生活をサポート。音声や頭の動き(ヘッドジェスチャー)によって通話の発信やメッセージ送信、音楽再生など、ハンズフリーで様々な操作が可能だという。

ちなみに連続再生時間は最長約4時間。充電機能を搭載した専用ケースに約12時間分のバッテリーを装備しており、本体と合わせて最大約16時間の連続再生を実現しているそうだ。しかも急速充電によって、7分間で約1時間分のチャージも出来るらしい。

・動きの激しいスポーツもOK

公式YouTubeチャンネルでは『Xperia Ear Duo』の解説動画とともに、WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗さんや有名若手ダンサー・MARINAさんなどが出演するPR動画も公開されている。多機能でありながら、動きの激しいスポーツにも耐える様子には驚くばかり。ソニーはまたなんとも凄い物を作ったものである。

他にも優れた機能が盛りだくさんなので、興味のある方は製品ページをご確認あれ。

参照元:YouTube [1] [2] [3] [4]、SONY「Xperia Ear Duo」ニュースリリース
執筆:K.ナガハシ

これやりたい! サイバー空間ライトセーバー斬りまくりVRリズムゲーム『Beat Saber』がメチャ楽しそう!!

2018年3月29日よりPlayStation VRが値下げされ、盛り上がりをみせているVRゲーム市場。続々と新作がリリースされているところをみると、ユーザーの数はより一層増えることが予想される。

そんななか、今回は数あるタイトルの中でもひときわ話題となっているVR専用ゲームを紹介したい。その名は『Beat Saber(ビートセイバー)』。サイバーな世界観と爽快なアクションが印象的なリズムゲームだ

・メチャメチャ楽しそう

『Beat Saber』を制作したのは、チェコのゲームスタジオ「Hyperbolic Magnetism」である。動画「If You Want to ESCAPE with Me…Beat Saber」で、ゲームのプレイシーンを確認すると……

VR空間に立つプレイヤーが、ノリノリのビートと共に向かってくるキューブをライトセーバーで「バサッ、バサッ!」と豪快に斬りまくり!! これはメチャメチャ楽しそう!

・サイバーな世界観もイイ感じ

さらにデザインにも要注目。映画「トロン:レガシー」と「マトリックス」と「スター・ウォーズ」を足して割ったような、サイバーな世界観と爽快なアクションが印象的なリズムゲームに仕上がっているゾ!!

公式フェイスブックページによると、同タイトルの価格は20ドル程度(約2100円)になる見込みで、PSVR、HTC Vive、Oculus Rift、Windows Mixed Realityに向けにリリースされるとのことだ。

また、ホームページの情報では、現在のところPSVR版の発売日は未定のようだが、他の3機種については5月1日からPCゲーム販売サイト「Steam」とOculus Rift専用ゲームストア「Oculus Store」にて販売予定となっている。

実際にプレイしてみないと詳細はわからないが、このクオリティーのゲームが2000円程度で買えるなら欲しいと思う方はきっと多いハズ。まだプレイシーンを見たことのない人は動画を要チェックだ。

参照元:YouTube、Facebook @Beat SaberBeat Saber(英語)
執筆:K.ナガハシ