【注意喚起】福岡、佐賀、長崎で「数十年に一度レベル」の大雨 / 8日まで断続的に降り続ける模様

西日本各地で、大雨による被害が広がっている。本日2018年7月6日、気象庁は福岡県と佐賀県、長崎県に大雨特別警報を発表した。これまでに経験したことのないような大雨とのことだ。

また、これらの県以外でも、西日本と東日本において記録的な大雨となっているため注意が必要である。この猛烈な雨は、いつまで降り続くのだろうか?

・数十年に一度レベルの大雨

そもそも、大雨特別警報とはどれくらい危険な状態なのか。ウェザーニュースによると、特別警報は数十年に一度の大災害が起こると予想される場合に発表されるらしい。命に関わる非常事態のため、この警報が発表された場合は、ただちに避難する必要があるそうだ。

気象庁は、土砂崩れや浸水による重大な災害が、すでに発生していてもおかしくない状況であるとしている。現地の方々には、危険な場所には近づかないなど、身の安全を最優先に考え行動していただきたい。

・明後日まで続く

また、どうやらこの大雨は明日7日(土)以降も続くようである。日本気象協会運営の tenki.jp は、8日(日)にかけて九州から関東甲信では断続的に激しい雨が降ると予想している。特に九州から近畿は、猛烈な雨に注意が必要とのことだ。

繰り返すが、命に関わるような災害がいつ起こってもおかしくない状況である。特別警報が発表された3県はもちろん、それ以外の九州や中国、四国から甲信地方にお住まいの方は、大雨による災害に十分に警戒していただきたい。

参照元:気象庁ウェザーニュースtenki.jp、Twitter @tenkijp
執筆:あひるねこ

【早えーよ】まだ6月なのに関東甲信で「梅雨明け」が発表される / 1951年の統計開始以来、初の事態

ていうか暑すぎるだろ! 夏かよ!! 最近、急に暑くなったような気がするのは私(あひるねこ)だけだろうか。まあ夏になるのはいいんだけど、梅雨はどうなったの? まだ6月だぞ。

そこへ驚きのニュースが飛び込んできた。本日2018年6月29日、なんと関東甲信地方の梅雨明けが発表されたというのだ。マジかよ! まだ6月なのに、もう夏がキタァァァァァアアア!!

・6月なのに梅雨明け?

1年でもっとも雨のイメージが強い月というと、やはり6月だろう。例年6月の序盤から始まり、7月の中旬ごろまで続くうっとおしい梅雨。そのため、本格的な夏が始まるのは7月に入ってから。というのが、一般的な感覚のように思う。

そこへ、まさかの6月中の梅雨明け宣言である。気象庁が発表しているデータによると、昨年の関東甲信の梅雨明けは7月6日。つまり1週間も早いことになる。また、平年の梅雨明けは7月21日とされていることを考えると、今年の梅雨明けがいかに早かったかが分かる。

・初めての事態

それだけではない。データをさかのぼっていった結果、驚きの事実が明らかになったのだ。なんと1951年の統計開始以来、6月中に関東甲信で梅雨明けとなるのは今年が初なのである!

データによると、過去にもっとも早く梅雨が明けたのは2001年の7月1日なので、記録を2日縮めたことになる。ちなみに、もっとも遅い梅雨明けは1982年の8月4日だ。直近だと、2007年の8月1日というのもかなり遅い部類に入る。

・関東では30度越えが続く

梅雨明けにおいて、歴史的な爆速っぷりを見せた2018年。個人的に梅雨は嫌いなので大歓迎だが、それはつまり、これから猛暑が続くことを意味するのだ。各自、熱中症には十分注意して夏に備えよう!

参照元:気象庁
執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

【マジかよ】自称「日本一の雨男」が『雨男レベルを判定するアプリ』を1週間使ってみた結果 → 異次元の数値が叩き出される


予定を立てると雨が降る。外出すると雨が降る。休みの日にも雨が降るっ! いわゆる「雨男」である私の名前は中澤星児。今夜も星が見えねェェェエエエ!!!

本当に雨が降りすぎて、雨男のオリンピックがあったら優勝できるレベル。私はひょっとしたら日本一なんじゃないだろうか。気になったので、「雨男レベルを判定するアプリ」を1週間続けてみた結果……とんでもない数値が叩き出されてるゥゥゥウウウ

・日本全国が梅雨

使用したアプリは以前の記事でもご紹介した『rainy(レイニー)』。位置情報と気象データからユーザーの降水量を計測、全ユーザーの統計データに応じて「雨男(雨女)度合い」など様々な数値を導き出すことができるアプリだ。

2018年6月6日に登録して本日6月13日で1週間が経過。この1週間、言うまでもなく私は雨に降られまくりだったわけだが、そもそも日本中が梅雨なので、個人にそこまで差が生まれるものなのだろうか

・週間降水量がヤバイ

アプリを開いてみたところ、個人総降水量には182mmと表示されている。雨男指数は「100」と表示されているが、これって凄いの? ステージはいまだに「UNKNOWN」だし、いまいちわからない。

そこで、ユーザー平均と数値を見比べられる「週間降水量」のページを確認してみたところ……

──ファ!?


全ユーザー平均の4倍くらい降られてるだと!? 月間降水量のページなんて、グラフが「あなた」の部分だけ異次元の彼方に突き抜けてるゥゥゥウウウ! 勝利っ……! 圧倒的勝利っ……!!

なぜかちょっと嬉しかった。ちなみに、週間・月間ランキングは現在、5月23日までの1週間になっておりまだ表示されていない。はたして日本一をとることはできるのか?

・雨を呼ぶ男

マイナス面が強調されがちな雨男だが、どんなことでも成績が良ければ嬉しいものだ。また、「雨を呼んでいる」と発想を変えれば、特殊能力みたいでカッコいい気がしないでもない

かつて、天候がもっと密接に生活に結びついていた時代に生まれていたならば、多くの命を救ったかもしれない雨男(雨女)たち。そんな生まれる時代を間違えた孤独な魂に幸あれ。

参照元:rainyApp Store
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.
Screenshot:iOS

【いきなりヤバイ】関東から近畿が一気に梅雨入りへ! そして同時に台風4号も発生!! その名も「イーウィニャ(嵐の神)」

ついにこの季節がやってきてしまった……。本日2018年6月6日、気象庁が近畿、東海、関東甲信地方の梅雨入りを発表したのである。あああああああ! これから毎日のように雨が降るのかよォォォォオオオオ!!

それだけではない。ウェザーニュースによると、さらに台風4号まで発生したというじゃないか。待て待て、いきなり本気出し過ぎだろ! 勝手にテンション上がってんじゃねーぞコラ!! しかも、その台風の名前が完全にヤバイやつで笑ってしまった。大ピンチである。

・各地で梅雨入り

中国地方では昨日5日に梅雨入りとなったが、本日6日の11時、今度は近畿から関東甲信で一気に梅雨入りが発表された。日本気象協会運営の tenki.jp によると、近畿は平年より1日、東海と関東甲信は平年より2日早い梅雨入りだそうだ。

・週末も雨か

ここ東京では梅雨入り初日から雨がしとしと と降っており、週間天気予報を見ても雨マークだらけ。週末になると前線の活動は活発化し、梅雨序盤から大雨の恐れがあるとウェザーニュースは予想している。村上春樹の軽く1000倍は「やれやれ」な気分である。

・超強そう……

さらに本日午前9時、南シナ海で台風4号が発生したというのだから笑えないぞコラ! 中心付近の最大風速は毎秒18メートル。ゆっくりした速さで北西へ進んでいるとのことだ。そしてこの台風4号、名前がヤバイので注目していただきたい。その名も……

「イーウィニャ(嵐の神)」。

終わった……。これは完全に終わった。嵐の神・イーウィニャって、どこの召喚獣だよ! tenki.jp によると、「イーウィニャ」とはミクロネシアが用意した名前らしい。台風の名前はあらかじめ140個用意されており、発生順につけられるんだそうだ。それにしても、「嵐の神」の強キャラ感は異常である。

・そうでもなかった

と思いきやこの嵐の神、あまり発達することはないようだぞ。ウェザーニュースによると、中国大陸南部に上陸した後は弱まって、熱帯低気圧に変わる見込みとのこと。何だ、強そうなのは名前だけか。おどかしやがって。

とは言え、全国各地で梅雨のシーズンに突入しているのは紛れもない事実。しばらくは傘が手放せなくなりそうだ。やれやれ。

参照元:気象庁ウェザーニュース日本気象協会、Twitter @wni_jp
執筆:あひるねこ

【マサイ通信】第110回:久しぶりに雨が降ってマサイ族は大喜び! 知られざる「干ばつ」の被害とは

スパ! 今回は朗報をお伝えしよう。つい先日、オレたちマサイ族が住むケニアの僻地アンボセリに……久しぶりに雨が降ったんだ! 雨!! チョー嬉しい!! スーパーハッピー! オレらの祈りが「天空神エンカイ様」に通じたんだなァ〜ってな!

きっとおそらく、長きにわたってオレたちを苦しめてきた「干ばつ(かんばつ)」も、この雨をきっかけに終わりを告げることだろう。てな感じで今回は、なぜオレたちマサイ族が「干ばつ」で困るのかを、サクっと簡単にお伝えしようかな。

・じつはマジで深刻だった

熱心なマサイ通信読者の皆さんはお気づきだと思うけど、ある時から、オレはチラチラと「近年まれに見る大干ばつで困ってる」ってグチってたよな。今回の干ばつは、実はマジで深刻だった。このまま行ったらマジやばい……ってくらいにな。

そんなさなかに、井戸が直った。村のみんなが「オシャー!」って喜んだのは、マジのマジで水に困っていたからに他ならない。でも、オレたち人間よりも干ばつの被害をうけていたのは、オレたちと生活をともにするウシさんたちだ。

井戸の水で、なんとか「水分」は補給できるようになった。でもな……食い物が圧倒的に足りてなかったんだ。ふだん彼らが食べるのは、そのへんの「草」だ。

ところがどっこい、そんな主食の「そのへんの草」が、近年まれに見る干ばつによって、ぜんぜん育っていなかったのよ。いくら乾いた大地を歩いても、主食になる草が生えてない。みんな、いっつも腹ペコ状態だったのよ。

とはいえ、オレたちマサイ族にとってウシさんたちは家族同然。なんとか飢え死にしないように、ウシさんも食べられるエサとかを買ったりもした。そこに水を混ぜて食べさせるのさ。そんなこんなで金も出て行くし、良いこと何もナッシングだ。

いっちゃん(一番)ヤバイ時は、バッタバッタとウシさんたちが死んでいったよ。もうね、めちゃくちゃ悲しい。見てらんねー。悲しすぎるから死体の写真は載っけないけど、「体力なくて立ち上がれなくなったウシさん」くらいは載っけとこう。

でもな。このまま行ったらヤベえぞ……。オレたちこの先、どうなっちまうんだ……なんて思っていたつい先日、ついに雨が降ったのよ! それも大雨。まるで湖みたいな、でっかい水たまりまでできるくらいの大雨さ。よかった。本当に良かった!

なにより喜んでいるのはウシさんさ。まだ草は生えていないけど、数カ月したら生えてくる。そしたらもう、散歩コースがレストランさ。エサ代も浮くからオレらもハッピー。これぞまさに恵みの雨。干ばつなんて、モーこりごり。オレセリッ!

Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

【台風3号】滝のような雨も! 地域別「大雨や暴風の警戒期間」まとめ / 日本気象協会が発表

日本列島に接近している台風3号(ナンマドル)。現在は速い速度で東シナ海を北上しており、明日4日の朝には九州北部に接近・上陸する恐れがあるという。そのため、北九州市では本日3日の時点で市内の小学校や中学校などを臨時休校にすることを発表しているそうだ。

ただ、明日 雨の予報が出ているのは九州だけではない。日本気象協会によれば、台風3号は九州に上陸した後に日本列島を横断するそうだ。その影響で、東北地方に停滞する梅雨前線が活発化し、明日4日は広い範囲で大雨となるらしい。地域ごとの警戒期間を見ると……

・日本気象協会による「地域ごとの警戒期間」(3日16時33分発表)

■九州地方 4日(火)は明け方から夕方にかけて、カミナリを伴い非常に激しい雨の降る所がある

■中国・四国地方 → 台風が最も接近する、4日(火)の昼頃から夕方にかけて非常に激しい雨が降る恐れがある

■近畿・東海 → 4日(火)の夕方以降、雨や風が強まる

■関東甲信 → 今(3日16時33分)のところ、雨や風のピークは4日(火)の夜遅くから5日(水)の明け方

■北陸・東北 → すでに大雨となっている所があるが、今後さらに雨量が増える見込み

——とのことだ。詳しくは、日本気象協会のHPを参照して欲しい。また、その警戒期間がパッと見た目で分かる図も公開されているので、そちらも併せて確認しておくといいかも。

ちなみに、明日4日は「台風から離れた所でも局地的に雨雲が発達して、滝のような雨が降ることもある」とのことだから、住んでいる場所から台風が離れていても気をつけた方がよさそうだ。とにかく、明日・明後日は最新の台風情報を常にチェックし、警戒を怠らないようにしておこう。

参照元:Twitter @tenkijptenki.jp気象庁北九州市
執筆:和才雄一郎

▼こちらが「地域ごとの警戒期間」の図。詳しくは日本気象協会のHPで!