ある海外男性が作る『昔ながらの貼り紙広告』がジワジワ来る~とSNSで人気に! 「このハトを見つけました。あなたのペットですか?」など

ひと昔前、中古品売買やメンバー募集などは町の掲示板に広告を貼って呼びかけていたものだが、現代では全てネットで事が済むようになってしまった。

そんな今の時代、ある海外男性が「昔ながらの貼り紙広告」を制作し、その内容がシュールで笑えるとSNSでジワジワと人気を集めているというので紹介したい。

・懐かしの貼り紙広告がジワジワ来る……

米ニュースサイト『boredpanda』によると、“昔ながらの貼り紙広告” を制作してSNSでひそかに笑いを誘っているのは、アラン・ワグナーさんという男性だ。

なんでもアランさんは、さすがに貼り紙&口コミだけで何かを拡散させるのは難しいと思ったのだとか。そこで、貼り紙広告を制作して近所の電柱に貼り、あたかも変な広告を見つけたかのようにInstagramに投稿し始めたら、いつの間にかフォロワーが33万人を超えるほどの人気になっていたというのだ。

・「この鳥を見つけました。あなたのペットですか?」

例えば、時々道で見かける「行方不明のペット」に関する広告をパクった貼り紙には、ハトの写真に「この鳥を見つけました。あなたのペットですか?」との文句が書かれているのだ。

Instagram Photo

「ハトなんて全部一緒に見えるから分かんないでしょ!」とツッコミを入れたくなるが、それがアランさんの狙いである。続けて次のような情報も書き込まれているから、さらに笑いを誘ってしまう。

・名前のタグはなし
・いろんな名前を呼んでみたけど反応はゼロ
・全く指示に従わない(しつけが十分ではない)

と、ひねくれたユーモアが満載なのだ。

・変な貼り紙広告のオンパレード!

Instagram Photo

そして、ジャグジーにつかる恰幅のよい男性の写真がプリントされた広告も、か~なり奇妙でシュール! 貼り紙には、

「この男性を知っていますか? 5日前に家のジャグジーに現れ、今でも滞在しています。動きもしなければ喋りもせず、まばたきもしません。そして、夜には目が赤く光ります。この人物に関する情報やアドバイスがあれば、こちらに電話を」

と電話番号も記載されているが、もちろん偽ナンバーである。

Instagram Photo

その他にも「なんでもチョップできます」との広告には、「私がチョップできない物を持参した人には、400ドル(約4万4000円)の賞金を差し上げます」とのうたい文句が! 

こんな貼り紙を道で見かけたら、思わず立ち止まって「これって本気!? それとも冗談?」としばし考えてしまいそうだ。

昔ながらの貼り紙広告がSNSで人気なっているとはなんとも皮肉であるが、ジワジワ~と来るアランさんのInstagramページのフォロワーは、これからも増えていきそうだ。

参照元:Instagram @truewagnerboredpanda(英語)
執筆:Nekolas

東京・赤羽の日高屋の注意書きが衝撃的過ぎる! 「○○○○禁止」って貼り出さないとアノ行為を繰り返すヤツがいるのか!?

公共の場では、当然ながらルールとマナーを守る必要がある。公園や運動施設など無料で立ち入ることができる場所だけでなく、飲食店でも周りの人に対して配慮をすべきだろう。中にはお店のルールとして、電話を禁止していたり喫煙を禁じている店舗もあるが、東京・赤羽の日高屋は一味違う……

ここのお店では、○○○○を禁止しているのである! 禁止するまでもなく、しないのが普通だろッ!! と思うところなのだが、私が確認しただけで、お店には7枚も注意書きを掲げられている。そんなにアノ行為が繰り返されているのか!?

・2店あるが、東口店だけ

JR赤羽駅最寄りには、日高屋が2店舗ある。赤羽西口店と赤羽東口店だ。西口店には、アノ行為を禁じる注意書きはなく、他の地域の店舗と特に変わった様子はない。

だが東口店には、お店の入り口に注意書きが貼り出されている。入り口の自動ドアのガラスを見ると……。

え?

無銭飲食禁止?

店内に入ると、さらによく見える位置に……

無銭飲食禁止!

・見える範囲だけでも7枚

それって禁止事項にするようなことではない気がする。しかし、こちらの店舗ではカウンター席に4枚、この注意書きが貼ってあり、どこのカウンター席でも絶対に目に入るのだ。

そして、入り口は外と中からそれぞれ1枚ずつ。店舗に入ったらすぐのところにさらに1枚。合計7枚もの貼り紙がしてあるじゃないか。これは……無銭飲食する客が出入りしている可能性が考えられる。

・お店と交番の距離

実はもうひとつ驚かされることがある。注意書きには、「見つけ次第、警察に通報します」とあるが、このお店と交番は……。

めちゃくちゃ近い距離にある。100メートルも離れていないのではないだろうか。本気で走れば10秒くらいで着いてしまう。そんな日高屋に、無銭飲食禁止の貼り紙が貼られているのだ。

どうしてこうなったのか……。当たり前だが、無銭飲食は絶対にダメだ。

・今回訪問した店舗の情報

店名 熱烈中華食堂 日高屋 赤羽東口店
住所 北区赤羽1-1-6井門赤羽駅前ビル
営業時間 24時間

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

【あるある】小さな飲食店が「急にお店を休みたくなった時」に使う言い訳3選

楽しみにしていたお店に出かけてみたのに、予想外の休みに出くわすことがある。遠方から訪れた場合は、本当にガッカリだ。事前に知らせてくれれば。せめて、TwitterとかFacebookで告知してくれればいいけど、そのどちらもやっていないお店も少なくない。

店の入り口に貼り紙があり、何か事情があることを察することはできる。しかし、飲食店に勤めた経験のある私(佐藤)は、きっと別の理由があったに違いないと考えてしまうのだ。急な休みには、実は客が知らない秘密が隠されていることがある……。

・急に休みたくなった?

店を休むことが決まったのは、たしかに突発的な場合が多い。事情はいろいろあると思うが、私が勤めていたお店の場合は、店主の気まぐれで急に休みになるケースが多かった。店主だけでなく、スタッフ一同も休みたくなったということもある。そんな時に使われる言い訳は、おおむね以下の3つだ。

・「社員研修のため休みます」

これは街でよく見かける言葉だろう。どんな類の研修なのか、さっぱりわからないのだが、何か勉強する必要があるのか? そんな風に思う人もいるに違いない。だが、これは体のいい言い訳だ。そもそも研修をするだけの数、社員がいないお店もある

いやむしろ、スタッフは全員バイトで社員は、店主だけなんてことも珍しくないはずだ。これが言い訳として、もっとも多く使われる。

ちなみに予定していたスタッフが出勤せずに、仕方なくお店を休むということもある。そんな場合こそ、本当の研修(教育)が必要になるだろう。

・「設備メンテナンスのため休みます」

社員研修に比べると、この言い訳の方が、本当である確率がかなり高い。なぜなら、厨房機器は消耗品。修理が必要になったり、買い替えが必要だったり……。飲食店にとって冷蔵・冷凍庫・製氷機やフライヤーなどの故障は致命的である。営業できなくなるのも当然だ。だが、これもまた急に休みたくなった時によく使われる言い訳のひとつだ。

・「勝手ながらお休みします」

これが一番正直。言葉の通りだ。勝手ではあるが、むしろ清々しささえ覚える。

以上、よく使われる言い訳だ。急な休みの背景にはこのようなことがあるかもしれない。とはいえ、本当に研修をしていたりメンテナンスをしていることもあるので、お店を訪ねる前に、一度電話をした方がいいだろう。

執筆:佐藤英典
Photo:Rocketnews24