【謎の中毒性】広島県警の作った「特殊詐欺の注意喚起動画」がカオスすぎる

市民の味方である警察は、世にはびこる悪と戦い続けている。身近なところで悪といえば詐欺があるが、広島県警察のHPによると、広島県内の被害額は5年連続で10億円オーバー。特殊詐欺の被害が発生するだけでなく、手口も巧妙化しているという。

改めて恐ろしい金額を騙しとられていることが分かるが、もちろん広島県警は黙って見過ごしている訳にはいかない。『「オレオレ詐欺だけじゃないフラメンコ」特殊詐欺被害防止編』との動画を YouTube に公開し、注意喚起を促している。

・フラメンコを使った注意喚起動画

一口に詐欺と言っても種類はいろいろ。オレオレ詐欺をはじめ、架空請求詐欺に振り込め詐欺……最近だと警察や銀行員を装う “なりすまし詐欺” なんてものもある。プロの詐欺師たちはわずかな隙をつき、どんな手だろうと使っている。

それに対し、フラメンコを使って対抗したのが広島県警である。オレオレつながりからフラメンコの「Ole」を取り入れ、詐欺の巧妙な手口を伝えようとしているのだ。ただ、これがなかなかカオスな展開になって、謎の中毒性も兼ね備えている。

・カオスすぎる3分間

なぜなら、まさかの発想を炸裂させただけでなく、起用したのはフラメンコ舞踊家の岩田玲子先生。プロ中のプロが踊っているから超キレキレ、さらに謎のぬいぐるみとの共演もあって、一度見たら忘れられない注意喚起なのだ。詳しくは動画をご覧いただきたいが、何とも言えない3分間で自然と詐欺対策を叩き込まれる作りになっている。

・かなりタメになる

自分は大丈夫なんて思っている人がコロッと騙されるのが詐欺というもの。広島県内に限らず、どこに住んでいても気をつけるようにしたい。動画の注意喚起は、カオスながらも非常にタメになるので要チェックだ。

参照元:YouTube広島県警察Estudio El Umbral(エル ウンブラール)
執筆:原田たかし

【なぜ】海外男性のフェラーリが「警察によって廃車」にされ超悲惨なことに…一体過失は誰にある!?

車は移動することが第一の目的だが、やはりスポーツカーなど見た目がカッコイイと人の注目を集めるものである。そんななかでもイタリアの高級車フェラーリは、スポーツカーの “キング” 的な存在だと言えそうだ。

ところが、どこから見てもクールなフェラーリを所有していた男性が、警察の判断で大切な愛車を廃車にされてしまったというのだ。その光景があまりにも痛々しくて悲惨なのだが、一体何が起こったというのだろうか!?

・フェラーリを破壊されてしまった男性

英ニュースサイト『BirminghamLive』によると、警察により約20万ポンド(約3000万円)もするフェラーリ「458スパイダー」を破壊されてしまったのは、31歳の億万長者ザヒード・カーンさんだ。

事の始まりは、2017年4月に彼が路上で自慢の車と記念撮影をしていたところ、警察に盗難車だと疑われてフェラーリを押収されてしまったことによる。だが、ザヒードさんの主張によればオークションで合法的に車を手に入れ、フェラーリの店舗からパーツを取り寄せて改造したのだという。

・超高級車が廃車にされる動画が痛々しい……

だが警察は、フェラーリを公道での乗車に適さない「カテゴリーB車両」と見なし、車に有効な保険が掛けられていなかったことを理由に、車体を廃車にする必要があると判断したとのこと。

その様子を捉えた動画「Ferrari 458 gets crushed」には、トラックの荷台に乗せられたザヒードさんの愛車がスクラップにされる様子が収められ、なんとも痛々しい……。まるで、エイリアンが獲物を捕らえるかのようにクレーンの爪がフェラーリの車体に食い込み、メチャクチャにされる姿を見た時には「も、勿体ない……!」と叫びそうになってしまった。

・廃車にする以外に方法はなかったの!?

ザヒードさんの主張が事実で、全く彼に過失がなかったのかどうかは不明である。だが、交通事故でペチャンコになった車ならともかく、まだ充分に走れる高級車を廃車にする以外、他に方法はなかったのだろうか。

例えば、警察がオークションにかけて利益を慈善団体に寄付するとか、高級なパーツを解体して売るとか出来たのではないかと思わずにはいられなかった。

警察から入手した廃車の動画をYouTubeに投稿したのは、他ならぬザヒードさん本人だ。自分の愛車がメチャクチャに破壊される映像には、かなり心を痛めたのではないだろうか。

参照元:YouTubeBirminghave(英語)
執筆:Nekolas

これが同一人物だと!? 警察官のフリをする詐欺師がこちらです → 2枚の写真が別人すぎて逆に怖い / 警視庁が動画と画像を公開して捜査

「もしもし、警察の者ですが……」と電話をかけてきた相手が詐欺師だった──そんな事件が、今年に入ってから東京都内で発生しているようだ。警視庁の発表によれば、2018年1月24日に東京・世田谷区在住の女性が、3月2日には渋谷区在住の女性が被害に遭い、2人ともキャッシュカードを騙し取られたという。

そして本日3月13日、警視庁は「どちらの事件も同一被疑者の犯行」と見て、犯人の画像と動画を公開。いわゆる公開捜査に踏み切ったのだが……。こ、この2人は本当に同一人物なのか? 変装的なのをしているのだろうけど、別人すぎて逆に怖い!

・詐欺の手口

まず事件ついて簡単に説明しておこう。警察官のフリをした被疑者は「あなたの口座が悪用されてますね〜」とウソを言い、被害者に「不正使用されたカードを何とかしなければ」と思わせて、キャッシュカードを奪う手口だったとのこと。いわゆるオレオレ詐欺の一種らしい。

・被疑者の写真を見比べてみて

その被疑者の写真は警視庁の公式Twitterアカウントで2枚公開されており、1枚はサラリーマン風で、もう1枚はポロシャツ姿。先述の通り、その2人は同一人物と警視庁は考えているようだ。ただし!

素人目で、2枚の写真に写っている男が同じ人物だと見抜くのは難しいのではないだろうか。それほどに違う。雰囲気や髪型はもちろん、顔の形、鼻や目などのパーツも違う……ように見えるのは私だけだろうか?

当然ながら犯人だって警戒しているだろうから、自分の姿を多少変えるのは予想できる。が、ここまで変えてくるとは……。その周到さが、逆に恐ろしい。

・普通の人に見える怖さ

そしてもう1つ恐ろしいのは、どちらの写真も「普通の人」に見えるということ。スーツ姿の方はどこにでもいるサラリーマンだ。ポロシャツの方は、なんなら「いいパパ」に見えなくもない

少なくとも私には、「見るからに悪そうやな〜」とは思えない。逆に言えば、「人を見た目で判断してはいけない」ということを、悪い方向で思い知らされるのだ。

・見たことがあったら警察へ連絡を

ちなみに、警視庁では情報提供を呼びかけており、問い合わせ先等も警視庁のホームページに記載されている。画像を見て、「この男、見たことあるぞ!」となった人は、そちらにお電話を!

参照元:Twitter @MPD_keijiYouTube警視庁
執筆:和才雄一郎

【非難の嵐】ホームレスに食事をご馳走しようとした米男性、マクドナルドから追い出されて怒り爆発 → 動画を公開したらネットで話題に → 再生回数9900万回超え

今、1人の男性がホームレスをマクドナルドに連れて行き食事を奢ろうとしたところ、警察官によって店から追い出されたとして話題になっている。その様子をとらえた動画はネットユーザーの非難を巻き起こし、再生回数は9900万回超えに!

・ホームレスに食事を奢ってあげたが……

米ニュースサイト『ABC7』によると、ホームレスに食事を奢ってあげてマクドナルドから追い出されたのは、米サウスカロライナ州マートルビーチに住むヨッシ・ギャロさんだ。彼は、道で見かけたホームレスに「お腹が空いているのか?」と尋ねると「YES」との返事が返って来たため、近くのマクドナルドへ連れて行き食事を奢ってあげたのだという。ところが……

しばらくすると警官が現れ、「店に不法侵入したから出ていくように」と二人に言い渡したとのこと。その様子を捉えた動画では、すでに席についてハンバーガーを目の前にしたホームレスに、警官が注意を促している。

ヨッシさんは「彼に金をせがまれた訳ではない」と説明するも、警官はヨッシさんを制し、なおもホームレスに出て行くよう伝えている。そんな状況にシビれを切らし、「お前らサイテーだ! 彼に “食べ物を恵んでくれ” なんて言われてないのに!」と叫ぶヨッシさん。

ホームレスをかばおうとする彼と警官の間で押し問答が続いたものの、結局2人は店から追い出されてしまった。怒りを抑え切れない様子のヨッシさんが、食事の場所を変えるためにホームレスを車に乗せたところで動画は終了に。

・動画再生回数が9900万回超えに

海外メディアによると、マクドナルドの近辺で金をせがむホームレスがいると通報があったため、警官が店に現れたと報じられている。ヨッシさんは「この世界が時々嫌になる……」と怒りをにじませたコメントを添え、一部始終を撮影した動画をFacebookに投稿。すると……2018年3月8日17時の時点で再生回数は9900万回超えとなっている。

視聴者のコメントの中には「警官は自分の仕事をしていただけだ」との声もあったが、ほとんとのネットユーザーがヨッシさんの行動を支持しているようだ。何より、この動画再生回数が、ネットユーザの気持ちを物語っているようにも思う。

確かに警官は職務を果たしていただけかもしれないが、筆者は「もう少し対応の仕方があったのでは……」という気持ちにもなった。読者の皆様は、どう思われるだろうか。

参照元:Facebook @Yossi GalloABC7(英語)
執筆:Nekolas

警察から逃げようとした女性の隠れ方が絶望的にヘタクソすぎてネット騒然

子供時代に友達と一緒に楽しむ遊びの定番といえば、「けんけんぱ」や「かくれんぼ」などがある。ちなみにかくれんぼは英語圏の国で「Hide and Seek:アイド・アンド・シーク」と呼ばれているため、誰もが一度は経験したことがある世界共通の遊びだと言えるだろう。

しかし大人になったら、こういった遊びとも縁遠くなってしまう。そんな子供時代の感覚をすっかり忘れてしまったのか、警察から逃げようとした女性の隠れ方が衝撃的すぎて、ネット民から失笑を買っているというのだ。

・女性を捕えるために警察が自宅を訪れると……

英ニュースサイト『METRO』によると、“事件” が起きたのは英ダービーシャーのアルフレトンだ。ダービーシャー警察の地域安全対策チームが、法廷に出廷しなかった匿名女性を捕らえるべく女性宅へ赴いたところ、想像をはるかに上回る光景に出くわしたのだとか。

どのような経緯で警察が女性宅に入ったのかまでは不明だが、女性は警察から逃げようと試みてバスルームに隠れた。しかし、警察が見たのは女性の驚くべき隠れ方だった。衝撃画像をツイートした警察の投稿を見ると……

・洗濯物カゴを被って隠れようと試みた女性

女性は白い洗濯物用のカゴを被り、頭と上半身を隠してはいるものの直立状態。そう、まったく隠れることができていないのだ。これは思わず吹き出してしまいそうな光景というか、衝撃的ですらある。

あまりに隠れる時間がなく、ワラをもつかむ思いだったのか。いずれにせよ、絶望的にヘタクソすぎる隠れ方にネットは騒然。おそらく警察も笑ってしまったことだろう。

・かくれんぼに程遠い隠れ方に失笑

いい大人が決められた日に裁判所に出廷しないのも問題だし、逃げる時の隠れ方もお粗末すぎて、どうにもコメントし難いこの事件。警察に捕まった際、女性は「月曜に出廷するわ」と言っていたそうだが、決められた日に裁判所へ行っていれば処罰が増えなくて済んだのに……と思わざるを得ない。

かくれんぼは意外とセンスが問われる。警察にもツイートで「かくれんぼになっていない」とコメントされた女性は、きっと子供の頃もかくれんぼですぐに見つかっていたのではないだろうか。

参照元:Twitter Alfreton Town @AlfretonTownSNTMETRO(英語)
執筆:Nekolas

【粋だね】オリンピック期間中の「熊本警察の仕事が早い」と話題 / 電光掲示板「お先どうぞ ゆづる心に 金メダル」など

2018年2月22日15時現在までに、過去最高となる合計11個のメダルを獲得した冬季オリンピック日本代表団。男子フィギュアスケートや女子カーリング、そして女子パシュートなどなど、多くの人が平昌オリンピックに注目していることだろう。

そんな中、ネット上では「熊本県警察本部の仕事が早い」と話題になっている。というのも交通安全を呼びかけるための電光掲示板のコメントが、粋な “冬季オリンピック仕様” になっているためだ。

・電光掲示板のコメントが……

ネット上で話題となっているのは、熊本県警察本部の「冬季オリンピック仕様の電光掲示板」である。普段の電光掲示板に表示されるコメントは、例えば、


「安全運転を心がけよう」
「飲酒運転は絶対にダメ」
「子供の飛び出しに注意」


……などといったコメントが一般的だろう。信号待ちでもしない限りマジマジと電光掲示板を眺める機会は少ないが、そこにユーモアや流行は基本的に必要ない

だがしかし、2月22日に熊本県警察本部の公式Twitterが投稿した画像によると、いま現在熊本県の一部地域の電光掲示板は以下のようなコメントが表示されるという。


お先どうぞ ゆづる心に 金メダル
安全運転 大事だよね そだね~


おわかりの通り、金メダルを獲得した男子フィギュアスケートの羽生結弦選手と、今大会 一際注目度の高い女子カーリングをパロッた内容である。これは確かに仕事が早い──。

・ネットの声

「よかね~」
「掲示板見るのが楽しみになりました!」
「もっとやってください!」
「とてもいい試みだと思う」
「運転中はコレ見て和むくらいの余裕があった方がイイ」
「いいよね、そだね~」
「仕事が早くて恐れ入る」

ネットの声を見る限り好意的な感想がほとんどで、熊本県警察本部の素早さとユーモアが高く評価されているようだ。日本代表団には熊本警察がさらなる新作を発表できるくらいの活躍を期待しよう。

参照元:Twitter @yuppi_KK
執筆:P.K.サンジュン

スコットランドで「農場にトラが出た」と通報が!→ 武装警官チームが1時間近くトラと膠着状態に → ぬいぐるみだったことが判明

子供の頃、誰でもお気に入りのぬいぐるみが1つや2つあったのではないだろうか。そんなフワフワと可愛らしいぬいぐるみは子供たちの遊び仲間&癒し的な存在だが、いつもそうとは限らないようだ。

というのも、ぬいぐるみが原因で「農場にトラが出た」とスコットランドの警察が通報を受ける事態に! しかも、武装チームは1時間近くぬいぐるみのトラと膠着(こうちゃく)状態になったというのである。

・「農場にトラが出た」と警察に通報が!

スコットランドのノースイースト警察署のFacebookによると、地域住民から「うちの農場にトラが出た」との通報が警察に入ったとのこと。ちなみに、スコットランドに野生のトラは生息していない。

それだけに警察も妙だなと思ったようだが、市民が危険にさらされる可能性があるならば対応しない訳にはいかない。そこで、近隣の野生動物公園でトラが脱走していないか確認の連絡を取った後、武装警官チームが農場へ派遣された。

・大きなぬいぐるみだったことが判明

そして、武装警官チームが牛小屋を包囲し、トラとの膠着状態が続くこと45分。微動だにしないトラを不思議に思ったチームが確認したところ、本物のトラではなく、大きなサイズのぬいぐるみだった……という衝撃の事実が判明したのである。

その画像を見ると、ぬいぐるみのサイズが大きく、夜間で視界が悪いこともあり、本物のトラが座っているように見えなくもない。襲われる可能性を考えたら、通報した住民は近寄って本物かどうか確認できなかったのではないかと思われる。

・やはりネット民にイジられてしまった……

大きな事件にならなくて幸いだが、こんなベタなコメディのオチみたいな出来事を、ネット民が放っておく訳がない。では、どんな具合にネットユーザーにイジられてしまったのか、いくつかコメントを紹介しよう。

「うちの近所でシマウマを見かけたけど、後でロバだったことが判明した」
「こんなアホみたいなことが現実に起こり得るのかよ!?」
「あるある」
「ぬいぐるみと45分も膠着状態……。警察の訓練が足りないんじゃないかしら」
「可哀想な農夫さん! 牛小屋でトラを見つけて超ビビったでしょうね」← おそらく皮肉

なぜ、農場にトラのぬいぐるみが置かれていたのか、誰が放置したのかなどの詳細は不明だ。珍事件であることは間違いないが、本物のトラではなく牛にも地域住民にも危害が及ばずに何よりであった。

参照元:Facebook @North East Police Division@UK Cop Humour
執筆:Nekolas