【注意喚起】「Googleユーザーのあなた、おめでとうございます!」というサイトに要注意 / 正体はGoogleギフトを装ったフィッシング詐欺

2018年7月13日、いつものようにPCで作業していると見慣れない画面が表示された。「Googleユーザーのあなた、おめでとうございます!」とのことで、感謝の気持ちとして質問に3つ答えるだけで「Movie Card Streaming、iPad Air 2、Samsung Galaxy S6」の中からどれかプレゼントでもらえるらしい。

毎週金曜と水曜に1日10人が無作為に選ばれ、めでたく記者も当選したようだ。おほほっ、ラッキー!! ……なんて思うはずもなく、調べてみたらやはり詐欺。このところ、「Googleギフト」を装ったフィッシング詐欺が流行しているようなので注意が必要だ。

・天国から地獄に突き落としてユーザーを焦らせる

記者のPCに「Googleギフト」の表示があったのは、翻訳サイトを使おうとした時だった。強制的に飛ばされたら「おめでとうございます!」とイキナリ祝福され、次の瞬間には「商品を受け取る権利は1分30秒後に他ユーザーへ移行します」とイキナリ煽られた。

海外ドラマ『24』のようにしてタイマーがピコピコ進んでいくのは何だかドキドキするが、天国から地獄へ突き落として焦らせる手法なのだろう。とりあえず「Googleの創始者は?」という質問を無視してスクリーンショットでサイトを保存した。そして後々見返してみると、詐欺サイトらしい “ほころび” も見つかった。例えば日付!

・コメント欄がお祭り状態

「7月」となっているところまでは普通だが、続く数字が「135月24」と意味不明なのだ。ただ、一方で手が込んでいたのは “質問に答えたらこうなりました” 的なユーザーの声である。というのも、あたかも皆が質問に答えている感じをプンプン出していた。

コメント欄には、「最初は冗談だと思ったんですが、本当にMovie Card Streamingが今朝届きました。その後すぐに全部の商品にサインアップしましたw」「今日iPad Air2が届きました。ありがとう!!!!」といった歓喜の声が溢れてお祭り状態。ヤラセなので当たり前だが、誰ひとりとして悪いコメントを残していなかった。

・詐欺なので要注意

ちなみに「Googleギフト詐欺」をネットで調べたところ、これは今年の春くらいにも猛威を振るったようだ。もちろん、いくら質問に答えたところで、商品が無料でもらえないのは言うまでもない。

これまでにもネットでは、「年次訪問者調査」「ビジターアンケート」など、新たな詐欺が出てきてはいつも誰かを狙っている。なぜ詐欺はなくならないのか。それは騙される人がいるからである。

現に今もどこかで誰かが騙されて泣いている。もし見慣れない画面がPCやスマホに表示されたら、まずは落ち着いてクリックしないように気をつけて欲しい。1人でも被害者が減ることを願っている。

Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

【注意喚起】法務省をかたる「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」ハガキは詐欺! 届いても無視しよう

今ネット上で『法務省管轄支局 国民訴訟お客様管理センター』や『訴訟最終告知通知センター』といった組織を名乗る差出人から届いたというハガキが話題となっている。

ハガキの内容を簡単に要約すると「あなたは訴訟を起こされました。訴訟取り下げなどの相談については下記番号に電話するように」というものである。文面はいかにも役所から届きそうな感じで実にそれっぽく、真に受けてしまってもおかしくない見た目だ。

掲載されている住所も実際に法務省のものだが、結論から言うとこれは完全に詐欺である。注意喚起のためにも以下でより詳しく紹介しようと思う。

・パターンは複数ある様子

差出人や文面には複数バリエーションがあるようで、どれも中々手が込んでいるように感じた。今回ある方のご好意で、実際に届いたハガキの画像を入手したが……何も知らずにこれが届いたら心中穏やかではいられない程度に手の込んだ出来である。

ちなみに、記者が確認できただけで同様のハガキは5パターンほどあったが、基本的な構成は以下の点で共通していた。

1.「○○の料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」的な見出し
2.「訴訟番号」や「管理番号」といったそれっぽい番号
3.本文の趣旨は「訴訟の取り下げについては下の番号に電話しろ
4.メチャクチャ急な「取り下げ最終期日
5.「○○センター」という組織名に住所と電話番号

どのパターンのハガキもこの数日で届いたそうなので、もしかしたら差出人は同じなのかもしれない。

・電話をかけると金銭をだまし取られる

行政側も既に注意喚起に乗り出しており、警視庁も本件に関するツイートをしたり、名前を使われてしまった法務省も公式HP内で取り上げている。なお、法務省によると記載されている番号に電話した結果、実際に金銭的被害が発生しているとのことで、『絶対に連絡しないように』と呼びかけている。

・高齢者には直接教えてあげよう

また、複数のパターンを閲覧していて気づいたのが、「祖父母宅に届いた」という共通点である。若年~中年層と比較すると、高齢者の方々がネット上の情報に触れる機会は少ないのではないだろうか。そして、このハガキを送りつけている側も、それを想定して高齢者層をターゲットとしている可能性が考えられる。

実際私の両親も、パソコンやスマホで情報収集などは一切しない。現在ネット上では注意喚起が広まっているが、ご高齢な親族の方には直接知らせてあげると良いのではないだろうか。

参照リンク:法務省
執筆:江川資具
Photo:Twitter ,used with permission.

【大炎上】キングコング西野さんの『3億円募金』に「詐欺」と批判殺到 → 詐欺罪になるのか弁護士に意見を聞いてみた


キングコング西野さんがまたもや大炎上している。ことの発端は2018年6月4日に更新されたブログ「【悲報】キンコン西野、3億円の借金を抱える」だ。

ネットでは、「詐欺」などの批判が殺到し大炎上している本件。もし、訴えられた場合、詐欺罪となるのかを弁護士に聞いてみた。

・追記

地元兵庫県川西市に美術館を作るため、「3億円の借金を抱えることになった」と書かれたこのブログ。内容としては、「見殺しにするのか?」などの煽りで募金を募るものである。ブログには、すぐに「入金させていただきました」などの応援コメントがついたのだが……

その後、「「すでに3億円の借金をしている」とも取れる表現をしてしまいましたが、記者会見でも申し上げましたとおり「3億円の借金ができるメドが立っている」ということで、これから借りる形となります(中略)」と追記が掲載された。

・弁護士の回答

これを受け、ネットでは「詐欺」などの声が飛び交う大炎上状態に。そこで、実際に募金した人に訴えられた場合、詐欺罪は成立するのか弁護士に聞いてみることにした。その答えは以下の通り。

「なかなか難しい問題です。

法律的なお話をすれば、詐欺が成立するためには、
1. 欺罔行為(ぎもうこうい / 騙す行為)
2. 欺罔行為による錯誤(騙す行為によって生じる勘違い)
3. 錯誤に基づく財産の交付行為
が一連の流れとして繋がっている必要があります。

そして、2. については、欺罔行為(「3億円の借金をした」という表明)が交付行為(募金)にとって重要な意味を持つものでなければなりません。

今回のケースですと、3億円の借金をしたという事実が、人々を募金に向かわせるための重要な事実といえるかが問題になります。

要は、募金した人が、美術館を作るというから募金したのか、あるいは、西野氏が3億円の借金をしたというから可哀想で募金したのか、どちらが一般的な思考といえるかという判断です。通常であれば、美術館建設の考えに共感したからこそ募金するものと思われます。

また、少々乱暴な議論ではありますが、西野氏が実際に3億円の借金をしていようがいまいが、最終的に募金が建築資金に充てられることには間違いありません(3億円の借金をしていて、募金が借金の返済に充てられるとしても、実質的には募金が建築資金に充てられることには違いありません)。

したがって、本件では詐欺罪の成立は難しいのではないかというのが当職の結論です。(このほか、西野氏自身が詐欺の故意を有していることが必要ですが、これはあるものと仮定した場合の話です)」

──とのことだった。「たった100円で救える命がある」「死ぬぞマジで!」などの煽りが「死ぬ死ぬ詐欺」とも呼ばれている本件。詐欺罪で訴えられなかったとしても、西野さんははたして無事で済むのか。

参照元:西野亮廣ブログ
執筆:中澤星児

【謎の中毒性】広島県警の作った「特殊詐欺の注意喚起動画」がカオスすぎる

市民の味方である警察は、世にはびこる悪と戦い続けている。身近なところで悪といえば詐欺があるが、広島県警察のHPによると、広島県内の被害額は5年連続で10億円オーバー。特殊詐欺の被害が発生するだけでなく、手口も巧妙化しているという。

改めて恐ろしい金額を騙しとられていることが分かるが、もちろん広島県警は黙って見過ごしている訳にはいかない。『「オレオレ詐欺だけじゃないフラメンコ」特殊詐欺被害防止編』との動画を YouTube に公開し、注意喚起を促している。

・フラメンコを使った注意喚起動画

一口に詐欺と言っても種類はいろいろ。オレオレ詐欺をはじめ、架空請求詐欺に振り込め詐欺……最近だと警察や銀行員を装う “なりすまし詐欺” なんてものもある。プロの詐欺師たちはわずかな隙をつき、どんな手だろうと使っている。

それに対し、フラメンコを使って対抗したのが広島県警である。オレオレつながりからフラメンコの「Ole」を取り入れ、詐欺の巧妙な手口を伝えようとしているのだ。ただ、これがなかなかカオスな展開になって、謎の中毒性も兼ね備えている。

・カオスすぎる3分間

なぜなら、まさかの発想を炸裂させただけでなく、起用したのはフラメンコ舞踊家の岩田玲子先生。プロ中のプロが踊っているから超キレキレ、さらに謎のぬいぐるみとの共演もあって、一度見たら忘れられない注意喚起なのだ。詳しくは動画をご覧いただきたいが、何とも言えない3分間で自然と詐欺対策を叩き込まれる作りになっている。

・かなりタメになる

自分は大丈夫なんて思っている人がコロッと騙されるのが詐欺というもの。広島県内に限らず、どこに住んでいても気をつけるようにしたい。動画の注意喚起は、カオスながらも非常にタメになるので要チェックだ。

参照元:YouTube広島県警察Estudio El Umbral(エル ウンブラール)
執筆:原田たかし

【実話】ネットで話題の「理不尽な新聞詐欺の話」が怖い / 完全に頭がおかしいので気を付けよう

最近、インターネット上で「新聞購読にまつわる詐欺まがいな話」がちょいちょい話題になっている。当サイトでも「記者が詐欺にあいかけたエピソード」をご紹介したが、今回ご紹介するのはズバリ「本物の新聞屋が詐欺をしようとしてきた話」だ。

ご覧いただく前に断っておくが、この話はとても胸クソが悪い。……が「こんなことが実際にある」と知っておけば “万が一” のときのためになるハズだ。それでは以下でご紹介しよう。

・始まりは1本の電話

このエピソードはインターネット上で紹介されていたものである。投稿者本人に許可はいただいたが「HN等は一切出さないならば」という条件だったので、あえて名前は伏せておく。

さて、この話に登場するのは投稿者の「お母さん」「お父さん」そして「新聞配達屋」である。果たして新聞屋はどんな手段で定期購読を取り付けようとしたのだろうか? 以下で、再現VTR風にご紹介しよう。始まりは1本の電話だったという

配達屋「もしもし。A新聞ですが2年契約をいただいたので4月から配達させていただきます」

お母さん「確かに以前はおたくから新聞をとっていたけど5年ほど前にやめました。今はB新聞を取っているんですが……」

配達屋「でもこちらには契約書があります。お持ちしますので見てください」

後日──。

配達屋「これが契約書です」

お母さん「確かに名前は主人ですけど明らかに字が違いますよ。なんで印鑑まで押してあるんですか? 規約した覚えはありません」

配達屋「それは契約違反です。あなたの言ってることは違法行為ですよ?」

お母さん「これって私文書偽造じゃないですか? これは犯罪ですよ、詐欺ですよ? 帰ってください」

配達屋「……いま詐欺と言ったことについて謝ってください。私は親切で来たんですからね? 今の会話は録音しているので訴えますよ?」

この場はいったん新聞屋が退散。その夜、帰宅したお父さんがブチギレて新聞屋に「なんかお宅からうちに変なヤツが来たらしいけど何かの間違いだよな? 詐欺グループかもしれないぞ」と電話。すると…… “ヤツ” は本当に新聞屋にいた──。そしてさらに後日。

お父さん「この前のことを謝れ!」

配達屋「いや、あなたの奥さんは私のことを詐欺師呼ばわりしました。そのことを謝ってください。それにほら、ここにあなたのサインと印鑑が押された契約書があるじゃないですか?」

お父さん「もういい! お前のことは本社に連絡するからな!!」

配達屋「そのせいで私がクビになったらあなたのせいですからね? 今の暴言も全て録音してますから、もしクビになったら訴えます」

……いかがだろうか? 理不尽にもほどがないだろうか? ある意味これだけ頭がおかしいと回避のしようもない気がするが、これが本当にあった話だというから恐ろしい。

・レアケースではない

なお、この件を消費者センターに問い合わせたところ「いま新聞詐欺の問い合わせが非常に多く、実際にお金も取られた人がいるので注意してください」と話していたという。つまり今回ご紹介したエピソードは決してレアケースではないようだ。

とにもかくにも、こうした詐欺まがいな行為に巻き込まれる可能性は誰にでもあるから、くれぐれも注意しよう。次に頭のおかしい配達屋が現れるのは、あなたのところかもしれない。

執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

【詐欺まがい】私が新聞を絶対に読まないと決めた出来事 / 新聞をヨム日コラム


本日4月6日は「新聞をヨム日」だ。日本新聞協会販売委員会が2003年に制定したこの記念日。だが、どんなタイミングであろうと誰が何と言おうと、私(中澤)は2度と新聞は取らない。そう心に決めたのは、ある新聞販売員との出来事がキッカケだった

・出かける直前に声をかけてきた販売員

話は10年前までさかのぼる。大阪から上京してきた直後でひとり暮らしも慣れない私の家へ、ある日大手の新聞社を名乗る男性が販売営業にやってきた。普段は友達以外の訪問には居留守をしていたが、その時は出かける直前で、外に出たところで声をかけられたのを覚えている。

短髪に刈り上げた髪、浅黒い肌の色……サッカー選手の長友の目をパッチリさせたような爽やかな雰囲気の男性。渡してきた名刺には全国3大紙のうちの1社の名前が書かれていた

・新聞を取る余裕がガチでない

だが、私は新聞を取る気なんて一切ない。というか、当時の私は、フリーターでバンドマンで東京ひとり暮らし……生活基準は最底辺でかろうじて生きているという感じだった。新聞を取る余力なんてあろうはずもない。

というわけで、その辺の事情を包み隠さず打ち明け本当に不可能なことを真摯に伝えた。マジですみません。取捨選択しているわけではなくシンプルに死にそうなんです。実は借金もあるんです。

・それくらいなら大丈夫

すると、長友は「凄くわかります」と生活苦に同感してくれた上で、自分もノルマがキツイという話をしだした。ガチで怒鳴られると。年齢が近かったこともあり長友の話に共感せざるを得ない私。そこで、長友が借金の額を聞いてきた。

これも正直に答えたところ、「それくらいなら全然大丈夫っすよ!」と長友。いやいやいや、他人事だなお前は! 一瞬はそう思ったが長友は長友で大変なんだろうな。それはにじみ出てるわ。もし、金があったら長友のノルマに協力したいんだけどなあ……。

・長友の代案

ともかく、もう1度ハッキリ断った。すると、「仕方がないスね……」と納得した様子の長友。良かった。わかってくれた。これで終わりか……と思いきや、なんと長友は驚くべき代案を提案してきたのである!

その代案とは、とりあえず来年から新聞を取り始めるという予約を入れて、長友がキャンセルしておくというもの。予約段階ではお金はかからず長友のノルマの足しにもなるという。お金がかからないならいいか。

念のため「絶対キャンセルしてね」と念押ししたところ「バッチリキャンセルしますよ! ありがとうございます!!」と帰っていく長友。一応メモもしていた。かくして、私はやっと出かけることができたのである。

・1年後

そして、1年が経った。そんなエピソードがあったことも忘れていた私の元に、突然、大手新聞社からお知らせが届いたのである。勘の良い人ならもうわかると思うが、それは「明日から配達します」という購読開始の通知だった

その通知を見た瞬間、全てを鮮明に思い出した私。速攻で新聞社に電話し、その販売員とのことを話してキャンセルの申し込みをした。その時に対応した人のセリフは今でも忘れられない。

・衝撃の回答

大手新聞社「こちらでは営業所の販売員まで把握してません。ただ、そういうことをする人もいるので騙されないようにしてください

──コンプライアンスとは何なのか? 確かに、私がアホだったことは間違いない。世間知らずだった。だが、まるで騙されるヤツが悪いというような対応はいかがなものか

というわけで、私は騙されたくないので新聞は一生取らない。新聞の販売営業の話も一生聞かない。だって会社で嘘をついてノルマを取る人を「そういう人もいる」と終わらせるなら、何がウソかなんて見極められないもん。

・4月はキャンペーン

なお、これはあくまで10年前の私の体験であり、現在の新聞販売所の内情は知らない。ただ、何かしら改善されていたところで過去のことは改善できないことも事実である

4月は転勤や入学等で住いを移す人が多いことから、「これを機会に新聞を読み始めませんか」というキャンペーンが行われるという。新聞を取る気がないのであれば、基本的には対応しないことをオススメしたい。

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

【実録】音楽業界の闇!『詐欺レーベル』に40万円以上貢いだバンドマンが見た衝撃の光景「事務所に呼ばれて行ったら……」


キラびやかな光に照らされるステージを夢見て日夜リハを重ねるミュージシャンたち。だが、光があるところには影がある。昔から、売れないミュージシャンを食い物にする『詐欺レーベル』は後を絶たない。

夢を利用し、甘い言葉で、ただでさえ貧乏なミュージシャンから金をむしり取る鬼畜たち。そんな詐欺レーベルの実態に迫るべく、実際に騙されていた人物に話を聞いた

・音楽で生計を立てるミュージシャン

今回、「仮名で顔出しなし」という条件で話を聞かせてくれたのは、ミュージシャンの坂東太郎(ばんどうたろう)さん。アルバム数作を全国リリースし音楽で生計を立てる彼は、売れていなかった10年ほど前に詐欺レーベルにひっかかったことがあるという。

──まず、詐欺レーベルってどういった部分でお金を取るんでしょうか?

坂東太郎「やり口は色々あるんですが、プロデュースとか宣伝とかイベントとかリリースとか色んな口実で、本来ならかからない余分なお金をミュージシャンから巻き上げているところが多いですね。

ちなみに、レーベルと呼ばれてはいますが、エサにマネージメントを使うので事務所的立ち位置です。私が騙された詐欺レーベルはイベントを月1回くらいで開催しており、『ノルマ+α』で出演するのに6万円以上かかりました

──なぜ、そこに所属しようと思ったんでしょうか?

坂東太郎「当時は、何が何でもミュージシャンになりたくてとにかく焦っていました。その割にライブハウスから誘われるイベントは客がいないものばかり。全出演バンド合わせて0人の時もあったし、3人くらいお客さんがいても、全員が出演バンドの友達ということもよくありました。

ライブを続けても、お客さんが増えるどころか新しい人に見てもらうことも叶わず、ノルマとして3万円くらいが飛んでいく。もう音楽が良い悪いの問題ではないなと思い、なんとか状況を打破したくて色んな事務所やレーベルに資料を送っているうちに連絡が来たのがそこでした」

──そこから所属まではどういった感じで進んだんですか?

坂東太郎「まずは、レーベルのミーティングに呼ばれましたね。ミーティングは、新宿歌舞伎町の喫茶店の会議室を貸し切って行われていて、参加してみると所属のバンドマンがたくさんいました。

全部で10バンドくらいだったかな。そこで、同じ志を持った人に出会えたことに少し安心しました。これだけの人が所属しているということは信じられるのかもしれない……と」

──確かに、それは安心してしまうかもしれないですね。

坂東太郎「しばらく待っていると、レーベル代表が表れミーティングが始まりました。仮に山田さんと呼びます。山田さんは、日サロで焼いたような浅黒い肌をした恰幅が良い男性で当時40才くらいでした。第一印象で『サーファー崩れっぽい』と思ったことを覚えています」

──聞いている分にはめちゃくちゃ怪しいんですけど

坂東太郎「そうですね(笑)確かに、当時も山田さんの風貌には面喰らいました。ただ、詐欺をやる人が、怪しかったら商売あがったりじゃないですか? なので、逆に信じられるのかなあ、と」

──また、信じる方向に……。

坂東太郎「多分、あの頃の私は、何かよりどころが欲しくて仕方なかったんです。信じたかった。嘘かホントか掴んだツテが、またゼロに戻るのが怖かったんです

──なるほど。話を戻しますが、ミーティングって何をするんですか?

坂東太郎「基本的には山田さんがホワイトボードの前に立って話をするのを全員で聞く感じです。レーベル、事務所の違い的な業界の仕組みと、山田さんがバンドデビューした時の経験などを交えて2時間くらい独壇場で話してました。今考えるとセミナーみたいですね」

──何か心に残っている話はありますか?

坂東太郎「忘れられないのが、山田さんがデビューした時のエピソードです。山田さんはB’zが大好きで、同じ事務所の『Being』からデビューが決まった時は、相棒のボーカルと商店街を叫びながら走ったって言ってました。

そのボーカルさんはもう死んでしまったらしいんですが……それだけは嘘じゃなきゃいいなと思います。あと、『九州男児だから曲がったことが嫌いな人情の男』というようなことも何回も言ってましたね」

──聞けば聞くほどにうさんくさい……。

坂東太郎「ちなみに、ミーティングの最後には会議室の賃料として1人2000円くらい取られました」

──それもうアウトでしょ

・所属のきっかけ

しかし、この後、坂東太郎さんはそのレーベルの所属となる。きっかけは、レーベルイベントを見に行ったことだったという。

坂東太郎「レーベルイベントにはちゃんとお客さんがいたんです。今考えたら、高すぎる出演費の足しにするため、他のバンドも必死でかき集めてたんだと思うんですが、とにかく、普通にライブが好きな人が見に来ていて。

普段のライブハウスのブッキングよりはまだチャンスはあるかもって思ったんですよね。何も変わらないライブに疲れ果てていたので、そういう人達の前で演奏できるだけで嬉しかった。未来のことを考えたら出演費も払えるレベルかと。

あと、業界関係者が審査員みたいな感じで呼ばれているのも大きかったです。それまでいくらアプローチしても連絡のなかった業界人が見てくれるだけでも前進に感じました」

──なるほど。そういうエサがあったわけですね。

坂東太郎「また、イベントによく出ている人達はレーベル内でもちゃんと立ち位置があってバンド同士の仲も良く、審査員にも覚えられてました。上の方に認められたら何かあるかもしれないという期待感はありましたね」

レーベル所属となりイベントに出始めた坂東太郎さん。しかし、意外な落とし穴があった。イベントに出てみて初めて分かった落とし穴とは一体? さらには、事務所に呼ばれた坂東太郎さんを待っていた光景とは!? 衝撃の続きは次ページ(https://wp.me/p25BsW-4kx3)で!

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.