【安すぎ】ホルモン食べ放題が990円! 東京・大崎「BEBU屋」のランチが激アツすぎた!! 焼きまくってライスにドーーーンしようぜ!

全国各地で梅雨明けが発表され始め、いよいよ夏が本気を出し始めた感がある今日この頃。しかし、暑い暑いと言いながら、心のどこかで私(あひるねこ)は物足りなさを覚えていた。何かが足りない……そう、肉だ! 肉が足りない。肉で俺のハートを熱くしてくれェェェェエエ!!

今回は、そんな私にピッタリすぎるお店に出会ってしまったのでお伝えしよう。なんとそこでは、ホルモン食べ放題がたった990円だというのだ。こうなったらホルモンを焼いて焼いて焼きまくって、ライスの上にドーーーンするしかない!

・激安ホルモン食べ放題

東京・大崎駅を出てすぐの所にあるニュー大崎ビル。その2階に店を構える「焼肉ホルモン BEBU屋」こそが本記事の主役、激熱スポットである。

何を隠そうこのお店では、平日ランチの時間に限り(11:30~14:00)、ホルモン食べ放題が税込990円で実施されているのだ。ホルモンのセットではないぞ。食べ放題である。それで1000円切るとか鬼パねーっしょ! というわけで、どれ入ってみるか。

・説明しよう!

食べられるホルモンは全部で7種だ。最初にランダムで4種が運ばれ、それ以降は一度に5種までおかわり出来るというシステムである(同じ部位も可)。ホルモンの種類は以下の通り。

“シマチョウ、牛ハツ、豚たん、豚カシラ、レバー、豚はらみ、喉軟骨”

そして嬉しいことに、ライスもドリンクもおかわり自由だってよ! さあ、制限時間は45分。レディ……ゴォォォォォオオオ!

・焼きまくる

ホルモンはボウルで豪快に提供されるため、ぶっちゃけ何が何の部位だかよく分からない。だが細けぇこたぁいいんだよ! んなもん食ったら分かるわ!! 一切れずつなんて みみっちい焼き方はせず、あるだけ網にブ・チ・マ・ケ・ロ! ただし、シマチョウは炎上しやすいから気を付けてくれよな。

・食いまくる

そのあとは、焼けたホルモンを片っ端から口に放り込むだけの簡単なお仕事。おいおい、安いから全然期待してなかったけど、どの部位も臭みがなくて普通にウマいじゃないか! タレもウマいし、大当たり確定の予感大でござい!!

・ランチは酒も安い

これにはご飯も進むクンなのだが、どっちかというとビールだなやはり。何気なくメニューに目をやると、なんとランチはアルコールが税込199円ときた。やっす! でもなぁ、平日の昼間だし今日は取材だしなぁ。うん、やっぱり……

一杯やっておこう。

クゥゥゥゥゥウウッ! ホルモンでビールとか、至上の喜びかよ。その間も、網上が空になったらすかさず追加注文。全神経を肉と網に集中せよ。

・ドーーーーンしようぜ!

さて、ここらでアレ、いっとくか……。私はおもむろに席を立ち、セルフサービスのご飯を茶碗たっぷりに盛る。網にはこれでもかと並んだホルモンの山だ。それらが焼けたら、タレをくぐらせライスに盛る! 盛る! 盛るゥゥゥウウウ!! すると……

見よ、夢の「肉オンザライス」の完成である! 要するに、ホルモンをライスの上にドーーーーン!! だ。この光景にはもはや歓喜しかない。最高かよ。

・かなりのコスパ

その後も、時間の許す限りホルモンを焼きまくり食べまくった。それなりに忙しいが、充実した時間を過ごすことができたぞ。45分間とはいえこれで990円とは、相当なコスパモンスターと言わざるを得ない。

店内はあまり広くないため、お昼時は混雑が予想される。服や髪に臭いも付くだろう。しかし、このホルモン食べ放題を終えた私の心はギラギラと燃えていた。エネルギーをチャージしたという実感に溢れていた。やはり夏は、肉を焼くに限る。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 焼肉ホルモン BEBU屋 大崎店
住所 東京都品川区大崎3-6-17 ニュー大崎ビル 2F
時間 11:30~14:00、17:00〜24:00(土日祝のみ16時~)
休日 年末年始

参考リンク:焼肉ホルモン BEBU屋 大崎店
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

アラサーが生まれて初めてローストビーフを食べて驚いたこと3選 / 本日6月10日は「ローストビーフの日」

突然だが、みなさんご存知だろうか? 6月10日は『ロー(6)スト(10)』と読めることからローストビーフの日だということを。

いきなりドヤって豆知識を披露したが、実を言うと筆者は今まで生きてきた32年間、1度もローストビーフを食べたことがない。周りにその話をすると、大抵驚かれるか残念な目で見られる。え、そんなメジャーな料理なのか? そこで、これを機会に初めて食べてみることにした。

・32年間食べなかったワケ

そもそも、なぜ食べたことがなかったのか? それは、筆者の家庭が田舎のド庶民だったことに他ならない。ローストビーフのような高級でシャレオツな料理は、食卓にあがることがなかったからである。

「いやいや、特別な日くらいは食べる機会もあったでしょ?」と思うかもしれない。だが、我が家では誕生日はハンバーグだったし、クリスマスは鳥の唐揚げがテッパンだった。というわけで、ローストビーフに遭遇するチャンスのないまま現在に至ってしまったのだ。

・驚きその1. 思ってた以上に値段が高い

ようやくローストビーフを食べられる……と買おうとしたはいいが、肝心のローストビーフがどこで購入できるのかわからない。そこで「とりあえず高級な食べ物だし、デパ地下に行けばあるだろう」と推測。ローストビーフを求め、百貨店に突撃だー! ヒャッハー!!

売ってた!

売ってたけど……

1パック1080円(税込)もする!!

た、高い!! 高級だとは分かっていたが、3ケタ台で買えると思ってましたすみません。ちなみに肉は6枚入りだったので、単純計算すると1枚あたり180円。スーパーだと肉が1パック買えそう。

・驚きその2. 肉のしっとり感

思ってた以上に値段が高いことに驚きつつ、いよいよ『柿安ダイニング』のローストビーフと対面である。

おいしそうだが、ところどころ赤いのが気になる。

「中が赤い肉は焼けてないから食べちゃダメ!」と母に散々言われて育った筆者。レア加減に一瞬たじろいだが、32年分の想いをのせて、いっただきまーす!!

うん、おいしい! シンプルにうめぇ〜!! 肉なのにしっとりってどういうことだってばよ? 中は赤いけど、ほどよく火が通ってるからパサパサにならないのかも!? やっぱ、高いものには理由があるわけだ、納得。

・驚きその3. 意外だった味

また、赤身の旨味がギュッとしており思っていたよりも脂っこくなかった。あっさりなんだけどジューシー。もっと肉汁ドバーなこってり系を想像していたが、完全に想定外だった。

ただ、筆者は普段から化学調味料ドバドバな食事に慣れているので、若干パンチの弱さを感じてしまった。いや、ウマいんだけどね! 32歳、ローストビーフはまだ早かったってことか……。

以上が「アラサーが生まれて初めてローストビーフを食べて驚いたこと」である。6月10日はローストビーフの日ということなので、食べたことない人もある人も味わってみてはいかがだろうか?

Report:Yugamin
Photo:RocketNews24.

【衝撃】このウマそうなステーキ画像に隠された秘密がヤヴァイ! 私「絶対食べられへんやん……」


世界は広い。インターネットにダイブする度、私(中澤)はそう思わずにいられない。見たことがない景色や自然現象、全く知らない知識やテクニック、常識ではありえない事件や人の宝庫である。

そんな中、もの凄くウマそうな料理の画像がTwitterで話題になっていた。赤身を覗かせるステーキにトロけるバター。ちくしょー! ステーキが食べたくなってきやがった!! しかし、この画像にはとんでもない秘密が隠されていたのである。絶対食べられへんやん……。

・飯テロ画像が実は

そんなステーキ画像を投稿したのは、Twitterユーザー「斉藤幸延@Yoshinobu Saito(@yonyon76)」さん。なんだこのウマそうなステーキは。一体どこの店だ? 夕飯、ステーキにしようかな。ちなみに、同じ投稿で、みたらし団子、豚丼、いちごなどの画像も。飯テロや。



どう見てもウマそうなこれらの画像。食べたいなあ……だが、これらは絶対食べられない。その理由は、ユーザーが画像につけたコメントを見れば明白だ。コメントは以下の通り。

「わたし食べ物の絵ちょっと描ける」

──そう、全て斉藤幸延さんが描いたイラストなのである! ちょっとどころか、完全に実物やん!! テクニックも観察力もヤヴァすぎィィィイイイ!

確かに、よく見れば全てにサインが描かれているが、逆にサインが無ければ全く写真と見分けがつかない。というか、写真よりもウマそう……また1つ世界の広さを知った筆者だった。

参照元:Twitter @yonyon76
イラスト:斉藤幸延,used with permission.
執筆:中澤星児

【GWイベント】肉の祭典「肉フェス TOKYO 2018」が今年もお台場で始まったぞーッ! 初出店の店舗を中心に肉を食いまくってきた!!

今日だけ……今日さえ耐えれば、ゴールデンウィークに突入だァァァァアアア!! 準備はいいかよ野郎ども! 何の準備かって? 「肉フェス」に行く準備に決まってんだろコラ! ゴールデンウィークといえば「肉フェス」に決まってんだろうがァァァァアアア!!

毎年恒例の肉の祭典「肉フェス TOKYO 2018」が、いよいよ本日2018年4月27日から始まったぞ。場所は去年と同様、東京・お台場特設会場だ。23の肉店舗の中から、初出店の店舗を中心に肉を食いまくってきたのでお伝えしよう。肉好きの肉好きによる肉好きのための祭典が、今始まる……!

・肉マニア、お台場に集結

去年の初日はギラギラと輝く太陽が会場をヒートアップさせていたものだが、今年のお台場はどんより曇り模様である。それゆえ、暑くもなく寒くもない絶好の肉日和と言えるだろう。開催場所がほんの少しずれたせいか、去年と比べ会場がややコンパクトになっている印象だ。

平日のお昼前ということもあり、まだどの店舗もガラガラだが、すでに会場にはコアな肉マニアたちが集結していた。まさか、もうゴールデンウィークなのか……!? うらやましいぜチキショー。

・「肉フェス」攻略のカギ

さて、気を取り直してさっそく肉店舗に突撃するとしよう。去年もそうだったが、毎年のように出店している有名店には人が集中する傾向がある。つまり、初出店の店舗を狙うことが「肉フェス」の攻略に繋がるのだ。要は行列を避けて、空いている店舗を攻めようぜ! ということだな。

・初出店を攻める

というわけで、最初に私(あひるねこ)が駆けつけたのは札幌からの参加となる「ミートスミス」。1頭から約700グラムしか取れないという『北海道産 特上牛タン(1400円)』をいただくとしよう。最初からステーキなどに手を出すのは素人だ。まずはタンで様子を見る。これよ。

おお! すごいボリューム!! こういったイベントでは値段の割に量が少ないのが常識だが、この牛タンはたっぷりと入っているため、もうそれだけで好感が持てる。薄く切られてはいるものの、味といい噛みごたえといい文句なし。数人でシェアするのにピッタリではないか。

・700円メニューもあり

多くの料理が1400円と少々値が張る「肉フェス」の中で、700円のメニューは気軽に買えるのでありがたい。初出店の店舗で700円メニューはないか探していると、なんと鴨肉を出しているお店を発見した。「PINETALE2990」の『鴨胸肉と長ネギのロースト』である。

長時間低温でじっくり調理されたという鴨胸肉は、噛むとジューシーな肉汁が口中に広がる。なんと濃厚な味。肉を食っているという満足感は、1400円のメニューにも負けていないと思うぞ。欲を言うともう少し長ネギをこんがり焼いてほしかったが、コスパ的には十分選択肢に入れる価値があるだろう。

・ウマすぎステーキ

続いて、この日食べた中でもっともおいしかったメニューがこちら。「肉匠 とろにく」の『松坂牛A4・A5 とろにく厚切りステーキ&牛すき煮(1400円)』である! さあ、いよいよステーキ様のご登場だ。松坂牛のモモ肉ですからね、これがウマくないわけがないでしょうよ!

松坂牛ステーキは、仕上げにとろろがかかっているという、大人の余裕を感じさせる逸品だ。食べてみると……ムッハァァァァァァァァン! なにこれウメェェェェェェエエ!! 「とろにく」と言っているだけあって柔らか~ウマ~幸せ~。そう、これ高い味がする! 高い牛肉の味がしまっせ奥さん!! 結論、くそウマい。

・現金は利用不可

はぁ……。ウマい肉って、めっちゃウマいよなぁ……。さて、毎年言っていることだが、念のため確認しておこう。ほとんどの店舗では現金が使えない。あらかじめ食券を買うか、電子マネーを利用することになるのだが、個人的には圧倒的に電子マネーがオススメだ。Suica や楽天Edy の場合は、あらかじめチャージしておこう。

・良い連休を!

いかがだっただろうか? この連休で初めて「肉フェス」に行くという人も多いと思うが、行列をなるべく避けて空いている穴場を狙い、いろいろな店舗のいろいろな肉料理を目一杯楽しんでほしい。良いゴールデンウィークを過ごせることを祈っているぞ~!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

イベント名名 肉フェス TOKYO 2018
場所 お台場特設会場 お台場青海地区P区画(東京都江東区青海1-1-16)
開催期間 2018年4月27日~5月6日
時間 10:00~21:00

参考リンク:肉フェス TOKYO 2018
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

【禁断】アイスのウマさを極限まで引き出す食べ方を発見した / ただし…メタボ一直線!

こんなにウマいアイスがこの世にあったなんて……! 今まで30年以上アイスを愛してきたのに知らなかった……!! このアイス、普段の5倍は美味しい気がする。キャンプで食べる焼き肉が特別なように、銭湯で風呂上がりに飲む牛乳がメチャウマなようにだ。

──というのが、「その食べ方」でアイスを味わった私の感想なのだが、これは必ずしも万人にオススメな方法ではない。むしろ、ダイエット的な観点で言うと最悪だろう。だがしかし! ウマいことはウマイんだ、これが。

手っ取り早く、その方法をお伝えしたい。

【死ぬほどウマいアイスクリームの食い方】

1. 限界まで肉を食う

2. アイスを食う(特にさっぱり系アイスが最高)

──という感じである。

ポイントはマジで限界まで肉を食うこと。そして、その時自分が食べたいアイスを選ぶことだ。個人的にはカルピス風味のさっぱり系アイスが最高だったが、そのへんは各々の好みと気分で選んでくれ。

・大食いチャレンジで発見

ちなみに、私がこの方法に気づいたのは、我々ロケットニュース編集部が総出になって大食いチャレンジをした後のこと。何のチャレンジかは後々に本サイトの記事で紹介するので今は公開を控えるが、肉系とだけ言っておこう。

その肉は私の大好物だったものの、大食いチャレンジとなると当然ながら胃袋の限界まで攻めねばならない。したがって、チャレンジが終わった後の私の胃は破裂寸前の水風船のようであり、口の中は沼以上にヌルヌルだった。

そんな時、本能が求めるままにアイスを食べると……

ホワァァァァァァァッ!!!!!

……となり、限界までアイスを吸いこんでしまった次第である。

ただし、言うまでもなくこれは迎え酒ならぬ、迎え脂質(糖も?)。カロリーにカロリーを重ねる方法なので、実践は自己責任で頼むぞ。

Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

グルメライター格付けチェックのキングが挑戦! ポテチの「いきなり!ステーキ味」と本物のステーキの違いを確かめた結果…

上質な肉がリーズナブルな価格で食べられる『いきなり!ステーキ』。2013年に1号店をオープンしてから急速なチェーン展開を果たし、今や全国で150以上の店舗を構えるステーキ専門店だ。2018年2月27日、その『いきなり!ステーキ』が監修したスナック菓子「カルビー・ポテトチップス厚切り いきなり!ステーキ味」が、コンビニ限定で発売された。

しかし、いったいどれほど本物のステーキと違いがあるのだろうか? その差を、本サイトの人気企画「グルメライター格付けチェック」でキングと呼ばれた筆者(K.ナガハシ)が、実際に店のステーキと食べ比べてみることにした。

・ショッピングセンターのフードコート内にある「いきなり!ステーキ味」に来店

まず、「そんなこと食べ比べるまでもないだろ」とか「キングじゃなければ違いがわからないほど、ロケットニュースのライターはバカ舌集団なのか」といった苦情は一切受け付けていないということをお伝えしたい。キングだからこそ、一般人が当たり前と思っていることを疑ってかかるのだ。キングとはそういうものである。

さて、最初に筆者はコンビニで『カルビー・ポテトチップス厚切り いきなり!ステーキ味』を税込152円で購入。続いて、北海道札幌市のショッピングセンター「カテプリ」のフードコート内にある「いきなり!ステーキ 新さっぽろカテプリ店」を訪れた。

その後、厳しい基準で選ばれた米国農務省認定プレミアムアンガスビーフを使用しているという「CABワイルドステーキ 300g」のランチセット(税込1390円)を注文。15分ほどでステーキが焼きあがって、さあ、いよいよ食べ比べだ。

・本物のステーキが激ウマ

まずは本物のステーキからいただく。鉄板の上で厚切りのビーフがジュージューと音を立てながら、香ばしい匂いを漂わせる。こいつはたまらなくウマそうだ。

特製のステーキソースをたっぷりかけて、ひとくち味わうと……やっぱりウメェェェエエエーーーーー! ジューシーな肉の風味とステーキソースの味わいが絶妙にマッチしており、噛めば噛むほどに旨味が広がる。

・ポテトチップスもウマい

続いて『カルビー・ポテトチップス厚切り いきなり!ステーキ味』をいただく。カルビーによると、牛肉とオリジナルソースの味わいが楽しめる厚切りポテトチップスとのことだが、さて、お味はいかに。

袋を開けると、これまた香ばしい匂いが漂う。中身を手に取ると、カルビーの厚切りタイプでおなじみのギザギザカットが確認できた。ザクッと食べてみたところ、炭火の香ばしさや牛肉の旨味が再現されていてこれまたウマい!! だがしかし……

・やっぱり本物とは全然違った

そもそも比べること自体無茶だが、やっぱり本物とは全然違う……というか「いきなり!ステーキ」の肉がジューシーでウマすぎるのだ。ちなみに、個人的な感想を強いて言うと、ポテトチップは甘みを抑えると少し本物に近くなるような気がした

『カルビー・ポテトチップス厚切り いきなり!ステーキ味』は、さすがに本物とは味が異なるものの、炭火の香ばしさや牛肉の旨味が楽しめるポテトチップである。販売期間は4月上旬までとのことなので、気になる方は早めにコンビニへGOだ。

参考リンク:カルビー株式会社「ポテトチップス厚切り いきなり!ステーキ味」
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.

【お肉】浅草の「量り売りシュラスコランチ」が高コスパ! ただしトラップもあるから気をつけろ『シュハスカリア キボン』

肉が食べたい肉が食べたい肉が食べたい! 今日も明日も明後日もニクニクニクニクゥゥゥウウウウーーーー!! なんならみんな、本気を出せば朝から肉イケるよな? ランチなんて余裕だよな? むしろ毎日肉三昧のランチがしたいよな?

だがご存じの通りウマい肉は高い。肉だらけのランチなんて夢のまた夢……と思いきや、あるんです。浅草に抜群にウマくて高コスパな肉ランチがあるんです。その店の名は『シュハスカリア キボン』。ブラジルを代表する肉料理、シュラスコの専門店だ。

・ディナーもお得

つくばエキスプレス浅草駅から徒歩2分ほど、浅草寺からも歩いて5分ほどのところに『シュハスカリア キボン』はある。先述のようにこちらのお店はシュラスコの専門店で、夜はリーズナブルにシュラスコ食べ放題が味わえると評判だ。

調べてみると、ディナータイムは男性が3240円、女性なら2700円でシュラスコ食べ放題だというから確かに安い。さらにはシュラスコだけではなくブラジル料理など約80種類が食べ放題なのでディナーを利用するのもいいだろう。

・ランチは量り売り

だがしかし、ピンポイントで肉を狙うならば、あえてランチをオススメしたい。なぜならば『シュハスカリア キボン』のランチは量り売り制で、しかも平日なら100グラム税込み180円と格安だからだ(土日祝は税込み200円)。

例えば肉を500グラム食べたとしても平日ならば900円で済む。量り売りで有名な「いきなりステーキ」で1グラム6.9円のリブロースステーキを500グラム注文したら価格は3450円だから、こちらのランチがいかに高コスパかお分かりいただけることだろう。

しかもシュラスコは、焼き立てのものをその場でカットしてくれるから味も最高としかいいようがない。サーロイン、リブロース、フィレ、ハラミ、イチボ、ラム、豚ロース、パイナップル……などなど、どれも抜群にウマかった。個人的にはリブロースとパイナップルがオススメだ。

・注意点もアリ

これは完璧! こんな店が近くにあったら毎日通うに決まってる!! ……と言いたいところだが、同店には1つだけ注意点もあるので記述しておきたい。それはカレーやフェイジョン(ブラジルの豆煮込み)ライスや野菜も同じく100グラム税込み180円だということだ。

肉だけ食べるなら間違いなく高コスパ……どころか超コスパと言いたいところだが、米まで同じ料金だと話はやや変わってくる。しかもどれもこれもメチャメチャ美味しそうだから(実際にウマかった)、誘惑に打ち勝つのが難しいのだ。


結果、あれもこれもと欲張るとそれなりのお値段になってしまう……なんて可能性もあるから注意して欲しい。量を食べる自信がある人は、最初からディナータイムの食べ放題狙いの方がいいだろう。

ともあれ『シュハスカリア キボン』のシュラスコはどれも激ウマで、食べ方次第で高コスパであることは間違いない。浅草にお立ち寄りの際は、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか?

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 シュハスカリア キボン
住所 東京都台東区西浅草2-15-13 地下1階
時間 ランチ11:30~15:00 / 月~土ディナー17:00~23:00 / 日祝ディナー17:00~22:00
休日 無休

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

35.713032 139.791150