10年来の愛犬と間違えて「見ず知らずのワンコ」をペットサロンから連れて帰ってくる “致命的ミス” をパパが犯した理由 / 年配の方なら共感必至!?


「世の中には自分に似ている人が3人いる」とはよく言われるが、どうやらそれは動物にも当てはまるのかもしれない。というのも、動物の “ソックリさん” を判別できなかったのか、あるパパが「10年も飼っている愛犬とは違うワンコ」をペットサロンから連れて帰って来て、ネット民から失笑を買ってしまったというのである。

・ペット美容院から違うワンコを連れて帰って来たパパ

米ニュースサイト『boredpanda』によると、米フロリダ州マイアミに住むアレックスさんという青年が、「ペットの犬(名前:ニーヴス)をペットサロンから連れて帰って来てほしい」と父親に頼んだのだという。

こうして、ほどなくしてパパがワンコを連れて “無事” に帰宅。ところがアレックスさんがワンちゃんを撫でると、「なんだかニーヴスと毛並みが違う……」と妙に思ったのだとか。

そう! なんということか、パパは一家が飼っている愛犬とは違うワンコを連れて帰って来てしまったのである! 

・一歩間違えばペット誘拐事件!?

一歩間違えばペット誘拐事件に発展してもおかしくない展開だが、見知らぬ家に連れて来られたワンコは我が家にいるかのように振舞い、すっかりくつろいでいたのだいう。

その時の様子を捉えたTwitterの動画では、アレックスさんが父親のミスに大爆笑となり、ワンちゃんを撫でながら「君は誰なの~?」と話しかけている。

・なぜそんなことが?

それでは一体なぜ、間違いが起きてしまったのだろうか? パパの言い分によると、原因は……!

老眼!

さらに、ワンコが付いて来て車に跳び乗ったため、パパは我が家のワンコだと思い込んでしまったのだそうだ。

・無事に本物のニーヴスと交換して一件落着!

その後、直ちに偽ニーヴスはペット美容院に戻され、無事に本物のニーヴスと交換されたとのこと。しかし、その際も再び間違いがあってはいけないとばかりに、パパが「これで間違いないか?」と、ニーヴスの写真を家族に送信して確認していたというから笑えるではないか。

それにしても、ニーヴスはアレックスさん一家の家族になってから10年になるというのに、パパに他のワンコと間違われるなんてちょっと可哀想……。ネット民からは大いに失笑を買うことになってしまい、ニーヴスを不憫に思う同情のコメントも寄せられていた。

偽物と本物のニーヴスの画像を比べたら確かに似ているが、自分のペットと間違える人はそう多くはないのではなかろうか。アレックスさん一家が集う度に、しょっちゅうパパはこの話を持ち出されて笑いのネタにされそうである。

参照元:Twitter @Pineappl3pizzaboredpanda(英語)
執筆:Nekolas

【放送事故】天気予報の生放送にまさかの珍客 / 遠慮なしの乱入劇で画面をジャック!

起きちゃダメだ、起きちゃダメだ、起きちゃダメだ……とスタッフの誰もが思っていても、ついつい起きてしまうのが放送事故である。気がついたら時すでに遅し。お茶の間が大騒ぎになっていることも珍しくない。

生放送に放送事故はつきものだけに、今も世界のどこかで起きている──。そして先日、アメリカはニューハンプシャー州の『WMUR−TV』でも、想定外のハプニングが起きた。天気予報の生放送にまさかの珍客! 遠慮なしの乱入劇で画面をジャックしていたのだ。

・犬が画面を横切るハプニング

天気予報の最中に放送事故とは、穏やかではない話である。きっと現場は騒然。てんやわんや状態となったに違いない……と思いきや、意外と平和だったのが今回の話。というのも、動画「Dog interrupts Josh Judge’s live forecast」で確認すると分かるように、乱入してきたのはまさかの犬だったからである。

どうやってスタジオに入り込んだのかまでは不明だが、ワンコはどこからともなく現れると画面右からひょっこりはん。その後も堂々とした態度で、ノシッノシッと画面を大きく横切って映り込んでしまった。

・放送事故なのにホッコリ

ただ、想定外のハプニングには変わらず。それでも平和に済ますことができたのは、スタジオの余裕もあったからだろうか。犬が現れても誰も慌てず、気象予報士の男性さえもサラリと対応してみせた。放送事故なのに事故らしくない。珍しいタイプの放送事故だった。

参照元:YouTube
執筆:原田たかし

複数のイヌが捨てられる瞬間が激撮される / 撮影者の説得に飼い主は聞く耳持たず……ネット上では「人間が信じられなくなる」「最悪な奴らだ」と非難殺到

動物の遺棄は犯罪だ。いや、犯罪云々にかかわらず、動物たちがどんな気持ちで飼い主の後ろ姿を見送り、その後どうなるかを想像すれば捨てることなど出来ないはず。人として……だ。

想像したことがないなら、この動画を見てほしい。ある女性が、複数の飼い犬を捨てる瞬間が映されている。

・犬を捨てようとする女性

米テキサスで撮影されたという動画『Abandoning Dogs』には、車から複数の犬を連れ出そうとする女性の姿が映っている。近隣に住むイディス・メレンデスさんは、その模様を撮影しながら「動物愛護センターが近くにある。そこでは無料で犬を引き取ってもらえるわ」と声をかける。

この場所は、よく犬を捨てていく人が多いという。今回もそのことに気付いたメレンデスさんが、せめて動物愛護センターに連れて行くように女性を説得しようとしているのだ。対する女性はなにやら返事をするも、思い直した様子を見せることなくそのまま犬を車から降ろしていく。

・撮影者「犬たちは怖がっている」

一方の犬たちは女性の側から離れようとしない。メレンデスさんは「ほら見て、犬たちは怖がっているのよ。どこにも行きたくないの。自分たちでどうやって食べていけばいいのか分からないのよ」と話しかけ続けるが、女性は犬たちを降ろすと車を発進。去り際には、後部座席に座った誰かがカメラに向かって中指を立てている。

戸惑ったように車を見送った犬たちは、仲間がいるからか、状況が分かっていないからか、尻尾を振りながら辺りをうろついている。車の側から動かなかった姿を見ると、不安を抱いていることは否定できないはずだ。そこで動画は終わるが、これから犬たちはどうすればいいのだろう……。

・愛護センターに飼い主が出現

本件を報じた地元メディア『My San Antonio』によると、この後、メレンデスさんの通報を受けた地元の動物愛護センターが犬たちを保護したとのこと。

当初、愛護センターが保護できたのは3匹のみで、残り1匹が見つけられなかった。しかし動画がネット上に公開され、話題になってから数時間後、動画に映っていた女性がセンターに現れ、犬たちの飼い主であると名乗り出てきたそうだ。

そして翌日には、彼女が残り1匹の犬を見つけて愛護センターまで連れてきたと報じられている。その後、動画に映っていなかっただけで、5匹目の犬も遺棄されていたことが判明。この犬も愛護センターによって発見・保護された。

・怒れるネット民たち

時間がかかったとは言え、飼い主である女性が愛護センターに現れたのは、メレンデスさんの説得を聞いていたからかもしれない。とは言え、動物の遺棄は絶対にしてはならないし、犬たちを愛護センターから家に連れ帰った訳でもないため、ネット上では女性に対して「人間が嫌になった」「憎しみすら覚える」「最悪な奴らだ」といった非難の声が数多く寄せられている。

メディア『KSAT』によると、テキサス州では動物の遺棄は軽犯罪の最も重い罪「クラスA」にあたり、4000ドル以下の罰金、1年以下の懲役に処されることになるそうだ。

参照元:KSATMail Online、My San Antonio[1][2]Shouse California Low GroupYouTube / Viral Hog(英語)
執筆:小千谷サチ

年間1000万円以上の利益! ワンコ画像を扱うTwitterアカウント運営で大成功した男性の話 / 投稿は1日2回、ジョークを添えて…

最近は、InstagramをはじめとするSNSでライフスタイルなどの情報を発信し、広告収入などネットで得た収益で生計を立てている人もいる。まさに、そんなアメリカ人青年の1人を今回は紹介したい。

彼がワンコの画像や動画にジョークを加えるTwitterページを始めたところ、瞬く間に大人気に! 現在はTwitter運営だけでなく、そこから派生したオンラインショップなども手がけて、年間で10万ドル(約1000万円)以上もの利益を上げているというのである!

・ワンコの画像にジョークを加えるページが大人気に!

海外ニュースサイト『Money』によると、ワンコの画像&動画にジョークを加えるTwitterページ「WeRateDogs」を始めたのは、米ノースカロライナのキャンベル大学の学生だったマット・ネルソンさんだ。

このアイディアを2015年に思いついた彼が、犬の画像に愉快なコメントを添えてアップしたところ……翌日に3000人ものフォロワーを獲得してしまったというのである。現在フォロワー数が640万人以上にも膨れ上がったページで、マットさんはユーザーから依頼された画像にジョークを添え、1日に2回投稿しているとのこと。

例えば、床を掃除するモップにしがみついて引きずられるワンコの動画には、「このワンちゃんはステファン。お手伝いがしたいだけ。10点中13点。なんてイイ子だ」という楽しいコメントが。

そして、顔の辺りまで片脚を上げているワンちゃんの画像には、「こちらはフィンレイ。誰かが “良い子なら手を上げて” と言っているのが聞こえたんだ。10点中14点。良い子のステータスを確保」とのジョークが添えらえている。

・どの投稿も10点満点を超える得点が

どの投稿にも点数が付けられているのだが、全て得点が10点満点を超えているのは「どの犬も素晴らしい」からなのだとか。画像を提供してくれるファンや、犬好きのフォロワー全員が楽しめるようキメ細やかな心遣いが行き届いているのも、ページが人気を博している理由ではないだろうか。

・利益は年に1000万円以上!

「WeRateDogs」を始めた時に学生だったマットさんは、アカウントのデータ管理&運営と学業に追われて一杯一杯の状態になってしまったとのこと。

SNSマーケティングを手掛ける人物の手も借りたが、最終的に大学を中退することに。独学でデジタル・マーケティングを学び、現在はアカウント運営とアパレルなどの関連グッズを扱うオンラインショップ「DOG RATES」ゲームアプリ「Good Dogs!」などの売り上げを合わせ、利益が年間で1000万円以上になるほどの成功を収めているそうだ。

1日に2回投稿するだけで大きな利益を生めるとは羨ましい……と思ってしまいがちだが、その影にはタダならぬ努力があったようだ。「やはり楽してお金は稼げない」ということを、証明するようなサクセスストーリーではないだろうか。

参照元:Twitter @dog_ratesGood Dogs!DOG RATESMoney(英語)
執筆:Nekolas

新居に引っ越したら地下室に犬がつながれたままだった → 助けられた時のリアクションが涙を誘う…

動物を飼ったら、エサをやったり健康状態に気を配ったりするのは飼い主の務め。一緒に暮らすなら大きな責任を伴うことは百も承知だろうが、なかには動物を大切に出来ない人もいるようだ。

なぜなら、ある男性が新居に引っ越して地下室へ行くと、なんとワンコがつながれたままになっていたというのである。そして救出された時のワンコのリアクションは、涙なしで見られなかった……。

・家の地下室にワンコがつながれていた

米ニュースサイト『boredpanda』によると、ある男性が米ミズーリ州セントルイスで新居に引っ越すと、なんということかピットブルが地下室につながれたままだった。そこで、地元の動物保護センターに連絡を取ると、すぐに職員が現場へ駆けつけてくれたとのこと。

その時の様子を捉えたのが、動画「There’s a dog chained up in my basement」なのだが、ワンちゃんがいたのは真っ暗闇の地下室の中……。助けが来たことを察したのか、ワンちゃんはちぎれんばかりに尻尾を振り、嬉々とした様子を見せている。きっと計り知れない恐怖と戦っていたに違いない。

・ワンコのリアクションが涙を誘う……

なんだか、ワンちゃんの瞳が「助けに来てくれたんだね!」と訴えているようで、思わず涙を誘われてしまう。なお、一体どれくらいの間、ワンちゃんが地下室につながれていたのかは不明だという。

もし男性の引っ越しが遅れていたら水も食べ物もなく、餓死していた可能性も……そう考えると背筋が凍るが、幸いなことに無事。外へ連れ出されたワンコは大喜びで跳びまくり、元気をすっかり取り戻している。

・犯人は不法居住者!?

あまりに跳ねまくるため、ワンコは “飛び跳ねる豆” を意味する「ジャンピング・ビーン」と命名された。放置されていた地下室はゴミが散乱して荒れていたため、空き家になった後に不法居住者が住み着いていたと思われている。その人物がジャンピング・ビーンを置き去りにしたとも考えられるが、誰が犯人なのかは明らかになっていないようだ。

つながれていた鎖から解放され、日光を浴びたジャンピング・ビーンの嬉しそうな姿を見て、「発見が遅れなくて良かった!」と胸を撫で下ろしてしまった。これから、ワンちゃんが大切にしてくれる飼い主と出会えることを心から願いたい。

参照元:YouTubeboredpanda(英語)
執筆:Nekolas

【ドッペルゲンガー】イヴァンカ・トランプに激似のワンコが発見される

「世界には自分にソックリな人が3人いる」とはよく言われることだが、地球に76億人以上の人が住んでいることを思えば、3人どころではないような気もする。

そして、自分のドッペルゲンガーは人間だけではないようである。というのも、米ドラルド・トランプ大統領の長女イヴァンカ・トランプにソックリなワンコが発見され、ネット民がザワついているというのだ。

・イヴァンカに激似なワンコが発見される

SNSで、「イヴァンカ・トランプのドッペルゲンガー」として話題になっているのは、狩猟犬の一種であるサルーキだ。

鼻の部分と耳の毛が長~いワンコの画像に、「彼女はYouTubeのインフルエンサーよ」とのコメントを添えてツイートしたのは、アメリカ人のフランチェスカさんという女性。この投稿が10万回以上もツイートされ、「イヴァンカに似てる!」とザワつかれ始めた訳である。

・お上品でエレガントさが漂うワンちゃん

フランチェスカさんがアップしたワンコの画像は、白い毛並みと長くスラっと伸びた首が印象的で、赤い首輪に付いたキラキラのスタッズがなんともエレガント!

そして、長~い耳の毛をポニーテール状に束ねているからか、人間っぽく見えるのは確かである。

・イヴァンカの人面犬!?

さらに、フランチェスカさんの投稿を見たネットユーザーが、このワンコの画像の隣に髪の毛を束ねている横顔のイヴァンカの写真を並べて投稿。こうやって見比べてみると、なるほどたしかに……似ているかも?

他のユーザーのからは、「どっちかっていうと、サルーキはパリス・ヒルトンに似てる」という声も挙がっていたが、どっちにしてもセレブな顔立ちをしたワンコであることは変わりないようだ。

参照元:Twitter @witchpuppy
執筆:Nekolas

【思わず三度見】ぐうの音も出ないほどの「人面犬」が発見される / どう見てもオッサン

壁に女の人の顏が浮かんでる……! と思ったら、ただのシミだった。私たちはそれっぽいものを見ると「人の顏」と思いこんでしまいがちだ。これは「シミュラクラ現象」と呼ばれるもので、脳が3つの点が集まった図を顔だと認識するようにプログラムされているのだとか。

しかし、今回はそんな現象じゃ説明しきれない! 紛れもなく人の顏をしたワンコが激撮されたのである。

・オッサンの顏を持つワンコ

そんなワンコの画像が投稿されたのは、海外サイト『reddit』である。友達の友達が飼っている犬ということなのだが、こ、これは……!? シーズーのようなフワモコボディの上には……確かに人の顏! その人面ぶりは画像を見ていただければイッパツだが、ぐうの音も出ないほど人間の……それも、オッサンの顏をしているのだ!!

このワンコの写真にネットユーザーからは、

「どう見ても人間じゃないか!」
「一体、この子に何が起こったんだ!?」
「本当に? 合成じゃないよね!?」
「てっきり人間と顏交換したのかと……」
「これまで見た犬の中で、もっとも “人の目” をしているよ!」
「私もそう思う。この目が決め手だと思う」

など、驚きの声が上がっている。

確かに、このワンコの目はとても印象的。隣のワンコの目が黒目がちであるのに対し、人面犬の方は三白眼ぎみ。白目がバッチリ見えているのだ。

・脳は白目がちだとオッサンだと認識?

そういえばウチで飼っていたウサギも、普段はキュン死レベルで可愛かったのに、白目をむくとオッサンっぽくなっていたなぁ。まさか、私たちの脳は、黒目がちの動物を「きゃわわ」、白目がちだと「オッサン」と認識しているということか!?

そんな現象があるかはわからないが、このワンコがオッサンに見えて仕方がないというのは紛れもない事実である。

参照元:Rediit
執筆:沢井メグ