【やりすぎ】加計学園グループ『岡山理科大学獣医学部』が報道関係者に注意「本校学生に対する取材はお控えいただくようお願いいたします」


森友・加計問題で加熱する国会とマスコミ。テレビをつければ「モリカケ」の話題ばかり。そんな状況の中、2018年4月3日に愛媛県今治市で開学したのが岡山理科大学獣医学部。現在、この獣医学部の学生にも取材が殺到しているようである。やりすぎだから

・岡山理科大学が報道関係者へ注意

安倍首相の関与が取り沙汰されている本問題。テレビもネットも新聞も国会にも、連日様々な声があふれている。そんな中、岡山理科大学のHPで出されたのが以下のお知らせ。

「岡山理科大学獣医学部は4月3日、愛媛県今治市で無事に第1期生の入学式が行われ、多くの学生達が期待に胸を膨らませながら入学しました。今は勉学をスタートさせた学生たちに平穏な教育環境を確保することが、本学園の一番の責務と考えております。

一部の保護者や学生から、報道関係者の皆様からの路上における学生に対する取材について控えていただきたい旨の申し入れがありました。

つきましては、本校の構内及びその周辺における本校学生に対する取材はお控えいただくようお願いいたします。今治の地から優れた獣医師並びに獣医関連専門家が育つよう、温かく見守っていただきますよう、よろしくお願い申し上げます」

──学生への取材に対して注意喚起が行われていた。政府と学園の問題であるモリカケ問題。学生が問題の核心に無関係であることは言うまでもない。

それにもかかわらず、構内や路上で学生に取材を行い迷惑をかけるのは過剰過熱である。今後、未来ある学生に火の粉が飛ばないことを願わずにはいられない。

参照元:岡山理科大学お知らせ「報道関係者の皆様へ(PDF)」
執筆:中澤星児

上野動物園が「写真撮影の時フラッシュをたかないで」と注意喚起 / 園内に『フラッシュ禁止』の看板が多数あるにもかかわらず散見される状況

シャンシャン可愛いー! 生まれて初めての春を迎えるジャイアントパンダの子ども「シャンシャン(香香)」。約30年ぶりパンダの赤ちゃんということもあってか上野には春一番なみにシャンシャン旋風が巻き起こっている。

現在、そんな上野動物園がTwitterで「写真撮影の時フラッシュをたかないで」と注意喚起を行っているためお伝えしたい。

・注意喚起の内容

2018年3月27日にTwitterで注意喚起を行った上野動物園。投稿された内容は以下の通りだ。

「おはようございます。重要な事なので今更ですがおさらいです。飼育動物の健康などに影響を及ぼさないよう、動物へのフラッシュを使用した写真撮影は禁止です。動物への影響だけでなく、決して綺麗には撮れません!#フラッシュ禁止」

──フラッシュ禁止のマナーは動物園なら大体看板が立っている。動物園にほぼ行ったことがない私でも知っているほど有名なものだ

・フラッシュ撮影する人って実際いるのか?

上野動物園にももちろん看板が設置されているが、それでもフラッシュ撮影をする人がいるのだろうか? 上野動物園に聞いてみた。

上野動物園「以前からフラッシュは散見される状況で、今回は改めて注意を促すためにTwitterでも投稿させていただきました。オートの設定でフラッシュがついてしまう携帯電話もあるためご注意いただければと思います」

──とのこと。癒しを与えてくれる動物園の動物たち。そんな動物たちにもらった癒しをストレスで返すのは、あまりにも勝手な話である。動物園に行く際は改めてご注意を。

参照元:Twitter @UenoZooGardens
執筆:中澤星児

【注意喚起】楽しいはずの水遊びが一転して恐怖に…噴水の水圧が強すぎて目を疑うような事故発生

世界の中でもトップクラスで安全だと言われている日本。しかしながら、いくら安全と言っても、生活する上で危険は隣に潜んでいるものだ。平和な日常が一転し、恐怖となることだって少なくない。

身近なところでいえば、公園の噴水もそう。近づきすぎると、楽しいはずの水遊びが一転して恐怖になることだってある。例えば今回ご紹介する動画「Little Girl Lift Off || ViralHog」のように……。

・噴水の水圧で女児の体が宙へ

目を疑うような事故が起きたのは、メキシコの公園らしき場所でのこと。多くの親子連れが噴水周りで水遊びを楽しんでおり、ほのぼのした昼下がりといったところを確認できる。しかし、いきなり状況は一変し、まさかの光景が映し出されるのだ。簡潔に文章で説明すると、次のようになる。

女児が噴水に近づく → 噴水の強烈な水圧で女児の体は宙へ → 空中でクルッと1回転 → 地面に叩きつけられる

……といったように、一瞬して女児が危険にさらされる。頭から落ちずに大きな怪我もしていない様子なので幸いだが、ショッキングな光景に肝を冷やさずにはいられない。

・日本でも似たような事故が発生

今の寒い時期に噴水で遊ぶことはないだろうが、これから暖かくなってくると水遊びの季節が始まる。以前、日本でも似たような事故が起きているので、噴水の近くで遊ぶのは危険だと覚えておこう。事故は忘れた頃に起きるから要注意だ。

参照元:YouTube / Viral Hog朝日新聞DIGITAL
執筆:原田たかし

【やっちまったな】食洗機に「液体洗剤を入れたらダメ絶対!」ってことがよーくわかる動画

家に食器洗い機がある人ならご存知だろう。食洗機には食洗機専用の洗剤がある。手洗い用の台所用液体洗剤は使えない。というか、絶対に入れちゃダメ! 取扱説明書にも「少量でもダメ」と強く書かれている。

わかったよ、こっちだって高価なものをわざわざ壊したくはないからね。でも、食洗機に台所用洗剤を入れたら何が起こるの? 答えはある映像を見れば一発なのだが……その恐ろしい結果は、動画「Ikke gjør dette hjemme: Skum i rom」で確認することができる。

・食洗機に「台所用液体洗剤を入れたらこうなった

動画に映し出されているのは、広いキッチンと一人の男性だ。ちょっと見えづらいが、ビルドイン式の食洗機が取り付けられている。映像は液体洗剤を入れた直後と思われるが、食洗機が稼働すると……

うわあぁぁぁ、何じゃコリャァァァァァ!!!!! 食洗機から大量の泡が溢れだし、みるみる間に部屋中が泡だらけに! 詳しくは動画で確認していただきたいがこれはヒドイ。どれほどの量の洗剤を入れたのかわからないが、最終的に男性の胸ほどの高さにまで溢れかえるという大参事となったのだった。

・国営放送の動画だった

この動画はどこかのおふざけ YouTuber が公開……ではなくノルウェーの国営放送「NRK」のもの。2011年に公開されたものだが、再び話題になっているのだ。

NRKと言えば、「AVを性の教科書にしてはいけない!」と、カメラの前で “本物” を見せてくれる一般のカップルを募集するという実験的な番組を制作したことでも注目を集めたものだ。その一方で、こういうバカみたいな実験もしていたのか!

すげえなNRKと思いつつ、とにかく食洗機に台所用液体洗剤を入れちゃダメ絶対。大切な知識だ、しっかりと覚えておこう。

参照元:YouTubeTV2(ノルウェー語)
執筆:沢井メグ

【続・注意喚起】ついに楽天カード株式会社を装うフィッシングメールが本物と見分けのつかないクオリティに!

以前、「楽天カード株式会社」の名前を語った巧妙なフィッシングメールを紹介したが、あれから約3カ月……そのフィッシングメールはとうとう本物と見分けがつかないレベルに進化を遂げた!

しかも今回配信されてきたフィッシングメールは、以前に紹介した見分け方のコツを、ことごとく潰してきた巧妙な内容で、楽天カードユーザーである私(耕平)も99%信じかけた、今までにない超絶クオリティの仕上がりだ。

しかし、そんなかつてない難敵にも弱点はあった……。ということで、改めて注意喚起を促すとともに、その超巧妙なメールの見分け方と防止策をお伝えしよう。

・今までの見分け方が通用しない

まず、前回のフィッシングメール対策で紹介した以下の確認ポイントをご覧いただきたい。


・宛先が複数入っているか。CCにアドレスが入っていないか。
・内容に相違はないか。
・HTML形式じゃなく、テキスト形式のメールで配信されていないか。


以上の3点だったが、今回のフィッシングメールは、宛先やCCには自分以外のメールアドレスが入っていない。さらにテキスト形式のメールではなく、HTML形式で配信されてきたのだ!

しかも前回同様、楽天カード株式会社と全く同じアドレスから配信されていることから、ほぼ「完全コピー」と言って差し支えないくらいのクオリティ。

本物と見比べても「間違い探し」のレベルで目を凝らして見ないと完全にコロッといかれるし、楽天カードユーザーであれば見慣れているメールなので、実際に被害にあった人も多いのではないだろうか?


・なぜ見破ることができたのか?

前述の確認ポイントで唯一対策されていない項目、「内容に相違はないか。」にフォーカスを当ててみよう。

私は楽天カードユーザーだが、カードを利用すると一両日後に必ず「カード利用のお知らせメール」という件名でメールが届くようになっている。

今回のフィッシングメールは、このメールを装ったものだが、メールに表示された「ご利用一覧」を確認したところ、以下のような内容だった。

利用日:2018/01/22
利用先:Edyチャージ 
利用金額:1,000円
支払月:2018/01
カード利用獲得ポイント:5
ポイント獲得予定月:2018/01

ここで気になったのは「利用先:Edyチャージ」の欄。私は楽天カードは利用しているものの、「Edy」を利用したことは一回もない。

ただ、この時は違和感を覚えたものの、金額がそれほど多くなかったことから、念の為に後日、楽天カードのカスタマーセンターに問い合わせをしてみようと思った程度で、そのまま忘れてしまっていた。

ところが、その5日後に今度は同じ内容で以下のようなメールが届く。

利用日:2018/01/30
利用先:Edyチャージ 
利用金額:10,276円
支払月:2018/01
カード利用獲得ポイント:5
ポイント獲得予定月:2018/01

「な、なにーーー!!!? 10,276円だと??」


全く使った覚えのない「Edy」のチャージで、その金額を見た瞬間、前回からの違和感が「疑惑」に変わった。

焦った私は混乱し、当初はすでに個人情報をどこかでフィッシングされていて、それによりカードを不正利用されたと思い込み、すぐにカスタマーセンターに連絡してカードを止めようと考えた。が、気づいたのが営業時間外だったため、さらにパニックに陥り、焦りばかりが頭を駆け巡った。

そこで前回の「Edyチャージ:1,000円」のことを思い出し、見比べてみたところ何かがおかしい……。

まず、気になったのは「支払月:2018/01」の項目だ。私のカードは毎月10日が締め日なので、それ以降の利用は「支払月:2018/02」になるはず。

次に「カード利用獲得ポイント:5」の項目。前回は1,000円のチャージで、今回は10,000円以上と約10倍のチャージ金額になっているにも関わらず、獲得ポイントはなぜか「5」のままだ。

「もしや、これはフィッシングメールなのか?」

そう思った私は、先日カードを利用して送られてきた本物の「カード利用のお知らせメール」と見比べてみたところ、数々のほころびを発見し、これがフィッシングメールと確信した!

ということで、ここからはその圧倒的なクオリティを誇る「悪徳フィッシングメール」を徹底解剖していこう。


・本物と偽物の見分け方

まず注意して欲しいのは、メールボックスに表示された時の文章だ。本物は以下の通りに表記されている。

「楽天カードを装った不審なメールにご注意ください カードお知らせメール 楽天e-NAVIへはこちらからログイン出来ます。」

となっているが、偽物は……

「カードお知らせメール 楽天e-NAVIへについて詳しいことは こちらでしお調べください。」

と表記されている。ポイントは「楽天e-NAVIへについて」「こちらでしお調べください。」の箇所。明らかに誤字で表記されていて、天下の楽天グループがこんな誤字を入れたメールを送ってくるわけがない。


次にメールの中身について、解説していこう。本物のメールが画像つきの「HTML形式のメール」であることは先述のとおり。だがしかし……

本物のHTML形式のメールには画像が表示されているが、偽物はまず左上部の「Rakuten Card」のロゴが表示されず「?」となっている。さらにその下のところにも、何かしらの画像が埋め込まれていたのか、同じく「?」とリンク切れしてしまっている。

そして右上部の文章が、本物は「楽天カードを装った不審なメールにご注意ください」と表記されているが、偽物は「不正なログイン画面にご注意ください《詳細》」と記載されている。


さらにメールの下部に関しては、大きく違う点がある。

それは「ご利用一覧」から下のコンテンツが本物より、偽物の方が圧倒的に少ないことだ。

まず本物は「リボ払いの案内」や「ポイント明細」、さらに「楽天カードの取り組み」という項目には、本物は女性オペレーターの画像が表示されているが、偽物にはテキスト表示だけで画像がない。

そして本物にはさらに「お得な情報」として、楽天関連の広告バナーが複数貼ってあるが、偽物には、その項目すら表示されていない。

以上が現時点での本物と偽物の見分け方になるが、大きく違うのは「ご利用一覧」下部の位置にあるコンテンツのボリュームだろう。楽天カードユーザーはこの辺りを注意して見ていただきたい。


・このメールの目的は?

それではなぜ、このようなフィッシングメールがバラ撒かれているのだろうか?

その目的を調べようと、当サイトの編集長であり、迷惑メール研究家でも知られるGO羽鳥氏に協力を要請したところ、次のような見解が得られた。


羽鳥「この偽物メールの中に入っているリンクをすべて確認したんだけど、どうやら「ちゃんと楽天のサイトに飛ぶリンク」と「ヤバいリンク」が混在してるみたいだね。たとえば、

「詳細につきましてはセキュリティ関連事項ページよりご確認ください。」
「カード利用お知らせメールの登録・変更は、楽天e-NAVIよりお手続きください。」
「本メールに記載のご利用明細は、楽天e-NAVIのご利用明細にてご確認ください」

こーゆー文言のリンクを押したら、怪しげなファイルがダウンロードされる仕組みになっていたよ。どんなファイルなのかというと、『楽天銀行の重要な情報.PDF』ってやつで、PDFに見せかけているけど実は「.PDF」までがファイル名で、実は「.js」って拡張子がある「楽天銀行の重要な情報.PDF.js」ってな感じ。

拡張子が「.js」ってファイルは、Windowsだったらダブルクリックで実行されるファイル。つまるところ、完全にウイルスだね

WindowsでもMacでも、「拡張子を表示しないようにする」みたいなシステム設定があるんだけども、こういうこともあるから絶対にオフ(拡張子は表示する)にしておいたほうが良いよ。拡張子が見えなかったら、ウイルスだって気づかないでダブルクリックしちゃうからね。これ、絶対に忘れないでね」


やはり、コンピューターウィルスの拡散が目的だったようだ。こんな超絶クオリティのメールが恐ろしいウィルスを搭載して世間に出回っていると思うと、それだけでゾッとする。


・最悪の事態にならないために

繰り返しになるが、今回のフィッシングメールは楽天カードを使っていない人は事前に怪しいと察知できるかもしれないが、楽天カードユーザーの場合、あまりのクオリティから、普通にスルーしてしまい思わずウィルスを呼び込むリンクをクリックしてしまう可能性が高い。

そんな最悪な事態にならないためにも、下記のポイントを押さえておこう。


・身に覚えのない内容の明細は、速攻で疑ってかかる。
・怪しいと思ったら、前述した箇所をチェック。特にメールの下部に注目する。
・「カード利用のお知らせメール」は原則、利用時の必要な情報は網羅されているので、極力リンクはクリックしない。


現時点では、これを徹底していれば確実に防げるだろう。この件については、楽天カード株式会社や警視庁も注意喚起しているので、特に楽天カードユーザーは、もう一度この記事を読み返して、少しでも怪しいと思ったら、細部まで確認することを十分に心がけてほしい。

参考リンク:楽天カード株式会社「フィッシングの被害からお客様を守るために」 
Report:耕平 
Photo:RocketNews24.

【4回目】ラブライブ公式がファンのマナーについて注意喚起! ファンの声「こんなこと公式から言われるようになったのは悲しい」


アニメ『ラブライブ! サンシャイン!!』2期が大団円を迎えて約1カ月。完全新作劇場版の制作も発表され、いまだにラブライバーたちの熱は冷めやらない。そんな中、公式サイトがファンのマナーについて注意喚起を行っているためお伝えしよう。

・ライブビューイングでの迷惑行為

2018年1月26日、公式サイトのニュースに「ライブビューイングに関するお願い」が掲載された。なお、ライブビューイングとは、コンサートなどのイベントの際、ライブ映像を全国各地の公開上映会場に向けて配信するイベントのことである。ニュースに掲載された注意の内容は以下の通り。

「(中略)最近、マナーを守らず、他のお客様の鑑賞の妨げになっている方がいらっしゃいます。また、そのことをきっかけとしたお客様同士のトラブルも発生しております。法的なトラブルとなる可能性もございますため、ご鑑賞時の注意事項を守り、劇場スタッフの注意があった場合は速やかに従ってください。

マナーの改善が見られない場合、劇場スタッフの判断でご退場頂く可能性や、今後のライブビューイング実施に影響を及ぼす可能性もございます(中略)」

──公式ページニュースでのマナーについての注意喚起は今回で4回目。沼津での撮影や立ち入りについて注意を呼びかけたことが2回、キャストに対する迷惑行為についての注意が1回、そして今回のライブビューイングである。この注意に関してファンからは以下のような声が寄せられていた。

・ファンの声

「本当に最近目に余るものがあります」
「ついに来たか」
「発表が遅すぎるわ」
「こんなこと公式から言われるようになったのは悲しい」
「ほんとに好きだったとしたらなんで好きな作品の評判を落とす行為、プロジェクトを貶す行為をするのかほんとに分からない」
「厄介も悪いけどそれに対して暴力で解決しようとする輩も悪いってことやね」
「好き勝手やる連中で俺達まで飛び火を喰らうとは……なんてこった」
「公式にこんなアナウンスさせて、家虎・UO等の害悪行為がやってる奴等は自分達の行為が原因だってわかってるのか?」
「ライブ本会場、映画館ともにこれからどんどん迷惑行為者を取り締まってください」
「先日バルトで上海LVを鑑賞したものです。あんまりも不快な体験で、今回公式がきちんと注意喚起し、劇場スタッフに退場させる権利を与えたことに対して、大変うれしく思います!」

──ファンの間でも問題になっているようだ。これから劇場版に向けてまた盛り上がりが予想される本作。一部のファンの迷惑行為がなくなることを願う。

参照元:ラブライブ! サンシャイン!!
執筆:中澤星児

ヒエッ…思わず10回くらいは再生しちゃうエスカレーターの事故動画

エスカレーターをご利用のお客様は、必ず手すりにおつかまりください。エスカレーター付近で遊んだり、体を投げ出すのは絶対にやめましょう。──エスカレーターに乗ると、必ずこのようなアナウンスが流れている。

言うまでもないが、これは未然に事故を防ぐため。また、危険行為を防止するためである。しかしながら、忘れた頃にやってくるのが事故というもの。今回の動画には、ヒジョーに痛いシーンが収録されているが、注意喚起のため、あえてご紹介したいと思う。

・エスカレーターで遊んだ青年が事故

動画の再生時間はたった6秒。わずかもわずかな時間だが、それだけでもエスカレーター事故の恐ろしさは十二分に伝わってくる。なにせ、目を覆いたくなるような危険が2連発で襲ってくるのだ。

再生すると、青年が昇降エスカレーター間のスペースをスィーッと滑ってくる。おいおい、危ない……と思うところだが、次の瞬間には事故発生! 青年は出っ張りに急所を強打したかと思えば、そのままエスカレーター間を滑り落ちていく。さらには……

・ルールを守ろう

その先にある出っ張りにも激突し、反対レーンにまで吹っ飛んでいくから恐ろしい。あまり衝撃的すぎるため、思わず10回くらいは再生してしまう。周囲から笑い声が聞こえてくるが、どうか無事であって欲しいものだ。エスカレーターで遊ぶと、こんなにも危険。みなさんは必ずルールを守って乗るようにしよう。

参照元:Twitter @__gower
執筆:原田たかし