【注意喚起】「Googleユーザーのあなた、おめでとうございます!」というサイトに要注意 / 正体はGoogleギフトを装ったフィッシング詐欺

2018年7月13日、いつものようにPCで作業していると見慣れない画面が表示された。「Googleユーザーのあなた、おめでとうございます!」とのことで、感謝の気持ちとして質問に3つ答えるだけで「Movie Card Streaming、iPad Air 2、Samsung Galaxy S6」の中からどれかプレゼントでもらえるらしい。

毎週金曜と水曜に1日10人が無作為に選ばれ、めでたく記者も当選したようだ。おほほっ、ラッキー!! ……なんて思うはずもなく、調べてみたらやはり詐欺。このところ、「Googleギフト」を装ったフィッシング詐欺が流行しているようなので注意が必要だ。

・天国から地獄に突き落としてユーザーを焦らせる

記者のPCに「Googleギフト」の表示があったのは、翻訳サイトを使おうとした時だった。強制的に飛ばされたら「おめでとうございます!」とイキナリ祝福され、次の瞬間には「商品を受け取る権利は1分30秒後に他ユーザーへ移行します」とイキナリ煽られた。

海外ドラマ『24』のようにしてタイマーがピコピコ進んでいくのは何だかドキドキするが、天国から地獄へ突き落として焦らせる手法なのだろう。とりあえず「Googleの創始者は?」という質問を無視してスクリーンショットでサイトを保存した。そして後々見返してみると、詐欺サイトらしい “ほころび” も見つかった。例えば日付!

・コメント欄がお祭り状態

「7月」となっているところまでは普通だが、続く数字が「135月24」と意味不明なのだ。ただ、一方で手が込んでいたのは “質問に答えたらこうなりました” 的なユーザーの声である。というのも、あたかも皆が質問に答えている感じをプンプン出していた。

コメント欄には、「最初は冗談だと思ったんですが、本当にMovie Card Streamingが今朝届きました。その後すぐに全部の商品にサインアップしましたw」「今日iPad Air2が届きました。ありがとう!!!!」といった歓喜の声が溢れてお祭り状態。ヤラセなので当たり前だが、誰ひとりとして悪いコメントを残していなかった。

・詐欺なので要注意

ちなみに「Googleギフト詐欺」をネットで調べたところ、これは今年の春くらいにも猛威を振るったようだ。もちろん、いくら質問に答えたところで、商品が無料でもらえないのは言うまでもない。

これまでにもネットでは、「年次訪問者調査」「ビジターアンケート」など、新たな詐欺が出てきてはいつも誰かを狙っている。なぜ詐欺はなくならないのか。それは騙される人がいるからである。

現に今もどこかで誰かが騙されて泣いている。もし見慣れない画面がPCやスマホに表示されたら、まずは落ち着いてクリックしないように気をつけて欲しい。1人でも被害者が減ることを願っている。

Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

【注意喚起】「みずほ銀行」利用者に告ぐ! 今日のうちに現金を引き出しておかないと、この3連休で詰むぞォォォオオ!!

明日から始まる楽しい楽しい3連休。ご存じの通り2018年7月14日~16日は、「海の日」があるため3連休となるのだ! 夏真っ盛り、この連休は派手に遊ぶぜェェェェェエエ!! と思っているあなた。その前に、今日必ずやっておくべきことがあるから聞いてくれ。

結論から言おう。普段「みずほ銀行」を利用している人は、本日13日のうちにある程度のお金をおろしておかないと、連休中に詰むことになる。いいな? 必ず本日中にお金をおろすんだ! 後で後悔したって知らんぞォォォォオオオオ!!

・3連休は ATM が使えない?

みずほ銀行は現在、新システムへの移行に伴い、ATMや EBサービス・みずほダイレクトなど、すべてのオンラインサービスを段階的に臨時休止している。その次の休止期間が、明日からの3連休と丸かぶりになっているのだ。

正確な期間は、2018年7月14日の0時から7月17日の8時まで。その間は法人・個人ともに、みずほ銀行の ATM / CD・通帳繰越機の利用ができない。つまり、今日中に現金を引き出しておかないと、連休明けの朝8時まで今あるだけのお金で過ごす羽目になるのだ!

・コンビニでも無理

この事態を、いまだ対岸の火事のように感じている利用者がいるかもしれない。私(あひるねこ)も みずほ銀行ユーザーだが、分かるぞ。もしかしてアンタ、コンビニの ATM でおろすからいいや、とか考えてないか? 残念! コンビニでもおろせませーんッ!!

みずほ銀行のサイトには以下のように書かれている。

「すべての ATM(みずほ銀行以外の金融機関やコンビニ ATM を含みます)でみずほ銀行キャッシュカードをご利用いただけません。

大変お手数をおかけいたしますが、あらかじめ現金をお引き出しいただくなどのご準備をお願い申しあげます。」

お分かりいただけただろうか。そう、期間中はセブン銀行だろうが何だろうが無理なのだ。もちろん、みずほダイレクトといったオンラインサービスの利用も不可だぞ。分かったら大人しく、今日のうちに現金をおろしておくがヨロシ。

・今日中におろそう

クレジットカードと電子マネーがあるからといって、現金なしで過ごせるほど日本のキャッシュレス化は進んではいない。外で遊ぼうと思ったら、ある程度の現金が財布に入っていないと不安だろう。みずほ銀行の利用者は、日付が変わる前に ATM へ走ることを強くオススメする。

参照元:みずほ銀行
執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

【注意喚起】ゴキブリの対策グッズを置いて安心するのはまだ早い! ヤツらの半端ない生命力をナメていた結果…

ジメジメした天気が続いており、まさに梅雨まっただ中。夏が待ち遠しいところだが、一方で「そろそろ行くか!」とコンディションを整えているのがゴキブリたちである。100%のフルパワーで夏を迎えるため、きっと今頃せっせとウォーミングアップしている最中に違いない。

さて、ゴキブリがもっとも活発になる季節を前にした今、みなさんは対策済みだろうか。殺虫系の商品が充実している今の時代、盤石という人も多いと思われるが、いくら対策グッズを置いていようとも出るものは出るから気をつけた方がいい。万全の対策をとっていたのにゴキブリと戦う羽目になった筆者(私)が言うのだから間違いない。

・対策グッズをすり抜けてゴキ参上

年中、ゴキブリに対して警戒心を解かない私。常日頃から対策グッズをいたるところに配置し、全身全霊をかけてGケアをしている。その効果もあってか、数年はゴキブリと遭遇することなく快適に過ごすことができていた。しかし、そんな状況であってもヤツは出た。

「こんだけいろいろやってるし、もうゴキブリが出る訳ない」とナメており、殺虫剤を買っていなかった私の目の前に堂々と現れたのである。先日、家に帰って部屋の電気をつけると……ナイスひょっこり〜! まるで『ドラクエ』のごとく、いきなり戦闘モードに突入することになった。

・免疫はある方

ちなみに、もともとドがつくほどに田舎に住んでいた私にとって、ゴキブリはかなり近い存在である。今ほどグッズが充実していない時代、目にするのは栄養の行き届いたゴキブリばかり。幼い頃から何度も漆黒の完全体……そこらへんのゴキブリがフリーザとしたらセル級のヤツらと死闘を演じてきた経験がある。

大人になってからこそ、対策グッズのおかげで死闘する機会は減少したものの、免疫力が強い方なのは変わらない。ゴキブリを触る「ゴキブリふれあい体験」こそマジで泣きそうだったが、世間一般でいうとメチャクチャある方だろう。しかし……だがしかし!

・猪木アリ状態に突入

少しでもヤツらをナメた私が悪かった。飛び道具の「殺虫スプレー」を買っていないことが、ノーガードでゴキブリと戦うという世紀の大誤算を引き起こしてしまったのだ。どうにか動きを止めたいが、飛ぶことを考えたら一歩が出ない。飛び道具がないと、こんなにもゴキブリって怖いのか……これ以上怖いタイマンはなかった。

お互いが牽制し合い、ひたすら向き合い続ける私とゴキブリ。ダッシュでコンビニに行ってくるか……いや、そんなことしている間に見失う……頭をフル回転させるも時間だけが過ぎていく。こうして私とゴキブリは “猪木アリ状態” に突入した。

・侵入経路は不明のまま

おそらく10分くらいは向き合い続けていただろうか。さすがにそのままではラチがあかないので、最終的にはフンガッと本気を出して無事に駆除できたものの、今思い出すだけでもゾッとする経験だった。

方法はみなさんの想像にお任せするが、いずれにせよヤツらの生命力は半端ない。キッチン、冷蔵庫、さらに洗濯機の下……いたるところに張り巡らしてあった対策グッズをどうすり抜けてきたのだろう。

パラシュート部隊のごとく外から飛んできたのか。はたまた『プリズン・ブレイク』のようにして内部からやってきたのか。この先も真相はずっと分からないままだが、包囲網をかいくぐって姿を現した事実は揺るがない。

・十分すぎる対策をとろう

冒頭部分でもお伝えしたが、これからゴキブリが一番出る……というかすでにシーズンは到来している。いくら対策が万全でも一家に1つは殺虫剤を置き、さらにグッズ強化しておくことをオススメしておきたい。ヤツらはどこからともなく侵入してくる。次はあなたの番かもしれないのだから。

執筆・イラスト:原田たかし
Photo:RocketNews24.

【ゾッとする実話】知人から聞いた「小学生の頃に誘拐されかけた話」が本当に怖い / 子供がいる人は絶対に読んで欲しい

誘拐──。それは他人をだまし連れ去る犯罪行為のことを指す。誘拐ビジネスが成り立っている世界のどこかならいざ知らず、おそらく日本に住む99%以上の人が誘拐された経験は無いハズだ。だがしかし……。

悲しいことに日本でも誘拐される確率は決してゼロではない。つい先日、知人から聞いた「小学生の頃に誘拐されかけた話」が体の芯からゾッとするエピソードだったので、注意喚起の意味も込めてお知らせしよう。

・実際にあったエピソード

このエピソードは、記者の知人のYさん(30代・男性)がSNSに投稿していたものだ。つい先日起きてしまった「目黒虐待死事件」のニュースを見て忘れかけていた記憶がよみがえったと言い「多くの人に知って欲しい」とのことで、許可をもらってご紹介することになった。

舞台は今からさかのぼること約30年前。Yさんが小学1年生か2年生の頃の話だ。当時のYさんは電車通学をしていたらしく、制服・革靴・ランドセン・筆箱に至るまで全て学校指定のものを利用しており、簡単に言えば「見た目は完全におぼっちゃまだった」という。

・母を駅で待っていたYさん

Yさんの日課は、地元の駅に到着したら公衆電話から家に電話すること。連絡するとお母さんが車で迎えに来てくれたそうで、その日もYさんは家に電話しお母さんのお迎えを待っていたらしい。

しばらくすると──。Yさんの目の前に白いセダンが停車した。そして運転席の男はYさんにこう言ったという。

お母さんが怪我をして病院に運ばれたから、おじさんの車で一緒に行こう

もちろん男性はアカの他人で面識はない。Yさんはつい2~3分前にお母さんと電話したばかりだったためこう答えた。「さっき電話で話したからボク待ってます」と。それを聞いた男は「そうか」とだけ言い残し、車は走り去っていったという。

・悪魔のささやき

言うまでもなく、子供は親を盲目的に求めるものだ。「君の親が怪我をした」と言われ、動揺しない子供はいない。そんな子供心に付け込んだ手口は卑劣そのものだが、実際にこう言った大人もこう言われた子供も存在するのである──。

「知らない人について行ってはダメ」。親ならば子供にそう教えるハズだ。だが誘拐犯はそんなものは軽く凌駕してしまう “悪魔のささやき” を用意している。その時期、Yさんの住むエリアでは日本中を震撼させた「連続通り魔事件」が多発していたという。

執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

【漫画】「わざとぶつかって来る男に出くわしたときの話」が話題 / ぶつかり屋がいるのは駅だけではない

最近「わざとぶつかって来る男」通称 “ぶつかり屋” が何かと話題になっている。当サイトでもこれまで何度かぶつかり屋にまつわるニュースをお伝えしてきたが、今回はさらなる注意喚起の意味も込めてぶつかり屋に関する「漫画」をご覧にいれたい。

ぶつかり屋は繁華街や駅など大勢の人の中に紛れていることが多いようだが、どうやら今回ご紹介する漫画によると「店の中」にまでぶつかり屋はいるようだ……。

・卯々乃先生の投稿

漫画を公開したのはPixivコミックに『ポチャペコ』を連載する「卯々乃(うーの)」先生だ。先生が自身のTwitter(@uuuno1112)に投稿した『昔、ぶつかり男に出くわしたときの話』は1万1000リツイート以上を記録するなど広く拡散している。

舞台は卯々乃先生が高校生の頃、行きつけの本屋での話。1人のぶつかり男に当たられてからすべては始まる。最初は「偶然かな?」と思っていたものの、短時間の間に何度か当たられすっかり怖くなったという卯々乃先生。

それによるパニックや、恐怖に取り乱す様子が赤裸々に描かれている。詳細はぜひご自身の目でご確認いただきたいが、男性から付け回された挙句、実際に何度もぶつかって来られて恐怖を感じない女性はいないだろう。なんとも卑劣な男である。




また、先生は後日談も公開しているからそちらもぜひご覧になっていただきたい。冒頭でもお伝えした通り、漫画によるとぶつかり男は繁華街だけにいるわけではなく、あらゆる場所に紛れている可能性がある。そして何より大勢の人が「そういうヤツがいる」と認識することが、ぶつかり屋の抑止力にもなるハズだ。

参照元:Twitter @uuuno1112
マンガ:卯々乃 , used with permission.
執筆:P.K.サンジュン

【注意喚起】ネット通販の闇を見た! ポケモンGOプラスを買った男性が「偽物」をつかまされた話

ポケモンゲットだぜ! 熱心なトレーナーは今日も元気にポケモンGOをやっていることだろう。なかには「ポケモンGOプラス」でゲットしているトレーナーも多いと思われるが、ポケモンと一緒に「ポケモンGOプラスの偽物」もゲットしてしまった男性もいる。

何を隠そう筆者(私)なのだが、指摘された箇所を確認したらマジのマジで偽物。騙される人がいる限り、悪徳業者は後を絶たない……なんて話をよく聞くが、まさか自分の身に降りかかってくるとは──。

・偽物ゲットだぜ!

私がポケモンGOプラスを購入したのは、先月のこと。今さらながら「ポチったら翌日に届く」との情報を Amazon で見てしまったため、思わずクリックしたことがキッカケだ。届いて以来、毎日のようにポケモンGOプラスを使い、順調にポケモンをゲットし続けていた。……ところが!

この時、私はすでにネット通販の闇に足を踏み入れていたのである。そして先日、「知らぬが仏」状態だった私は急転直下の事実を伝えられ、偽物をつかまされていたのを知った。事の発端は、インスタでフォロワーさんから次のようなコメントが届いたことからだ。

「まさか偽物買わされてないですよね?」

思いもよらぬ一言に固まった。に、に、ににに、偽物!? またまたぁ〜何をおっしゃいますやら!

……と思いつつ、内心バクバクしながら自分のものが正規の理由を必死で探した。「任天堂」と書いてあったし、記憶が正しければ「ベストセラー1位」だったような……そして何より5500円も払っている……!!

と、ポジティブな言葉で脳内を満たしていたら、フォロワーさんはこうも続けた。

「予備電池入ってたり、腕バンドの裏にニンテンドーロゴがない場合は偽物です」

てことで恐る恐る確認してみると……

ない……! どこにもないっ!!

やられたっ……!!

予備電池こそ正規品にも入っているようだが、バンドの裏は確実な違いがあった。当編集部のサンジュンが持っている正規品には、バッチリと「Nintendo」のロゴが入っていたのだ。

また、正規品と並べて比較してみたところ、心なしか偽物の方が大きめ。特にバンドのサイズは一目瞭然で違う。もっと言えば、バンドの模様もビミョーに変えてきている。

やっちまった……。どんな理由があるにせよ、公式サイトでメーカー希望小売価格3500円(税別)と表記されていることを調べなくてはいけなかった。今さらだが、何も警戒していなかった自分が怖い……。

慢心が招いた悲劇は、他のトレーナーの身にも起こっていて、レビューには偽物をつかまされたコメントもズラリと並んでいた。悪徳業者に盲点を突かれ、私は身をもってネット通販の闇を体験したのである。

・返送なう

幸い、返送期間に間に合ったため、偽物のポケモンGOプラスはマッハの速さで手続きを済ませた。ポケモンGOプラスなしの生活に逆戻りしてかなり困っているが、やはり安心できるプレイが最優先。ネットではBANなんて怖い言葉もあるだけに、きちんと処理して欲しいところだ。

いまや欲しいものがボタンひとつで家に届く便利な世の中になった。人は慣れてしまうと、当たり前のことを忘れがちになってしまう。そんなわずかな隙を悪徳業者は見逃さない。みなさんも通販で商品を購入する際、十分すぎるくらい気をつけて欲しい。

参照元:ポケモンGOプラス
執筆:原田たかし
Photo:RocketNews24.

【謎の中毒性】広島県警の作った「特殊詐欺の注意喚起動画」がカオスすぎる

市民の味方である警察は、世にはびこる悪と戦い続けている。身近なところで悪といえば詐欺があるが、広島県警察のHPによると、広島県内の被害額は5年連続で10億円オーバー。特殊詐欺の被害が発生するだけでなく、手口も巧妙化しているという。

改めて恐ろしい金額を騙しとられていることが分かるが、もちろん広島県警は黙って見過ごしている訳にはいかない。『「オレオレ詐欺だけじゃないフラメンコ」特殊詐欺被害防止編』との動画を YouTube に公開し、注意喚起を促している。

・フラメンコを使った注意喚起動画

一口に詐欺と言っても種類はいろいろ。オレオレ詐欺をはじめ、架空請求詐欺に振り込め詐欺……最近だと警察や銀行員を装う “なりすまし詐欺” なんてものもある。プロの詐欺師たちはわずかな隙をつき、どんな手だろうと使っている。

それに対し、フラメンコを使って対抗したのが広島県警である。オレオレつながりからフラメンコの「Ole」を取り入れ、詐欺の巧妙な手口を伝えようとしているのだ。ただ、これがなかなかカオスな展開になって、謎の中毒性も兼ね備えている。

・カオスすぎる3分間

なぜなら、まさかの発想を炸裂させただけでなく、起用したのはフラメンコ舞踊家の岩田玲子先生。プロ中のプロが踊っているから超キレキレ、さらに謎のぬいぐるみとの共演もあって、一度見たら忘れられない注意喚起なのだ。詳しくは動画をご覧いただきたいが、何とも言えない3分間で自然と詐欺対策を叩き込まれる作りになっている。

・かなりタメになる

自分は大丈夫なんて思っている人がコロッと騙されるのが詐欺というもの。広島県内に限らず、どこに住んでいても気をつけるようにしたい。動画の注意喚起は、カオスながらも非常にタメになるので要チェックだ。

参照元:YouTube広島県警察Estudio El Umbral(エル ウンブラール)
執筆:原田たかし