ある海外男性が作る『昔ながらの貼り紙広告』がジワジワ来る~とSNSで人気に! 「このハトを見つけました。あなたのペットですか?」など

ひと昔前、中古品売買やメンバー募集などは町の掲示板に広告を貼って呼びかけていたものだが、現代では全てネットで事が済むようになってしまった。

そんな今の時代、ある海外男性が「昔ながらの貼り紙広告」を制作し、その内容がシュールで笑えるとSNSでジワジワと人気を集めているというので紹介したい。

・懐かしの貼り紙広告がジワジワ来る……

米ニュースサイト『boredpanda』によると、“昔ながらの貼り紙広告” を制作してSNSでひそかに笑いを誘っているのは、アラン・ワグナーさんという男性だ。

なんでもアランさんは、さすがに貼り紙&口コミだけで何かを拡散させるのは難しいと思ったのだとか。そこで、貼り紙広告を制作して近所の電柱に貼り、あたかも変な広告を見つけたかのようにInstagramに投稿し始めたら、いつの間にかフォロワーが33万人を超えるほどの人気になっていたというのだ。

・「この鳥を見つけました。あなたのペットですか?」

例えば、時々道で見かける「行方不明のペット」に関する広告をパクった貼り紙には、ハトの写真に「この鳥を見つけました。あなたのペットですか?」との文句が書かれているのだ。

Instagram Photo

「ハトなんて全部一緒に見えるから分かんないでしょ!」とツッコミを入れたくなるが、それがアランさんの狙いである。続けて次のような情報も書き込まれているから、さらに笑いを誘ってしまう。

・名前のタグはなし
・いろんな名前を呼んでみたけど反応はゼロ
・全く指示に従わない(しつけが十分ではない)

と、ひねくれたユーモアが満載なのだ。

・変な貼り紙広告のオンパレード!

Instagram Photo

そして、ジャグジーにつかる恰幅のよい男性の写真がプリントされた広告も、か~なり奇妙でシュール! 貼り紙には、

「この男性を知っていますか? 5日前に家のジャグジーに現れ、今でも滞在しています。動きもしなければ喋りもせず、まばたきもしません。そして、夜には目が赤く光ります。この人物に関する情報やアドバイスがあれば、こちらに電話を」

と電話番号も記載されているが、もちろん偽ナンバーである。

Instagram Photo

その他にも「なんでもチョップできます」との広告には、「私がチョップできない物を持参した人には、400ドル(約4万4000円)の賞金を差し上げます」とのうたい文句が! 

こんな貼り紙を道で見かけたら、思わず立ち止まって「これって本気!? それとも冗談?」としばし考えてしまいそうだ。

昔ながらの貼り紙広告がSNSで人気なっているとはなんとも皮肉であるが、ジワジワ~と来るアランさんのInstagramページのフォロワーは、これからも増えていきそうだ。

参照元:Instagram @truewagnerboredpanda(英語)
執筆:Nekolas

海外スーツメーカーが『ラブラブな男同士の写真』を広告に使用してネット民がザワつく → インスタフォロワーが1万人減少

ドイツやスペインなどに続き、一番最近ではオーストラリアで同性婚が合法になり話題になっていた。世界的に同性愛者の権利が次々と認められるようになっている中、オランダのスーツメーカーが「ラブラブな男同士の写真」を広告に使用して物議を醸しているという。

その結果、同社のInstagramのフォロワーが1万人も減少したと報じられているのだが、読者の皆様は問題の広告を見てどうお思いになるだろうか!?

・ラブラブな男同士の広告写真にネット民がザワつく

米ニュースサイト『boredpanda』によると、男同士のお熱い写真を広告に使用したのは、オランダのスーツメーカー「SuitSupply:スーツ・サプライ」だ。

Instagram Photo

同社のInstagramを覗いて見ると、物議を醸している広告写真は確かに大胆! 男性二人が抱き合いながら情熱的にキスを交わしていたり、プールサイドでスーツを着たイケメンが水着の男性にタッチしている画像など、かなり際どく革新的である。

Instagram Photo

・インスタのフォロワーが1万人減少する結果に

同性愛者の権利や同性婚をサポートする筆者でさえ、「かなり賭けに出たデザインだな」と思ったくらいなので、そうでない人の中には嫌悪感を明らかに示す人は少なくなかったようだ。

特に、同性愛を法律で禁止している中東&アフリカ諸国などの反応は好ましくなかったらしくds、スーツ・サプライのInstagramのフォロワーが1万人減少する結果になってしまったとのこと。

それでも40万人近くのフォロワーを誇る同社のCEOは、海外メディアのインタビューで「同性愛者の権利が支持されていない国では、問題となった広告の使用を停止する」と述べている。

Instagram Photo

・ネット民の意見は真っ二つに割れている様子

では、ネットユーザーからはどんな声が挙がっているのか、いくつか以下に紹介することにしよう。

「大胆でカッコいい!」
「もうスーツ・サプライの購入をやめる」
「素晴らしい広告だ。どれだけの人が嫌悪感を示すのか興味深いな。そんな客はスーツ・サプライに必要ないだろ」
「ここでスーツを買うことにするよ!」
「アフリカでは悪魔使いされるぞ。絶対に許されることではない」
「あまりにもエキサイティングな広告で、マジでワクワクした!」

といった具合に意見が真っ二つに割れている。

二人の人間がお互いを大切に思い、深く愛し合うとは素晴らしいことである。そんな関係に男も女もないと思うのだが、受け止め方は様々だったようだ。

参照元:Instagram @suitsupplyboredpanda(英語)
執筆:Nekolas

ゴディバの新聞広告『日本は、義理チョコやめよう。』に反響の声続々!! 「ホントそう」「義理はいらない」など

もうすぐバレンタインデー。2月14日が近いこの時期は、チョコレートメーカーにとってかき入れ時のはず。そんな中、「ゴディバジャパン」は意外な広告を日本経済新聞に掲載した。

広告のキャッチコピーは「日本は、義理チョコをやめよう。」だ。チョコメーカーなのに……なぜ? ゴディバジャパンの売上に影響を与えたりしないのだろうか?

・ゴディバの新聞広告

「もちろん本命はあっていいけど、義理チョコはなくてもいい。いや、この時代、ないほうがいい。そう思うに至ったのです。そもそもバレンタインは、純粋な気持ちを伝える日。社内の人間関係を調整する日ではない。」(日本経済新聞ゴディバ広告より抜粋)

この内容を、ゴディバジャパン株式会社代表取締役社長のジュローム・シュシャン氏名義で掲載している。「気持ちを伝える喜びを大切にするために、気を遣って義理チョコをあげることをやめにしませんか?」と問いかけており、「バレンタインデーを、好きになってください。」と結んでいるのだ。

この新聞広告について、ネット上では様々な意見が飛び交っている。

・ネット上の声

「友チョコはあっていいけど義理チョコはいらん」
「正直、義理チョコいらないんだよ」
「義理チョコなんか貰っても苦痛」
「義理チョコ、無理して渡さんでもええやろ」
「義理チョコを貰ったことがない」
「神広告」
「もらう方も気を遣うしな」
「義理チョコいらないから早く本命くれ」
「この広告は、素晴らしい考えだと思う」
「良いこと言ってる」
「義理チョコにゴディバ買う人いるんだろうか」

……など。

肯定的なコメントが多いなかで、広告の意図についての意見も。「本命チョコとして選ばれることが多いゴディバが義理チョコに反対することによって、自社の売上アップを狙っているのでは?」との見方もあるようだ。たしかに、「義理チョコ封じ」はゴディバの売上につながる可能性もある。

だが、義理チョコを負担に感じている人がいるのも事実。この広告は、戦略のウマさもさることながら、意見として的を射ていると思うのだが……皆さんはどう考えるだろうか?

参照元:Yahoo! リアルタイム検索日本経済新聞ゴディバ
執筆:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

これが英国風ユーモアなのか…!? イギリスの100均が「広告として下品すぎる画像」をツイートしまくり賛否両論

商売&ビジネスをしている人なら、どれほど広告の効果があるかを理解していると思うが、かきいれ時の年末年始は特に宣伝の力が物を言うのではないだろうか。

そこで、英100均がユーザーの気を引くために、広告として超~下品な画像をツイートしまくり! あまりにも不適切な内容にアカウントがハッキングされたのかと思いきや、実はそれを狙っていたというのである。

・英100均が下品な画像をツイートしまくり!

広告として下品な画像をツイートしまくっていたのは、英100均チェーン店「Poundland:パウンドランド」だ。イギリスでは、日本の100円にあたる通貨は1パウンド(約150円)。「1パウンドで色々買えちゃうよ~!」というコンセプトは、日本の100均と同じである。

そんなパウンドランドが、クリスマス&年末年始で人々がショッピングしまくる時期に、超~不適切な画像をツイートしまくったのである。

・ハッキングされたのかと思った!

一体どんな広告かというと……サンタの格好をした人形が、負ける度に服を脱いでいく「ストリップ・ポーカー」に興じているツイートでは、女性の人形の格好は裸。

また、同じくサンタ姿の人形がメッセージボードに、どう考えても “ムスコ” にしか見えないサボテンの絵を描いている広告も! 他にも、同じ人形が股間を歯ブラシで擦っている動画まであり、筆者はアカウントがハッキングされたのではないかと思ったほどだ。

・宣伝の効果で店は大盛況!!

しかし、英ニュースサイト『Mirror』によると、これは宣伝マーケティングの一環だとのこと。Twitterに投稿した一連の画像&動画が大きな話題となり、パウンドランドはクリスマスの時期に大盛況だったそうだ。

そして、ネットユーザーの反応は「下品すぎてコメントしようがない」というネガティブなものから、「この画像をクリスマスカードに使いたかった!」と大ウケする人もいて、賛否両論だったようである。

こ、これが英国風ユーモアというヤツなのだろうか……。もし、日本のダイソーやキャンドゥなどが同じことをしたら大問題になりそうだ。

参照元:Twitter @PoundlandMirror(英語)
執筆:Nekolas

【泣ける】閉園間近のテーマパーク「スペースワールド」の広告が感動的 / どうかスぺワを忘れないでください


2017年12月31日をもって閉園することが決まっている福岡県北九州市のテーマパーク『スペースワールド』。営業終了が発表されてから、攻めに攻めた広告キャンペーンを連発して注目を集め、ファイナルイヤーイベントも連日大盛況だという。

最後の最後までポジティブな印象の “スぺワ” だが、最近発表されたお別れと感謝の広告が「本気で泣ける」と話題になっている。今回は最寄りの「スペースワールド駅」に掲示されているポスターと、スぺワの冬CM「グランドフィナーレ篇」を合わせて紹介したい。

・27年間愛してくれてありがとう

1990年に開業し、ピーク時には年間200万人以上の来場者数を誇っていた福岡のディズニーこと「スペースワールド」。昨年末に閉園を発表してからは、開き直っているとしか思えないCMを連発し、ポジティブにフィニッシュを迎える遊園地として再ブレイクを果たしていた。

このままラストまでハッピーパーリーピーポーなテンションで行くのかと思いきや……つい先日、これまでの雰囲気から一変したポスターが静かに貼り出されたという。現物を確認するため、スペースワールド駅へ行ってみたのだが、そこには……!

またいつか、別の星で、会いましょう。

今年、変な広告ばかりしていたのは、
最後まで笑ってスぺワに来てもらいたかったからでした。
27年間、愛してくれてありがとう。たくさんの笑顔を見せてくれてありがとう。
悔しいけれど、お別れです。
不器用で、ちっぽけで、でも、一生懸命がんばった遊園地を、
どうか、どうか、忘れないでください。

ついに、2017年12月31日グランドフィナーレ
スペースワールド

こ、こ、これは……泣ける。不意を突かれて号泣してしまう人も続出しているらしいが、たしかに軽い気持ちでポスターを眺めたら大変なことになるぞ。「なくなるヨ! 全員集合!!」からの振り幅がスゴイな。最後に真面目な挨拶って……いくら何でも、惚れてまうやろォォオオオ!

・動画もヤバイ

また、公式YouTubeチャンネルでは「スペースワールド冬CMグランドフィナーレ篇」も公開されている。正直、こちらもかなり泣ける内容となっているので、ポスターと合わせてじっくりご覧いただきたい。

ちなみに、スぺワは閉園日まで連日夜間営業を行っているそうだ。少しでも気になった方は、お別れ前に足を運んでみてはいかがだろうか。不器用で、ちっぽけで、でも一生懸命がんばった遊園地のラストは、きっと多くの人の心に末永く残ることだろう。

参考リンク:YouTube
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

【目の錯覚】この中に「隠しメッセージ」があるってよ / 英マクドナルドの広告が難解すぎ! 読めるかボケ!! と思ったら…

パッと見て読める人なんているんだろうか……。思わずそう呟いてしまうほど、こいつは難解だ。線の間を読めだって? ちょっと近づいて見た方がいいだって?

その通りにやってるんだけど、全然読めない。何が書いてあるのか、さっぱり分からない。なんだよこれ、デマなんじゃねえの? ——そんな斜に構えた態度でイスに腰かけたそのとき……! あっ! いま何か見えた!!  あああっっ! 読めたぞーーー!!

・目の錯覚を利用した広告

何のことなのか簡単に説明しよう。ここで紹介するのは、いわゆる目の錯覚を利用した広告だ。イギリスのマクドナルドが展開しているもので、「画像の中にメッセージが隠れてますよ」的なヤツ。

イギリス・マクドナルドの公式Twitterアカウントで公開されている画像を確認してみると、直線が縦に何本も引かれているだけ……にしか見えない。白い背景の上に黒い直線が引かれているようにも見えるし、黒い背景の上に白い線が引かれているようにも見える。どこか、ユベントスのユニフォーム的な柄だ。

その “ユベントスのユニフォーム” の中に、メッセージが隠れているというのだが……マジで難解なのである。海外サイトMirror News も「ベリー ディフィカルト」と紹介しているので、私だけでなく多くの人がそう感じているはず。

——と言われたら、中には「挑戦する気が失せたから、手っ取り早く答えを教えてくれ」という人がきっといるだろう。または、「1時間近く見てるけどマジで全然わからない」という人だっているに違いない。

そんな読者のために、答えを公開したいところなのだが……大変申し訳ない! ネタバレになってしまうため、本記事で隠しメッセージの内容をお伝えするのは差し控えたいと思う。ただし……!

・ヒント

「そろそろ目がヤバイ」という読者もいるかもしれないから1つヒントを。それは最初の方に記載した「斜に構えた態度でイスに腰かけた」という言葉。斜に構えて画面を見たら……どうなる? 

想像してほしい。または実際にやってみてほしい。斜に構えながらパソコンやスマホの画面を見たら、必ずと言っていいほど画面を見る角度が……! おっと! ヒントはこれくらいにしよう。

とにかく、みなさん自分の目で隠しメッセージを読み解いてくれ! 反則技に近いヒントを出しておきながら言うのもなんだけど、粘り強く見ることが大事だぞ!!

参照元:Twitter @McDonaldsUKMirror News(英語)
執筆:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

【どう思う?】人種差別的だと大炎上! 海外ダブの「黒人女性が服を脱ぐと白人女性に変身する」広告に非難殺到!! しかし出演した黒人女性はダブを擁護

ひと昔前に比べたら、徐々に状況が改善されてきているとはいえ、今でも深く社会に根づく人種差別。そんな差別問題が、大企業の広告でクローズアップされることとなってしまった。

世界中でビジネスを展開するユニリーバ社傘下のブランド「ダヴ」が、黒人女性が服を脱ぐと白人女性に……というコンセプトの広告を制作。それを見たネットユーザーから、「人種差別的すぎる」との声が相次ぎ大炎上! しかし、問題のCMに登場した黒人女性がダブを擁護しているというのだ。

・ダヴの広告が人種差別的だと大炎上!

英ニュースサイト『itv』によると、ダヴが公式Facebookページに、ボディウォッシュを宣伝するキャンペーン動画を投稿。現在は削除されている広告動画では、黒人女性が茶色のTシャツを脱ぐと白人女性に変わり、次に白人女性がTシャツを脱ぐとアジア人女性に変身する……という内容になっていたのだという。

・本来の目的が裏目に……

同社は、世界中で取り上げられているダイバーシティ(全ての分野に人種的な多様性を持たせようとの考え方)を支持する目的で広告を制作。英ニュースサイト『Mirror』は、「人種を問わず、どの肌のトーンにも使えるボディウォッシュですよ」との意図で黒人から白人、白人からアジア人へ変わるコンセプトだったのでは……と述べている。

ところが、動画を見て「人種差別的」と感じた消費者やネットユーザーは少なくなかったようで、広告は炎上。本来の目的が、裏目に出てしまったのである。その後、ダヴは問題となった広告について、Twitterに謝罪文を投稿することに……。

・以前にも物議を醸したことが

なお、同社は以前にも人種差別的な広告で物議を醸したことがある。2011年には、「肌のトーンが明るくなる」との宣伝文句で黒人女性を “ビフォー” 、白人女性を “アフター” と称した商品広告を制作し、大きな問題となっていたのだ。

そのため、「またか!」と憤慨したネットユーザーの怒りは、簡単に収まらなかったもよう。

・CMに登場した黒人女性がダブを擁護

一方で、問題のCMに出演した黒人女性ローラ・オグンイェミさんが、英ニュースサイト『The Guardian』にエッセイを投稿してダブを擁護。撮影現場では、ダイバーシティのコンセプトを理解した上でモデル全員が出演しており、「私は人種差別の犠牲者ではない」とコメント。

また、「過去の広告が誤解されたこともあり、今回のCMも適切に解釈されなかった」と述べているようだ。

参照元:Twitter @keithboykinitvMirrorThe Guardian(英語)
執筆:Nekolas