【コラム】子供に自分の趣味を押し付けて炎上している大学教授がいるけど「うちの父のここだけは立派だった」って今になって思う話

どこぞの大学教授のTwitterが炎上している。すでに投稿は削除されているので詳細については割愛するが、自らの趣味であるミュージカルに興味を示さずゲームが大好きな我が子に「これが自分の子か」「今度楽しまなかったら許さない」などと投稿し批判を浴びたものだ。

大目に見れば親が我が子と趣味を共有したい気持ちはわかる。ただ押し付けであってはならない。そういう意味で私、P.K.サンジュンの父はとんでもない変人ではあるものの、今になって思えば「あ、ここは立派だったな」と思う部分が1つだけある。

・超ド級の変人

これまで何度かご紹介してきたが、私の父はちょっとやそっとの変人ではない。「明日引っ越す」と母に告げてみたり(盛大に頭をイスでカチ割られる)、意味もなく「孫なんていらないだ(怒)!」と突然キレてみたりする、とんでもなく独特の価値観の持ち主だ。

一言でいえば超頑固……いや意固地な性格なのだが、本人が「俺はだいぶ周囲に気を使っている」「我慢している」と思い込んでいるからタチが悪い。それでも今になって思えば1つだけ「立派だな」と思うところがあった。

・それなりにお金持ちだった我が家

私が幼い頃、父は自分で商売をしていた。当時はそれなりに儲けていたようで、我が家は大金持ちではないものの小金持ちくらいの生活水準だったと記憶している。家は100坪ほどあったし、父の趣味である庭には1本何百万円もする木が無数に埋められていた。

あれは小学校の高学年だった頃だろうか? 日曜日恒例の父と2人でお風呂に入っていた時のことだ。その頃の私は漠然と未来を意識し「自分は将来どんな仕事をするんだろう?」と何となく考えていた。

Instagram Photo

当時はコックさんになりたかったが、それでも自分は長男であり父が商売をしている以上、それを継ぐのが当然だと思っていた。そして父が喜ぶと思っていた。子供は純粋だから父の跡を継ぐことがイヤではなかったし、そうすることが自然だとさえ思っていたのだ。

・父に「仕事を継ぐ」と告げたら…

ましてや我が家は韓国人である。周りを見ても家業を受け継ぐ人は非常に多い。苦労して成した財を子供に受け継がせたいと願うことはある意味で自然な感情であり理解もできる。そして当時の父は少なくない財を成していたのだ。

だがしかし、お風呂の中で何となく「お父さん、僕は将来お父さんの後を継ぐからね」と告げたとき、父は私が全く想像していなかったリアクションでこう返してきた。

「お前はお前。お前の人生がある。だからお前は好きなことをすればいい。長男だからってお父さんの跡を継ぐとかは考えなくていいぞ」

これは両親ともに一貫した考えで、私は両親から「将来〇〇になれ」などと指図されたことは1度も無い。その後、我が家の財政が急激に傾き継ぐものが跡形も無くなったことはさておき、この1点だけは「ああ、父は立派だったな」と今になって思う。

・子供は親のものではない

親が子供に自分が好きなもの、自分の財産、自分の価値観を共有したい気持ちはよくわかる。ただ、子供は親のものではなく1人の人間であることを忘れてはならない。父は今なお超ド級の変人であるが、当時から私と “1人の人間” として向き合ってくれていたのだろう。

執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

【実話】「孫なんていらないんだ!」とブチギレていた父 → 孫が生まれた結果…

みなさんにはお子さん、もしくは甥っ子さんや姪っ子さんがいらっしゃるだろうか? 理由はよくわからないが、とにかく甥っ子も姪っ子も目に入れても痛くないほど可愛いし、自分の子供はそれに輪をかけて可愛いものだ。

私、P.K.サンジュンにも子供と姪っ子が1人ずついるのだが、んまー、やっぱり2人とも狂おしいほど可愛い。ところが2人が生まれる前、なぜかその存在を断固として否定していた男がいた。私の父、ヨシオさんである──。

・孫が生まれる前の父

孫がいない私にはわからないが、一般的に「孫はとにかく可愛い」らしい。なんなら自分の子供よりも孫の方が可愛いとも聞くから、それはそれは強烈な “超ド級の愛らしさ” なのだろう。

あれは今から4年ほど前のこと。私の妹が妊娠し、父にとってはそろそろ初孫が生まれそうなタイミングであった。父はとんでもなく頑固な一面がある反面、子供には深い愛情を注ぐ人で、母が他界してからは子供たちへの情愛が強烈になっていた時期でもあったハズだ。

その日は、私、父、妹と妹の旦那さん(私にとって義理の弟)らと食事をしていたのだと記憶している。父にとって初孫ということは、私にとっても初の姪っ子。日増しに大きくなる妹のお腹をさすりながら、これから生まれてくる新しい命に思いを馳せていた。

・突然の「孫はいらない」発言

当然、父も喜んでいた……と言いたいところだが、どうやら口数も少なくご機嫌ななめな様子である。面倒なので放っておいたのだが、しばらくすると父がややキレ気味に「個性的すぎる孫論」を説き始めたのだ。

「いいか、お前らよく聞け。田中くん(妹の旦那さんのこと)、これは変な意味で言ってるんじゃないから誤解しないでくれよ。私はね、本当は孫なんかいらないの! 孫が欲しいなんて思ったことは1度もないの! なぜなら子供たちが1番可愛いから!!」

「これはね、親にならないとわからないの。自分の子供だもん、そりゃ1番可愛いに決まってるさ。田中くん、これは変な意味で言ってるんじゃないんだよ。でもね、子供は自分の血が半分だろ? 孫ってのは1 / 4じゃない? 変な意味じゃないんだけどね」

「だからね、私はね、本当は孫なんていらないの。子供たちさえいればそれでいいの! 孫が生まれてきたってお前らより可愛いハズがないじゃない!! 本当ね、変な意味じゃないんだけど、私は孫が生まれるのが楽しみではないの。お前らより可愛いハズがないから!」

予期せぬブチギレ独演会にうろたえつつも、その日の食事会は終わった。やがて妹の子供が生まれ、そして私の子供も生まれて2人の孫を持つことになった父。つい先日、父が家族部屋に送ってきたLINEの内容はというと──。

「NHKのニュースで、帰省からUターンする人を見送るジジ・ババを見てるんだけど、涙を流す気持ちがわかるよ。〇〇と〇〇(孫の名前)はやっぱり可愛い。会いたい! 動画送って!」

これ以上の “手のひら返し” があるだろうか? 言葉をやわらかくして “心変わり” でもいい。生まれた孫が可愛いのは全然いいのだが、あの日あの時あの食事会で「なぜあそこまで盛大にブチギレたのか?」はいまだに謎が残る。そのことを父につっこむと、

うるさいよ!! しつこいんだよお前は!!!!!

……と、またブチギレられてしまった。

孫を持つその日まで、私には孫の可愛さはわからないが、どうやら孫というのは本当に可愛いらしい。「子供の方が可愛いに決まっている!」とブチギレていた人さえ、メロメロにしてしまうのだから──。

執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

話題の動画「父さん、今日からユーチューバーになる」が公開される / 予想と全然違う内容で戸惑うんですけど…

2018年4月16日、かねてからネット上で話題になっていた動画「父さん、今日からユーチューバーになる」が公開された。正式名は「泣けるドラマ リニューアル家族」で、日清ヨークが制作した「やさしい十勝のむヨーグルト」のプロモーション動画である。

約18分に渡るなかなか壮大なドラマであるが、果たして “泣けるドラマ” とは一体……? 結論から言うと、日清が無駄にあり余るパワーを炸裂させており、物語は多くの人が予想しえない内容となっているぞ。

・あらすじ

まずは日清ヨークが発表している物語のあらすじを以下でご覧いただこう。

「父が突然、YouTuberになった。都会を離れた郊外の暮らし。次々起こる家族の変化に戸惑う内気な少年、新太郎は、その小さな体に、大きな悩みを抱えながら毎日を過ごしている。

そんな中、母親の隠された秘密に気づいてしまう。泣けそうで、泣けなくて、ちょっと泣ける。おかしくて、やさしくて、どうしようもない家族の、どうしようもない物語」

ネット上では「父さん、今日からユーチューバーになる」というパワーワードが注目されていたが、動画を最後まで見てみるとその内容は意外とシリアスだ。というか、開始1秒から最後まで「笑える瞬間はほとんどない」と言っていいだろう。

・ユーチューバーはほとんど関係ない

詳細についてはぜひご自身の目でご確認いただきたいが、一言でいえば「やさしい十勝のむヨーグルト」のキーワードである “再生” をテーマにしたドラマで「父さん、今日からユーチューバーになる」はあくまで掴みでしかない

個人的な感想を付け加えておくと、想像していた内容とは大きく違ったので、どんな感情で見ればいいのか最後まで戸惑ってしまった。ただ、動画の終盤でCHEMISTRYの主題歌が流れたときは「どういうつもりだよ!」とクスッと笑ってしまったことは記述しておこう。

「父さん、今日からユーチューバーになる」というパワーワードを先に発表し、話題になったところで動画を公開する日清のやり口……。手の上で転がされているようで悔しいが、非常に見事である。

参照元:YouTube
執筆:P.K.サンジュン

【感動の再会】怪我をして保護された子猿が3週間後に家族の元へ帰る動画が泣ける…ハンカチの用意を忘れずに

世の中には友達や同僚、恋人といった様々な関係があるが、やはり家族の絆に勝るものはないのでは……とよく思う。あまりにも近い存在だけに、時には当たり前のように思って感謝の気持ちを忘れてしまうこともあるが、少し離れて過ごすとその有難みを痛感するものだ。

そして家族の絆は動物も同じ。現在、家族愛を感じさせる動画が話題になっているので紹介したい。怪我をして保護された子猿が家族の元へ帰るのだが、その様子がとても感動的なのである。ハンカチを用意を忘れずに!

・足に怪我を負った子猿が保護される

感動的な再会が撮影されたのは、南アフリカ共和国クワズール・ナタール州のウムコマース。地元に生息する「サバンナモンキー」とも呼ばれるベルベットモンキーの子猿が、足を怪我していたところを発見され、動物救急センターにより保護されたという。

・久しぶりの再会を喜んでいる様子の猿の家族

順調に回復を遂げて怪我が完治した子猿は、いよいよ3週間ぶりに野生に戻される日がやって来た。動物救急センターがFacebookに投稿した動画には、カゴから放たれた子猿が建物の屋根で待っている家族へめがけて、一目散に駆け寄って行く様子が収められている。

母親だと思われる猿が屋根に上がるのに手こずっている子猿を引っ張り上げると、真っ先に我が子を抱きしめる。そのシーンですでに胸にググっときてしまう。そして兄弟姉妹らしき猿も加わり、しっかりと抱擁を交わすから久しぶりの再会を喜んでいるようにしか見えない。

・家族の絆に思わずウルウル……

そんな感動的な場に、今度は父親だと思われる猿がやって来て抱き合う家族を見守っているから、さらにジ~ンと胸に染みるものが……。映画の感動的なシーンで流れるような音楽の効果も相まって、家族の絆に思わずウルウルしてしまうのであった。

動画を見ていると、改めて家族とはかけがえのない存在だと気づかされる。つい当たり前に思ってしまう関係だからこそ、意識して感謝の気持ちを伝えて大切にしたいものだ。

参照元:Facebook @Umsizi Umkomaas Vervet Rescue Centre
執筆:Nekolas

過去にはベッカムも…11歳の息子と唇でキスをする米有名アメフト選手が物議を醸す

海外では、愛情表現として友達や家族の間で頬などにキスを交わすことがしばしばだ。日本ではありえないような光景だが、文化の違いもあってか、親が幼い子供の唇にキスすることは特に珍しいことではない。

ところが、現在1本の動画が物議を醸している。ある有名アメフト選手と11歳になる彼の息子が、唇でキスをしているというのだ。11歳といえば小学校の高学年。海外でも、さすがにおかしい……!?

・11歳の息子と唇でキスする父親が物議を醸す

英ニュースサイト『INDEPENDENT』によると、話題になっているのは米NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)のチーム「ニューイングランド・ペイトリオッツ」でクオーターバックを務めるトム・ブレイディ選手だ。

ドキュメンタリーシリーズ『Tom vs Time』に出演したトム選手がマッサージを受けていたところ、11歳の息子ジョン君(通称ジャック)が登場。テクテク歩み寄ったかと思えば、まさかの唇でキスを交わしたため、問題視されている。

・父親と息子が本格的なキス

動画で詳しく見ると、部屋に入ってきたジョン君が横になっているトム選手に唇で軽くキスをする。ただ、トム選手は納得できない様子で「チュッとしただけじゃないか」と発言。すると、ジョン君はトム選手に3秒ほど本格的なキスをして部屋から出て行ったのである。

・ネットユーザーからは微妙な反応

これには、さすがに親子でキスをする海外でも、微妙な反応を示したネットユーザーが多かったようだ。次のような意見が挙がっていたので、一部を紹介しよう。

「なんか不自然だよな」
「別に同性の親子でキスするのは問題じゃないが、変なのは軽いキスで物足りないとトムが文句を言って、わざわざ息子が戻って来て再び長めのキスをしたことだ」
「両親がヨーロッパ出身だからトムを擁護したいところだけど、男同士だし親子のキスにしては長すぎるわね」
「子供の唇のキスすること自体はおかしくないけど、11歳は幼児じゃないからな」

などなど。ただ、一方で「世の中には子供を虐待したり子育てを放棄する親がいるのに、子供に愛情を示してどこが悪いの!?」といったようにトム選手の行為に肯定的な意見もあった。

ちなみにトム選手は、自身の父親とも唇でキスをしているところを目撃されたことがあるらしい。また、『Tom vs Time』の他のエピソードで母親と唇でキスをする場面もあるため、本格的なキスはブレイディ家の習慣ではないかと思われる。

過去には、元サッカー選手のデビッド・ベッカムが5歳の愛娘と唇でキスしたことでも物議を醸したことがある。それぞれの家庭で愛情表現は異なると思うが、唇での親子キスには賛否が分かれそうだ。

参照元:Facebook @Tom vs Time、Instagram @davidbeckhamINDEPENDENT(英語)
執筆:Nekolas

火事で家が全焼してしまったおじいちゃん…奇跡的に助かったペットの子猫を抱きかかえる姿が泣ける

所持品を落としたり強盗に入られて大切な物を盗まれるのは最悪だが、火事で家が燃えてしまったら本当に何もかも失ってしまう……。そんな事態に見舞われたおじいちゃんが、ネットユーザーの涙を誘っている。

火事で焼け出され、奇跡的に助かったペットの子猫を抱きかかえる姿を撮影した1枚の写真は、悲壮感漂い、なんとも涙を誘う光景である。酷い目に遭ってしまったおじいちゃんには、支援の手が差し伸べられている。

・83歳のおじいちゃん宅が火事で全焼

英ニュースサイト『indy100』によると、トルコのボルに住むアリ・メセさん(83歳)の自宅で火事が発生。おじいちゃんがストーブにガソリンで火をつけようとしたところ、爆発が起きて火が燃え広がってしまったそうだ。

隣人の通報を受けて駆け付けた消防隊により、火は消し止められたが家は全焼……。その時に撮影された写真には、降りしきる雪のなか、杖をついたアリさんが助かった子猫を抱きかかえている。

・おじいちゃんと子猫の写真が涙を誘う……

黒焦げになり、焼き尽くされた家を背景に立ち尽くすおじいちゃん。どこか子猫も悲しそうな表情をしているため、言葉にならない感情を抱いてしまう。写真を見ているだけで、胸が締めつけられるようだ。

ただ、この写真がネットで拡散され、メディアで取り上げられたこともあり、次々と支援の手が差し伸べられている。すでに赤十字が猫用のベッドとキャリーを持参し、病院に搬送されたおじいちゃんと子猫を訪問したとのことだ。

・地元団体が新しい家を建てるために動き出す!

また、アリさんのために新しい家を建てようと地元団体も動き出しており、順調に進めばおじいちゃんが住むところに困らなくなる日は遠くなさそう。そして、幸いにもアリさんは軽傷を負っただけで済み、子猫だけでなく、妻と息子も無事だったそうだ。

家が全焼したのは大きな災難だったが、家族とペットが無事で何より。今は一刻も早く、アリさん一家が新しい家に住めるようになることを願いたい。

参照元:Twitter @drkeremindy100(英語)
執筆:Nekolas

【遺言でユーモア炸裂】亡き妻が夫に残した言葉「植木に水をやってね」に隠された衝撃の真実

愛する人が生前に説いていた教訓や叶えたがっていた夢などが、残された者に大きな影響を与えることは珍しくない。恐らく、二度と会えないからこそ亡くなった人の言葉に重みが出るからだと思うが、これから紹介する男性もそんな “重み” を感じていた1人ではないだろうか。

なんでも亡き妻に「植木に水をやってね」と遺言を託されたという男性は、毎日のように欠かさず水やりに励んでいたのだとか。ところが……! 妻が亡くなった数年後に、植木に関する衝撃的な事実を知ることになったというのである。

・夫に「植木に水をやってね」と遺言を残した妻

英ロンドンに住むアントニア・ニコルさんが、自分の父親についてのエピソードをTwitterに投稿。

5年前に癌(がん)で亡くなった彼女の母親フェドレさんは、夫に「バスルームの植木に水をやってね」との言葉を残して亡くなった。そして亡き妻の願いを果たすべく、せっせと父親は植木の水やりに精を出していたという。

・後に植木に関する衝撃の事実が明らかに!

父親の手厚いケアのおかげかバスルームの植木はイキイキとしていて、新しい家に引っ越すことが決まった時に、彼は植木も持って行くことにしたらしい。すると……!

丹念に水をやって可愛がってた植木が、なんということかプラスチック製のフェイクであることが発覚! どうりで、枯れることなく青々とした緑色をキープできた訳である。

・亡き妻のユーモアのセンスがなかなか!

おそらくアントニアさんの母親は、ジョークのつもりで夫を引っ掛けたのではないかと思われる。そんな亡き妻のユーモアを夫も娘も面白く感じ、その場に母親もいるような気分になったそうだ。

筆者も両親を亡くしているが、二人が最後に残した言葉を忘れることが出来ずに実行しているので、この父親の行動が「分かるなあ~」と共感してしまった。

参照元:Twitter @Flaminhaystack(英語)
執筆:Nekolas