【安すぎ】ホルモン食べ放題が990円! 東京・大崎「BEBU屋」のランチが激アツすぎた!! 焼きまくってライスにドーーーンしようぜ!

全国各地で梅雨明けが発表され始め、いよいよ夏が本気を出し始めた感がある今日この頃。しかし、暑い暑いと言いながら、心のどこかで私(あひるねこ)は物足りなさを覚えていた。何かが足りない……そう、肉だ! 肉が足りない。肉で俺のハートを熱くしてくれェェェェエエ!!

今回は、そんな私にピッタリすぎるお店に出会ってしまったのでお伝えしよう。なんとそこでは、ホルモン食べ放題がたった990円だというのだ。こうなったらホルモンを焼いて焼いて焼きまくって、ライスの上にドーーーンするしかない!

・激安ホルモン食べ放題

東京・大崎駅を出てすぐの所にあるニュー大崎ビル。その2階に店を構える「焼肉ホルモン BEBU屋」こそが本記事の主役、激熱スポットである。

何を隠そうこのお店では、平日ランチの時間に限り(11:30~14:00)、ホルモン食べ放題が税込990円で実施されているのだ。ホルモンのセットではないぞ。食べ放題である。それで1000円切るとか鬼パねーっしょ! というわけで、どれ入ってみるか。

・説明しよう!

食べられるホルモンは全部で7種だ。最初にランダムで4種が運ばれ、それ以降は一度に5種までおかわり出来るというシステムである(同じ部位も可)。ホルモンの種類は以下の通り。

“シマチョウ、牛ハツ、豚たん、豚カシラ、レバー、豚はらみ、喉軟骨”

そして嬉しいことに、ライスもドリンクもおかわり自由だってよ! さあ、制限時間は45分。レディ……ゴォォォォォオオオ!

・焼きまくる

ホルモンはボウルで豪快に提供されるため、ぶっちゃけ何が何の部位だかよく分からない。だが細けぇこたぁいいんだよ! んなもん食ったら分かるわ!! 一切れずつなんて みみっちい焼き方はせず、あるだけ網にブ・チ・マ・ケ・ロ! ただし、シマチョウは炎上しやすいから気を付けてくれよな。

・食いまくる

そのあとは、焼けたホルモンを片っ端から口に放り込むだけの簡単なお仕事。おいおい、安いから全然期待してなかったけど、どの部位も臭みがなくて普通にウマいじゃないか! タレもウマいし、大当たり確定の予感大でござい!!

・ランチは酒も安い

これにはご飯も進むクンなのだが、どっちかというとビールだなやはり。何気なくメニューに目をやると、なんとランチはアルコールが税込199円ときた。やっす! でもなぁ、平日の昼間だし今日は取材だしなぁ。うん、やっぱり……

一杯やっておこう。

クゥゥゥゥゥウウッ! ホルモンでビールとか、至上の喜びかよ。その間も、網上が空になったらすかさず追加注文。全神経を肉と網に集中せよ。

・ドーーーーンしようぜ!

さて、ここらでアレ、いっとくか……。私はおもむろに席を立ち、セルフサービスのご飯を茶碗たっぷりに盛る。網にはこれでもかと並んだホルモンの山だ。それらが焼けたら、タレをくぐらせライスに盛る! 盛る! 盛るゥゥゥウウウ!! すると……

見よ、夢の「肉オンザライス」の完成である! 要するに、ホルモンをライスの上にドーーーーン!! だ。この光景にはもはや歓喜しかない。最高かよ。

・かなりのコスパ

その後も、時間の許す限りホルモンを焼きまくり食べまくった。それなりに忙しいが、充実した時間を過ごすことができたぞ。45分間とはいえこれで990円とは、相当なコスパモンスターと言わざるを得ない。

店内はあまり広くないため、お昼時は混雑が予想される。服や髪に臭いも付くだろう。しかし、このホルモン食べ放題を終えた私の心はギラギラと燃えていた。エネルギーをチャージしたという実感に溢れていた。やはり夏は、肉を焼くに限る。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 焼肉ホルモン BEBU屋 大崎店
住所 東京都品川区大崎3-6-17 ニュー大崎ビル 2F
時間 11:30~14:00、17:00〜24:00(土日祝のみ16時~)
休日 年末年始

参考リンク:焼肉ホルモン BEBU屋 大崎店
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

コミケ帰りの「おもしろ同人誌バザール」で見つけた超マニアックな書籍5選

co01

年末の風物詩、コミックマーケット。その会場だけが、同人誌に出会える場所ではない。2016年12月29日、第91回コミックマーケットが開催されているその裏で、実は別の同人イベントも開催していた。それは、「おもしろ同人誌バザール・プチ」である。

以前のコミケで私(佐藤)が購入した、『この麻婆豆腐がすごい!』を出版している版元ひとりの主催とのこと。これは絶対面白そうな書籍に出会えるに違いない! ということで、私はコミケを早々と引き上げて、会場となっているゲートシティ大崎へと足を運んだ。

co07

・意外な場所で販売会

会場はゲートシティ大崎の地下1階「アトリウム」。とてもマニアックな同人誌を販売している雰囲気ではないこの場所で、たしかにマニアックな書籍が売られていたのである。

co08

・駅蕎麦探訪 具材の探求 (CROSSNEXT)

さて、最初に紹介する『駅蕎麦探訪 具材の探求』は、当サイトの記者・中澤星児の「立ちそば放浪記」にも通じるものがあると思い、手にとってしまった。駅で食べられる蕎麦の “具材” にフォーカスし、キレイな写真と丁寧な文章で詳しく蕎麦について語られている。大変勉強になる食レポ。見ていると駅へ走り出したくなる。

co02

・旨選 第2号 駅弁大会非公式ガイド(CROSSNEXT)

同じくCROSSNEXTの『駅弁大会非公式ガイド』。これは、新宿・京王百貨店で2017年1月12日〜同月24日まで開催される「第52回元祖有名駅弁とうまいもの大会(通称:京王駅弁大会)」を攻略すべく、チラシから人気駅弁の傾向と対策を解く1冊。

「人気駅弁傾向と対策」、この一言を見ただけで、買うしかないと私は決断してしまった。まだ開催されていないイベントなので、写真は少な目だが、それでも駅弁への熱意は存分に伝わってくる。

co03

・東京86(はちろくざか)港区 坂道散歩 (昭和のひとびと)

赤坂・麻布エリアに特化した散歩リポート。「坂道」とは、ただ傾斜のついた道でないことを、この書籍は教えてくれる。坂道を通して垣間見える、人とのふれあいに、ホッコリと心が和む。

co04

・東京駅で買える1000円スイーツ (デジタル創作実験工房)

東京駅は、地方から来る人にとって玄関口であると同時に、過酷な迷路である。いや、都内在住の人にとっても、かなり難解な場所と化してしまっている。たった1000円の手土産を買うのにも、命がけの努力を要するといっても過言ではないだろう。

この書籍は、そんな迷える子羊の足元を照らす “光” だ。Googleマップや食べログなんかよりも100倍以上、役に立つ。

co05

・遊べる! 100均で買えるミリタリーおもちゃ (版元ひとり)

最近100均時計の改造にハマりつつある私は、この書籍に衝撃を受けた。「100均」と「ミリタリーおもちゃ」、およそ縁のないこの2つの言葉を1冊の本の上で見ることになるとは。たかが100均、されど100均だ。

たった100円でも子どもの想像力を引き出すことができたら、1000円、いや1万円以上の価値を見出せるだろう。そもそも遊びとはそういうものだった。無いからこそ工夫が生まれる。そのことをこの書籍は教えてくれる。

co06

残念ながら、「おもしろ同人誌バザール・プチ」はコミケと連動している訳ではないので、この日限り、この場所で行われた。今後のイベント予定については、おもしろ同人誌バザールのホームぺージで確認して欲しい。

参照元:おもしろ同人誌バザール
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24