【まさかの新曲】小室哲哉さんがスマホ向けゲームの音楽監督に就任! 近日公開の主題歌を含む全29曲を制作 / ネットの声「これは嬉しい」「ワクワク」など

2018年1月、音楽業界からの引退を発表した小室哲哉さん。会見で「元々ただ音楽が好きだった」と自らの原点を振り返るコメントが印象的だったが……な、なんと! なんと現在、スマホ向けゲームの音楽監督に就任! 主題歌を含む楽曲の制作に取りかかっていることが明らかとなった!!

・昨年の春から約1年をかけてゲーム音楽を制作

小室さんが音楽監督を担当するゲームのタイトルは『ガーディアンズ』だ。公式YouTubeチャンネルなどによると、同ゲームはタップ&スワイプの直感操作で、いつでも誰とでも気軽に遊べるスマホ向けロールプレイングゲーム(MMORPG)とのこと。

小室さんは、昨年の春から約1年をかけてゲームの世界を彩る音楽全29曲(主題歌+BGM28曲)を制作。主題歌「Guardian」は、小室さん本人が登場するMVと共に「ガーディアンズ」公式YouTube チャンネルにて近日公開するという。

思い返せば会見で「現在引き受けさせていただいている仕事はたくさんあります」と語っていた小室さん。本作もそのなかのひとつなのかもしれない。──とすると単純に “復活” とは言えないが、いずれにせよ新たなTKサウンドが聴けるのは嬉しいことだ。

小室さんの新曲制作の知らせを受けて、ネットでは多くの声があがっている。

・ネットの声

「これは嬉しい」
「頑張ってほしい」
「楽しみです」
「早くやりたい!」
「ワクワク」
「小室さんバンザイ!」
「最高やん」
「テンション上がります」
「びっくりしました!」
「主題歌も楽しみ」

さあ、主題歌「Guardian」はいったい誰が歌うのだろうか? 近日公開されるというMVの内容に期待は膨らむばかりだ。

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ
画像:(c)LINE Corporation (c)AIDIS Inc.

【悲報】「アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー」の個別キャラ紹介動画がダサすぎると話題 → 低評価が圧倒的に上回ってしまう…

2018年4月27日、マーベルスタジオ最新作「アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー」が公開される。2008年公開の「アイアンマン」から始まったMCUの節目となる注目作だけに、その日を心待ちにしているファンも多いことだろう。だがしかし……。

公開を約2週間前に控えた4月中旬、ディズニースタジオ公式YouTubeにアップされた『個別キャラ紹介動画』がダサすぎると話題になっている。「マーベルのキャラがダサいって? なんかの間違いだろ?」と思い動画を見てみたところ……。こ、これは一体……?

・酷評の嵐

話題になっているのは、つい昨日(4月12日)に公開された『個別キャラ紹介動画』である。もちろん映画「アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー」に向けたプロモーション動画で、その名の通り各キャラの特徴を1分程度にまとめた内容だ。

登場するのはいずれも主要キャラで「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」「ハルク」「ソー」「ブラック・ウィドウ」の5名。マーベル大好き人間の記者から言わせれば、どの角度から見てもカッコ悪く紹介しようがない “超絶カッコいいキャラ” ばかりである。

ネットで噂を見かけたものの、最初は「そんなハズないじゃん(笑)」と相手にしていなかった。……のだが! これはダサい…… “DA・SA・I” ……かもしれない。どんな内容なのかはぜひご自身の目で確認して欲しいが「スタイリッシュとは程遠い」ということだけは記述しておこう。

また、客観的な評価としてはいずれの動画も「イイね」より「低評価」の方が圧倒的に上回っている。「アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー」の予告編動画は逆に「イイね」の方が多いから、多くの視聴者は『個別キャラ紹介動画』を支持していないようだ。

・ネットの声

「これが公式ってマジ?」
「マーベル好きな自分でも観る気失せるんですが」
「ちょっとこれひどすぎでしょ」
「ヒーローの紹介動画でこれはないわ」
「炎上目的で作ったのかな?」
「これでライト層も取り込めると勘違いしている浅はかさよ」
「マーベル映画をダサく宣伝するメリットとは?」
「イイネが1つでも付いてるのがスゴイ」
「これがウケると思ったなら考え直した方がいい」

とはいえ、個別キャラ紹介動画がすべっていたとしても、本編の「アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー」が超高確率で面白いことは変わらない。「アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー」は2018年4月27日に公開だ。

参照元:YouTubeアベンジャーズ / インフィニティ・ウォー
執筆:P.K.サンジュン
Photo:(C)2018MARVEL

40年間の「ゲームコントローラーの歴史」をまとめた動画が興味深い / 革新的なのはやっぱりあの機種だった!

スマホでも簡単にゲームができる時代になったとはいえ、未だに根強い人気を誇るゲーム専用機。タッチパネルも悪くないが、せっかくならゲーム専用機でコントローラーを握った瞬間のワクワク感や直感的な操作を楽しみたいという方も多いだろう。

今回は40年間(1977年〜2017年)のゲームコントローラーの歴史をまとめた動画をご紹介したい。あなたの知っている機種はいくつ登場するだろうか? さあ、再生ボタンをポチッと押して要チェック!

・時代を遡りながら様々な機種が登場

動画のタイトルは「History of Game Controllers」である。これは以前、「Windows95からWindows10まで」の起動音をまとめた動画などを発表している、ロシアの映像クリエイター「4096」さんが制作したものだ。

再生ボタンを押すとはじめに現れるのは、2017年発売の『Nintendo Switch』専用コントローラー「Joy−Con」。ご存知の通り、本体左右に付いている2つの「Joy−Con」を専用グリップに装着することで、1つのコントローラーとしても使えるのが特徴だ。

その後は、2013年発売の『PS4』や『Xbox One』。2012年発売の『Wii U』。2006年発売の『Wii』や『PS3』。2005年発売の『Xbox 360』などなど、時代を遡りながら様々なゲーム機のコントローラーが映し出される。こうしてみると、なんとも懐かC〜。

・革命的だったファミコンのコントローラー

数ある機種の中でも革新的な変化が感じられるのは、動画の0:50あたりで登場する1983年発売の海外版ファミコン『NES(Nintendo Entertainment System)』からだ。以前のゲームコントローラーとの違いは、動画を見れば一目瞭然!

今となっては当たり前の、左側に十字キー、右側にボタンという配置が『NES(ファミコン)』から定着したことがわかる。充実したゲームの内容もさることながら、コントローラーの操作性まで確立していたとは……さすが世界の任天堂!!

最近では新たにVRが盛り上がりをみせているゲーム業界。これからVRに合わせたコントローラーが続々と誕生することだろう。今後もまだまだゲームの進化から目が離せない……ピコピコ。

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ

【ビジネスマン必見】「ワーク・ライフ・バランス」は時代遅れ? 次に来ると言われる「ワーク・スイーツ・バランス」によって仕事効率はこう上がる

数年前からよく聞くようになった「ワーク・ライフ・バランス」という言葉。ビジネスパーソンの間ではもはや常識だろう。要は「仕事」と「それ以外の生活」を調和させ、そのどちらをも充実させようという働き方のことだ。しかし、どうやらこの考えはもう古いらしい。

もちろん「ワーク・ライフ・バランス」は今なお議論が行われているテーマだが、その次に来るのは間違いなく「ワーク・〇〇〇〇・バランス」である。そう提唱する企業が現れたのだ。いや、商品と言った方が正しいかもしれない。なにぶん、まったく新しい考え方なので、どういうことなのか具体的に見ていくとしよう。

・新しい働き方を提唱

「ワーク・ライフ・バランス」の次に来るのは「ワーク・スイーツ・バランス」である。そう提唱するのは、飲料・食品メーカーのポッカサッポロだ。スイーツというのは……あのスイーツのことだろうか? そう、彼らは新商品『JELEETS(ジェリーツ)』を使い、本気でこのコンセプトを訴えているのである。

「何言ってんだこいつ」そう思うのも無理はない。事実、この私(あひるねこ)も現在進行形でそう思っている。だが、こちらが割と引くくらい真剣に言ってきているので、もしかすると超画期的な考え方なのかもしれないぞ。

・何が変わる?

で、その「ワーク・スイーツ・バランス」とやらには具体的にどんな効果があるのか? それを知るために最適な動画があるというので、さっそく見てみるとしよう。

動画の主役は1人のテレビプロデューサーだ。いきなりでナンだが、今時こんなコテコテなプロデューサーいるのかよ! 西暦2018年やぞ!! 肩に巻いたカーディガンには軽くめまいすら覚える。しかしこのおっさん、中身はもっとヤバかったのだ。

ザギン(銀座)、シースー(寿司)、チーダー(知り合い)、ジャーマネ(マネージャー)、ブーアザ(麻布)など、絶滅危惧種に指定されている業界用語を操りながら、会議のあいだペチャクチャとしゃべり倒すプロデューサー。定時を過ぎても気にせず進行しようとするその姿に、強い殺意を覚えるのは私だけではあるまい。

・劇的な変化

そんな時、新食感スイーツ『ジェリーツ』を飲むことで彼の様子が一変する。

業界人っぽさは影を潜め、分かりやすい言葉で部下に話をする穏やかなプロデューサーの姿がそこにはあった。残業がないよう会議をまとめるあたり、完全にデキる男である。おっさん、やればできるじゃねえか。

一体彼にどんな心境の変化があったのか? 動画の別バージョンでは、彼がこのとき何を思っていたのかを知ることができる。

「自分に余裕のない人間が、他人を気遣うことなんてできない」

詳しくは動画をご覧いただきたいが、『ジェリーツ』を飲んだ後の彼の思考の変化に、私は思わず感動してしまった。スイーツを摂るだけで、ここまで考え方が変わるものなのか、と。

・変わる、変われる

そう、実はこれこそが「ワーク・スイーツ・バランス」だったのだ。仕事中にうまくスイーツを取り入れることで、仕事効率を上げていこう。働き方が変われば生き方も変わる! 「ワーク・スイーツ・バランス」とは、そういった取り組みのことを指す言葉なのである。

・このスイーツに注目

そして、「ワーク・スイーツ・バランス」を実践するのに最適とされているのが、動画にも登場した新スイーツ『ジェリーツ』だ。一見普通の缶飲料だが、縦に7回振ることで新食感のクラッシュスイーツが完成するとのこと。

そこで私も「ワーク・スイーツ・バランス」を実践するべく、実際に『ジェリーツ』を飲んでみたぞ! その効果は次のページ(https://wp.me/p25BsW-4m73)でお伝えしよう!!

参考リンク:ポッカサッポロフード&ビバレッジ「ジェリーツ」
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

こんなに星が見えるのか!! 世界最高峰のエベレストから3日間夜通しで撮影したタイムラプス映像が絶景すぎる

標高8848m、世界で最も高い山「エベレスト」。一般的なルートで登頂を目指す場合、高額な入山料を現地政府に支払わなければならず、登山費用が高い山としても有名だ。

今回は、そんな色々と “高い” ことで知られる「エベレスト」で撮影された、美しいタイムラプス映像をご覧に入れたい。現実世界とは思えない超絶景をご確認あれ。

・過酷な環境のなか3日間夜通しで撮影したタイムラプス映像

映像のタイトルは「Everest – A Time Lapse Film – II」だ。これは映像クリエイター兼 冒険家のElia Saikalyさんがエベレストにて、カメラも凍るような過酷な環境の下、3日間夜通しで撮影したものだという。

映像を再生すると……な、なんと美しい! そびえ立つ山脈と空とのコントラストは見ているだけで心が洗われるかのよう。──さすが世界最高峰!! と思わされる超絶景だ。

・満天の星とはこのこと

そして景色の美しさもさることながら、神秘的な満天の星も圧巻。世界最高峰の場所から夜空を見上げると、こんなにも星が見えるとは……。それらが太陽の光と入れ替わるシーンも幻想的で、まるでゲームの世界のようだ。

また、個人的に興味を惹かれたのは、1:23あたりでたくさんの建物が映し出される点である。もしかして、エベレスト周辺って意外に宿泊施設が充実してたりするのだろうか……。標高によっては費用的にも体力的にも容易ではなさそうだが、できるものならエベレストの超絶景が一望できるホテルに泊まってみたいものである。

・全画面表示&イヤホン推奨

それはさておき、エベレストで撮影されたこの貴重なタイムラプス映像。全画面表示&イヤホンで、ぜひ壮大なBGMと一緒にご堪能あれ。また、Elia Saikalyさんの公式ウェブサイトやSNSでは、その他の美しい画像や映像も見ることができるので、気になる方は要チェックだ。

参照元:Vimeo、Elia Saikaly [website] [Instagram] [Facebook]
執筆:K.ナガハシ

【auの三太郎】赤鬼の「初恋の相手」が登場する新CM『グローバルな初恋 篇』が公開! お相手はあの声の人だった!!

テレビやネットで流れると、ついつい見てしまうCM「auの三太郎」。個性あふれるキャラクターや予想外の展開に、釘付けになったことのある方も多いのではないだろうか。

本日2018年3月30日、そんな「auの三太郎」新CMが公開された。今作は鈴木福くん扮する「赤鬼」の初恋の相手が登場するエピソードだ。さて、その初恋の相手とはいったいどんな人物なのだろうか?

・鬼ちゃんが再び親バカぶりを発揮

以前、息子の赤鬼にウザがられるほどの親バカぶりをみせていた鬼ちゃん。今回も、なぜか放課後、一緒に遊んでいた三太郎と赤鬼のところに「おい赤鬼〜! 好きな子できたんだって〜?」と、鬼ちゃんが割って入るところからCMが始まる。

よく考えると、学校で友達と遊んでいるところに父親が現れると、微妙な空気が漂ってもおかしくないが……さすが気ごころ知れた仲間達。全く違和感なく恋バナをはじめてしまうからスゴい。

・赤鬼の初恋の相手をあっさりバラす金太郎

それはさておき、そもそも赤鬼に好きな子が出来たことをなぜ鬼ちゃんが知っているのか? それは……どうやら金ちゃんに相談したのが原因のようだ。しかも、「いや、めでたい話だからさっ!」と話す金ちゃんは、バラしたことを特に悪いとは思っていない様子。

さらにその後、浦島太郎が「で、誰、誰?」とどんな相手かを知りたがると……また金太郎があっさり「あの子!!」と指を指して教えてしまうのだった。詳細はぜひCMでご確認いただきたいが、ヒロインはどこかで聞いたことのある声を持つ人物となっているぞ。

ちなみに「auの三太郎」シリーズはこのエピソードで100作品目とのこと。今後の展開にも要注目だ。

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ

YouTubeにアップされている「旦那あるある」が心当たりありすぎてヤバい

いつも仲の良いおしどり夫婦や、冷めているようで実は仲の良いツンデレ夫婦などなど、夫婦のかたちは千差万別。時には我慢も必要かもしれないが、夫婦だからこそ味わえる喜びがあるのも確かだ。

今回は夫婦のうち、旦那の “あるある” を面白おかしく紹介するアニメをご覧に入れたい。旦那はドキリで妻はニヤリ。自分や家族に照らし合わせて「これ、あるある!」と思う方もきっと多いハズだ。

・「こんな旦那あるある」は全48話

共感を呼びそうな動画は、優れた規格住宅で知られる『ユニテハウス』の公式YouTubeチャンネル「ユニテチャンネル」で見ることができる。同チャンネルでは、2018年2月から毎週6話ずつ、旦那の “あるある” アニメがアップされており、3月中に全48話が公開される予定だ。

・第1作目「【第1手】人生・・・難しい」

いったいどんなアニメなのか? 第1作目の「【第1手】人生・・・難しい」を再生すると、可愛らしいイラストの夫婦が現れて「うちのダンナ、どんなダンナ、こんなダ〜ンナ!」とご機嫌なメロディーが流れてエピソードが始まる。

はじめにソファで寝転がりながらテレビを見ている旦那が登場。この時点で、自分を見ているかのような旦那も多いだろうが本番はそこからだ。というのも、妻が「ねえねえ、お隣さんの井上さんの旦那さん、来月から海外に単身赴任だって」と、ご近所話を始めると……

旦那はソファに寝転がったまま「ヘェー」と答えるだけで、イマイチ内容を聞いている様子ではないのだ。──ここで心当たりのある人は “あるある” 度の急上昇が予想されるが、さらにギアはトップに入る。

「それでね、奥さんがついていったほうがいいか迷ってるって相談されてね」と妻が話を続けるも、旦那は「へぇー」と感情のない返事を繰り返すだけ。ついに旦那の態度に腹を立てた妻が、「(お隣さんが)おたくの旦那は出世とは無縁だから、単身赴任なくて良いですね〜って」と意地悪なことを言うも……

それでも旦那は「へぇー、よかったねー」とまるで他人ごとのような反応をみせ、内容を聞いていないことが完全にバレてしまう。あぁ……あるある!!

──そして、我慢の限界を超えた妻はついに!

このボケちん話し聞けー!!」と顔を真っ赤にして大激怒! テレビに気を取られて妻の話を聞いていないという、まさに旦那の “あるある” なエピソードが展開される。その後の展開は夫婦によって異なるだろうが、共感する方は多いことだろう。

・歴史的人物の名言を紹介

続いて動画のラストでは、ダライ・ラマ14世の「人生の意味とはなんでしょう? それは幸せであることと役に立つということです」という言葉ともに、仲睦まじく手を繋ぐラブラブの夫婦が映し出される。イラッとすることもあるが幸せなこともたくさんあるよ、という意味だろう。

・爽やかなテーマソングが印象的なロング版も公開

また、同YouTubeチャンネルでは、爽やかなテーマソングが印象的なロング版も公開中だ。なんと作詞作曲を担当しているのは……ももクロやモーニング娘などの楽曲プロデュースを手がける「ヒャダイン」こと前山田健一さん! ユーモアの中にも優しさが光る見事な楽曲となっているので、ぜひ視聴してみて欲しい。

・家の購入に興味のある方は「ユニテハウス」も要チェック

ちなみに、動画を公開している『ユニテハウス』の規格住宅は、敷地に合わせて建物の大きさを選べるほか、増部屋・減部屋もできるらしい。将来、ライフスタイルが変化しても間取りを変えることができるとのことなので、家の購入に興味のある方はそちらも要チェックだ。

参照リンク:YouTube
執筆:K.ナガハシ