【旅行記】スペインで見た闘牛が残酷すぎて大ショック…途中で闘牛場を抜け出す結果に

どの国にも、昔から受け継がれている伝統や文化があり、歴史を守って行くことは国が担わなければならない役割の一つではないかと思う。海外旅行好きの筆者は、現地に行ったらその国の伝統文化をできるだけ体験するようにしている。

スペインを訪れた時は、何世紀も続いている闘牛を見に行くことにした。初体験なので楽しみにしていたが、あまりにも残酷すぎて大きなショックを受け、途中で闘牛場を抜け出してしまった経験がある。

・スペインで闘牛を初体験

筆者が闘牛を見るために足を運んだのは、スペインのマドリッドにあるラス・ベンタス闘牛場。ちなみに、すでにバルセロナでは2012年に闘牛が禁止されている。

筆者は、トンカツや焼き肉が大好きな肉食系なだけに偉そうなことは言えないが、それでも動物をエンターテイメントに使用する娯楽施設には抵抗がある。だが、スペインに来たからには闘牛を見ておこうと思い、オンラインでチケットを購入して闘牛場へ向かった。

・地元民にも人気がある闘牛


闘牛場へ着いたはいいものの入り口が多数あって、一体どこから入ってよいのか分からなかったので、近くにいたおじさんに尋ねたところ会話がスタート。マドリッド郊外に住んでいるという彼は、年に4~5回は闘牛を見に来るほどの大ファンだと語っていた。

その話を聞いていると「闘牛ってスゴいんだ!」との印象を持ち、高まる期待を胸に闘牛場内へ。中へ入ると、観光客だけでなく地元民も多そうだった。

まずはファンファーレと共に、闘牛士と馬に乗った槍(やり)士が入場してコロシアムを一周。そして、すでに興奮している様子の牛が場内に駆け込んで来て、それを相手に闘牛士がマントを使って華麗なテクニックを披露する。この時点では、初めて体験する闘牛に圧倒されて見入っていた。

・残酷としか言いようがないシーンに呆然……


恥ずかしい話だが、全く闘牛に関して知識がなかった筆者。現在行われている闘牛は、闘牛士が牛を相手にマントをサっと振るだけなのかと思っていた。

ところが、突進して来た牛の背中に馬に乗った槍士が槍を突き立て、想像もしなかった展開に呆然……。「ええっ!」とうろたえている間に、今度は闘牛士が飾り付きの短い銛(もり)を牛の急所めがけて突き刺した。

それと同時に血しぶきが辺りに飛び散り、牛は血みどろに……。ゼエゼエと苦しそうに息をする牛があまりにも可哀想で、残酷としか言いようがない場面に筆者は完全に言葉を失ってしまった。

・我慢できずに途中で退場

そして、何度も槍や銛で突かれた闘牛は、ついに地面に倒れて息絶えてしまう……。牛は器具を付けた馬に引きずられて退場となり、第1ラウンドが終了。場内は歓声と拍手であふれ返ったが、筆者はとてもではないが拍手をする気になれなかった。

目の前に座っていた観光客らしき女性が、牛が刺される残酷な場面で何度も目を覆っていたことを覚えている。筆者が購入したのは5回ラウンドを見られるチケットだったのだが、第3ラウンドを見ている途中で気分が悪くなり、ついに我慢できずに退場してしまった。

闘牛士は命がけで戦っているし、闘牛はスペインで昔から受け継がれている伝統文化。とはいえ、人生初となる闘牛が衝撃的すぎて、文化を継承していくにも現代に合わせたアップデートは多少必要かもしれない……と考えさせられた体験だった。

Report:Nekolas
Photo:Rocketnews24.

タバコを吸っているかのように「煙を噴き出すゾウ」が激撮される / 珍しい行動が話題に

世界最大の陸上動物であるゾウは、動物園でも大人気。大きな耳や長~い鼻が特徴的で、子供向けのアニメや絵本などにも登場することが多い。そんなゾウが、タバコを吸っているかのように口から煙を噴き出す姿が激撮され、珍しい行動だと話題になっている。

それにしても、一体なぜゾウが煙を吐き出しているのだろうか!? その謎について、海外の生物学者は次のように理由を述べている。

・タバコを吸っているかのようなゾウ

米ニュースサイト『BBC』によると、口から煙を噴き出すゾウが撮影されたのは、インドのカルナータカ州にあるナガラホール国立公園だ。その様子を捉えた動画「The Smoking Elephant!」を見ると、ゾウは鼻を使い地面から木炭をすくって口の中へ入れ、それと同時にバフっと煙を吐き出している。

・なぜ木炭を吸うの!?

その姿はまるでタバコを噴かしながら束の間の休憩を楽しんでいるように見えるが、一体なぜこのような行動を取っているのだろうか!? その点について、野生動物保護団体(WCS)の生物学者ヴァルン・ゴスワミ博士はこう答えている。

「木炭にほとんど栄養素はないが毒消しの成分を含有しているとされ、薬効の目的で動物が引き付けられるようです。また木炭には下剤の効果もあり、山火事や落雷、森林管理で木々を燃やした時などに野生動物が木炭を食べることがあるのです」

とのことで、口に入れた余分な木炭をゾウが吐き出した時に煙が立ち、タバコを吸っているように見えたという訳である。

・薬効の目的で木炭を消費

人間の場合、「喫煙は百害あって一利なし」と言われてしまうのに対し、タバコを楽しんでいるかのようなゾウは、薬効や健康のために行っているとはなんだか面白い話である。そう言われてみれば、人間も炭を材料に使った洗顔料やシャンプーなど使っていることから、本能的に動物が健康のために木炭を体に取り入れても不思議はないかもしれない。

参照元:YouTubeBBC(英語)
執筆:Nekolas

【100均検証】実にさりげなく黒猫な100円グッズ3選

100円ショップをパトロールしていると、よく黒猫を目にする。それも単なる猫ではなく、実にさりげなく存在感を主張している黒猫だ。ようは黒猫をモチーフにした100円グッズをよく見かけるという話なのだが、バランス良く3つの黒猫が集まったので、一気に紹介しておきたい。ダイソー、セリア、キャンドゥで買った黒猫だ。

その1:セリア『LEDシルエットウォールライト』

トップバッターは、セリアで買った黒猫ちゃん、その名も『LEDシルエットウォールライト』である。この商品、見たことある人も多いのでは? パッケージによると、「やわらかい光でシルエットが浮かび上がります」とのことであるが……

中に入っているのは金属製の黒猫シルエット。

保護フィルムをペロリと剥がすと……

ピッカピカ!

そして、その裏面にはライトが仕込まれた部品がくっついており、内蔵電池の絶縁テープを抜いてからスイッチをオンにすると……

わりと明るい!!

んでもって、次に取り出すのは、同梱されていた壁掛けフック。こいつを画鋲で壁にくっつけて……

黒猫ちゃんをドッキングすると……

ほーっ!

黒猫日食って感じ!

ボンヤリと暖かい光で……

想像以上にオシャレだぞこれ!!

オンオフも片手で!

もちろん壁用としてではなく、机の上に斜め置きしても雰囲気の良い黒猫オブジェになることだろう。強いて難点をあげるなら、わざわざ本体裏のスイッチをオンオフするのが少し面倒かな……てな感じだが、それを100円で求めるのは野暮であろう。

その2:キャンドゥ『レンジフードフック』

続いてはキャンドゥで見つけた『レンジフードフック(ネコ)』なる商品。レンジフード(換気扇)のフチに引っ掛けるだけでフックになるよ的な商品なのだが……

ためしに付けてみたところ……

フックができた。そして……

ハサミをかけてみた……ら!

あれ? 意外とオシャ……!!

いいジャンいいジャン!

かわいいジャン!

ひっかけるモノによってはオシャレもクソもなくなるが……普通にこれ、便利そう。

調理中にフライ返しとか、お玉などをひっかけておくのも良さそうだし、何も引っ掛けなくても美観的に違和感ない。予想外にイイ商品だった。このまま付けとこ〜٩( ‘ω’ )و

その3:ダイソー『ページホルダーキャット』

最後はダイソーの黒猫しおり。素材はステンレスで、「読みたいページを開いてしっかりホールドします!」とのこと。

なんだか「かんざし」にもなりそうなフォルムをしているが……

パッケージ裏に「雑誌や楽譜、料理の本など、読みたいページの固定に便利なページホルダー!」と書かれているので、

適当に自分の本をパラパラとめくり……

前脚と後ろ脚で単行本を挟んでみると……

YES!

ナイスホールド!

シダイナレン!(ベリーグッド!)

よりによって、適当に開いたページに「ウンコ」や「肛門ヒリヒリ」などと書かれていたのは不運ではあったが、しっかりと目的は果たしていた。アッシェオレン! それにしても、どの黒猫さんも予想外に良品だ。黒猫好きなら要チェック!!

Report:100均研究家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証

陰謀論を信じるネコ様むけに「アルミホイルで出来た帽子」が新発売! マインドコントロールからあなたのネコを守れ……!!

ポール・マッカートニーはすでに死亡していて、タイタニックは意図的に沈められた……。ある出来事の裏には重大な秘密が隠されている。そんなふうに様々なことを疑う人を「陰謀論者」と呼ぶ。そしてご存じだろうか、ネコにも「陰謀論ニャンコ」がいることを!

なんとこの度、陰謀論ネコ様向けにアルミホイルで出来た帽子が発売開始!! これを頭にのせればマインドコントロールされなくなる……んん? 一体どういうことニャ!?

この世の中には「電磁波を使って他人を遠隔マインドコントロールしようとする組織・人物がいる」という陰謀論が存在する。そして、そんなマインドコントロールなどから身を守るにはアルミホイルを頭にかぶるといいらしい。アルミが電磁波を遮断してくれるというのだ。

過去にはアメリカの名門校マサチューセッツ工科大学のコンピュータ科学・人工知能研究所が「アルミホイル・ヘルメットがいかに電波信号を遮断するか」と “真剣” に実験を行ったこともあるくらい有名な帽子で、一部の人々にとって必需品なのだ。

Instagram Photo

なら人間と一緒に生活しているネコ様にだって同様の帽子が必要でしょう! そこで登場したのが、この「ネコ用アルミホイル・ヘルメット」である。

様々な面白グッズを取り扱う『Archie McPhee』が、「陰謀説ニャンコ向けのアルミニウム帽! 誰かが、あなたのネコの考えを読もうとしたり、マインドコントロールをしようとしています。そこで使いたいのがこの帽子」といった売り文句とともに発売した。

お値段はたったの7ドル50セント(約800円)! CIAの洗脳実験やペットフードのマーケティング、超能力を操る犬などと戦う陰謀論ネコ様必須である。

Instagram Photo

……って、え? ただのアルミホイルやんけ、だって? その気持ちはよーーーーく分かる。でも裏地はちゃんとついているし、風に飛ばされないためのゴムもある。その上、ネコ様の耳を外に出しておくための穴まで開いている。ちゃんと作られた帽子なのである。

パッケージもキュートでプレゼントにも最適。人間用も販売されているようなので、お揃いでかぶっても素敵だなあ! ……って、やっぱり家でも作れるんじゃ? って、それは言いっこニャしニャし! 気になる人はチェックしてみてね!!

参照元:Archie McPheeLaughing Squid IHTFP Hack Gallery(英語)、Instagram @archiemcphee
執筆:小千谷サチ

年間1000万円以上の利益! ワンコ画像を扱うTwitterアカウント運営で大成功した男性の話 / 投稿は1日2回、ジョークを添えて…

最近は、InstagramをはじめとするSNSでライフスタイルなどの情報を発信し、広告収入などネットで得た収益で生計を立てている人もいる。まさに、そんなアメリカ人青年の1人を今回は紹介したい。

彼がワンコの画像や動画にジョークを加えるTwitterページを始めたところ、瞬く間に大人気に! 現在はTwitter運営だけでなく、そこから派生したオンラインショップなども手がけて、年間で10万ドル(約1000万円)以上もの利益を上げているというのである!

・ワンコの画像にジョークを加えるページが大人気に!

海外ニュースサイト『Money』によると、ワンコの画像&動画にジョークを加えるTwitterページ「WeRateDogs」を始めたのは、米ノースカロライナのキャンベル大学の学生だったマット・ネルソンさんだ。

このアイディアを2015年に思いついた彼が、犬の画像に愉快なコメントを添えてアップしたところ……翌日に3000人ものフォロワーを獲得してしまったというのである。現在フォロワー数が640万人以上にも膨れ上がったページで、マットさんはユーザーから依頼された画像にジョークを添え、1日に2回投稿しているとのこと。

例えば、床を掃除するモップにしがみついて引きずられるワンコの動画には、「このワンちゃんはステファン。お手伝いがしたいだけ。10点中13点。なんてイイ子だ」という楽しいコメントが。

そして、顔の辺りまで片脚を上げているワンちゃんの画像には、「こちらはフィンレイ。誰かが “良い子なら手を上げて” と言っているのが聞こえたんだ。10点中14点。良い子のステータスを確保」とのジョークが添えらえている。

・どの投稿も10点満点を超える得点が

どの投稿にも点数が付けられているのだが、全て得点が10点満点を超えているのは「どの犬も素晴らしい」からなのだとか。画像を提供してくれるファンや、犬好きのフォロワー全員が楽しめるようキメ細やかな心遣いが行き届いているのも、ページが人気を博している理由ではないだろうか。

・利益は年に1000万円以上!

「WeRateDogs」を始めた時に学生だったマットさんは、アカウントのデータ管理&運営と学業に追われて一杯一杯の状態になってしまったとのこと。

SNSマーケティングを手掛ける人物の手も借りたが、最終的に大学を中退することに。独学でデジタル・マーケティングを学び、現在はアカウント運営とアパレルなどの関連グッズを扱うオンラインショップ「DOG RATES」ゲームアプリ「Good Dogs!」などの売り上げを合わせ、利益が年間で1000万円以上になるほどの成功を収めているそうだ。

1日に2回投稿するだけで大きな利益を生めるとは羨ましい……と思ってしまいがちだが、その影にはタダならぬ努力があったようだ。「やはり楽してお金は稼げない」ということを、証明するようなサクセスストーリーではないだろうか。

参照元:Twitter @dog_ratesGood Dogs!DOG RATESMoney(英語)
執筆:Nekolas

【動画あり】どう見ても人の顔をした「人面猿」がこちらです

随分と昔のことだが、人面犬という都市伝説が日本にあった。顔は人で体が犬。走った時の時速は約100キロメートルと言われ、口癖が「ほっといてくれよ」なんてことも騒がれた。あれから月日は流れて2018年……。

人面犬を知らない世代も出てきた矢先、オッサンのような顔をした人面犬がネットを騒がせたが、またしても新たな存在が取り上げられている。お次はなんと人の顔をした猿……そう、「人面猿」が話題だ。

・中国の動物園で飼育されている猿

人面猿は中国の天津動物園で飼育されている1匹のフサオマキザル。なんでも、あまりに人間すぎる顔が注目を浴びており、来園者も増えているほど人気らしい。では、どれほど人に似ているのだろうか。

てことで、動画「Video of monkey with ‘human face’ in Chinese zoo gets over 8m views」で確認してみると……ほげえぇぇぇぇ! ど、どう見ても人!!

顔がすでに激似なのだが、クリッとした目といい、それぞれのパーツがもはや人そのもの。そして驚いた顔など、多彩な表情がこれまた人らしい。祖先が近い存在とはいえ、ここまで似るとは珍しい。

・年をとっても元気な人面猿

動画の説明によると、人面猿は2000年に動物園にやってきて現在18歳。騒がれるようになったのは、最近のことらしい。なお、フサオマキザルの寿命は20歳くらいとのこと。リアルに「ほっといてくれよ」と言いたくなる年齢だろうが、今のところ体調に問題なく、元気に来園者を楽しませているようだ。

参照元:YouTube
執筆:原田たかし

【運命の出会い】口唇裂と両目の色が違うことを理由にいじめられていた少年 → 自分と同じ症状の猫と親友に!

趣味や出身地が同じだったり共通点が多い人とは仲良くなりやすいものだが、それは外見が似ていても同じ作用があるのかもしれない。もし動物と人間の関係であったとしても、きっと “スペシャル” 感は格別に違いない。

というのも、口唇裂(こうしんれつ)と両目の色が違うことを理由にいじめられていた少年が、自分と同じ症状を持つ猫と運命的な出会いを果たし、飼い主になったというのである。特別な絆で結ばれたかのような少年と猫の姿が、あまりにも愛らしいので紹介したいと思う。

・口唇裂と虹彩異色症を理由にいじめられていた少年

米ニュースサイト『boredpanda』によると、口唇裂と両目の色が異なる虹彩異色症(こうさいいしょくしょう)であることを理由に学校でいじめられていた少年は、米オクラホマ州に住む7歳のマッデン君だ。

少年のInstagramを見ると、左目は鮮やかなブルーで右目は対照的なヘーゼルカラーが際立ち、とても美しい色をしている。しかし、時に子供は残酷である。マッデン君は「周りと違う」だけでいじめられていたという。

・自分と同じ症状を持つ猫との出会い

Instagram Photo
そんなある日、マッデン君の母親であるクリスティーナさんが、口唇裂の支援グループページに投稿された猫の写真に目を留めた。ミネソタ州で保護されたという猫は、口唇裂と虹彩異色症を患っており、しかも左目がブルーで右目がヘーゼルカラーであるところもマッデン君と同じ症状だったのだ。

・少年が猫の飼い主に!

Instagram Photo

そして、猫の画像を見たクリスティーナさんは直ちに「うちで引き取りたい」と連絡を取り、ニャンコを家族の一員に迎えることになったのだという。こうして、“ムーン” と名付けられた猫ちゃんは、マッデン君と対面するとベストフレンドに! ムーンと一緒に過ごすことで、マッデン君は「人と違うことはユニークで、素晴らしいことだ」と学んだのだそうだ。

愛しげにムーンを抱きしめるマッデン君の姿を見たら、彼らは出会う運命だったのではないか……と思わずにはいられない。これからマッデン君が学校で嫌な思いをすることがあっても、そばにムーンがいれば心強く感じて、大きく励まされることだろう。

参照元:Instagram @maddenandmoonboredpanda(英語)
執筆:Nekolas