【コラム】ありがとう、マサさん。みんなが「マサ斎藤」を愛したその理由

2018年7月14日、プロレスラーのマサ斎藤さんが亡くなった。75歳だった。こう言っては失礼だが、ベルトの獲得歴などはライバルのアントニオ猪木には遠く及ばず、必ずしもマット界の主役ではなかったマサさん。それでもファンはマサさんを愛していた──。

なぜマサさんがここまでファンから愛されたのか? 今回はマサさんに影響され、マサさんの座右の銘「Go For Broke(当たって砕けろ)」を同じく座右の銘にしている私、P.K.サンジュンが、マサさんを偲びつつその魅力を語りたい。

・マサさん伝説

私がプロレスを見始めた頃、マサさんはすでに第一線を退いていた。かの有名なアントニオ猪木との「巌流島決戦」は終わっていたし、マサさん史上最も大きなタイトルAWA世界ヘビー級王座もすでにその腰には巻かれていなかった。

私が知るマサさんは、大好きだった長州力の師匠格であり、新日本プロレスの外国人招聘担当であり、そして愛くるしい迷言を連発する解説者であった。つまり私は本当の意味で “現役バリバリ” のマサさんを知らないことになる。

だがしかし、プロレスファンとは過去をさかのぼり数々の歴史や伝説を学ぶものだ。そこで知ったマサさんは……それはそれはヤバかった。もちろん尾ひれが付いたものも多分にあるのだろうが、いつの間にか「マサさんはガチ」と私の中でマサさんは神格化されていったのだ。

アマレス日本代表として東京オリンピックに出場、単身渡米し反日感情の強かったアメリカマットでバリバリのヒール(悪役)として活躍。街のゴロツキがリングに乱入した場合、それを叩きのめすのはマサさんの役目であったという。

さらにはアメリカで警察官数名をなぎ倒し、1年半もの刑務所生活を送ったという事実も当時少年だった私の心には強く響いた。50歳にして極限までビルドアップされた肉体、屈強な外国人選手たちがマサさんをリスペクトする姿、そして長州力の師匠……。マサさんがある意味で “強さの象徴” だったのだ。

・強さだけじゃない

ただし、マサさんが愛された理由はそれだけではない──。強いだけのプロレスラーなら他にもいるが、マサさんにはマサさんだけにしかない特別な魅力があった。ズバリ “可愛らしさ” である。“強さ” とは相反する可愛らしさを、マサさんは奇跡的にも同時に宿していたのだ。

おそらく知らない人が見たら、マサさんの顔は普通に怖い。目が合ったら一瞬で逸らしてしまうことだろう。しかし、そんな強面のマサさんの大好物が「カルピス」と知ったらどうだろうか? マサさんがカルピスに目が無いことはよく知られた話で「あんなにウマい飲み物はないよな!」と公言していた。

また解説者としても、その可愛らしさが爆発しまくっていた。「ペガサス? ああ、クリスはね……」と、さらりとマスクマンの正体をバラすことなど日常茶飯事。実況の辻アナウンサーがあたふたしながらフォローしまくっていたことをご記憶の方も多いことだろう。

・男の中の男

つまるところ、マサさんは男が憧れる全ての要素を兼ね備えていた「男の中の男」であった。鬼のように強くて、一匹狼で、出しゃばりすぎず、いざというとき頼りになり、そして可愛らしい男……。私はマサ斎藤以外に、こんなプロレスラーを、こんな男を知らない。

最後の最後までパーキンソン病を戦い、リング復帰を目指していたというマサさん。惜しくもその願いは叶わなかったが、マサさんの伝説はこれからも語り継がれることだろう。「Go For Broke」の魂よ、永遠なれ──。

執筆:P.K.サンジュン
イラスト:マミヤ狂四郎

【実話】自称「プロ馬券師」に教えてもらった馬券で大勝負してみた結果…

これからお話するのは、本当にあった出来事である。2018年5月19日、私はオークス(G1)の前日発売馬券を買うため、当編集部メンバーと都内の場外馬券場・WINSに足を運んでいた。人生初めての競馬ということもあってワクワクドキドキ。右も左も分からない中、味わったことのない空気を楽しんでいた。ただ……

編集部の万馬券原田から買い方をレクチャーしてもらい、どの馬を買おうかと考えていたその時! 突然、見ず知らずの年配男性が私に声をかけてきた。

・声をかけてきたのは有名な “プロ馬券師” だった

その男性は大きめのサングラスをしており、なにやら怪しげ。私が競馬ビギナーだということを知ってか知らぬか、自信ありげな口調で翌日の5月20日に行われるレース「オークス」の出走馬について話し始めた。

ちょっとというか、かなりうさんくさいなぁ……。私が半信半疑で話を聞いていると、ピンときていない様子を察したのか「スマホで俺の名前を調べてみなよ」と男性は自分の名前を告げてきた。言われるがままググってみると、な、なんと……

有名な “プロ馬券師” として名前がヒットした!

続いて、追い討ちをかけるように男性がバッグの中から取り出したのは……

100万円の札束を束ねていた帯(おび)や数百万円が入っていたという大きな札束用の封筒だったのである! しかも帯をよくよく見るとWINSと書いてあって、どう見ても本物っぽい。そして男性はこう言い放った。

「競馬は全てストーリーが出来上がっているんだよ」

プロ馬券師っぽい名言キターーーーー!! サングラスの奥の目がキラッと光ったように見えた。競馬のことは全てお見通し、といった感じで「オークス」で買うべき馬券を私に伝え、自らが買った馬券も見せてくれた。なお、プロ馬券師から金銭は一切要求されていない。

これはきっと当たる……はず! 100円からでも馬券は買えるが、もし当たったらヤバいことになるので1万円……いや、5万円をぶっこみ……といきたいところだったが、万が一ハズしてしまうと地の果てまで馬券師を追うことになるので、ギリギリ許せる範囲の1000円で買うことにした。

私は男性に教えられた通り、三連単を2パターンと馬単を1パターンをそれぞれ1000円分を購入。たかが3000円、されど3000円。私にとって大勝負となった予想の内容については後述するが、当たれば20万円~50万円程度になる馬券だ。

そして、迎えた5月20日のレース当日……

ワクワクしてしょうがない!!

きっと当たる……はず!

そしてレース結果は……

大ハズレーーーーー!!!

レースの着順は13−1−2。1番人気の「アーモンドアイ」が1着、4番人気の「リリーノーブル」が2着、2番人気の「ラッキーライラック」が3着と、ガッチガチなレース結果だった。

一方、私が買ったのは8−2の馬単、そして8−2−6、8−2−17という2組の3連単。簡単に言うと8番の「サトノワルキューレ」が1着にならなかった時点で完敗である。

ということで、プロ馬券師に教えられた通り馬券を買ってみた結果、気持ちいいほど爽快に外れてしまった。そして今回の経験で、競馬は当たるも八卦、当たらぬも八卦、プロ馬券師でも完璧な予想はできないということが分かった。

ちなみに、JRAによると「絶対的中する」「前もって結果が分かっているレースがある」などの広告・宣伝・勧誘を行い次々に高額な情報料を請求したり、一般人や善意の第三者を装い、悪質な予想・情報提供業者への誘導を行っている悪徳業者が存在するとのこと。甘い話なんてどこにもない。くれぐれも騙されないよう注意してほしい。

参照元:JRA「JRAからのお願い・ご注意」
Report:K.ナガハシ
イラスト:マミヤ狂四郎
Photo:Rocketnews24.

マラドーナってそんなにスゴかったの? 答えがたった1分で分かる動画がこちらです

サッカー界のレジェントとして必ず名前が挙がる存在といえば、アルゼンチンのマラドーナだ。現在57歳でぽっちゃりしている「オモシロおじさん」としての印象が強いが、その存在感は相変わらずである。

日刊スポーツによると、マラドーナは2018年5月16日にディナモ・ブレスト(ベラルーシ1部)のチェアマンに就任することになったという。新たな挑戦を始めたことで日本でもニュースになっているが、きっとこう思っている人も多いのではないだろうか。マラドーナってそんなにスゴかったの?

・マラドーナという男が凝縮された1分間

現役引退から約20年経ったのだから、そのように思う人はいるはず。しかし、結論から言えば、マラドーナはやはりスゴいという一言に尽きる。なぜなら、自身の Facebook に1本の動画を公開しているのだが、これがとにかくヤバい。

たった1分間の短い時間ながら、それだけでもスゴさ……いや、マラドーナという男が分かるのだ。ボールタッチをはじめとする次元の違うプレーはもちろん、若かりし頃の彼は特別なオーラもまとっている。また、振る舞いも「王様」とでも言おうか。破天荒なところも伝わってきて、唯一無二の感じさえする。

Instagram Photo

・中性的なところもマラドーナらしい

今、当時のプレーを見てスゴいと思えるなら、現役時は本当に神のような存在だったのだろう。近年の写真こそ、中性的に見えなくもないがそれも含めてマラドーナ。整形しようが、ママドーナになろうが、マラドーナはマラドーナ。1分間で分かる「マラドーナ講座」は必見だ!

参照元:Facebook、Instagram @maradona日刊スポーツ
執筆:原田たかし

【松屋】伝説の激ウマメニュー「ごろごろ煮込みチキンカレー」が大復活! 食うなら今しかねえ!!

全国2000万の松屋大好きっ子のみんな……待たせたな。本日2018年4月3日15時から、松屋史上最強の激ウマメニューとの呼び声も高い、あの『ごろごろ煮込みチキンカレー』が復活するゾォォォオオオオオ!

少なくとも2016年から年に1度のペースで登場している『ごろごろ煮込みチキンカレー』は、その名の通りチキンがゴロッゴロと入った激ウマカレーである。さあ野郎ども、週5で松屋に通う準備はできてるか? ダイエットとか言ってる場合じゃねえぞ!

・伝説のメニュー

2年連続でお伝えしている通り、松屋の『ごろごろ煮込みチキンカレー』は文句なしにウマい。これまで「トマトカレー」や「ビビン丼」など数々の激ウマメニューを開発してきた松屋の中でも『ごろごろ煮込みチキンカレー』は3本指に入るウマさだと言っていいだろう。

人気の秘密はなんといってもチキンがドーーーンと使用されていること。「チキンをカレーで煮込みました」というよりは「チキンにカレーをかけました」というチキンメインの料理だと思って間違いない。この上なく肉々しいカレー、それが『ごろごろ煮込みチキンカレー』なのだ。

また『ごろごろ煮込みチキンカレー』に使用されているカレーは普段よりややスパイシーなのも大きな特徴である。いつもより少しだけ辛いカレーはライスを容赦なく持っていくから、この期間に限っては「糖質が……」とか気にするのはやめよう。というか、時間の無駄だ。

なお、ネット上では『ごろごろ煮込みチキンカレー』復活の一報を受け、熱烈な歓迎ムードがただよっている。一部の声をお伝えしよう。

・ネットの声

「やったーーー!」
「早く口に入れさせておくれ」
「よくぞ戻ってきてくれた……」
「これは食べに行かねば」
「というか、なぜレギュラーメニューにしないのか」
「これだけは満足度が高くて本当にオススメ」
「しばらく松屋通いになります」

余談だが『ごろごろ煮込みチキンカレー』だけに気を取られるのは素人と言わざるを得ない。なぜならこの時期は丸亀製麺の「あさりうどん」も展開中だからである。どちらも期間限定なので迷うところだが、週に1度ずつはどちらも食したいところだ。

とにもかくにも、松屋の『ごろごろ煮込みチキンカレー』は2018年4月3日15時から復活する。もっとも愚かなのは1度も食べずにシーズンを終えることだから「松屋の前を通りかかったら……」ではなく、松屋目がけて足を運ぶように!

参考リンク:松屋
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

【お知らせ】めちゃイケは本日が最終回です / めちゃイケに夢中だった記者が選ぶ「伝説の企画」5選

つい先日、30年間の放送にピリオドを打った「とんねるずのみなさんのおかげでした」に続き、本日2018年3月31日をもって “めちゃイケ” こと「めちゃ×2 イケてるッ!」も約22年間のレギュラー放送を終了する。

個人的な話で恐縮だが、放送が始まったのは記者が高校生の頃。あの時はめちゃイケを見ないとクラスの会話についていけないほど、めちゃイケはブームを超越し圧倒的な人気を誇っていた。そこで今回はかつてめちゃイケに夢中だった記者が勝手に「心に残る伝説の企画」を5つ選んでみたのでご覧いただきたい。

・爆裂お父さん

極楽とんぼの加藤浩次さんがお父さんに扮する名物コーナー。レギュラー陣とのやり取りもおもしろかったが、ゲストのアイドルまでも容赦なくジャイアントスイングでぶん回す加藤さんはまさに狂犬と呼ぶにふさわしい。「何をしでかすかわからないドキドキ感」がそこにはあった。

Instagram Photo

・エガちゃんの一言物申す

加藤さんともう1人「何をしでかすかわからないドキドキ感」を発していたのが江頭2:50さんだ。最近ではイジられる側に回ることも少なくない江頭さんだが、当時は完全にアタッカー側で、好き放題に場を荒らし稲妻のように去っていった。

特に印象的だったのは武田鉄矢さんが登場した回で、記者の記憶が確かなら武田さんはマジ切れしていた気がする。忖度など一切しなかったのも、めちゃイケの大きな魅力だったのだろう。

・めちゃ日本女子プロレス

ドキドキ感といえば、この企画も忘れることが出来ない。極楽とんぼの2人がタッグを組み、最初はアイドルと、後に女子プロレスラーと対決していたこの企画。極楽とんぼの2人は攻撃だけではなくやられっぷりも素晴らしく、悪徳レフェリーで登場する岡村さんもいいアクセントになっていた。

Instagram Photo

・岡村隆史オファーシリーズ(モーニング娘。篇)

おそらく多くの方はこの大型企画「岡村隆史オファーシリーズ」で何度も大笑いしたに違いない。SMAPやEXILEも良かったが、個人的にはモーニング娘のライブに乱入した回が最高だった。女性ユニットに違和感なく入り込むなんて、岡村さんにしかできなかった企画だろう。

・スモウライダー

これまで挙げた企画と比べて知名度は低いかもしれないが、極楽とんぼの山本さん扮するスモウライダーが無茶ぶりされるこの企画は最高だった。特にクリスマス篇で尾崎豊さんの『シェリー』を熱唱するシーンでは、腹がおかしくなるほど笑いころげたことを記憶している。おそらく今放送したら「イジメを助長する!」なんて騒がれて大問題になるだろう。

5つに絞ったので以上だが、思い出深い企画はこの他にもある。ホリケンが登場した「もしもツアーズ」のパロディも最高だったし、「抜き打ちテスト」も秀逸な企画であった。めちゃイケが幕を閉じる今日、あなたもめちゃイケのことを思い出しつつ放送をご覧になってはいかがだろうか?

参照元:Instagram @shinji.takeda
執筆:P.K.サンジュン

【激似】加藤鷹が葛西紀明とのツーショットを公開 → そっくり過ぎると話題 / ネットの声「どっちがどっちかわかんねえ」「もはや双子」

「自分とそっくりの人が最低3人はいる」と言われているこの世界。しかし、どっちがどっちかわからなくなるレベルのそっくりさんに出会ったことのある方は、そう多くはいないだろう。

今ネットでは、あるツーショット写真に写った2人がそっくり過ぎると話題になっている。その2人の人物とは……葛西紀明さん加藤鷹さんだ。

・加藤鷹さんが公式ツイッター上でツーショット写真を公開

話題の発端は、加藤鷹さんが公式ツイッター上で公開した写真である。投稿をみると「札幌出張来て、食事してたら、W杯帰りのジャンプ葛西選手に遭遇!! パチリ 似てますか?」というコメントとともに、2人のツーショット写真が確認できる。

以前から似ていると噂されていた2人だが、実際に並んだ姿をみると……本当にパッと見どっちがどっちかわからないほどソックリ! この夢のツーショット写真に対して、ネット上には多くのコメントが挙がっている。その一部をご紹介しよう。

・ネットの声

「どっちがどっちかわかんねえ」
「もはや双子」
「兄弟かな?」
「似過ぎだから!」
「どちらも業界のレジェンドだw」
「ダブルレジェンド」
「ステキなツーショット」

──このように、「似すぎ」と感じた人が多いようだ。

それにしても、2人の優しい笑顔が大人の余裕を感じさせ、何とも素敵である。ダンディーな2人が、これからもそれぞれのフィールドで元気に活躍し続けてくれることを願いたい。

参照元:Twitter @katohtakashoten
執筆:K.ナガハシ

【おっさん殺し】伝説の映画「ベスト・キッド」のその後を敵視線で描く! ドラマ『コブラ会』がどう考えてもおもしろそう

現在30代~50代にかけての男性ならば、おそらく映画『ベスト・キッド』を覚えているハズだ。主人公のダニエルが師匠ミヤギから受ける独特の修行方法は、当時の少年たちにとってそれはそれはカッコ良く映った。ほぼ同じ構成なのに最終的には3作が公開された、ある意味で伝説の映画である。

そんなベスト・キッドがドラマとして帰ってくる──。しかも面白いのがダニエルの宿敵「コブラ会」側の視線から描かれることで、あれから34年経った現在のダニエルやコブラ会が活躍するというから見逃せない。うむ、どう考えてもおもしろいだろコレ……。

・34年後の今をコブラ会視線で描く

2010年にはジャッキー・チェンが主役でリメイクされたベスト・キッド。今回のドラマは「ジャッキー版ベスト・キッド」とは全く別で、1984年に公開された映画『ベスト・キッド』の34年後を描いたものである。

今作の主人公は、かつて空手大会でダニエル少年にKOされたコブラ会所属でいじめっ子だったジョニーだ。その後のジョニーは荒れた生活を送っているが、ふとしたきっかけで少年に空手を教えるようになる。そう、ミヤギのように……!

一方のダニエルは順風満帆な生活を送っているように見えるが、ジョニーに触発されてか再び空手着と “あのハチマキ” を身にまとう。果たして立場が入れ替わった2人の運命はどう交錯していくのか? おっさんのワクワクが止まらない。

・5月3日公開だが……

また注目はダニエルもジョニーも当時のキャストがそのまま演じることである。ダニエルはラルフ・マッチオが、ジョニーはウィリアム・ザブカが演じるぞ。ジャッキー版ベスト・キッドにいまいち乗り切れなかった人も、これならば納得するに違いない。

大注目のドラマ『コブラ会』は2018年5月3日から配信がスタートする。……んがッ! 残念ながら日本からは利用不可能な「YouTube Red」のドラマシリーズなので、日本でお目見えするのはしばらく先になりそうだ。ええい! はよ来い、YouTube Red!!

参照元:YouTube
執筆:P.K.サンジュン