【安すぎ】ホルモン食べ放題が990円! 東京・大崎「BEBU屋」のランチが激アツすぎた!! 焼きまくってライスにドーーーンしようぜ!

全国各地で梅雨明けが発表され始め、いよいよ夏が本気を出し始めた感がある今日この頃。しかし、暑い暑いと言いながら、心のどこかで私(あひるねこ)は物足りなさを覚えていた。何かが足りない……そう、肉だ! 肉が足りない。肉で俺のハートを熱くしてくれェェェェエエ!!

今回は、そんな私にピッタリすぎるお店に出会ってしまったのでお伝えしよう。なんとそこでは、ホルモン食べ放題がたった990円だというのだ。こうなったらホルモンを焼いて焼いて焼きまくって、ライスの上にドーーーンするしかない!

・激安ホルモン食べ放題

東京・大崎駅を出てすぐの所にあるニュー大崎ビル。その2階に店を構える「焼肉ホルモン BEBU屋」こそが本記事の主役、激熱スポットである。

何を隠そうこのお店では、平日ランチの時間に限り(11:30~14:00)、ホルモン食べ放題が税込990円で実施されているのだ。ホルモンのセットではないぞ。食べ放題である。それで1000円切るとか鬼パねーっしょ! というわけで、どれ入ってみるか。

・説明しよう!

食べられるホルモンは全部で7種だ。最初にランダムで4種が運ばれ、それ以降は一度に5種までおかわり出来るというシステムである(同じ部位も可)。ホルモンの種類は以下の通り。

“シマチョウ、牛ハツ、豚たん、豚カシラ、レバー、豚はらみ、喉軟骨”

そして嬉しいことに、ライスもドリンクもおかわり自由だってよ! さあ、制限時間は45分。レディ……ゴォォォォォオオオ!

・焼きまくる

ホルモンはボウルで豪快に提供されるため、ぶっちゃけ何が何の部位だかよく分からない。だが細けぇこたぁいいんだよ! んなもん食ったら分かるわ!! 一切れずつなんて みみっちい焼き方はせず、あるだけ網にブ・チ・マ・ケ・ロ! ただし、シマチョウは炎上しやすいから気を付けてくれよな。

・食いまくる

そのあとは、焼けたホルモンを片っ端から口に放り込むだけの簡単なお仕事。おいおい、安いから全然期待してなかったけど、どの部位も臭みがなくて普通にウマいじゃないか! タレもウマいし、大当たり確定の予感大でござい!!

・ランチは酒も安い

これにはご飯も進むクンなのだが、どっちかというとビールだなやはり。何気なくメニューに目をやると、なんとランチはアルコールが税込199円ときた。やっす! でもなぁ、平日の昼間だし今日は取材だしなぁ。うん、やっぱり……

一杯やっておこう。

クゥゥゥゥゥウウッ! ホルモンでビールとか、至上の喜びかよ。その間も、網上が空になったらすかさず追加注文。全神経を肉と網に集中せよ。

・ドーーーーンしようぜ!

さて、ここらでアレ、いっとくか……。私はおもむろに席を立ち、セルフサービスのご飯を茶碗たっぷりに盛る。網にはこれでもかと並んだホルモンの山だ。それらが焼けたら、タレをくぐらせライスに盛る! 盛る! 盛るゥゥゥウウウ!! すると……

見よ、夢の「肉オンザライス」の完成である! 要するに、ホルモンをライスの上にドーーーーン!! だ。この光景にはもはや歓喜しかない。最高かよ。

・かなりのコスパ

その後も、時間の許す限りホルモンを焼きまくり食べまくった。それなりに忙しいが、充実した時間を過ごすことができたぞ。45分間とはいえこれで990円とは、相当なコスパモンスターと言わざるを得ない。

店内はあまり広くないため、お昼時は混雑が予想される。服や髪に臭いも付くだろう。しかし、このホルモン食べ放題を終えた私の心はギラギラと燃えていた。エネルギーをチャージしたという実感に溢れていた。やはり夏は、肉を焼くに限る。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 焼肉ホルモン BEBU屋 大崎店
住所 東京都品川区大崎3-6-17 ニュー大崎ビル 2F
時間 11:30~14:00、17:00〜24:00(土日祝のみ16時~)
休日 年末年始

参考リンク:焼肉ホルモン BEBU屋 大崎店
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

【悲報】「24時間飲み放題」で話題になった伝説の居酒屋、先月末で閉店していた / 東京・阿佐ヶ谷『博多よかたい』

昨年、とある居酒屋がネットをザワつかせた。東京・阿佐ヶ谷にある「博多よかたい 阿佐ヶ谷店」。一見、普通の居酒屋であるが、実施しているサービスがヤバイ。まさかの24時間飲み放題である。しかも税抜2400円だ。ちょっと意味が分からない。

お店の存在はネット上で瞬く間に拡散し、一躍時の人、いや、時の店となった。ところが、その「博多よかたい 阿佐ヶ谷店」が、なんと閉店したというではないか。真偽を確かめるべく、私(あひるねこ)は現場へと急行した。

・伝説の居酒屋

阿佐ヶ谷に24時間飲み放題の居酒屋があるらしい……。「博多よかたい 阿佐ヶ谷店」がネットで話題になったのは、昨年2017年の秋ごろのことだった。情報を聞きつけると同時にお店へと出向いた私も、そのエクストリームすぎるサービスに度肝を抜かれたものである。

・閉店した?

酒飲みの心をくすぐるどころか、くすぐりすぎて廃人にしかねない空前絶後の飲み放題。「博多よかたい 阿佐ヶ谷店」が、居酒屋の歴史にその名を刻んだことは間違いないだろう。なのに、まさか閉店だなんて……。阿佐ヶ谷駅近くにある店舗へと向かうと、そこには見慣れた看板が。しかし……。

入口のシャッターが閉まっている。

24時間営業のはずのお店がやっていない理由は二つだ。定休日か、閉店か。何やら貼り紙が貼ってあるので近付いてみると、そこにはこう書いてあった。

「誠に勝手ながら、阿佐ヶ谷よかたいは、6月30日(日)をもちまして閉店させて頂きます。24時間飲み放題での多くのご来店、誠にありがとうございました。」

理由は定かではないが、「博多よかたい 阿佐ヶ谷店」は6月いっぱいで閉店したようだ。以前、お店の方に話を聞いたところ、24時間飲み放題はギリ赤字と言っていた。でも、こんなお店があってもいいと笑っていたっけ。残念である。

・そのすぐ近くに……

どうしようもない切なさを胸に、来た道を戻っていると、途中で気になる看板を発見した。

「24時間 酒 飲める店」

なんで片言やねん。だが、このバカっぽいところが今の私には清涼剤だ。どうやら「餃子酒場」というお店らしい。ちょっと入ってみることにした。

・地味にヤバイ

こちらは午前8時から午後6時までタイムセールを実施しており、生ビール(中)と餃子(5個)がそれぞれ税抜250円だという。おう、なんかいろいろヤベエな。ていうかタイムセール長すぎるだろ。最高かよ。平日の昼間ではあったが、「よかたい」への感謝の意味も込めて、ここは飲んでおくとしよう。

思った通りガラガラではあったものの、この大きな餃子が250円とはなかなかやりおる。ビールと餃子を頼んでも500円台だ。ここを目当てに電車で来る、という程でもないにしろ、近くにあったらついつい行ってしまいそうなお店であった。しかも24時間営業。阿佐ヶ谷の選手層は厚い。

・ありがとう

24時間飲み放題。こんなハンパないサービスを実施してくれていた「博多よかたい 阿佐ヶ谷店」には感謝しかない。実は、来たる『24時間テレビ』を24時間飲みながら実況するという企画もあったので、残念ではあるのだが、最後は笑顔で送り出そうじゃないか。本当にお疲れ様でした。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 餃子酒場
住所 東京都杉並区阿佐谷南3-37-2
時間 24時間営業
休日 年中無休

Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

【超コスパ】このボリュームで900円だと!? 3種のマグロがのったランチ限定『大マグロ丼』が爆盛りすぎてヤバイ! 東京・赤坂見附「魚久」

以前、東京・岩本町にあるマグロが有名なお店「おやじ」の記事を書いた私、あひるねこ。すると読者の方から、赤坂見附にある「魚久」というお店のマグロ丼が素晴らしいという情報が寄せられた。ほう、なかなかよさそうじゃないか。さらにそこには、こんな記載が。

「ごはんを無料で大盛にできますが、あひるねこさん だとおそらく完食できないと思います」

んだとコラ! 舐めてんのかコラ!! やってやる! そこまで言うならやってやるって!! こうして、読者からの挑発に乗る形で私とマグロ丼との死闘が幕を開けたのである。

・900円のマグロ丼

さて、さっそく赤坂見附駅前へとやって来た。時間は午前11時半。この界隈はとにかく様々な飲食店がひしめいており、ランチ営業をやっているお店も多い。目的地である「魚久(うおきゅう)」は、駅から2~3分ほど歩いた路地にある。

どうやら海鮮系の居酒屋のようだが、平日はお昼も営業しているみたいだな。お目当てのランチは3品あり、ここはもちろん『大マグロ丼(税込900円)』を注文。すると……。

私の外見からの判断だろうか。お店のおばちゃんが微笑みながら「普通盛りでいいかい?」と聞いてきた。ふう、やれやれ。ちょいと待ちなよおばちゃん。大盛り……できるかい?

・大盛りは無料

情報の通り、ご飯の大盛りは無料であった。さらに嬉しいことに、こちらは漬物も無料で付いてくるのだ。それも大量に。この店、なかなかやりおる……。私は漬け物をポリポリとつまみながら、丼の到着を静かに待つ。

・まさかの爆盛り

数分待つと、「はーい! お待たせしましたー!!」というおばちゃんの元気な声と共に、いよいよヤツがその姿を現した。こ、これは……!

うわ、でけェェェェエエエエエエエ!
なんだこれ、爆盛りやん!!

『大マグロ丼』には、ネギトロ、ゴマだれ、漬けマグロの3種のマグロがたっぷり載っており、その量なんと200グラム。さらに驚くのはご飯の多さだ。丼からはみ出す勢いでギッシリと詰め込まれているではないか。山かよ。これには思わず笑いがこぼれてしまう。

・マグロの量もヤバイ

で、一体どこから手を付けたらいいんだ? よく見るとネギトロも凄まじい量である。これだけで丼として成立してしまいそうなほどの圧倒的物量。私にネギトロ軍艦でも握らせようというのか?

結局、掘削工事のように食べ進めていくしかないようだ。マグロ、メシ、マグロ、メシ……終わることなき無限ループ。使っているのは三崎のマグロとのことで、味に申し分なし。ウマし。このボリュームで900円なんて、ちょっとスゴイと思いませんか奥さん。

・死闘

ただね……割と序盤から分かってたことだけど、ご飯の量多すぎだろ! ラグビー部かよ!! 残り4分の1ほどで、私はいよいよ限界を迎えつつあった。こりゃ、完食は無理か……? 勝利を諦めかけたその時、あの文章が再び私の頭をよぎったのである。

「ごはんを無料で大盛にできますが、あひるねこさん だとおそらく完食できないと思います」

「あひるねこさん だとおそらく完食できないと思います」

んだとコラァァァァアアア!

うおおおおおおお! やってやるって!! そこまで言うなら完食してやるって! いっけェェェェエエエエエエエ!!

その結果……。

見事、完食なり。

・雨の日はお得

はあ……この満足感はどうだい。しばらく動けそうにないぜ。しかもだ。雨の日はなんとランチが100円引きになるらしい。さらに安くなんのかよ! ちょっと意味が分からないが、雨の多いこの季節である。行かない理由が見当たらないだろう。ただし、大盛りは量がヤバイので注意してくれよな!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 魚久 赤坂店
住所 東京都港区赤坂3-19-12 東昇ビル1F
時間 ランチ:11:30~14:00(月~金)、ディナー:17:00~23:30(月~金)、16:00~22:00(土)
休日 日曜、祝日

Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

【超コスパ】500円でライスもカレーもおかわり可! ネパール料理「アーガン」の『ダルバットセット』が至高すぎた / しかもウマい!! 東京・新大久保

東京屈指のコリアンタウン・新大久保。平日の午前中だというのに幅広い年代の女性が街を埋め尽くしており、近年の K-POP、韓流アイドル人気の凄まじさを改めて実感する。

だがあえて言おう。新大久保で韓国料理屋に入るなんてのは素人。本当に分かってるヤツはネパール料理を食う。「ネパール民族料理 アーガン」の『ダルバットセット』は、500円でライスもカレーもおかわり OK という、まさに至高のメニューなのだ!

・新大久保でネパール料理

新大久保駅から歩いて数分。大久保通り沿いという、THE 新大久保な場所にあるのが「ネパール民族料理 アーガン」だ。古い雑居ビルの4階にあり、これがなかなかに怪しい雰囲気。

K-POP がガンガン流れる大通りから、異国情緒たっぷりの店内へ。なにやら「どこでもドア」をくぐったような気分である。さて、気になるメニューはたくさんあるものの、一際ヤバイのが税込500円の『ダルバットセット』だ。ヤバイというか、ヤヴァイ。

・コスパ最強メニュー

『ダルバットセット』には、チキンカレー、豆スープ(ダルというらしい)、たっぷりのライスにちょっとした漬け物が付く。そしてメニュー表にはライスおかわり OK という文字が! よし、完璧ッ。

・カレーが激ウマ

骨付きチキンがゴロっと入ったチキンカレーを一口食べて驚いた。なにこれめっちゃウマい! スタンダードではあるが、クセもなく辛さは控えめ。実に日本人受けしそうなカレーなのだ。そしてまた、パラパラのインディカ米とよく合うのよ。激ウマ。

豆スープはどこか優しい味わいだ。スパイスのせいか、食べた後に少しだけじんわりくる。カレーとスープを交互に口に運びながら、ガツガツとライスを食らっていくわけだが、500円でこれは非常に素晴らC。

・おかわりの衝撃

よっしゃ! そろそろライスのおかわりや!! お願いすると、店員さんが席まで来てよそってくれるぞ。「これくらい?」と、ほぼ最初と同じ量を盛ってくれる店員さん。おお~、盛るね~。しかしこの後、予想外のことが起きた。

カレーの残量を調整しつつ食べ進めていると、店員さんがポットのようなものを持ってこちらへやって来たのだ。お冷かな? と思った次の瞬間……。なんと、カレーとスープを満タンまで補充しだしたのである!

え? え? ……は?

もちろん私(あひるねこ)は何も言っていない。本当にお冷を注ぐようなノリで、カレーとスープを追加してきたのだ。いや、そんなことあんの!? 見ていると他のテーブルでもやっているし、自分から頼んでいる人もいる。マジかよ! ライスだけじゃなく、カレーもおかわり出来るのか!! ※チキンは不可

・エンドレス

さっきまでライスが余り気味だったのに、今度はカレーの方が多くなってしまった。これもう、無限ループだろ。最高かよ。

そういえば私が来たのはお昼時だったが、これは別にランチメニューというわけではなさそうだ。ということはもしや、夜でも注文可能なのだろうか……? この件については、後日お店を訪れ確認したいと思う。

・楽園に行こう

いかがだろうか? この意味不明なまでのコスパの良さ、至高と書いた意味が分かってもらえたのではないか。しかし、欠点もある。ここを知ってしまったら、もう新大久保で韓国料理を食べる気が起きなくなってしまうのだ。恐ろしい店である……。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名ネパール民族料理 アーガン
住所東京都新宿区大久2-32-3 リスボンビル4F
時間11:00~23:00
休日年中無休

参考リンク:ネパール民族料理アーガン
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

記者が何十回も通ったマジのオススメ店!「とんかつ竹亭」は鹿児島グルメのド定番だから絶対に抑えておくべし!!


鹿児島グルメの代表といえば、もちろん黒豚料理である。数ある国内産黒豚の中でも別格扱いを受けるブランド品で「しゃぶしゃぶ」にしても「とんかつ」にしても超ウマいのは言うまでもない。さらに美容や健康にも効果的ということで、女性人気も抜群だったりするのだ。

そこで今回は、筆者が鹿児島に行くときには120パーセントの確率で立ち寄るとんかつ専門店「竹亭」を紹介したい。高級黒豚料理の中でも比較的リーズナブルで満足度は高く、おそらく1度食べれば常連ロード待ったナシだろう。ひさしぶりに食べたら……やはり最高だった。

・思い出の店

数年前まで仕事の都合で日本各地を転々としていた筆者は、各地でウマい飯を食べるのが趣味の1つだった。ガイドブックや地元民から情報を集めまくり、時間があれば食べ歩きをしていたのだが、鹿児島に住んでいた頃に1番通ったのが「とんかつ竹亭」である。

ということで今回ひさしぶりに訪れたのが、鹿児島市上福元町にある「とんかつ竹亭 鹿児島谷山店」だ。電車ならJR慈眼寺(じげんじ)駅から徒歩約20分なので、車で行くのがオススメ。筆者は開店時間の11時30分ジャストに到着したが、店内はすでに満席状態だったので外で待つことにした。

・ダブルカツ定食

さて、並んでいる間に注文を決めよう。う~ん、もちろん1番人気の「とんかつ定食(900円)」もいいが、今回はひさしぶりということで「ダブルカツ定食(1600円)」で、竹亭の本気を見せてもらおう……やばい、すでにヨダレが止まらねぇぇぇええええ

・究極のとんかつ定食

15分ほど待って入店し、カウンター席のド真ん中へ。厨房に目をやると、職人が目の前でとんかつを揚げ、また別の職人がザクザク切って皿に盛り付けていく。無駄のない動きと食欲をそそる音、すべてが芸術的である。そんなこんなで、さらに10分ほど待っていると……はいはい来ましたァァァアアアアッ!!

はじめて食べた日に、完全に心奪われた究極の黒豚とんかつと感動の再会……! オーラ全開の最上級ロースかつは、かめに入った秘伝の特製ソースをかけていただこう。ちなみに、ご飯とキャベツはおかわり可能だ。それでは、ひさしぶりにパクリ……


やっぱりウッメェェェェエエエエエーーー! 豪快・ジューシー・肉厚で食べ応えMAXなのは当たり前、肉の旨味と脂の甘味が衣に凝縮されている究極のとんかつと言えるだろう。それにしても鹿児島の豚肉がここまでウマいとは……まさに別次元である。

そして当時は、ご飯もキャベツもおかわりをお願いしていたが、今回はダブルカツのボリュームがマジでハンパじゃなかったので、完食するだけでお腹いっぱい胸いっぱいであった。あ~もう本当に最高。近所に住んでいれば週1で通いたいレベルだ。

というわけで、とんかつ竹亭は間違いなく最高のクオリティでありながら、ボリューム抜群で値段も手ごろだから、鹿児島観光の予定に組み込むことを猛烈にオススメする。できれば開店時間のチョイ前を狙って行くのがいいだろう。期待を裏切らない店なので、機会があればぜひ訪ねてみてくれ!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 とんかつ竹亭 鹿児島谷山店
住所 鹿児島県鹿児島市上福元町5723-8
時間 (月~金)11:30~14:00 / 17:00~21:30 (土日)11:30~21:30
休日 第3火曜日

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

【断言】明日5月11日、「東京国際フォーラム」に絶対に行くべきたった一つの理由

東京の中心、丸の内にある文化施設「東京国際フォーラム」。クラシックのコンサートや、ロックバンドのライブを目的に訪れたことがある人も多いのではないか。

だが明日2018年5月11日は、そういった目的がなくても東京国際フォーラムに行くべきである。というか、絶対に行った方がいい。ただ、行くなら夜ではなくて昼だ。夜に行っても意味がないぞ。朝ならいい。なんなら朝・昼2回行ってもいい。理由は簡単だ。それは……。

・〇〇が半額に

東京国際フォーラムに行けと書いたが、別に芸能人が来るわけではないし、何かが配布されるわけでもないので注意してほしい。では何があるのか? さっそく教えてしんぜよう。実はッ! なんとッ! 施設内の飲食店のランチメニューが半額になるのである!!

対象となるのは、東京国際フォーラムにある9つの飲食店(「シェイク・シャック」を除く)だ。カフェ、レストラン、和食、イタリアン、中華と、バラエティーに富んだ各店舗の人気ランチメニューが、明日5月11日に限り半額となる。そう、控えめに言って超激アツなイベントである。

・ランチの値段に注目

これがどのくらい激アツなことなのか、下にいくつか例を挙げてみよう。

・プロント イル バール『小海老のトマトクリーム』:790円 → 395円
・レバンテ『ランチステーキ』:1200円 → 600円
・酒蔵レストラン 宝『お魚御膳』:1300円 → 650円

アツい……! まさに激アツッ!! さらに注目すべきは、中国料理「東天紅」である。こちらでは通常価格2376円の『華定食』が、半額なので1188円で食べられてしまうのだ。丸の内周辺に勤めていて、ここに行かない理由があるのか? いや、ない!

・朝はファミマに

半額ランチは数量限定となっているため、できるだけ早めに行くのが吉だろう。実施時間などは、東京国際フォーラムのホームページから確認できるぞ。そして、これだけでは終わらない。お昼に行けないという人は、朝の時間にファミマだけでも寄っておこう。

施設内にある「ファミマ!!」では、朝7時~10時の間、なんとスイーツ類が半額になるのだ! マドレーヌやバウムクーヘンといったスイーツが、たった数十円で買えてしまうぞ。安っ! ほんと何というか……アザーーーッス!!

・絶対行け

実はこのランチ半額、東京国際フォーラムの恒例イベントなのだが、意外と知らない人も多いと思いご紹介させていただいた。明日5月11日は国際フォーラムに絶対に行くべきと書いた理由が、これで分かってもらえたのではないか? 悪いことは言わない。絶対に行くべし!

参照元:東京国際フォーラム(PDF)
執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

【スタバ】ついにランチメニュー始まる! 「パスタ2種」を食べてみた / サンドイッチよりお肉も野菜もたくさん摂れちゃう! まさに「こういうのが欲しかった」

スターバックス。ドリンクやスイーツなどカフェ利用するにはちょうどいいのだが、食事となると正直、微妙だった。サンドイッチなどの軽食も、あるにはあるが何というか栄養バランスが気になるよねー……だったらサブウェイ行っとく?

だがしかし! そんな悩みももう解決かもしれない。っぃに……ついに! 待望のランチメニューが登場!! それもパスタである。

・ランチメニューに「パスタ」が登場

2018年4月18日に発売となった「スターバックス デリボックス」。この度登場したのは、イタリア風の『バジルヌードル&ローストチキン』とアジアンテイストな『トムヤムヌードル&ローストポーク』の2種類だ。いずれも620円(税抜)。

・実際に食べてみた!

野菜少な目、炭水化物多めだった従来のフードと比べ、サラダ風味なビジュアルが際立っている。さて、実際に食べてみたところ……これは結構しっかりした食べ応え! サラダっぽい見た目ではあるが、ちゃーんとメインをはれる食事となっているのだ。

まず、両方に共通しているのはパスタの味付けがしっかりしているということ。 

バジルはとにかくソースがたっぷり! 絡みに絡みまくったバジルソースが濃厚な味わいを醸している。

トムヤムヌードルは、ペンネが使われているため、ビジュアルは “らしく” ないものの、実際の味はガーリックも効いていて、ちゃーんとトムヤムしているぞ。

これだけだと胃が疲れてしまうが、お肉の味が控えめなので、バランスが取れていると言えるだろう。

またサラダにスッキリ系のソースがついているのも特徴的だ。バジルの方はワインビネガーが効いた「トマトソース」、トムヤムは「レモンクリームドレッシング」で、暑くて食欲が落ちる時期でも無理なく食べられる味。そのあたりも考えられているのかな。

ただ、パスタの味が濃い目なので、個人的にはサラダは何もかけないで食べる方が好みではある。

・こういうのが欲しかった!!

スタバのようなカフェで提供される軽食は炭水化物に偏りがちだが、これならお肉も、野菜も摂れてイイ! しかも豆や雑穀も入っていて健康に気をつかっている感じが好印象だ。

パッと見、ボリュームが少なく見えるが、私個人としてはドリンクと一緒にいただけば、わりと丁度いいと思う。ただ、超ハラペコのときや、男性だとちょっと物足りないかもしれない。

メニューを見ると「ランチメニュー」として推されてはいるものの、店頭では終日販売しているのでご安心を。ちなみにカロリーはバジルが265kcal、トムヤムが337kcalだ。甘いドリンクと合わせても罪悪感なし! はたまた夕飯にカロリー調整したいときなどにも、活躍してくれそうである。

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.