ピタゴラ装置よりもスゴいかも! ハンドスピナーを使った「からくり装置」の動画がずっと見ていられるくらい楽しい

2017年に大流行したおもちゃ「ハンドスピナー(別名:フィジェットスピナー)」。爆発的なブームは去ったものの、2018年に入ってからも話題になることがある。ミネベアミツミと三菱プレシジョンの共同開発したものが、連続回転時間でギネス世界記録に認定されたのも記憶に新しい。

それだけにまだまだ楽しめる要素がありそうだが、現在1本の興味深い動画が注目を浴びている。ハンドスピナーを多数使用して作られた “からくり装置” が作動すると、小さな玉が仕掛けによってゴールへと導かれて行く。これ、ピタゴラ装置よりもスゴいかも!

・ピタゴラスイッチ顔負けのからくりが登場

興味深いからくり装置を作ったのは、ドミノ倒しやからくり装置の動画を数多くアップしている「Kaplamino」さんだ。同名のYouTubeチャンネルで公開されている動画『Spinners』を再生すると……。

たくさんのハンドスピナーがくっついた大きなボードが現れる。続いて、小さな玉をひとつ手で落とすと、コロコロ……カッチャン! コロコロ……カッチャン! とハンドスピナーの間を伝いながら転がって仕掛けが次々と動き出す。なんだか見ているだけで楽しー♪( ´θ`)ノ

・からくり装置に万能なハンドスピナー

その後も、小さな玉がピタゴラスイッチ顔負けの装置を伝いながらボードの上を大冒険! ラストこそ、「R.I.P.(安らかに眠れ)」と軽く皮肉を書かれたゴミ箱へハンドスピナーが滑り落ちて悲しい形で幕を閉じるが、計算されつくした動きはずっと見ていられるくらい楽しいものがある。

なお、動画の解説によると、ハンドスピナーは動きを連鎖させるために様々な可能性を持っているとのことで、からくり装置の制作においては使い勝手の良いアイテムのようだ。一度はブームが過ぎ去ったものの、新しい使い方で再び脚光を浴びる時が来るかも……なんて思ってしまう動画である。

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ

【480万再生】「4万2000本のマッチ」で作った球体に火を点けるとこうなるっていう人気動画

ライターや電子タバコが普及したことで、すっかり見る機会が少なくなったマッチ。ロウソクに火を点ける時など、たまに使う機会があると擦る(こする)感覚や独特の香りに、思わず懐かしさを覚える方も多いだろう。

昨年2017年には日本最大のマッチ製造メーカーが事業から撤退するなど、もはや国内では吹けば消えそうな存在のマッチ……と思いきや、先日、海外で数万本のマッチで作った球体を燃やす様子を収めた動画が公開され、約1週間で480万再生を記録するほどの人気となっている。

・数ヶ月かかってやっと球体が完成

動画のタイトルは『42,000 Match Sphere Gets Lit』だ。まずはじめに映し出されるのは、先端が緑色のマッチ。続いて、そのマッチを次々と接着剤(グルーガン)でくっつけながら球体に近づけていく様子が見て取れる。

解説文によると、この動画を作るきっかけは、マッチ先端の膨らみを利用して完璧な球体を作るとしたら何本のマッチが必要か? という実験らしい。動画を見る限り、球体を完成させるまでに膨大な労力が必要なのは一目瞭然だ。

やがて、手作業でマッチを接着し続けること数カ月……4万2000本に達したところでみごと緑色の球体が完成! 動画では、人間の顔よりも遥かに大きなサイズであることがわかる。その後、いよいよ苦労して作り上げた球体に着火すると……

メラメラと燃える球体の様子が何とも芸術的! 特に4:54あたりから見られるスローモーション映像は一見の価値ありだ。ライターの便利さに押され、すっかり使われなくなったマッチ。この動画で注目を浴びたことで、もしかすると人気が “再燃” する……かもしれない。 

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ
Photo:RocketNews24.

【意外な組み合わせ】修道女と警官が路上で見せたサッカーの腕前がヤバい! 絶妙な連携プレーが超お見事!!


パっと見で共通点はないけど、合いそうもない物を組み合わせてみたら、意外にバッチリな感じになることがある。

まさに、そんな意外な組み合わせと言える『修道女と警察官』が、「路上で見せつけたサッカーの腕前がヤバい!」とネットで話題を呼んでいるので紹介したい。もはや二人の絶妙な連携プレーは、超お見事としか言いようがない!!

・修道女と警官が路上で見せたサッカーの腕前がヤバい!

アイルランドの警察が公式 Facebook ページに、地元の警察官と修道女が路上でサッカーボールで「keepy uppy:キーピー・ウッピー」をしている動画を投稿。キーピー・ウッピーとは膝や肩、胸などを使い、サッカーボールを落とさずにジャグリングすることをいう。ざっくり言えば、リフティングのリレーゲームだ。

ドミニカ共和国出身だという修道女は、ロング丈の白い制服で決して動きやすそうな恰好ではない。しかし、巧みにボールを操ったかと思えば、制服姿の警官へボールをパス! すると……双方ともに足の甲や膝を駆使して、ボールを落とすことなく相手に渡し、軽快に絶妙な連携プレーでボールをつなげているではないか!

・絶妙な連携プレーがマジでスゴい!!

なぜ、キーピー・ウッピーを修道女が習得しているのか謎だが、「修道女&警官」という対照的で意外な組み合わせがまたイイ感じである。周囲の人々も、珍しい光景と二人のサッカースキルに感嘆の声を上げ、パスの様子を喜々としながら動画に収める人もいた。

・動画の再生回数が100万回超え!

こちらの動画は再生回数が100万回を超え、シェア数も1万3000件を超えるほどの人気ぶりを見せている。

ネットユーザーからは、「サッカーが上手いからって良い警官や修道女になれる訳じゃないけど、こういうのってイイね!」とか、「対照的な二人が仲良くボールを蹴ってる姿が微笑ましい」といった声が挙がっている。

修道女も警官も少し近寄りがたい印象があるだけに、こんな光景を見た地域住民は、かなり親近感を抱いたのではないだろうか。

参照元:Facebook
執筆:Nekolas

▼修道女と警官が路上で見せたサッカーの腕前がヤバい!

【未来キタ】現実とバーチャルが繋がった! ディズニーの新VR技術がまるでマトリックス

映画やテレビに音楽、テーマパークなどなど、ありとあらゆるエンターテインメントに携わる米国の世界的企業が、ご存知「ウォルト・ディズニー」である。

そのウォルト・ディズニーの研究開発部門「ディズニー・リサーチ(Disney Research)」が驚くべきニュースを発表した。なんと、VR空間にいながら、現実空間のボールをキャッチできる技術を開発したというのだ。

・VR空間と現実空間を繋いだディズニーの新技術

前述の通り、VR空間と現実空間を繋いだディズニーの新技術だが、最も注目すべきはボールの動きをコンピニューターが瞬時に予測し、現実よりも早くボールの軌道や着地点を示す点だ。

動画では実際にゴーグルを付けたスタッフが、現実空間でキャッチボールをする様子が収められている。特に見逃せないのが、動画の1分30秒あたりから始まる「Predicted target」と題されたシーンだ。

このPredicted targetこそが、前述のボールの着地点を予測するプログラムなのだが……飛んできたボールを捕るスタッフの動作が恐ろしく早いのである! その無駄のないアクションは、まるで映画『マトリックス』のワンシーンのようだ。

この動画を見ていると、VRの中で生きることを望む人が現れるような気がしてならない。ぜひ、あなたも衝撃の新技術をご自身の目でご確認あれ。

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ


【あなたはどう?】IQが高い人ならこの「3問のクイズ」がスルッと解けるらしい! 全問正解率は17%

1

俳優・織田裕二さんがIQ246 の天才主人公を演じるドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』が話題だ。海外サイト『IQ Research』によると日本人の平均IQは105なので、246って相当な数値だなあ。

“世界一IQが高かった” と言われている米数学者のウィリアム・ジェイムズ・サイディズさんもIQ250〜300だったそうだが、彼らならこれから紹介するIQクイズなんか眠っていても解けてしまうに違いない。

なんでも「高IQの人ならスルッと解けるはず」という3問のクイズがあるのだ……。

・全問正解できたのはたった17%

2005年に “世界一短いIQテスト” として発表された、この『認識力反射テスト(The Cognitive Reflection Test :CRT )』。たった3問と侮るなかれ。今回この問題を取り上げた『indy100』によると、3500人中、全問正解できたのは17%しかいなかったというからだ。

・これが問題だ!

では早速、その3問を見ていきたいと思う。

Q1:バットとボールの合計は1ドル10セント。バットはボールよりも1ドル高い。ではボールの値段はいくら?

Q2:5個の部品を作るのに、5台の機械で5分かかる。では100台の機械で100個の部品を作るには、何分かかる?

Q3:湖の上に、スイレンが浮かんでいる。毎日、スイレンの数は2倍に増える。スイレンが湖全体を覆うのに48日かかる。ではスイレンが、湖半分を覆うのには何日かかる?

以上である。より速く解ければ、よりIQが高いとのこと。答えが分かった人は、次ページ(http://wp.me/p25BsW-3sI9)へ GO だ!

参照元:indy100IQ ResearchLone Mind(英語)
執筆:小千谷サチ
Photo:RocketNews24.

【クレイジー】フランスでアップルの展示品を大量破壊する事件が発生 → 被害総額500万円オーバー

2016-10-03-21-41-05

話題のスマホ「iPhone 7」と「iPhone 7Plus」が発売されてから約半月が経過した。リリース当初から品薄が続いていたが、ここ最近では人気の “ジェットブラック” 以外であれば徐々に店頭在庫も出てきているようだ。

そんな中、フランスのアップルストアで、ある男が iPhone7などの展示品を手当たり次第に破壊するという事件が発生した。iPhone7は1台あたり7万円以上する高級機種ということもあり、被害総額も相当なものになったようである。

・事件が起きた場所はフランス「アップルストア・ディジョン」

その事件が起きた場所は、フランス・ブルゴーニュ地方のなかでも美食の観光地として特に有名な地域「ディジョン(Dijon)」のショッピングモール内にある『アップルストア・ディジョン』だ。

・店内の展示品を手当たり次第に破壊

事件当時の様子を収めた動画を再生すると、アップルストアの店内で、「ドンッ! ドンッ!」と大きな音をたてながらテーブルに拳を振り下ろしている男が確認出来る。何をしているのかよく見てみると……なんと! 展示品を手当たり次第に破壊しているではないか!!

フランス発祥の球技「ペタンク」で使われる金属製のボールを手に握り、Apple製品を壊し続けたこの男性は、居合わせた客へ「アップルに返金を拒否された」と語っていたようだ。しかしサービスに不満があるからといって、決してこのような暴力行為が許されるわけではない。

・被害総額は約569万円以上

男は最終的にショッピングモールの警備員に取り押さえられ、その後警察に引き渡されたという。なお、警察の発表によるとこの事件の被害総額は約569万円(50000ユーロ)以上に及ぶとのこと。

自分の手元に何も残らない “弁償代” を払うよりも、代金を払って商品を手に入れた方がずっといい気分になれるハズなのだが……。男は今ごろその莫大な請求額を目の当たりにして、自分の行き過ぎた行動を後悔しているかもしれない。

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ