10年来の愛犬と間違えて「見ず知らずのワンコ」をペットサロンから連れて帰ってくる “致命的ミス” をパパが犯した理由 / 年配の方なら共感必至!?


「世の中には自分に似ている人が3人いる」とはよく言われるが、どうやらそれは動物にも当てはまるのかもしれない。というのも、動物の “ソックリさん” を判別できなかったのか、あるパパが「10年も飼っている愛犬とは違うワンコ」をペットサロンから連れて帰って来て、ネット民から失笑を買ってしまったというのである。

・ペット美容院から違うワンコを連れて帰って来たパパ

米ニュースサイト『boredpanda』によると、米フロリダ州マイアミに住むアレックスさんという青年が、「ペットの犬(名前:ニーヴス)をペットサロンから連れて帰って来てほしい」と父親に頼んだのだという。

こうして、ほどなくしてパパがワンコを連れて “無事” に帰宅。ところがアレックスさんがワンちゃんを撫でると、「なんだかニーヴスと毛並みが違う……」と妙に思ったのだとか。

そう! なんということか、パパは一家が飼っている愛犬とは違うワンコを連れて帰って来てしまったのである! 

・一歩間違えばペット誘拐事件!?

一歩間違えばペット誘拐事件に発展してもおかしくない展開だが、見知らぬ家に連れて来られたワンコは我が家にいるかのように振舞い、すっかりくつろいでいたのだいう。

その時の様子を捉えたTwitterの動画では、アレックスさんが父親のミスに大爆笑となり、ワンちゃんを撫でながら「君は誰なの~?」と話しかけている。

・なぜそんなことが?

それでは一体なぜ、間違いが起きてしまったのだろうか? パパの言い分によると、原因は……!

老眼!

さらに、ワンコが付いて来て車に跳び乗ったため、パパは我が家のワンコだと思い込んでしまったのだそうだ。

・無事に本物のニーヴスと交換して一件落着!

その後、直ちに偽ニーヴスはペット美容院に戻され、無事に本物のニーヴスと交換されたとのこと。しかし、その際も再び間違いがあってはいけないとばかりに、パパが「これで間違いないか?」と、ニーヴスの写真を家族に送信して確認していたというから笑えるではないか。

それにしても、ニーヴスはアレックスさん一家の家族になってから10年になるというのに、パパに他のワンコと間違われるなんてちょっと可哀想……。ネット民からは大いに失笑を買うことになってしまい、ニーヴスを不憫に思う同情のコメントも寄せられていた。

偽物と本物のニーヴスの画像を比べたら確かに似ているが、自分のペットと間違える人はそう多くはないのではなかろうか。アレックスさん一家が集う度に、しょっちゅうパパはこの話を持ち出されて笑いのネタにされそうである。

参照元:Twitter @Pineappl3pizzaboredpanda(英語)
執筆:Nekolas

新居に引っ越したら地下室に犬がつながれたままだった → 助けられた時のリアクションが涙を誘う…

動物を飼ったら、エサをやったり健康状態に気を配ったりするのは飼い主の務め。一緒に暮らすなら大きな責任を伴うことは百も承知だろうが、なかには動物を大切に出来ない人もいるようだ。

なぜなら、ある男性が新居に引っ越して地下室へ行くと、なんとワンコがつながれたままになっていたというのである。そして救出された時のワンコのリアクションは、涙なしで見られなかった……。

・家の地下室にワンコがつながれていた

米ニュースサイト『boredpanda』によると、ある男性が米ミズーリ州セントルイスで新居に引っ越すと、なんということかピットブルが地下室につながれたままだった。そこで、地元の動物保護センターに連絡を取ると、すぐに職員が現場へ駆けつけてくれたとのこと。

その時の様子を捉えたのが、動画「There’s a dog chained up in my basement」なのだが、ワンちゃんがいたのは真っ暗闇の地下室の中……。助けが来たことを察したのか、ワンちゃんはちぎれんばかりに尻尾を振り、嬉々とした様子を見せている。きっと計り知れない恐怖と戦っていたに違いない。

・ワンコのリアクションが涙を誘う……

なんだか、ワンちゃんの瞳が「助けに来てくれたんだね!」と訴えているようで、思わず涙を誘われてしまう。なお、一体どれくらいの間、ワンちゃんが地下室につながれていたのかは不明だという。

もし男性の引っ越しが遅れていたら水も食べ物もなく、餓死していた可能性も……そう考えると背筋が凍るが、幸いなことに無事。外へ連れ出されたワンコは大喜びで跳びまくり、元気をすっかり取り戻している。

・犯人は不法居住者!?

あまりに跳ねまくるため、ワンコは “飛び跳ねる豆” を意味する「ジャンピング・ビーン」と命名された。放置されていた地下室はゴミが散乱して荒れていたため、空き家になった後に不法居住者が住み着いていたと思われている。その人物がジャンピング・ビーンを置き去りにしたとも考えられるが、誰が犯人なのかは明らかになっていないようだ。

つながれていた鎖から解放され、日光を浴びたジャンピング・ビーンの嬉しそうな姿を見て、「発見が遅れなくて良かった!」と胸を撫で下ろしてしまった。これから、ワンちゃんが大切にしてくれる飼い主と出会えることを心から願いたい。

参照元:YouTubeboredpanda(英語)
執筆:Nekolas

【激カワ】全力で絶望を訴えるニャンコが激写される

食べて眠って散歩して……と、なんともペットの毎日は穏やかである。そういったの~んびりとした毎日のなかで、エサの時間は一日のハイライトとも言えるだろう。ペットにとって食事は、まさに至福!

もしエサを奪われようものなら激怒待ったなしだが、今回ご紹介するニャンコは負けを悟ったのか抵抗できず。楽しみにしていたエサを他の動物に奪われて、「僕のご飯を食べないでよ~」と言いたげな表情を全力でするしかなかった。飼い主に助けを求めるような姿が超プライスレスなのでご覧いただこう。

・招かれざる客に食事を奪われたニャンコ

飼い猫が他の動物にエサを奪われる決定的瞬間を激写したのは、画像共有サイトimgurのユーザー「MrRogers247」さんだ。彼が家のデッキにニャンコのエサを置いていたところ、しめしめ……と言わんばかりに有袋類のポッサムが姿を見せた。そしてその場にニャンコが居合わせた。

・ニャンコの表情が超プライスレス!

体の小さなポッサムは猛獣でもない。それだけにニャンコは威嚇して追い払うのかと思いきや、どうやら怖くて一歩が出なかったらしい。撮影している飼い主をじっと見つめ、ひたすら「ちょっと助けてよ!」といった絶望的な表情を浮かべ続けるしかなかったようだ。

エサを全部平らげるつもりなのか、ガンとしてでも動こうとしないポッサムに、ニャンコは最後までお手上げ状態の様子……。目に涙を浮かべ、その後ろ姿には哀愁すら漂っているようにも見える。

・ご飯を奪われてしまったニャンコ

結局、ニャンコは追い払うことを諦めた模様で、一緒に食べようとポッサムに近寄るも「キっ!」と睨み返されて成す術がなかった。ただ、画像には、「OK、OK、ゴメン。楽しんで」と飼い主がキャプションを添えているため、ニャンコのディナータイムは一度台無しになってしまったものの、きちんと食べることはできたようだ。

毎日のんびりライフを送っているペットだって、時には平和が脅かされることもある。なんだか、『トムとジェリー』の “ニャンコ&ポッサム版” を見ているような気分になり、涙目のニャンコには申し訳ないがあまりの可愛さにホッコリしてしまった。

参照元:imgur
執筆:Nekolas

ベトナムの「コスプレをするニャンコ」が可愛すぎると大人気! 猫なのに犬みたいだから名前は「ドッグ」

ワンコやニャンコなど、ペットは何かしら特技を持っている。寝るのが専門なペットもいれば泳ぐのが得意だったり、ささいなことでもひとつは抜きん出た部分があるものだ。

そして、なかにはコスプレが得意なニャンコもいるのだとか。そんな猫ちゃんがベトナムの市場や街に出没して、ネットで大人気となっているので紹介したい。猫なのにワンコみたいだから、「ドッグ」という名前らしいぞ!

・“ドッグ” と名付けられたニャンコが大人気に!

Instagram Photo
米ニュースサイト『boredpanda』によると、ベトナムの市場に出没して大人気となっているのは、ル・クオック・フォンさんという男性の飼い猫だ。

3歳になる猫ちゃんはハアハアと犬のように息をして、ワンコのように行動するため「ドッグ」と命名されたというから何ともカワイイ。ただ、一番の特技は犬のように振舞うだけでなく、コスプレが大の得意なところである。

・コスプレが大の得意!

Instagram Photo
ルさんのSNSに投稿されたニャンコはゴールドのチェーン&ジャージを身に着け、まるでヒップホッパーのようなスタイルでバチ決め! 他にもチャイナドレスや警官服を着ているものまであり、その着こなしっぷりがナカナカである。ニャンコはコスチュームを着る時も協力的で、どんなコスプレでも心地良さ気にしているのだそうだ。

・魚を売る行商がお気に入り!?

Instagram Photo
また、ニャンコは頻繁に市場に姿を見せているようで、魚を売っている行商と一緒に収まっている画像が目立つ。その物欲しげにジイ~と魚を眺める姿が、さらに可愛い。ルさんのInstagramのフォロワーが30万人を超えていることから、その人気ぶりがうかがえる。

ニャンコの毛並みや色、少しふてぶてしい表情から筆者が連想したのが、米アニメ映画『シュレック』に登場する “長ぐつをはいたネコ” である 。絶対に似合いそうなので、「ドッグに “長ぐつをはいたネコ” のコスプレにもチャレンジしてほしいな~」と、リクエストしたくなってしまった。

参照元:Instagram @dog1501boredpanda(英語)
執筆:Nekolas

「犬が柵にハマって大ピンチ! 助けたのは…仲良しワンコだった」って動画 / ジャーマンシェパードのヒーローっぷりがヤバい!


忠実で飼い主に反抗することもなく、いつもそばにいてくれる犬は「人間の最高の友達」と呼ばれることもある。しかし犬が尽くすのは人間だけでなく、仲間のワンコに対しても同じようだ。

というのも、体が柵にハマって抜けなくなった犬を助ける仲良しワンコの動画がほのぼの感タップリで、これを見たらワンちゃん同士の友情に感動してしまうこと間違いナシだ!

・フェンスの間につっかえてしまったワンコ

英ニュースサイト『Mirror』によると、ネットで人気を呼んでいる動画を撮影したのは、メキシコのサン・ルイス・ポトシに住むエディス・ゴヴェアさんだ。

動画ではマリクという名前のワンコが塀によじ登り、柵の間を通り抜けようとした時に抜け出せなくなった様子が収められている。なんとか脱出しようともがくワンコがジタバタしていると、そこへ “バニー” というジャーマンシェパードが参上

まるで、お助け漫画に描かれるスーパーヒーローのごとく姿を見せたバニーは、マリクが窮地に陥っているのを察したのか、柵から抜け出せるよう手を貸しているからビックリ! 最初は、片足で仲間のワンコを撫でるようにして支え、次は両足でマリクを引っ張ろうとするかのような動作を見せたのだ。

バニーの手助けもあり、やっとこさ後ろ足を塀に載せることが出来たマリクは、無事に柵の間から抜け出し反対側の地面へ着地!

・普段から仲良しの2匹

なんでも、バニーは動画に写っている黄色い家で飼われていて、近所に住むマリクが頻繁に遊びに来ているのだとか。普段から仲が良いワンコの友情に思わず感動してしまう、超ほのぼの~な動画なのであった。

公園などでじゃれ合っているワンちゃん達はよく見かけるが、困った事態に陥った仲間をここまで助けるとは……。それだけに、ワンコの仲間意識にジ~ンときてしまったネットユーザーが少なくなかったようだ。

参照元:Facebook @Edith GoveaMirror(英語)
執筆:Nekolas

ロシアの動物園から保護されたピューマが「立派な家猫」に…獰猛なはずの肉食動物が見せるニャンコっぷりがカワええ~

最近は犬や猫だけでなくフェレットやアライグマの仲間カコミスルなど、変わったペットを飼う人が増えているようだ。やはり家の中で飼うとなったら、大型よりは小型動物の方が世話も楽だと思うが、あるカップルはピューマを屋内で飼っているというからビックリ!

なんでも、ピューマはロシアの動物園から保護されたそうで、すっかり飼い主になついているらしい。獰猛(どうもう)なはずの肉食動物が見せる家猫っぷり……これがたまらなく可愛いので紹介したいと思う。

・動物園から保護されたピューマ

Instagram Photo
米ニュースサイト『Laughing Squid』によると、動物園からピューマを保護したのは、ロシアのペンザに住むサシャ&マシャさんカップルだ。

アルゼンチン出身のプロサッカー選手リオネル・メッシにちなんで “メッシ” と名付けられたピューマは、劣悪な環境にある動物園から引き取られた時、かなり健康状態が悪く24時間体制のケアを必要としていたそうだ。

Instagram Photo

・すっかり家猫になっちゃったピューマ

しかし、サシャ&マシャさんと一緒に暮らすようになったメッシは順調に回復。Instagramに投稿された写真では、元気な様子を確認できるだけでなく、キュートな家猫っぷりに笑みが漏れてしまう。

Instagram Photo

ニャンコのようにオモチャで遊び、リードにつながれて飼い主と一緒に散歩に行ったり……。そんなメッシを見たら「ピューマって獰猛な肉食動物じゃなかったっけ!?」と、思わず動物図鑑で調べたくなるほどなのだ。

・スフィンクスとも仲良く過ごすメッシ

Instagram Photo
そして、サシャ&マシャさんは毛のない猫スフィンクスも飼っているのだが、メッシは何倍も体が小さい相手とも仲良くやっている様子。やはり、同じネコ科だけに通じるものがあるのだろうか。体は大きいけど、メッシの家猫っぷりが超キュートでたまらない。

Instagramを見ていると、サシャ&マシャさんのメッシへの愛がヒシヒシと伝わって来て、「素敵なカップルに引き取られて良かったなあ~」という気持ちになる。劣悪な環境から保護され、メッシが安住の地を見つけられて何よりである。

参照元:Instagram @l_am_pumaLaughing Squid(英語)
執筆:Nekolas

可愛いすぎる〜! 10歳の少女が「飼い猫にインタビュー」した内容がネットで話題

動物を飼っている人は、返事がないことを分かっていてもペットに話かけたり、「一緒に会話が楽しめたらいいのにな」と思うことがあるのではないだろうか。

そんなペットとの会話を夢見る少女が、飼い猫にインタビューすることに! そして、ニャンコの返事を人間の言葉に翻訳した内容が可愛すぎて、SNSの「いいね」が17万件を超えるほどの人気となっているのだ。

・10歳の少女が飼い猫にインタビューを決行

飼い猫にインタビューを試みたのは、アイルランドのダブリンに住むポール・デュアンさんの10歳の娘ギャビーちゃんだ。

なんでもギャビーちゃんは、飼い猫のココに “正式” にインタビューを申し込んだとのことで、一体少女がニャンコに何を聞いたのか気になってしまう。

・メチャクチャ可愛らしいインタビューの内容は!?

それではギャビーちゃんが、ココとのインタビューを英語に翻訳した内容を、以下に紹介することにしよう。

私:ココ。頭を撫でてもいい?

ココ:もちろん!

私:背中は?

ココ:いいよ

私:お腹は?

ココ:私のお腹を触ることは許されていません!!

私:脚は?

ココ:ダメ!!

私:しっぽは?

ココ:絶対にダメ!

私:お尻は?

ココ:どこか変なんじゃないの!? このインタビューは終わり!!」

──と、怒った(!?)ニャンコにより、インタビューは強制終了となってしまったようだ。

・インタビューは失敗だったけれどネット民には大ウケ!

もしかしたらココの虫の居所が悪い時に、インタビューを行ってしまったのかもしれない……。残念ながらギャビーちゃんの解釈によると、インタビューは大成功とはいかなかったようだ。

だが、ポールさんがTwitterに投稿したインタビューの書き写しはネットユーザーに大ウケした模様で、公開から1週間もたたないうちに6万回以上リツイートされるほどの人気となっている。今度は、ココのご機嫌が良さそうな時に再度トライして、新インタビューの内容もぜひ投稿してほしいものだ。

参照元:Twitter @MrPaulDuane
執筆:Nekolas