飼い主を助けようとしたワンコが毒蛇に噛まれてこうなった / 顔がパンパンに腫れ上がるもSNSでヒーローに!

人間同士だとギブ&テイクな関係になりがちだし、背中を預けられるほど信用し合える関係を築くのは本当に大変だ。

対して、ペットと飼い主は信じられないほど深い絆で結ばれると耳にするが、そんな話を信じたくなるようなエピソードが話題になっている。毒蛇を踏みそうになった飼い主を助けようとしたワンコが、身代わりになり噛まれてしまったというのだ! ワンちゃんは大丈夫だったのだろうか……。

・飼い主の身代わりになって毒蛇に噛まれたペット


米ニュースサイト『boredpanda』によると、毒蛇に噛まれそうになったのは、米アリゾナ州アンセム市に住むポーラ・ゴッドウィンさんという女性だ。

トッドとクーパーという2匹のワンコを連れて散歩に出かけた時に、彼女がガラガラヘビを踏んづけそうになったらしい。すると、生後6カ月になるゴールデンレトリバーのトッドが毒蛇と飼い主の間に跳んで入り、ポーラさんの代わりに顔を噛まれてしまったのだ!

・飼い主を助けたワンコがSNSでヒーローに!

みるみるうちにトッドの顔が腫れ、直ちに最寄りの動物病院に駆け込んだポーラさん。彼女のFacebookに投稿されたワンちゃんは、顔の右半分がパンパンに腫れて直視できないほどの痛々しさである。

だが、抗毒血清を注射してもらったトッドはみるみるうちに回復し、すぐに立って歩けるように! 飼い主を守るために、自ら犠牲になった勇敢なワンちゃんは瞬く間にSNSで話題になり、“ヒーロー” と呼ばれるようになったそうだ。

・筆者のペットもマムシの犠牲に……

私事になるが、このエピソードを知った筆者は昔飼っていたペットを思い出してしまった。子供の頃にラッキーと名付けた柴犬を家の外で飼っていたのだが、ある日ワンコに “おやすみ” を言おうとドアを開けると、なんとラッキーの顔がパンパンに腫れているではないか!

すぐ両親に告げて動物病院に連れて行くと、鼻をマムシに噛まれていたことが判明。死んでしまうのではないかとメチャクチャ心配したが、抗毒血清を打ってもらい事なきを得た。

前出のポーラさんと似たような経験をしたことがあったため、どれほど彼女が心配したか痛いほどよく分かる。トッドの顔に出来た傷跡も完治することを願いたい。

参照元:Facebook @Paula Godwinboredpanda(英語)
執筆:Nekolas

飼い主とピアノで連弾するニャンコがカワイすぎ! ほのぼの感満載の動画が癒される!!

ペットは餌(えさ)を食べて、ゴロゴロとのんびりライフを送るだけではない。きちんとお手やお座りを覚えたり、なかには障害物を飛び越えたりするだけでなく、逆立ちまでできちゃう強者もいる。

そして、あるニャンコは飼い主と一緒にピアノで演奏してしまった。眠そうなニャンコと無理やり一緒にピアノを弾いているようにも見えるが、逆にほのぼのとした感じが最高なのである。

・眠そうなニャンコが飼い主と連弾!

キュートなニャンコ&ピアノの組み合わせによりSNSで人気を博しているのは、トルコのイスタンブールに住むピアニストのサーパー・デュマンさんだ。

Instagram Photo

彼の Instagram に投稿された動画を見ると、飼い主の膝に乗ってピアノの鍵盤に両手に添えているニャンコが、ウトウトしているのを確認できる。その時点ですでに可愛らしさ満載なのだが、そこから可愛いが止まらない!

・まどろみながらピアノを弾く猫が超かわええ~!

なんとサーパーさんはピアノを弾きながら、ニャンコの手と鍵盤を同時に押さえて音色を奏でるではないか。少々強引な感じではあるが、ペットとの連弾(!?)を実現してしまうのだ。

ニャンコはもともと眠かったのか、それともピアノの音色でまどろんでしまったのかは不明だが、とにかくその姿が “愛らしい” としか言いようがない。そしてニャンコの手を押すたびに見せる「もう可愛くってしょうがねえ~!」といったサーパーさんの表情も最高にイイ感じである。

・ニャンコへの愛に溢れた動画や画像に癒される~!

サーパーさんの Instagram を見たところ、ニャンコを8匹は飼っているようで、他の動画でも連弾の途中でニャンコに頬ずりしたり猫の頭にキスをしたりとデッレデレ! その様子がほのぼの感満載で、見ていたらすっかり癒されてしまう。

Instagram Photo

また、ピアノの前に陣取った猫ちゃんの「ここは僕の特等席~!」といった表情にもメロメロになってしまう。ちょっと心が疲れた時にサーパーさんのSNSを覗いたら、一息つけること間違いなしだ。

参照元:Instagram @sarperduman
執筆:Nekolas

監視カメラがとらえた「眠っているはずの赤ちゃんの行動」に両親が驚愕! ワンコが部屋に侵入して赤ちゃんを起こし…

ベッドで眠っていたはずの赤ちゃんが、朝になって廊下で見つかったら……誰だって「何があった!?」と思っていしまうに違いない。まさにそんな体験をした両親が、監視カメラを設置して真実を確かめたところ、最高に笑えてキュートなことが起きていたようなので紹介したい。

・ベッドに寝ていたはずの赤ちゃんが廊下に

米ニュースサイト『boredpanda』によると、動画「Golden retriever & our toddler: partners in crime」を撮影したのは、生後15カ月の女児クロエちゃんの両親クリス&ニーナさん夫妻だ。

なんでも、朝起きるとベッドに寝ていたはずの娘が廊下にいるのを目撃し、2人は「まだドアノブに背が届かないのに……一体どうやって部屋から出たんだろう!?」と不思議に思ったのだとか。そこで何が起きているのか確認するために、監視カメラを設置することにしたのだという。

・犯人はペットのワンコだった!

Instagram Photo

こうして、事の真相を突き止めるべくカメラの映像を再生した二人は、その内容に呆然! なんと、一家のペットであるゴールデンリトリバーのブルー&コルビーが、自力でドアを開けてクロエちゃんの部屋へ侵入していたのだ。

そして、2匹は「早く起きて~!」とばかりに赤ちゃんの顔を舐めまくり、「こっちに来て」といった感じでアピール! 必死の催促に根負けした様子のクロエちゃんがベッドから降りて、部屋から出ていたという訳である。

・しかも赤ちゃんに餌を貰っていた!

しかも驚くべき点は、それだけではない。ブルー&コルビーはワンコの餌(えさ)がある場所にクロエちゃんを導き、餌を食べさせてもらっていたというからビックリ! 

娘とペット2匹による完璧なチームワークにクリス&ニーナさんは呆気に取られ、クロエちゃんが勝手に部屋から出て歩き回らないようにセキュリティを強化したそうだ。

この動画に『ミッション:インポッシブル』のテーマを乗せたら、最高にマッチしそうである。それにしても、赤ちゃんを起こして餌を催促するワンコも賢いが、生後15カ月にして犬の餌を何だか理解してペットに与えていたクロエちゃんも、相当スマートなベイビーではないだろうか。

参照元:YouTube / Jukin Media、Instagram @cheesepupsboredpanda(英語)
執筆:Nekolas

「ワンコと同じ去勢マークのタトゥー」を入れた男性の “愛犬への愛” がハンパない / 意味は知ってたけどペットに愛情を示したかったらしい…

人間に裏切られることはあっても、どんな時でもペットだけは寄り添って心の支えになってくれる……と耳にすることがある。

そんな最愛のペットに愛を示すため、ある飼い主が「ワンコと同じ去勢マークのタトゥー」を入れて話題になっていたのだという。ちょっとネットで知られる存在になったことを活かして、その男性は動物を救う寄付金集めも行っていたらしいぞ!

・「ワンコと同じ去勢マークのタトゥー」を入れた男性が登場!

米ニュースサイト『Buzzfeed』によると、少し前の話になるが「ワンコと同じ去勢マークのタトゥー」を入れたのは、米テキサス州に住むクリス・メンディオラさんという男性。

2010年に “ベア” と名付けた犬の里親になった彼は、ワンコのお腹にタトゥーが入れられていることに気づき、「動物にタトゥーを入れるなんて」と憤りを感じたのだという。

そこで彼は、愛犬と同じタトゥーを腕に入れることを決意。その経緯を2017年9月にFacebookに投稿したところ……ネットユーザーから「それは “去勢” されたことを意味するマークで、犬がタトゥーを入れられて虐待された訳じゃないよ」と指摘を受け、クリスさんは笑いのネタになってしまったのである。

・意味を知ってたけどペットに愛情を示したかった!

ところがクリスさんは獣医と話をして、最初はタトゥーだと勘違いしたマークが、去勢を意味する印だと説明を受けて知っていたのだそう。なんと彼は、印の意味を知っていたにもかかわらず去勢マークのタトゥーを入れたというから、きっとワンコへの愛は無限大に違いない。

・ネット拡散を活かして寄付金集めを開始!

そんなこんなで去勢マークのタトゥー画像がSNSで拡散し、ちょっとネットで知られる存在になったクリスさん。そこで彼は姉妹と一緒にクラウドファンディングサイト「GoFundMe」で、安楽死を行わない動物保護センター「Operation Kindness:オペレーション・カインドネス」への寄付金を集めるページを設立!

寄付金は思ったように集まらなかったようだが、クリスさんの心意気は素晴らしいと言えるのではないだろうか。自分の画像がネットで拡散され、笑い者にされたとなると誰もが傷ついてしまうだろうが、それすらも動物のために利用するとは……クリスさん恐るべしである。

参照元:Facebook @Chris MendiolaGoFundMeboredpandaBuzzfeed(英語)
執筆:Nekolas

レビュー内容が可愛すぎ!「なでた犬」を評価する少年(9才)のTwitterアカウントが星5つレベルの人気で話題 / 紹介文に癒されちゃうぞ!!

人間には裏切られたり傷つけられることがあるが、「人間の永遠の友達」だと言われる犬はどんな時でも寄り添い、心の拠り所になってくれるものだ。

そんな、道で偶然出会ってなでなでしたワンちゃん達を評価する、9歳の少年のTwitterアカウントが大人気となっている。ワンちゃんの紹介文がカワいくて、少年とワンコの触れ合いに癒されてしまうところが人気の秘密となっているようだぞ。

・なでたワンコを評価するSNSページが大人気に!

米ニュースサイト『boredpanda』によると、道で偶然出会ってなでなでしたワンちゃん達をTwitterで評価しているのは、9歳のギデオン・キッド君だ。

もともと少年は、2016年に自分が撫でたワンコを評価&紹介する、「I’ve Pet That Dog:あのワンコを撫でたよ」というブログをスタート。その後、2018年4月に母親の勧めで同じタイトルのTwitterアカウントを始めたところ、瞬く間にフォロワーが55万人を超える人気となったというからスゴいではないか!

・ワンちゃんを紹介する投稿がカワいい~!

ギデオン君は単にワンちゃんの評価をするだけでなく、飼い主から聞いた犬の名前や品種、性格や面白いエピソードなども紹介している。

例えば、彼が投稿した評価&紹介文は次のような感じである。

「シンバッドをなでたよ。写真を撮られることにためらってたみたいだった。シンバッドは4歳半のカタフーラ・レパード・ドッグ。寄り添うのが好きだけど頑固になる時もあって、飼い主によると欲しい物が貰えなかったらオシッコをひっかけようとするんだって」

「12歳のヨーキー・プーのジャスパーをなでたよ。飼い主が “年を取ったから怠け者になっちゃったけど、家族のそばにいるのが大好きなジャスパーはソファでくつろぐのが大好きだ” って言ってたよ」

「今回なでたのは、グレート・ピレニーズで6歳のトリーン。すごく元気なワンコで毛並みがソフトでフワフワだった。トリーンは吠えるのが好きで、自分の存在を世界に知らせるために吠えることもあるんだって」

もちろん、コメントにはシンバッドを撫でている少年の写真が添えられている。

・少年とワンちゃん達の触れ合いにほのぼの~

なんでもギデオン君は、このプロジェクトを始めてからというもの300匹以上のワンちゃんを撫でてきたのだそう。

彼のTwitterアカウントが大きな人気を博しているのは、各ワンコの個性が伝わる紹介文がポイントになっているようだ。また、少年と可愛いワンコの触れ合いもほのぼのしていて、画像を見ているだけで癒されてしまうところも話題を呼んでいる理由ではないかと思われる。

動物と触れ合うことで治療を図るアニマル・セラピーも存在しているぐらいなので、ギデオン君とキュートなワンコ達の画像を見ていると、筆者もホっと一息つけた気分になってしまった。

参照元:Twitter @IvePetThatDogboredpanda(英語)
執筆:Nekolas

10年来の愛犬と間違えて「見ず知らずのワンコ」をペットサロンから連れて帰ってくる “致命的ミス” をパパが犯した理由 / 年配の方なら共感必至!?


「世の中には自分に似ている人が3人いる」とはよく言われるが、どうやらそれは動物にも当てはまるのかもしれない。というのも、動物の “ソックリさん” を判別できなかったのか、あるパパが「10年も飼っている愛犬とは違うワンコ」をペットサロンから連れて帰って来て、ネット民から失笑を買ってしまったというのである。

・ペット美容院から違うワンコを連れて帰って来たパパ

米ニュースサイト『boredpanda』によると、米フロリダ州マイアミに住むアレックスさんという青年が、「ペットの犬(名前:ニーヴス)をペットサロンから連れて帰って来てほしい」と父親に頼んだのだという。

こうして、ほどなくしてパパがワンコを連れて “無事” に帰宅。ところがアレックスさんがワンちゃんを撫でると、「なんだかニーヴスと毛並みが違う……」と妙に思ったのだとか。

そう! なんということか、パパは一家が飼っている愛犬とは違うワンコを連れて帰って来てしまったのである! 

・一歩間違えばペット誘拐事件!?

一歩間違えばペット誘拐事件に発展してもおかしくない展開だが、見知らぬ家に連れて来られたワンコは我が家にいるかのように振舞い、すっかりくつろいでいたのだいう。

その時の様子を捉えたTwitterの動画では、アレックスさんが父親のミスに大爆笑となり、ワンちゃんを撫でながら「君は誰なの~?」と話しかけている。

・なぜそんなことが?

それでは一体なぜ、間違いが起きてしまったのだろうか? パパの言い分によると、原因は……!

老眼!

さらに、ワンコが付いて来て車に跳び乗ったため、パパは我が家のワンコだと思い込んでしまったのだそうだ。

・無事に本物のニーヴスと交換して一件落着!

その後、直ちに偽ニーヴスはペット美容院に戻され、無事に本物のニーヴスと交換されたとのこと。しかし、その際も再び間違いがあってはいけないとばかりに、パパが「これで間違いないか?」と、ニーヴスの写真を家族に送信して確認していたというから笑えるではないか。

それにしても、ニーヴスはアレックスさん一家の家族になってから10年になるというのに、パパに他のワンコと間違われるなんてちょっと可哀想……。ネット民からは大いに失笑を買うことになってしまい、ニーヴスを不憫に思う同情のコメントも寄せられていた。

偽物と本物のニーヴスの画像を比べたら確かに似ているが、自分のペットと間違える人はそう多くはないのではなかろうか。アレックスさん一家が集う度に、しょっちゅうパパはこの話を持ち出されて笑いのネタにされそうである。

参照元:Twitter @Pineappl3pizzaboredpanda(英語)
執筆:Nekolas

新居に引っ越したら地下室に犬がつながれたままだった → 助けられた時のリアクションが涙を誘う…

動物を飼ったら、エサをやったり健康状態に気を配ったりするのは飼い主の務め。一緒に暮らすなら大きな責任を伴うことは百も承知だろうが、なかには動物を大切に出来ない人もいるようだ。

なぜなら、ある男性が新居に引っ越して地下室へ行くと、なんとワンコがつながれたままになっていたというのである。そして救出された時のワンコのリアクションは、涙なしで見られなかった……。

・家の地下室にワンコがつながれていた

米ニュースサイト『boredpanda』によると、ある男性が米ミズーリ州セントルイスで新居に引っ越すと、なんということかピットブルが地下室につながれたままだった。そこで、地元の動物保護センターに連絡を取ると、すぐに職員が現場へ駆けつけてくれたとのこと。

その時の様子を捉えたのが、動画「There’s a dog chained up in my basement」なのだが、ワンちゃんがいたのは真っ暗闇の地下室の中……。助けが来たことを察したのか、ワンちゃんはちぎれんばかりに尻尾を振り、嬉々とした様子を見せている。きっと計り知れない恐怖と戦っていたに違いない。

・ワンコのリアクションが涙を誘う……

なんだか、ワンちゃんの瞳が「助けに来てくれたんだね!」と訴えているようで、思わず涙を誘われてしまう。なお、一体どれくらいの間、ワンちゃんが地下室につながれていたのかは不明だという。

もし男性の引っ越しが遅れていたら水も食べ物もなく、餓死していた可能性も……そう考えると背筋が凍るが、幸いなことに無事。外へ連れ出されたワンコは大喜びで跳びまくり、元気をすっかり取り戻している。

・犯人は不法居住者!?

あまりに跳ねまくるため、ワンコは “飛び跳ねる豆” を意味する「ジャンピング・ビーン」と命名された。放置されていた地下室はゴミが散乱して荒れていたため、空き家になった後に不法居住者が住み着いていたと思われている。その人物がジャンピング・ビーンを置き去りにしたとも考えられるが、誰が犯人なのかは明らかになっていないようだ。

つながれていた鎖から解放され、日光を浴びたジャンピング・ビーンの嬉しそうな姿を見て、「発見が遅れなくて良かった!」と胸を撫で下ろしてしまった。これから、ワンちゃんが大切にしてくれる飼い主と出会えることを心から願いたい。

参照元:YouTubeboredpanda(英語)
執筆:Nekolas