10年来の愛犬と間違えて「見ず知らずのワンコ」をペットサロンから連れて帰ってくる “致命的ミス” をパパが犯した理由 / 年配の方なら共感必至!?


「世の中には自分に似ている人が3人いる」とはよく言われるが、どうやらそれは動物にも当てはまるのかもしれない。というのも、動物の “ソックリさん” を判別できなかったのか、あるパパが「10年も飼っている愛犬とは違うワンコ」をペットサロンから連れて帰って来て、ネット民から失笑を買ってしまったというのである。

・ペット美容院から違うワンコを連れて帰って来たパパ

米ニュースサイト『boredpanda』によると、米フロリダ州マイアミに住むアレックスさんという青年が、「ペットの犬(名前:ニーヴス)をペットサロンから連れて帰って来てほしい」と父親に頼んだのだという。

こうして、ほどなくしてパパがワンコを連れて “無事” に帰宅。ところがアレックスさんがワンちゃんを撫でると、「なんだかニーヴスと毛並みが違う……」と妙に思ったのだとか。

そう! なんということか、パパは一家が飼っている愛犬とは違うワンコを連れて帰って来てしまったのである! 

・一歩間違えばペット誘拐事件!?

一歩間違えばペット誘拐事件に発展してもおかしくない展開だが、見知らぬ家に連れて来られたワンコは我が家にいるかのように振舞い、すっかりくつろいでいたのだいう。

その時の様子を捉えたTwitterの動画では、アレックスさんが父親のミスに大爆笑となり、ワンちゃんを撫でながら「君は誰なの~?」と話しかけている。

・なぜそんなことが?

それでは一体なぜ、間違いが起きてしまったのだろうか? パパの言い分によると、原因は……!

老眼!

さらに、ワンコが付いて来て車に跳び乗ったため、パパは我が家のワンコだと思い込んでしまったのだそうだ。

・無事に本物のニーヴスと交換して一件落着!

その後、直ちに偽ニーヴスはペット美容院に戻され、無事に本物のニーヴスと交換されたとのこと。しかし、その際も再び間違いがあってはいけないとばかりに、パパが「これで間違いないか?」と、ニーヴスの写真を家族に送信して確認していたというから笑えるではないか。

それにしても、ニーヴスはアレックスさん一家の家族になってから10年になるというのに、パパに他のワンコと間違われるなんてちょっと可哀想……。ネット民からは大いに失笑を買うことになってしまい、ニーヴスを不憫に思う同情のコメントも寄せられていた。

偽物と本物のニーヴスの画像を比べたら確かに似ているが、自分のペットと間違える人はそう多くはないのではなかろうか。アレックスさん一家が集う度に、しょっちゅうパパはこの話を持ち出されて笑いのネタにされそうである。

参照元:Twitter @Pineappl3pizzaboredpanda(英語)
執筆:Nekolas

【朗報】ベジータパパ、ついにトランクスを遊園地に連れて行く

オッス! オラ悟空!! 突然だけどよみんな、約束はぜってえ守らねえといけねえって知ってっか? オラは約束を破ったことなんて一度もねえぞ。なのにベジータのやつ、トランクスを遊園地に連れて行くって約束をしたのに、まだ連れってってねえんだって。オラおどれえちまったぞ!

でもよ、最近ベジータが、ついにトランクスを遊園地に連れてったらしいんだ。なんだおめえ、いいとこあんじゃねえか! そん時の様子は、野沢雅子さんのモノマネでお馴染み、アイデンティティ田島さんのTwitterで公開されてっぞ。よし、いっちょ見てみっか!

・親子の約束

そもそも、なんでベジータがトランクスを遊園地に連れて行くことになったか覚えてっか? 魔人ブウ編を思い出してみろ。トレーニング中にトランクスが超サイヤ人になれるって知って、ベジータはおどれえてたろ。「まるで超サイヤ人のバーゲンセールだな……」ってよ。

そんでベジータのやつ、トランクスに「オレの顔面に一撃でも食らわせられたら遊園地に連れてってやるぞ」っちゅう名ゼリフを吐いたんだ。そのあとついトランクスを攻撃して泣かしちまったから、遊園地には連れってってやるって約束したんだよな。

・Twitterで実現

でもよ、原作が終了するまで、結局ベジータは遊園地には行ってねえんだ。ん? 『ドラゴンボール超』の2話? オラそんなん知らねえぞ。と思ったらよ、2018年3月14日に公開されたアイデンティティ田島さんのツイートに、とんでもねえシーンが収められてやがった、

動画を見てみっと、なんとベジータがトランクスと一緒に遊園地に来てんだ。オラおどれえたぞ。ていうかよ、トランクスの声……これオラじゃねえか! 悟空成分が強すぎる気もすっけど、けっこう上手くて笑っちまったぞ。そしてベジータのやつ、3時間も遊園地を貸し切りにしたんか? ひゃ~! いいパパだな~!!

・似すぎだぞ

ドラゴンボールファン歓喜のシーンが見られて、オラ大満足だ。それにしても、R藤本さんのベジータのモノマネは本当にうめえなあ。もはや本人だろ。これからもいっぺえドラゴンボールのネタを見られると思うと、オラワクワクすっぞぉ! みんなも、ぜってえ見てくれよな!!

参照元:Twitter @iden_taji
執筆:あひるねこ

あるパパが『スター・ウォーズ』ファンの息子に作った部屋がスゴい! ミレニアム・ファルコンを再現していて映画のセットみたい!!

2015年に10年ぶりの公開となった『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』以来、スピンオフの『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』と『ジェダイの復讐』が立て続けに製作され、ますます勢いを増している本シリーズ。

そんな作品の大ファンである息子のために、あるパパが映画に登場する宇宙船ミレニアム・ファルコンを部屋に再現して海外ニュースに取り上げられている。その出来栄えは超リアルで、まるで映画のセットのよう!

・部屋に再現されたミレニアム・ファルコンがスゴい!

息子の部屋に『スター・ウォーズ』の宇宙船を再現してしまったのは、画像共有サイトimgurのユーザー「Dericrw」さんだ。ユーザー名にちなんで、彼のことをデリさんと呼ぶことにしよう。

ちなみにミレニアム・ファルコンとは、登場人物ハン・ソロが操縦する宇宙船で、シリーズのアイコン的な存在となっている。さて、そのパパが作り上げた部屋の画像を見ると、ミレニアム・ファルコンのポッド部分にタラップが取り付けられ、なんとポッドの中にはベッドも置かれている。

そして、部屋の天井に取り付けられたポッド側にある壁には、ミレニアム・ファルコンの本体を描いてしまう凝りよう。また、ポッドの中には銃やライトセーバーまで置かれているから驚かされる。

・息子の自立の第一歩のためだった!

米ニュースサイト『Laughing Squid』によると、『スター・ウォーズ』をテーマにした部屋を作り上げたのは、息子が1人で寝られるようにするためなのだとか。海外では、子供が4歳くらいになったら、1人でベッドに寝るようしつけられる場合が多い。

そこでデリさんは、息子の自立の第一歩がスムーズにいくよう映画のセットばりのミレニアム・ファルコンを再現した訳だが、本当にスゴいの一言に尽きる。こんなにワクワクするような部屋だったら、息子も喜んで1人で寝るのではないだろうか。

なお、ミレニアムン・ファルコンの画像を見たネットユーザーからは、「42歳のオジさんだけど、この部屋で寝たい!」といったコメントが寄せられていた。映画の世界に浸れるような部屋で、子供時代を過ごせるデリさんの息子は本当にラッキーである。

参照元:imgurLaughing Squid(英語)
執筆:Nekolas

なんちゅう声だっ! フィリピン人の父ちゃんが「ブッ飛ぶほどの美声」をカラオケで披露して話題

人の隠れた才能が思わぬ形で明らかになることがあるが、今回紹介するフィリピン人のお父さんはそのいい例ではないだろうか。なんでも、家族からワイヤレスマイクをプレゼントされたというお父さんが歌声を披露したところ……耳を疑うほどビックリな美声だったのだとか。

・ワイヤレスマイクをプレゼントされたお父さん

アジアのニュースサイト『NEXT SHARK』によるとこうだ。誕生日に息子からワイヤレスマイクをプレゼントされたお父さんだったが、妻からは「それを貰ってどうするよ」という反応が返ってきたらしい。

そこで、妻の誕生日に歌を捧げることにしたお父さん。いざ歌い始めると……信じられないような歌声だったのだ。その時の様子は、娘のマリー・アン・アグイレさんが撮影した動画で確認できる。

・父ちゃんの歌声がブっ飛ぶほどの美声だった!

お父さんが動画で歌っているのは、ライチャス・ブラザーズの名曲『アンチェインド・メロディ』。きっと、歌っている人は知らないという人でも、一度ぐらいは耳にしたことがあるラブソングではないだろうか。

お父さんは妻の肩に手を当てながら伸びのある素晴らしいボーカルで名曲を歌いこなし、その歌声はプロ顔負け! 今まで彼の歌を聞いたことがなかった家族は、その才能にさぞかし驚いたに違いない。

・黙々と夕食を食べ続けるお母さん……

自分の誕生日に、こんなラブソングを夫に熱唱してもらえたら妻としては嬉しい限り……のはず。ところがマリーさんのお母さんは黙々と夕食を食べ続け、あまり夫の歌声に注意を払っていない様子……。

というのもワイアレスマイクを貰ってからというもの、お父さんが毎日のように歌っているため、お母さんには素晴らしい歌声が当たり前のことになってしまっていたのであった。

もうすぐ結婚30周年を迎えるというマリーさんの両親は、今でも仲が良くてラブラブなのだそう。毎日のように夫が妻に歌を捧げるようになり、さらに夫婦の絆が深まっているのではないだろうか。

参照元:Twitter @MarieAnnMcflyNEXT SHARK(英語)
執筆:Nekolas

「もしかして自分もスマホ依存…?」と身につまされそうな啓発動画が人気 / あなたは大丈夫!?

電車の時刻や近くのオススメの店を調べたり、パッと地図もチェックできるしで、本当にスマホは便利である。だが、不要にSNSをチェックしまくったりゲームに興じていたら、知らずとスマホに依存している場合も……。

「そんな状態を改善して、家族団らんの時間を大切にしよう」とのスローガンで、スマホ依存を啓発するユーモア動画が制作され、人気となっているので紹介したい。読者の皆様も、こんな風になっていないかチェックするために一見してみてはどうだろうか。

・スマホ依存を啓発するユーモア動画が人気に!

スマホ依存を啓発するユーモア動画を制作したのは、家族生活の改善を支援する非営利団体「コモン・センス・メディア」だ。

「#DeviceFreeDinner」と題された動画はシリーズとなっていて、ユーモアあふれるキャンペーンに登場するのは、パパ&ママと娘2人&息子の5人家族。毎回ディナーのシーンなのだが、どうやらパパがスマホ依存症のようである。

・パパがスマホに夢中で子供達は寂しそう……

まずは、シリーズのひとつ「Cat Filter:キャット・フィルター」という動画では、末娘が「お腹が空いていない」と言いションボリした様子。悲しそうに「パパが恋しい」と呟き、続けて長女が「私も……」と言おうとすると、パパが「みんな黙って!」と制してスマホに無我夢中!

「このフィルターを使ったら、自分が猫みたいになるぞ!」と、大喜びで画像を加工するパパに家族が冷た~い視線を投げかけ、動画はジ・エンドとなっている。

・家族で決めたルールを守れないパパ

お次は、「Basket:バスケット」とタイトルが付けられた動画を見てみよう。こちらも前出と同じ家族が登場し、スマホを手放せないパパが、家族全員から「スマホをバスケットに入れて」と指示される始末……。

察するところ、ディナーの時は、家族全員がスマホをバスケットに入れるルールになっているらしい。そして、パパが渋々バスケットにスマホを入れた……と思いきや、「スマホがバスケットに入っているなら、触ってもいいだろ?」と発言し、呆れてしまうような展開になったところで動画は幕を閉じている。

この動画を見て、読者の皆様は身につまされるような思いになるだろうか!? 筆者はヘビーユーザーではないが、ふと手持ち無沙汰になった時にスマホをチェックしてしまうことが少なくないため、その時間を有意義に使えるようにせねば……と思わずにはいられなかった。

参照元:YouTube[1] [2]
執筆:Nekolas

「初めて注射を打たれる赤ちゃん」を見守るパパにウルウル…親子の絆を感じまくる動画が再生1600万回超えの大ヒット!


友達や仕事、恋愛など人間関係にも色々あるが、やはり親子ほど深いつながりが持てる関係は、他にないのではないかと思う。まさに、そんな親子の深~い絆を感じさせてくれる動画が、再生回数1600万回超えと大ヒットしているので紹介したい。

映し出されるのは、「初めて注射を打たれる赤ちゃん」を見守るパパ。ほのぼのすると同時に、子供への愛をヒシヒシと感じて、なんだかウルウルしてしまう!

・幼い息子が初の予防注射を受けることになり……

米子育て情報サイト『ROMPER』によると、話題になっている動画に登場するのは、米ジョージア州出身のアントワン・リーさんと生後2カ月の息子デビアス君だ。

予防接種のため病院を訪れたパパは、幼い息子が注射される前に「我慢するんだぞ。大丈夫だからな」と言いながら、必死であやしている。初めて息子に注射針が入ることに、パパの方が緊張しているように見えなくもない。

・パパの方が辛そうに見えるほど!

パパが「泣くんじゃないぞ。いや、泣いてもいいからな」と支離滅裂なことを言っているうちに、いよいよ予防接種を受ける時がやって来た。そして1本目の注射を打たれた瞬間、小さなデビアス君が泣き出すと……

パパは大慌てで息子の顔にキス! さらには「オ~! なんてこった……分かるよ、分かるよ~」と語りかけ、なんとかして痛みを共有しようとするではないか。思わず看護師さんが笑ってしまうほどの必死さだが、親の愛情がヒシヒシと伝わってくる光景だ。

・動画の再生回数が1600万回超えに!!

結果、小さな体に注射を3本も打たれて泣き叫ぶも、パパの助けと共に注射を乗り越えたデビアス君。ちなみに、この動画はアントワンさんの妻が撮影したもので、息子を励ますのに必死だったパパは撮られていることに全く気づいていなかったのだとか。

動画はあっという間に Facebook で拡散。親なら誰でも経験する出来事に多くの共感が寄せられ、再生回数は1600万回というモンスター級の数字に膨れ上がっている。

アントワンさんの息子への愛が伝わって来て、「赤ちゃんの時のことは覚えてないけど、自分の親も予防接種の時に、こんなふうにあやしてくれたんだろうな……」と思うと、なんだかウルウルしてしまった筆者である。

参照元:Facebook @Debias King LeeROMPER(英語)
執筆:Nekolas

2本の鉄柱に子供の頭が挟まって抜けなくなった! パパが悩むこと2時間…「目からウロコ」な発想転換で脱出に成功!


考え方が柔軟でないと「コレ!」と思い込んでしまい、違う視点で物事を見られないことがある。まさに、そんな状態に陥ってしまったパパの動画が、話題となっているので紹介しよう。

なんでも、彼の息子の頭が2本の鉄柱の間に挟まって抜けなくなってしまい、アレコレ試すものの全く効果ナシ……。その後、無事に脱出できたのだが、方法が「目からウロコ」すぎて思わず笑ってしまうものだったのだ。そ、その手があったか!

・2本並んだ鉄柱に男児の頭がつっかえてしまった!

トラブルが発生したのは、ブラジルのエスピリトサント州に住むロドリゴ・カーディンさんが、2歳の息子アーサー君を連れて祖父母や叔父らと過ごしていた時のこと。楽しいはずの団らんは、2本並んだ鉄柱にアーサー君の頭がつっかえて抜けなくなると、てんやわんやの騒ぎに発展してしまった。

・祖父と叔父が加勢するも効果ナシ……

その一部始終は、祖母のセリアさんが撮影した動画「Child gets head stuck in bars leaving dad stumped」で確認できる。ロドリゴさんが「入ったのだから抜けるはず」だと言わんばかりに息子の頭をバーから抜こうと引っ張るが、アーサー君は痛みで今にも泣き出しそう……。

困り果てたパパに手を差し伸べるべく、祖父と叔父が加勢することに。ただ、鉄柱を引っ張ったり、力ずくでアーサー君を助け出そうとするも、どうにも埒(らち)が明かない。

・「押してダメなら引いてみな」の逆バージョン!!

そうするうちに2時間もの時が経過し、幼いアーサー君は忍耐の限界に達している様子……。しかし、パパがある瞬間に「ひらめいた!」とばかりに、息子の体を引っ張るのではなく斜めにさせて鉄柱の間から押し出すと……なんとスルっと通り抜けたのである!

これぞ、「押してダメなら引いてみな」の逆バージョン!! 思わず “目からウロコ” な瞬間に、さすがのパパも「何で早く思いつかなかったんだ~」と、反省しているかのように苦笑いしていた。

筆者も動画を見ていて、「引っ張って助け出す」という考えにとらわれてしまい、押し出す方法をまったく思いつかなかった。打開策を見つけたかったら、思い込まずに発想の転換が必要なんだな……と反省してしまった次第である。

参照元:YouTube
執筆:Nekolas