ある海外男性が作る『昔ながらの貼り紙広告』がジワジワ来る~とSNSで人気に! 「このハトを見つけました。あなたのペットですか?」など

ひと昔前、中古品売買やメンバー募集などは町の掲示板に広告を貼って呼びかけていたものだが、現代では全てネットで事が済むようになってしまった。

そんな今の時代、ある海外男性が「昔ながらの貼り紙広告」を制作し、その内容がシュールで笑えるとSNSでジワジワと人気を集めているというので紹介したい。

・懐かしの貼り紙広告がジワジワ来る……

米ニュースサイト『boredpanda』によると、“昔ながらの貼り紙広告” を制作してSNSでひそかに笑いを誘っているのは、アラン・ワグナーさんという男性だ。

なんでもアランさんは、さすがに貼り紙&口コミだけで何かを拡散させるのは難しいと思ったのだとか。そこで、貼り紙広告を制作して近所の電柱に貼り、あたかも変な広告を見つけたかのようにInstagramに投稿し始めたら、いつの間にかフォロワーが33万人を超えるほどの人気になっていたというのだ。

・「この鳥を見つけました。あなたのペットですか?」

例えば、時々道で見かける「行方不明のペット」に関する広告をパクった貼り紙には、ハトの写真に「この鳥を見つけました。あなたのペットですか?」との文句が書かれているのだ。

Instagram Photo

「ハトなんて全部一緒に見えるから分かんないでしょ!」とツッコミを入れたくなるが、それがアランさんの狙いである。続けて次のような情報も書き込まれているから、さらに笑いを誘ってしまう。

・名前のタグはなし
・いろんな名前を呼んでみたけど反応はゼロ
・全く指示に従わない(しつけが十分ではない)

と、ひねくれたユーモアが満載なのだ。

・変な貼り紙広告のオンパレード!

Instagram Photo

そして、ジャグジーにつかる恰幅のよい男性の写真がプリントされた広告も、か~なり奇妙でシュール! 貼り紙には、

「この男性を知っていますか? 5日前に家のジャグジーに現れ、今でも滞在しています。動きもしなければ喋りもせず、まばたきもしません。そして、夜には目が赤く光ります。この人物に関する情報やアドバイスがあれば、こちらに電話を」

と電話番号も記載されているが、もちろん偽ナンバーである。

Instagram Photo

その他にも「なんでもチョップできます」との広告には、「私がチョップできない物を持参した人には、400ドル(約4万4000円)の賞金を差し上げます」とのうたい文句が! 

こんな貼り紙を道で見かけたら、思わず立ち止まって「これって本気!? それとも冗談?」としばし考えてしまいそうだ。

昔ながらの貼り紙広告がSNSで人気なっているとはなんとも皮肉であるが、ジワジワ~と来るアランさんのInstagramページのフォロワーは、これからも増えていきそうだ。

参照元:Instagram @truewagnerboredpanda(英語)
執筆:Nekolas

ある女性が体をはって「ネット上の意地悪な声は無視するべき」と証明 / ネット民からの “アドバイス” を聞き入れまくったらヤバいことになる!

生きていれば、他人から色々なことを言われる。有益な言葉もたくさんかけられるが、ただ相手を傷つけるだけの有害な言葉だって山ほど浴びせられる。匿名性が保たれるネットでは、その傾向が特に顕著かもしれない。

でも、そんな心無い言葉は無視無視! 第一、全ての意見を聞こうとしたら、本当に大変なことになってしまうんだから……。この度、ある女性がそのことを体を張って証明してくれた。ネット上に集まった色々な “アドバイス” を聞き入れてみたところ……ものすごい事態になってしまったのである。

・インスタグラマーの元に寄せられる悪口の数々

ユーザーネーム Chessie Kingさんは、フォロワー32万人以上を抱える Instagram 界の有名人。日常の一コマからワークアウトなどの写真・動画を投稿しては、「自分の体を愛して!」と健全なエクササイズの重要性やリアルな美の大切さを呼びかけている。

Instagram Photo

どれも Chessie Kingさんの笑顔にあふれた、ポジティブな投稿ばかり。だが、幸せそうな姿が妬まれるのか、はたまた他人の体型に対してケチを付けたがる人が多いのか、彼女のもとには毎日のように様々な悪口が寄せられているそうだ。

例えば、彼女が下着姿で踊る動画に「太っちょだなあ」なんて言葉が寄せられ、両腕をあげた写真には「女の子がウェイトトレーニングをすべきではないね。彼女みたいに腕がすごく太くなっちゃうよ」というコメントが。なら、と腕を細くした写真を投稿すると、今度は「脚が太すぎ」と言われる始末。

他の投稿にも「スポーツブラがゆるゆるじゃないか」「ブスだね」「あとで自分の姿をみて後悔するよ」「髪の毛の色がダサい」「貧相な唇」などなどヒドい言葉のオンパレード!

・ネット民の様々な意見を聞いていったら……

もう、どーせいっちゅーんじゃ! そこでChessie Kingさんは、それらの “アドバイス” を全て聞き入れて、新しい自分に変身することにした!! ネットいじめ根絶のために活動する団体『Cybersmile』と共に、前述のネット民からの言葉に従って、自分の体をどんどん “お直し” していったのだ。

その模様は動画『Cybersmile and Chessie King Body Positivity Campaign』で確認することが出来る。美しい顔と体で楽しそうに踊る Chessie Kingさんの体がドンドン変化していく。体が細くなり、お胸が大きくなり、髪の毛の色が変わり……そして最後には、元の彼女とは似ても似つかない不気味な姿に大変身

Instagram Photo

・「意地悪な声を全部聞いていたら、私たちは怪物になってしまう」

そして Chessie Kingさんは、動画を公開しながらこう呼びかける。

「ネット上に寄せられる意地悪な声を全部聞いていたら、私たちは怪物になってしまう。フォロワー数なんて関係ない。誰だってネット上の意地悪な人たちを無視すればいいんだよ」

彼女は、この「なにを言われても気にしない」という姿勢を大切にしている模様。他の投稿でも「かかってきなさいネット戦士たち。好きなことを言うがいいわ。でも私は負けっこないんだから」と宣言している。強い!

全ての人を納得させることは不可能 ── そう分かっていても、つい他人の意見を必要以上に気にしすぎてしまうこともある。そんなときは今回の Chessie Kingさんの “恐ろしい姿” を思い出すといいだろう。適当なことを言っている人も多く、全ての意見に耳を傾けることは現実的ではないのだ。

参照元:Someecards NewsYouTube(英語)Instagram @chessiekingg
執筆:小千谷サチ

【ネットの闇】スマイリーキクチさんが語る『ネットに中傷を書き込む人の人物像』が説得力がありすぎると話題

終わりのない誹謗中傷が繰り返されるインターネットの世界。もちろん前向きで建設的な意見も多いが、ネットを閲覧していると一定数の悪口やディスコメントが存在することもまた事実だ。「一体どんな人が書き込んでいるのだろう?」そう思ったことはないだろうか?

そんなインターネットの闇に鋭く切り込んだスマイリーキクチさんのツイートがいま話題を集めている。その内容はズバリ『ネットに中傷を書き込む人の人物像』──。詳細は以下をご覧いただきたい。

・最強レベルのインターネット被害者

2018年2月26日、お笑い芸人のスマイリーキクチさんが自身のTwitterに投稿した140文字。その内容は先述のように『ネットに中傷を書き込む人の人物像』に関することで、投稿は1日足らずで5000リツイート以上を記録している。

スマイリーキクチさんと言えば、かつてボキャブラ天国でブレイクを果たした後、「凶悪事件の犯人」だというデマがインターネット上で流布され、誹謗中傷や脅迫を受けていた超ヘビー級のインターネット被害者としても有名だ。

そんなスマイリーキクチさんの言葉だけに「説得力がありすぎる」と話題になるのも頷ける。それでは以下で、話題となっているツイートをご紹介しよう。

「ネットに中傷を書き込んだ人物に刑事責任や損害賠償を請求すると、私生活の悩みを前面に押し出して “書き込まれた人より、私の方がもっとつらいんです” と罪悪感ではなく悲壮感を漂わす。

中傷する人の年齢・職業・性別・出身地は異なるけど “自分かわいそう” 的な思考はみんな共通する、これが人物像」

つまりネットに中傷を書き込む人に共通するのは『自分かわいそう的な思考の持ち主』だということだ。「おそらくそうだろうな」「そうなの?」と様々な意見はあると思うが、想像を絶するネット被害を受けてきたスマイリーキクチさんだけにその言葉は重い。

・ネットの声

「説得力がありすぎる」
「他の人もやってるからいいでしょ、これも追加で」
「知り合いにいたけどまさにそんな感じだった」
「幸せそうな人の足を引っ張っても幸せにはなれない」
「悪いことと思ってないから反省しないんだろうな」
「スマイリーキクチの講演会に行きたい」

ネットは匿名性が高く「何を言ってもバレないし許される」と思いがちな人もいるハズだ。だがそれは大間違いで、あなたの一言に心を痛める人がいる可能性を忘れてはならない。それは仮にあなたが “かわいそうな人” であった場合も同様だ。

参照元:Twitter @smiley_kikuchi
執筆:P.K.サンジュン

匿名の悪口が過去の遺物に……現代ネット社会を風刺したマンガに共感の嵐「マジでこうなってほしい」


匿名性が高いインターネットの世界。人の本性なのか、悪口、ため口なんでもござれ状態だ。やりすぎて逮捕される人も出始めているが、みんなそこまでしてディスりたいのだろうか

そんな現代のネット社会を風刺したマンガが共感を集めているためご紹介したい。こんな時代が来ればいいなあ

・未来の小学校

未来の小学校の授業を描いた本作品。描いたのは、マンガ家・横山了一先生(@yokoyama_bancho)だ。Twitterに投稿された本作は、1日足らずで1万リツイートを超えて拡散され続けている。

描かれているのは、未来のネットマナーの授業。先生は言う。「いきなりため口はやめよう」「とくめいだからってわるくちをいわない」「ネットが広がったころはこんなことも守れない大人がたくさんいたんですよ!」と。


「え~かっこわる~」「アタシそんな時代絶対イヤ~!」と反応する子供たち。ネットディスは過去の遺物に……どことなく、星新一先生のショートショート作品を彷彿とさせる現代への風刺を含んだ本作。ネットの声は以下の通り。

・ネットの声

「今すぐにでも小中学校でやるべき授業ですね!(一部大人も!)」
「早く来いそんな優しいネット社会!」
「10年前に学校でこんな感じの内容で全校集会を受けたことがあるので学校によってはやってるかもですね」
「もう始まってますよ!」
「高校の情報でやってた」
「クラス内で模擬チャットみたいなものをやりました…が!匿名なのをいいことに最後は罵倒大会になり先生が激怒し授業が中止になりました」
「マジでこうなってほしい」
「中学校ぐらいからそのような授業受けてきました。(中略)年に一回は、SNSによって起こった事件の話をされたり、実際に生徒のTwitterアカウントを晒されたりしてます(笑)」

──「早く来い」「マジでこうなってほしい」など共感の嵐。また、学校によってはすでにネットマナーを授業で教えているところもあるようだ。近い未来、本当にこんな時代が来るのかもしれない。まだ、ネットで悪口言ってるの?

参照元:Twitter @yokoyama_bancho
マンガ:横山了一, used with permission.
執筆:中澤星児

【絶対言うな】北海道民がほぼ100%ブチキレる言葉がコレだ! 道民に言ってみた結果


北海道と言えば雄大な大自然。私(中澤)は北海道を旅した時、そのあまりの広大さに思ったものだ。「お前、本当に都道府県かよ」と。それほどに日本のスケールで測れないのが北海道。

そんな地に住む北海道民がほぼ100%ブチキレる言葉があるという。北海道在住のTwitterユーザー「石垣りょう(@ishigaki_ryo)」さんが投稿したマンガが「あるあるすぎる」と共感を集めているためご紹介したい。

・本気で道民を怒らせる言葉

『イオンになってもジャスコって呼ぶ』と題されたこのマンガは、札幌市民の石垣さんが、「本気で道民を怒らせる言葉」を紹介したものだ。


マンガの中では、いくつかの「道民を怒らせる言葉」や、本州から来た人のあるあるなどが紹介されているが、1番共感を集めているのは最後の言葉。「あるあるすぎる」「最後のは鉄板ですね〜」などのリプライを集めるその言葉とは……

北海道の有名人といえば~田中義剛ですよね!


──「花畑牧場」で北海道のイメージが強い田中義剛さんは実は青森県出身。道民はこの言葉に「田中義剛は北海道を食い物にしている青森人です……」とムカッとするのだとか。そのため、北海道民がほぼ100%怒る「絶対言ってはいけない言葉」なんだそうな。

・北海道出身者に言ってみた

そこで、北海道出身のロケットニュース24記者・K.ナガハシに言ってみることにした。北海道の有名人と言えば、田中義剛だよね!

K.ナガハシ「う~ん、まあ……大泉洋かな」


──超絶温厚なK.ナガハシは怒るまでは行かなかったが、ちょっとテンションが下がっていた。ごめん。というわけで、怒らない人でも微妙な空気になるこの言葉。そもそも誤った情報なので、これを読んだ人は言わないように気をつけよう。

参照元:Twitter @ishigaki_ryo
マンガ:石垣りょう, used with permission.
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

▼イメージが浸透してるだけに、話の切り出しによく言われそうだ。

韓国のおばあちゃんYouTuber(70歳)が海外で大ブレイク! ファンキーなノリ&センスが大ウケ!!

韓国のアイドルといえば、KARAや少女時代、さらには TWICE などなど。おそらく、スタイル抜群の美女を思い浮かべるという人が多いのではないだろうか。……ところが!

現在、その真逆ともいえる存在のおばあちゃん YouTuber(70歳)が海外で人気を集めているという。何やら、おばあちゃんの超ファンキーなノリとセンスが大ウケしているようだぞ!!

・海外でブレイク中の韓国人YouTuberは70歳

米ニュースサイト『Mashable』によると、海外でブレイク中の韓国人 YouTuber は70歳のパク・マクレさんだ。なんでも、彼女は27歳の孫娘キムさんに認知症予防のために、ビデオログを作ってみてはどうかと持ちかけられたのだという。

そこで早速パクさんは、孫娘と行ったオーストラリア旅行の動画を制作して YouTube に投稿。すると、瞬く間に何千もの「いいね」をゲットして、おばあちゃんのユーモアのセンスと明るい性格がマッハの勢いで話題になったのである!

・YouTubeのフォロワーは28万人に迫る勢い!!

こうして、パクさんが YouTube に動画を投稿し始めてから僅か半年ほどで、フォロワーは28万人に迫る勢いに! 動画内でパクさんは韓国語を話しているが、英語字幕が表示されるものもあるので、海外のユーザーにも十分楽しめる仕様となっている。

パクさんはメイクアップの仕方やショッピング、エステを訪れた時の様子をユーモアたっぷりに紹介。撮影を担当するキムさんが、画に合わせたヒップな音楽を加えて編集も手掛けていて、そのファンキーなノリが海外ユーザーに大ウケしているようだ。

・かなり苦労したおばあちゃんがネットでスターに

動画では元気いっぱいのパクさんだが、実はかなりの苦労人。多大な借金を抱えていた夫に捨てられ、定食屋を経営しながら、3人の子供を女手ひとつで育て上げたというのだ。

毎日朝4時から夜9時まで働き詰めだったそうで、そんな人生の甘いも酸いも噛み分けた彼女だからこそ、明るく楽しいビデオログを作れるのではないだろうか。

そんなパクさんに Samsung といった大手企業が「CMなどでコラボしたい」と注目。さらには連絡を取ってきているらしいだけに、世界の大スターになる日は近いかもしれない!?

ただ、ネットでスターになったパクさんだが、定食屋を辞めるつもりはないとのこと。今では YouTuber おばあちゃんに一目会おうと遠方からファンが店に足を運んでいるそうだ。

参照元:YouTubeMashable(英語)、Instagram @korea_grandma
執筆:Nekolas

あなたは大丈夫? 突発性難聴のささいなサインがコレだ! Twitterに投稿された実録マンガに経験者から共感の嵐!!

突発性難聴は、原因が未だ解明されていない難病の1つだ。耳が突然聞こえにくくなるこの病気。芸能人などで発症する人も多いため、名前だけ聞いたことがある人もいるだろう。

実は、この病気は誰でも突然発症する可能性がある身近なもの。現在、Twitterでそんな突発性難聴を描いた実録マンガが話題となっている。経験者は口を揃えて言う。「本当コレ」と。あなたはこのサインを見逃していないだろうか?

・体験談

マンガを投稿したのは、ユーザー名「ビスコ(@bisco_mov)」さん。自身の体験を元に、初期症状や経過、病院の診察時の様子などが描かれている。

・突発性難聴のサイン

ビスコさんの場合、ある朝起きたら耳に水が入ったような感覚があったという。しかし、完全に聞こえない訳でもなく、痛みも熱もない。また、日によって違和感が消えたりもしたため、耳鼻科に行かず放置していたようだ。その結果……

ある日突然、右耳が聞こえなくなった。ヤバイと思い診察を受けた耳鼻科で、突発性難聴と診断されたとのこと。突発性難聴は勝手に治るものではなく、放っておけば放っておくほど難病化するという。

現在は薬が効いているというビスコさん。耳に違和感を覚えた際は、すぐに耳鼻科へ行くように注意喚起している。このマンガについて、経験者からは以下のような声が集まっていた。

・経験者の声

「聞こえないのって気持ち悪いですよね〜」
「多くの方がこれを見て、頭の片隅にでも覚えておくと良いと思います」
「患者の3分の2は後遺症が残るか改善しないとも言われていますよね」
これマジです。自分も速攻で行って良かったです
「私も数ヶ月前に突発性難聴になりましたが、3週間ほど薬を飲み続けて完治に至りました」
「初期症状は音の聞こえが良かったり、悪かったりの繰り返しで風邪ひいてないのにな~…と思い、受診した耳鼻科で診断されました」
「すぐ治療したのですが発症した時に症状が酷く後遺症が残ってしまいました。治らないと後悔します」
「私も突発性難聴に幼い頃なってしまい、幼かったためか全く気づいておらず、そのまま左耳が聞こえないままになってしまいました。早めの発見が本当に大事」
「私も10年ほど前に突発性難聴になり、現在も片耳が聴こえにくい状況です。病院に行くのが遅れ、さらに薬も飲まなかったことから、この先の完治は絶望的です」

──中には後遺症が残ってしまった人もいるようで、その言葉には重みがある。それにしても、経験者の多さに改めて「珍しい病気ではない」と思わされた次第だ。みなさんも耳に何か違和感を感じた時は、めんどくさがらず耳鼻科に行こう。手遅れになってからでは遅い。

参照元:Twitter @bisco_mov
マンガ:ビスコ‏, used with permission.
執筆:中澤星児