マラドーナってそんなにスゴかったの? 答えがたった1分で分かる動画がこちらです

サッカー界のレジェントとして必ず名前が挙がる存在といえば、アルゼンチンのマラドーナだ。現在57歳でぽっちゃりしている「オモシロおじさん」としての印象が強いが、その存在感は相変わらずである。

日刊スポーツによると、マラドーナは2018年5月16日にディナモ・ブレスト(ベラルーシ1部)のチェアマンに就任することになったという。新たな挑戦を始めたことで日本でもニュースになっているが、きっとこう思っている人も多いのではないだろうか。マラドーナってそんなにスゴかったの?

・マラドーナという男が凝縮された1分間

現役引退から約20年経ったのだから、そのように思う人はいるはず。しかし、結論から言えば、マラドーナはやはりスゴいという一言に尽きる。なぜなら、自身の Facebook に1本の動画を公開しているのだが、これがとにかくヤバい。

たった1分間の短い時間ながら、それだけでもスゴさ……いや、マラドーナという男が分かるのだ。ボールタッチをはじめとする次元の違うプレーはもちろん、若かりし頃の彼は特別なオーラもまとっている。また、振る舞いも「王様」とでも言おうか。破天荒なところも伝わってきて、唯一無二の感じさえする。

Instagram Photo

・中性的なところもマラドーナらしい

今、当時のプレーを見てスゴいと思えるなら、現役時は本当に神のような存在だったのだろう。近年の写真こそ、中性的に見えなくもないがそれも含めてマラドーナ。整形しようが、ママドーナになろうが、マラドーナはマラドーナ。1分間で分かる「マラドーナ講座」は必見だ!

参照元:Facebook、Instagram @maradona日刊スポーツ
執筆:原田たかし

【衝撃動画】13歳サッカー少年の妙技「マラドーナ7」がスゴすぎ! 圧巻のリフティング技術でギネス世界記録を樹立

サッカーの基本中の基本であるリフティング。しかしながら、基本とはいえ極めれば極めるほど奥は深く、近年は延長線のフリースタイル人気も上昇。さまざまなトリック技が開発されてはレベルを押し上げ続けている。

そしてその技の中のひとつに「マラドーナ7」というあのディエゴ・マラドーナの名前が入ったものまであるのだが、この度ギネスが認める記録が誕生! なんと13歳の少年が世界記録を樹立したという。一体、どんな技で記録達成なのか、詳細は次の通りである!

・マラドーナ7の方法

まず「マラドーナ7のやり方」はこうだ。足先にはじまり、太もも、肩、頭とリフティングし、頭以外は左右で一度ずつボールタッチをする。当然のことながらボールを地面に落としてはいけない。

聞いただけだと簡単と思うかもだが、ギネス記録に挑戦となるとこれがなかなか難しそう。というのも、挑戦の一部始終が収録されている動画「Aspiring teenage footballer breaks Maradona 7 world record – Guinness World Records」を確認してみたところ……

・圧倒的なスピード

わずかなミスさえも許されない上、ギネス記録に認められるには10回連続ノーミスでないといけないからだ。しかも、タイムも競われるからスピードも重要。その難易度はさらに上がる。

しかし、トミー・ボイドくんは何のその。ボールタッチの正確さはもちろん、圧倒的なスピードでリフティングをこなしていく。ボールが全身を駆け上がっていくようなリフティングで叩き出したタイムは29.78秒。1回あたり3秒もかかっていないからとても13歳とは思えない光景だ。

・将来の夢はプロ

ちなみにギネス記録に名を刻んだトミー・ボイドくんは、プロのサッカー選手になるのが夢。若くして類稀なるボールコントロールを兼ね備えているため、もしかしたらマラドーナのように活躍する日がくるかもしれない。

参照元:YouTube
執筆:原田たかし

【伝説サッカー動画】なぜマラドーナは「神の子」と言われているのか一発でわかる変態パス集

mara

ディエゴ・マラドーナ。もしサッカーに詳しくなくても、この名前を知っている人は多いことだろう。周知の通り、彼は伝説のサッカー選手。56歳となった今でも……たとえ整形してオカマみたいな「ママドーナ」になったとしても……その類いまれなる能力を語り継がれている存在だ。

近年は「ぽっちゃりした破天荒オジさん」というイメージがついてしまっているマラドーナ。しかし、当時の彼のプレーは何度見返してもスゴいものがある。例えば今回お伝えする動画もそう。パスしている映像だけでも、やはり彼は「神の子」だとわかる。

・考えられないほど上手いマラドーナ

「5人抜き」をはじめ、いくつもの伝説的ゴールを決めてきただけにストライカーというイメージが強いマラドーナだが、実際は何でもできる万能型。シュートはもちろん、ドリブル、パス、状況判断……すべてにおいて異次元の存在だった。

その中で照準をパスだけに絞ったのが、動画「Maradona Unreal Passing Skills」だ。一昔前の映像だけに少々画質は悪いが、それがどうでもよくなるくらいマラドーナのパスが上手い。というのも……

・魔法の左足

現代風にいうと「神ってる」のだ。マラドーナはたった1本のパスで局面を変えてしまうシーンを連発! 中には「背中に目がついているの?」と思うくらい視野が広いものもある上、受け手のことも考えて最高のパスを出すから、さすがの一言に尽きる。

そして相手のメンタルをズタズタに切り裂くようなテクニックも随所に披露。きっちりタイミングを外し、ここしかないという位置に絶妙なパス……しかもそれを当時の劣悪なピッチでやってのけているのだから “変態” だ。

・やはり神の子

多少ぽっちゃりしている姿でも、魔法の左足の精度は相変わらず。見れば見るほど彼のスゴさがわかる内容となっている。やはりマラドーナは神の子。彼を尊敬する選手が、後を絶たないのも納得の一本である。

参照元:YouTube
執筆:原田たかし