「子ゾウに子守唄を歌って」と飼育係を催促するゾウの動画が超ほのぼの~! 本当に子ゾウが唄で眠りの態勢に入るからビックリ!


頭が良いことで知られる動物といえば、人間に近い霊長類のチンパンジーやゴリラだが、ゾウも意外な行動を取り、賢さを見せつけることがあるようだ。

なんでも、タイにあるゾウの楽園で「子ゾウに子守唄を歌って~!」と飼育係を催促するゾウが激撮され、そのほのぼのとした光景が話題になっているので紹介したい。しかも、本当に飼育係の唄で子ゾウが眠りの態勢に入るからビックリなのである!

・子ゾウがいる場所へ飼育員を追い立てるゾウ

米ニュースサイト『Laughing Squid』によると、ゾウに子守唄を歌って眠りにつかせてしまうのは、タイのチェンマイにあるエレファント・ネイチャー・パークで飼育係を務めるレク・チャイラートさんだ。

話題の動画「Faamai wants Lek to sing a lullaby to baby elephant, Thong Ae」には、観光客と談話したり記念撮影に興じるレクさんが写し出されている。すると、一緒に写真に収まっていたゾウ “ファーマイ” が、なにやら長~い鼻で彼女を促し、追い立て始めたではないか。

・「子守唄を歌ってあげて!」と催促していた様子

最初、レクさんはファーマイがどこへ連れて行こうとしているのか分からなかったそうだが、最終的に彼女が導かれたのは子ゾウのソン・エーのもと。

そう! いつもレクさんがゾウに子守唄を歌って聞かせているため、ファーマイは「早くソン・エーに歌ってあげて!」と催促していたようなのである。ゾウが普段の習慣を覚えていて、その行動を本当に催促していたとしたら相当賢いと言えそうだ。

・子守唄で子ゾウが眠りの態勢に!

こうして、やっとファーマイの意図を察したレクさんが唄を歌いながらソン・エーの体をなではじめると……なんと子ゾウがゴロ~ンと地面に寝転がり、すっかり寝る準備に入ったからビックリである!

彼女とゾウの触れ合いを見ているとほのぼのとした気分になるだけでなく、動物と人間を超えた固い絆を感じて感動すら覚えてしまうのであった。

ちなみに、ファーマイはソン・エーの母親ではないが、自分の子供のように可愛がっているのだそうだ。そんな2頭の深い絆も、動画から十分伝わってくるのではないだろうか。

参照元:YouTubeLaughing Squid(英語)
執筆:Nekolas

【動画あり】久々に野良ゾウがウチの近くに来たよ / マサイ通信:第156回

スパ! 元気か? 最近オレ、動物にハマってて。あらためて、動物って良いなって。鳥の鳴き声もイイな〜って。そんなこんなでスマホで写真やら動画やらを撮りまくってる。やっぱスマホはいいな。すぐに思い出を記録できるからな。

それはさておき、ついこないだ、ひさびさに野良ゾウちゃんがウチの近くに来たんで、仲良く一緒に遊んでみたんだ。動画も撮ったし、いちはやくインスタにアップもしたよ。みんなスゲースゲーって喜んでくれているみたいだった。


Instagram Photo

めちゃめちゃ近いよ。サファリパークでよくあるサファリカーからの撮影じゃなくて、そのまんま生身で撮影できる。オレらの住むケニア・アンボセリでは、こんな光景日常茶飯事。野良ゾウは珍しいけど、野良キリンや野良ダチョウなら余裕かもな。

ちなみにゾウさんたちは、オレらの村の近くをブラブラしたのち、生い茂る緑をムシャムシャと食べ歩きしながら、雨水が溜まってるオアシス的な場所でグビグビと水を飲んでいった。ぶら歩きってやつだな。そういえば来月あたり日本では連休(GW)あるんだろ? みんなも遊びに来てくれよ、アンボセリに。ではオレセリ!

Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

タバコを吸っているかのように「煙を噴き出すゾウ」が激撮される / 珍しい行動が話題に

世界最大の陸上動物であるゾウは、動物園でも大人気。大きな耳や長~い鼻が特徴的で、子供向けのアニメや絵本などにも登場することが多い。そんなゾウが、タバコを吸っているかのように口から煙を噴き出す姿が激撮され、珍しい行動だと話題になっている。

それにしても、一体なぜゾウが煙を吐き出しているのだろうか!? その謎について、海外の生物学者は次のように理由を述べている。

・タバコを吸っているかのようなゾウ

米ニュースサイト『BBC』によると、口から煙を噴き出すゾウが撮影されたのは、インドのカルナータカ州にあるナガラホール国立公園だ。その様子を捉えた動画「The Smoking Elephant!」を見ると、ゾウは鼻を使い地面から木炭をすくって口の中へ入れ、それと同時にバフっと煙を吐き出している。

・なぜ木炭を吸うの!?

その姿はまるでタバコを噴かしながら束の間の休憩を楽しんでいるように見えるが、一体なぜこのような行動を取っているのだろうか!? その点について、野生動物保護団体(WCS)の生物学者ヴァルン・ゴスワミ博士はこう答えている。

「木炭にほとんど栄養素はないが毒消しの成分を含有しているとされ、薬効の目的で動物が引き付けられるようです。また木炭には下剤の効果もあり、山火事や落雷、森林管理で木々を燃やした時などに野生動物が木炭を食べることがあるのです」

とのことで、口に入れた余分な木炭をゾウが吐き出した時に煙が立ち、タバコを吸っているように見えたという訳である。

・薬効の目的で木炭を消費

人間の場合、「喫煙は百害あって一利なし」と言われてしまうのに対し、タバコを楽しんでいるかのようなゾウは、薬効や健康のために行っているとはなんだか面白い話である。そう言われてみれば、人間も炭を材料に使った洗顔料やシャンプーなど使っていることから、本能的に動物が健康のために木炭を体に取り入れても不思議はないかもしれない。

参照元:YouTubeBBC(英語)
執筆:Nekolas

サファリパークでは絶対に車の窓を開けちゃダメ! 野生ライオンが車を襲う動画に震える…

普段お目にかかれないような動物を近くで観察できる動物園は、家族ぐるみで楽しめる施設だ。本格的に野生動物の生態を目にしたいなら、自然保護区のサファリパークがオススメだが、そこにいるのは餌付けされていない野生の動物たち……。

ちょっとした隙を見せようものなら動物に襲われ、命を落としてしまいかねない。過去にも「ライオンが車のドアを開ける」など恐ろしい事件が起きているが、またしても「サファリパークでは絶対に窓を開けちゃダメ!」と教えられる動画が撮影されたので紹介することにしたい。

・雄ライオンに押されながら進むジープ

動画「Lion holding onto car」を再生すると、雄ライオン1匹と雌ライオン2匹が映し出される。ただ、これはそんじょそこらのライオン動画ではない。というのも、その3匹が行列を成すようにジープの後に続いていると思いきや、よく見たら雄ライオンがジープに前足を乗せて張り付いているからギョっとしてしまうのだ!

・慣れていないと絶対ビビっちゃう!

エンストを起こした車を親切なライオンが押してあげている……とポジティブに考えたら平和な光景に見えなくもないが、危険と隣り合わせだというのは誰の目にも明らか。サファリ初心者やライオンを初めて近くで見る人だったら、超ハラハラしてしまうに違いない。

おそらく、運転手が「危険ではない」と判断したと思われるが、ライオンが車を襲っているように見える光景は恐ろしい。ライオンに危機感を感じているのに車を出せない状況……ではないことを願うばかりだ。

・シュワちゃんもサファリで怖い目に遭っていた!

少し前の話になるが、“サファリで危険な目に遭いそうになった人” といえば、ターミネーターこと俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーもそう。南アフリカ共和国のサファリで友人と一緒にジープに乗っていた時、彼は巨大なアフリカゾウに追いかけられてしまった。

これにはさすがのターミネーターも、「この後、我々のうち何人かはズボンを穿き替えないといけなかった」とコメントしていることから、突進して来る巨大なゾウに恐怖を感じたようだ。ともあれ、サファリパークでは自分がエサにならないためにも、動物を刺激しないよう十分気をつけたいものだ。

参照元:YouTube[1] [2]
執筆:Nekolas
Media Credit :Jukin Media

【油断禁物】意外と知らない「野良ゾウ」の被害 / マサイ通信:第115回

スパ! いきなりだけど、日本では「野良ネコ」だとか「野良イヌ」って言葉があるみたいだな。人によっては、フンの被害にあっているかも知れないな。野良バトは平和だけど、被害っつったら、ゴミをあさる「野良カラス」のほうが大変かもな。

でも、オレたちマサイ族にしてみれば、フンだとかゴミあさりだとか、そんくらいの被害は被害のうちに入らない。オレたちが最も困っているのは、ごくたまに発生する「野良ゾウ」からの被害なんだ。それも、1発1発がキョーレツにデカい。

基本的には平和だ。でも、ごくまれに、ゾウさんたちが迷子になって、オレらのエリアに入ってくる。そんで、「あれ? あれ?」とウロウロしているうちに……

豪快に建物を破壊していくんだ。ゾウさんたちは図体がデカいだろ。だからこうなる。

つい先日に壊されたのは、オレの住むエリアじゃなく、ちょい離れた場所にあるマサイ族エリアのコンクリ施設の塀だ。こんな屈強な建造物でもグチャグチャなんだから、オレらが住む「マサイ式の家」なんて1発だぞ。

でも、村のまわりにトゲトゲのバリケードがあるから、そう簡単には入ってこれない。野良ゾウだけでなく、野良ライオンや野良キリンもシャットアウト。鉄壁の守りよ。

それはさておき、野良ゾウの被害で、一番キツいのは……なんというか、「人身事故」だ。ちょいとシリアスでナイーブな話になるからサラっとしか説明しないが、このマサイ通信が始まってからも、実は野良ゾウによって人間の子供が2人死んでいる。

家が集まる「村」にはバリケードがあるから安心なんだけど、そこを1歩でも出ちまったら、何が襲ってくるかわからない。外で遊んでいた子供たちは、野良ゾウのスピードから逃げることができなかったんだ。オレたちマサイ族が住んでいるエリアは、そんな場所。もしもゾウさんを見かけても、決して油断はしないようにな。オレセリ!

Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

心が洗われるような4分間! かつてない視点からドローンで撮影したアフリカ大陸が美しすぎる

africa

日に日に進化し続ける小型無人飛行機「ドローン」。日本では総理官邸の屋上に落下したこともあって、あまりいい印象を持たれていないが、世界では次々と新機能を持ったものが開発中。ついにはスマホサイズの自撮り専用ドローンなんてものまで登場した。

この先、撮影技術はさらに成長すると予想されるが、ドローンだからこそ撮れた超美麗映像が YouTube に公開されていたのでご覧いただきたい。動画のタイトルは「Breathtaking Drone Footage Filmed Throughout Africa」である!

・美しすぎるアフリカ大陸

ドローンの強みといえば、なんと言っても人間が行けないような場所で難なく撮影できるところにある。そしてその強みを最大限に生かしたのが今回の動画。なんと陸・海・空と無限大の美しさを誇るアフリカ大陸で撮影を行っている。

・3年間もの撮影期間

南アフリカとボツワナを中心に撮影された動画では、ドローンを使って今までにないアングルから撮ることに成功。ライオン、キリンといった野生動物はもちろん、広大な大自然……たった4分間でアフリカ大陸がいろんな顔をのぞかせる。

しかも、動画の制作には3年もの時間を費やしたというのだから、中身はまさに渾身の一作と言っても過言ではない。膨大な量から厳選しているだけに、超がつくほどの美麗映像に仕上がっている。

・必見の美麗映像

もはや説明不要とはこのこと。ドローンだからこそ撮影できた映像、その可能性を改めて知ることができる内容は必見だ。ぜひ映像を通して、見たことのないアフリカ、そして心が洗われるような感動を味わって欲しい。

参照元:YouTube
執筆:原田たかし

【感動動画】ゾウが人間を決死の救助! 強く結ばれた絆に世界中が涙腺崩壊

zou

自分の大切な人がピンチに陥った時、あなたはどうするだろうか。おそらく、考えるよりも先に行動。たとえ自らの命が危険にさらされようとも、なんとかして助けようとするに違いない。

そんななか……現在、救助にまつわる感動的な映像が世界を涙腺崩壊させている。なんとゾウが人間を決死の救助! 自らの危険を顧みず、助け出した一部始終がとらえられているのである!

・慌てて川に入って助けにいくゾウ

その映像「Elephant Come To Rescue People」は、タイ・チェンマイにあるエレファントネイチャーパークで撮影された。再生してみると、川には流される男性の姿、岸にはゾウの群れを確認できる。男性はおぼれているようにも見え、危機が迫っている。

そこで思わぬ展開になったのは、次の瞬間だ。一頭のゾウが男性に気づくと……な、なんと! 慌てて川に入っていくではないか! 自らの危険を顧みず、必死に救助。一心不乱に男性のもとへたどり着くと、流されないよう体全体で包みこみ、無事に助けたのである。

・強い絆がさせた行動

この男性は、ダリックさんという飼育員。常日頃から近い存在の彼が、危険にさらされていることをゾウは見過ごせなかったに違いない。実をいうと、彼は本当に溺れていたわけではないらしく、海外ニュースサイト『Mail Online』は「ゾウとの特別な絆を示すために溺れたフリをした」と報じている。

ただ、そうは言ってもゾウの優しさに感動せずにはいられない。とっさの行動に繋がったのは、ダリックさんが日頃から愛情を持って接しているからこそ。大切な人のためならなんだってするのは人も動物も同じで、彼らの間にも強い絆があるようだ。

参照元:YouTubeMail Online
執筆:原田たかし