【突撃】ソニーが「NHKが映らないテレビ」を発売へ → 本当に受信料を払わなくていいのかNHKに聞いてみた結果…

2018年の春先に話題となったソニーの「NHKが映らないテレビ」がいよいよ販売される見込みとなった。ソニーのホームページによれば、商品名は「液晶モニター法人向けブラビア BZ35F / BZシリーズ」とのことである。

商品の詳細については後述するが、もし本当にNHKが映らないのであれば「受信料も払わなくてもOK」ということになるのだろうか……? イマイチわからないので、NHKに問い合わせた結果を報告しよう。

・「NHKが映らないテレビ」とは?

まずは「NHKが映らないテレビ」こと「液晶モニター法人向けブラビア BZ35F / BZシリーズ」について説明したい。商品名からもわかる通り、こちらテレビではなく厳密に言えば “モニター” である。最大の特徴は「一切のチューナーが付いていない」こと、そして「Androidが搭載されている」ことの2点だ。

つまり、買ってそのままの状態ではNHKはおろか民放も映らない。ただしAndroidに対応している例えば「TVer(ティーバー)」などのアプリをインストールすれば、NHK以外の民放放送を視聴することが可能だ。これが噂の「NHKが映らないテレビ」の正体である。

※ちなみにソニーに問い合わせたところ、アプリのインストールについて「理論的には可能だが動作保証は致しかねる」とのことであった。

・NHKに問い合わせてみた

さて、本題に入ろう。確かにチューナーがないモニターであればNHKの受信は不可能だから「受信料は払わなくてもいいのでは?」とも思える。だがしかし、ワンセグにせよネット放送にせよ、受信料の徴収にはスーパー本気を出してくるNHKだけに油断は出来ない。

そこでNHKに問い合わせ「NHKが映らないテレビが発売されるそうですが、受信料を支払う必要はありませんか?」と単刀直入に聞いてみることにした。すると電話担当者はすぐに「上の者に代わります」と告げ、ちょっとエラいっぽい人が対応してくれたので、以下でやり取りをご覧いただきたい。

「お客様。お電話代わりました、〇〇と申します。引継ぎを受けたのですが、そもそも我々としては “NHKが映らないテレビ” の存在自体を初めて聞いたので、お答えのしようがございません」

──そうですか。今年春に行われたソニーの株主総会で話題になっていた商品で、2018年7月末から販売になるようです。厳密にはテレビではなくモニターで、チューナーは搭載されていないようです。

「左様でございますか。商品の詳細について存じ上げていないので、その商品についてはお答えができません」

──なるほど。では、一般論としてモニターでテレビを見ていた場合、受信料はかかりますか?

「基本的にNHKは放送、インターネットは通信です。例えば一般的なテレビやワンセグ機能付き携帯は “チューナーとアンテナ” を受信設備として見なすため受信料が発生します。そのどちらかが無いモニターは受信設備として見なしません」

──では今回の商品はチューナーが無いので受信料が発生しないということでよろしいでしょうか?

「個々の商品についてNHKとしての見解を述べることは出来ません。申し訳ありませんが、個人的な見解もNHKとしての見解も控えさせていただきます

ハッキリと「受信料を支払う必要はない」とは聞けなかったが、一般論で言えば「液晶モニター法人向けブラビア BZ35F / BZシリーズ」はチューナーが付属していないのだから、受信設備として見なされないため、受信料は発生しないのではなかろうか

・他のメーカーはどう出る?

ただ何度聞いても、最終的には「答えは控えさせていただく」の一点張りだったので、今回の問い合わせで「受信料は発生しない」と断定することは出来なかった。なので「じゃあ買っちゃおう!」と特攻するのは、現段階ではオススメしない。

テレビではなくモニターであるものの、物理的に「NHKが映らないテレビ」として機能する商品が開発されたことは、視聴者にとって選択の幅が広がったと言っていいハズだ。他のメーカーも追従するのか? そしてNHKはどう対応するのか? 注目したい。

参考リンク:SONY「液晶モニター 法人向けブラビア BZ35F / BZシリーズ」
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

【さすがソニー】きょう発売される世界初のイヤホン『WF-SP700N』の何がスゴイのかを超ざっくり解説

ヤバイって! ヤバイって! これまでたくさんの世界初となる製品を世に送り出してきたソニーが……また世界初のブツを作っちまったって!! しかも今日(2018年4月28日)発売だっつーの!!

その世界初のブツの名前は『WF-SP700N』。ノイズキャンセリングと防滴性能を両立させた左右独立型イヤホンなんだけど、横文字とか漢字が多すぎて意味が分からないって人も多いと思うんで、超ざっくり解説すっぞ!

ヤバい点その1:防滴性能

まず『WF-SP700N』の防滴性能は「IPX4」つってな、耐えられるのは水しぶき(飛沫)あたりまで。滝行とかはダメだけど、くしゃみとか、雨くらいなら大丈夫なんじゃないかな~と思う。とりあえず防水って事を覚えといてくれ。

ヤバい点その2:ノイズキャンセリング

さらに「デジタルノイズキャンセリング」っつう機能で、まわりのノイズ(騒音)が低減できる。例えば、電車内や航空機内で聞こえてくる走行音とかエンジンノイズを小さくしてくれるってわけだ。

ちなみにこの機能の仕組みは、内蔵されたセンサーでノイズを集音してデジタル化し、それを打ち消す信号をぶつけてノイズを軽減する……つっても分かりにくいと思うんで、あえてボクシングで例えると、パンチが来たら上手にかわしてクロスカウンターを放つみたいな感じかな。

ヤバい点その3:左右独立型

そんで、ケーブルがない「左右独立型」ってことも忘れないでほしい。他のメーカーも同じようなイヤホンがあったりするけど、ソニーによると「IPX4の防滴性能」と「ノイズキャンセリングを搭載」した「左右独立型のイヤホン」は、この『WF-SP700N』が世界初らしいぞ!

ヤバいポイントその4:アンビエントサウンドモード

あとは「アンビエントサウンドモード」っつう、外音取り込み機能にも要注目。具体的には、周囲の音を自然に取り込むノーマルモードと、人の声を聞き取りやすくするボイスモードがあってだな……たとえば!

めっちゃ集中して音楽を聴きながら仕事してたとする。当然、周りの音は聞こえないから誰かが呼びかけても反応できない。ようするに無視。冷たい人って思われる……のが普通だよね。……ところが!

「アンビエントサウンドモード」をONにしたら、たとえ音楽を聴きながらでも、誰かが「ナガハシさん!」って呼んできたら、その声に気付けるってことなんだよ。あとは、周囲の音に音楽を溶け込ませることもできるらしい。

そんな『WF-SP700N』の連続再生時間は最大約3時間。付属の専用ケースで2回分の充電ができるから、合計で最大約9時間だ。本体の色は、ブラック、ピンク、イエロー、ホワイトの4色が用意されてるから、お好みでってところだな。

・気になるお値段は2万3000円前後

で、気になるお値段は……2万3000円前後(市場想定価格)だ。普通のイヤホンにくらべるとゴージャスな価格だけど、なんせ “世界初” っつうくらい機能がゴージャスだからな。とにかくイヤホンにこだわりたいって人には、もってこいのブツかもしれねぇぜ。

以上、『WF-SP700N』について超ざっくり解説したけど、ヤバさは伝わったかな〜? やっぱりわかんないって人は、主な機能をみられる動画も公開されてるから、興味があればチェックしてみるといいかもしんないぞ。ほんじゃ、またな!

参照元:YouTube、SONY「WF-SP700N」
執筆:K.ナガハシ

ソニーが世界最高スペックのカメラを搭載した『Xperia XZ2 Premium』を発表 / ネットでは賛否両論の声

ソニー独自の技術が詰め込まれたスマートフォンとして知られる「Xperia(エクスペリア)」。高音質なミュージックプレーヤーとして、さらには高画質なデジタルカメラとしても支持されている人気の機種だ。

本日2018年4月16日、「Xperia」シリーズのフラッグシップモデルである『Xperia XZ2 Premium』が発表された。世界最高スペックのカメラを搭載しているとのことだが、全貌はいかに。さっそく動画とともに確認していこう。

・高性能なカメラに要注目

前述の通り、『Xperia XZ2 Premium』の大きな特徴といえるのが超高性能なカメラだ。メインカメラに1900万画素(F1.8)のカラーセンサーと1200万画素(F1.6)のモノクロセンサーからなる2眼カメラ『Motion Eye Dual』を搭載しているという。

さらにソニー独自の画像融合処理プロセッサ「AUBE(オーブ)」によって、世界最高スペックのISO 12800の動画、またはISO 51200の超高感度写真が撮影可能となっているほか、世界で唯一、4K動画の撮影と再生ができる機種に仕上がっているもようだ。

・ガラスで覆われた艶のあるボディー

動画「Xperia XZ2 Premium – camera to the extreme」でデザインを確認すると、ガラスで覆われた艶のあるボディーや、2眼カメラ『Motion Eye Dual』が確認できる。特にインパクトはないが、この中に最高峰の技術が詰まっていると思うと感心せずにはいられない。

ソニーによると、ボディーには3Dガラスを使ってホールド感を高めながら「Corning Gorilla Glass 5」を採用することで強度を向上。さらに防水・防塵にも対応しているという。また、本体カラーはクロームブラックとクロームシルバーの2色を用意するとのことだ。

・ネットの反応

ただ、凄まじいスペックのスマホが出たものの、ネット上では賛否両論。まずは好意的な意見からお伝えしよう。

「xperia xz2 premiumはんぱねえ」
「Xperia XZ2 Premiumのスペック化け物かよ…」
「Xperia XZ Premiumよいな。iPhoneから乗り換えるか」
「ワイが求めてたのはこれや…全ての神スペックを兼ね備えた完璧スマホや…」
「デュアルカメラか……と思って7プラにしようとしてたらまさかのXperiaが出そうとしていた」

などなど、カメラをはじめとするスペックに驚いている声だ。では、好意的ではない声はどういったものがあるかというと……

「新しいXperia、やっぱりダサい…」
「xperia xz2 premium、236gってさすがに重すぎない?」
「XPERIA XZ2 Premium、スペックはすごいけど、236gは重いよ…」
「幅80mmと重量236gに唖然とする。無理やり周回遅れに追いつこうとした弊害なのか?」
「Xperia XZ2 Premium 236g って… 無理!/(^o^)\」

もっとも多かったのは、236gという重量に対しての声だ。日本でのシェア率が高いiPhoneは、ほとんどの機種が200g以下なので重量を気にする人は多いのだろうか。また、好みの問題もあるが、丸みを帯びた角のデザインが気になるという声も多く見られた。

ともあれ『Xperia XZ2 Premium』は、2018年夏頃にグローバルで発売される予定となっている。日本での販売はまだ未定だが、とにかくカメラの画質にこだわりたい方は要チェックの機種といえるだろう。

参照元:YouTube、Sony Mobile Communications「Press releases」(英語)
執筆:K.ナガハシ

【Xperia Ear Duo】ソニーが発表した “耳をふさがない” ワイヤレスイヤホンの動画がこちらです / 周囲の音を聞きながら音楽が楽しめてスポーツもOKっぽいぞ!

ソニーから超画期的なオーディオアイテムが登場した。2018年4月21日に発売されるその商品の名前は『Xperia Ear Duo(XEA20)』。周囲の音を聞きながら音楽や会話を楽しめるワイヤレスイヤホンだ。

・“耳をふさがない” 左右独立型のワイヤレスイヤホン

ソニーモバイルコミュニケーションズによれば、『Xperia Ear Duo』は前述の通り、周囲の音を聞きながら音楽や会話を楽しめる “耳をふさがない” 左右独立型のワイヤレスイヤホン。ソニーストアでの価格は2万9880円(税別)となっている。

また、同製品はソニーのオーディオ部門で培った技術を用いて高音質かつ自然でクリアな音を実現しているのだとか。さらには、音漏れの低減も実現しており、電車やオフィスなどでも安心して使用できるという点がまた興味深い。

・直感的に操作できるらしい

操作性にも要注目。独自開発のボイスアシスタント「Assistant for Xperia」が生活をサポート。音声や頭の動き(ヘッドジェスチャー)によって通話の発信やメッセージ送信、音楽再生など、ハンズフリーで様々な操作が可能だという。

ちなみに連続再生時間は最長約4時間。充電機能を搭載した専用ケースに約12時間分のバッテリーを装備しており、本体と合わせて最大約16時間の連続再生を実現しているそうだ。しかも急速充電によって、7分間で約1時間分のチャージも出来るらしい。

・動きの激しいスポーツもOK

公式YouTubeチャンネルでは『Xperia Ear Duo』の解説動画とともに、WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗さんや有名若手ダンサー・MARINAさんなどが出演するPR動画も公開されている。多機能でありながら、動きの激しいスポーツにも耐える様子には驚くばかり。ソニーはまたなんとも凄い物を作ったものである。

他にも優れた機能が盛りだくさんなので、興味のある方は製品ページをご確認あれ。

参照元:YouTube [1] [2] [3] [4]、SONY「Xperia Ear Duo」ニュースリリース
執筆:K.ナガハシ

【動画あり】ソニーが新型スマホ「Xperia XZ2 / XZ2 Compact」を発表! シリーズ史上最高のビデオ画質&スピーカー音量を実現

不思議なおもちゃ「toio(トイオ)」や犬型ロボット「aibo」など、斬新かつ高性能な機器を発売して話題をさらっているソニー。そんなソニーの携帯電話メーカー「ソニーモバイルコミュニケーションズ」が待望の新製品を発表した。

その新製品とは、同社の人気スマートフォン「Xperia(エクスペリア)」の最上位モデルとなる機種だ。さて、どんなに製品に仕上がっているのか? 発表されたばかりの情報をさっそく確認してみよう。

・今春以降から世界各国で発売予定

今回発表されたのは、同シリーズの最上位モデルとなる約5.7インチディスプレイ搭載の『Xperia XZ2』と、そのコンパクトモデルにあたる約5.0インチディスプレイ搭載の『Xperia XZ2 Compact』の2機種。今春以降、世界各国で発売予定だ。

・シリーズ最上位モデル『Xperia XZ2』

同社の情報によると、最上位モデルの『Xperia XZ2』は、ボディーに3D曲面ガラスと側面のメタルフレームを採用。洗練された持ちやすさとなめらかで高級感のあるデザインを両立したほか、ワイヤレス充電にも対応したという。

また、カメラ専用機でしか成し得なかったISO感度51200の静止画撮影(動画は12800)が可能となったほか、スマートフォンとしては初の「HLG」フォーマット 4K HDRビデオ撮影を実現。960fpsのスーパースロー映像も高解像度で撮影できるようになっている。

さらには、同シリーズ史上最大音量を実現したフロントステレオスピーカーも装備しており、臨場感のあるエンターテインメント体験が得られるとのこと。なんともソニーらしい機能が満載の新機種となっている。

・コンパクトモデル『Xperia XZ2 Compact』

そして『Xperia XZ2 Compact』も負けてはいない。ワイヤレス充電には未対応だが、手のひらに収まるコンパクトボディに『Xperia XZ2』と同じCPUや大音量スピーカーを内蔵しているという。

世界的な人気を誇るソニーのスマートフォン「Xperia」シリーズ。正式な発売日や価格などについては今のところ不明だが、製品の全貌を収めた動画が多数公開されている。気になる方はぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

参照元:YouTube、Sony Mobile Communications「ニュースリリース」
執筆:K.ナガハシ

【待ってた】ソニーが「aibo」の復活を発表! リアルな動き&オーナーと絆を深めるAI技術を搭載 / 発売日は2018年1月11日

本日2017年11月1日、ソニーが伝説の犬型ロボット『aibo(アイボ)』の復活を発表した。発売予定日は2018年1月11日となっているが、新生『aibo』はどのような機能を持ったロボットなのか? ソニーが発表した情報をもとに内容をご紹介したい。

・あらゆる面で進化した新生『aibo』

1999年6月に発売され、2006年3月で惜しまれながらも生産・販売が終了した『aibo(旧名:AIBO)』。誕生から遡る(さかのぼる)と、今年で約18年もの歳月が流れたことになる。

そんななか、ソニーが発表した情報によると、新たに誕生した『aibo』は親近感のあるルックス、視線を惹きつける瞳など愛らしい姿、躍動感のある多彩な動きと小気味よい反応が特徴となっているという。

特設ページで『aibo』の姿を確認すると、本物の犬に似た丸みを帯びたフォルム、クリッとした大きな目のほか、リアルで繊細な動きが見て取れる。やはり旧モデルからは明らかに進化しているもようだ。

・AI技術でオーナーとの絆を深める

また、進化しているのは外観だけではない。『aibo』自らがオーナーのリアクションを感じ取って、喜んでくれるよう学習することに加え、周囲の環境に慣れ親しむことで歩く範囲を広げるなど、状況に応じた行動もとれるようになっていくのだそう。

さらにはソニー独自のAI技術によって、やさしいオーナーには愛情を返すという。愛情を感じれば感じるほど、深い愛情を返すようになるなど、“絆を深めていく” ことができるそうだ。

・維持費が高め

気になるお値段は、本体が19万8000円+税。『aibo』が専用サーバーに接続するための「aiboベーシックプラン(必須)」が3年分で9万円+税。不具合や故障に備える「aiboケアサポート(任意)」が3年分で5万4000円+税、1年分だと2万円+税だ。

本体価格は旧モデルとさほど変わりはないものの、やや維持費が高めなのが気になるところだ。

参照元:YouTube、SONY 「aibo」
執筆:K.ナガハシ

謎すぎる……ソニーが「AIBO」に続くペットロボットを11月1日に発表か!? 意味深なティザー動画を公開

1999年にソニーから発売され、一世を風靡(ふうび)した犬型ロボット「AIBO」。2006年に販売終了、さらに2014年には修理サポートも終了しているものの、いまだに “伝説のペットロボット” として名が挙がることは多い。

そんななか、11月1日にソニーから新たなAIBOが発表されるのでは? という噂が広まっている。なぜなら、先日、同社の公式 YouTube チャンネルにアップされた動画が、いかにもペットロボットの登場を示唆するような内容だからだ。

・ソニーが意味深な映像を公開

ソニーが公開した動画のタイトルは「New story with…」である。動画を再生すると、開放感のあるガラス張りのリビングのようなスペースを、犬くらいの高さの視点から見まわす映像が流れる。

その後、画面の真ん中に「11.1」の文字が現れ、スペース奥の階段から女性が降りてくると……画面に向かって満面の笑みを見せ、動画は静かに幕を閉じる。製品についての具体的な情報が一切ない、なんとも意味深な映像である

動画の視点が小動物に近いものであること、そして以前より国内外でAIBO復活の噂も飛び交っていることから、11月1日に発表されるのがペットロボットと見るのも、あながち間違いでもないだろう。いずれにせよ、ソニーの今の最新技術を詰め込んだペットロボットが発売されたら……そう考えるとワクワクせずにはいられない。

情報解禁まであと約5日。AIBOそのものが復活するかどうかは定かではないが、ペットロボットが発表されるだけでも、大きな話題になることは確実だ。AIBO誕生から約18年、ソニーがどんな動きを見せるのか注目したい。

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ