【神回答】マスコミがスマホメーカーにイジワル質問「Android 端末を作っているのに従業員は iPhone なんですね」→ CEOの答えがカッコよすぎ! 称賛が集まる

答えにくい質問をしたとき、その人の本性や真実が垣間見える。そんな話をよく聞く。この手法は、面接やディベートで使われることもあるが、言われた方はたまったもんじゃないだろう。

さて、先日ある企業のCEOがマスコミに耳の痛~い質問をされたそう。誰もが「あ~確かに」と思っちゃうような問いだったのだが、その切り返しが素晴らしいとネットで称賛されているのだ。

・マスコミがスマホメーカーにツッコミ

「Androidスマホを作っているのに、従業員はiPhoneユーザーなんですね」

マスコミからそんな質問を受けたのは「中国のジョブス」こと家電メーカー『Xiaomi(シャオミ)』のCEO雷軍(らい・ぐん)氏だ。

2011年、シャオミはスマホ「Mi シリーズ」を発表。低価格でありながら、iPhoneやサムスンのGalaxyに匹敵するスペックが評判となり、2013~14年頃には中華スマホ界でブッチギリで話題となっていた。日本のガジェット通の間でも、コスパ優秀と評価されているスマートフォンである。

なのだが! 従業員に多くiPhoneユーザーがいるというのだ。「自社製品を使わない従業員がいる、それをどう考えているのか」いや、そんなことを言われても……という質問だが、答え方によっては会社のダメージになる問題だろう。さて、雷軍氏がどう答えたかというと……

・CEOはこう答えた!

「今のところ、iPhoneが世界最高のスマホと認めざるをえませんね。弊社は従業員の自由を制限することはありません。

たとえシャオミがiPhoneを越えたとしても、従業員にシャオミの使用を強制したりはしませんよ」

・ネットユーザーから賞賛の声

当然と言えば、当然の話だ。しかし、世の中には自社製品の使用や購入を強制、もしくは暗に強要するという企業が多いなか、キッパリとこう答えた。しかも競合の良さをしっかりと認めたうえでだ。

この潔い回答にネットユーザーは

「カッコよすぎる!」
「兄貴と呼びたい」
「誠実な回答だなぁ」
「強制しないというのもいい、そして他社の実力を素直に認めるというのも素晴らしい」
「他社製品の良さを理解してこそ、自社製品も改善されるよね」
「ライバルとの差を認めて初めて進歩できるんだよ」

などと称賛の声が集まっている。

また孫子の兵法から「彼を知り己を知れば、百戦して危うからず」つまり「敵軍と自軍を熟知していれば、100回戦っても負ける心配はない」という格言を引き合いに出す声も挙がっている。やはり大企業のトップとなると視野が広いものなのだなぁ!

・復活を狙うシャオミ

雷軍氏の発言で、シャオミの好感度は爆上がりの様相ではあるが、中国国内のシェアはかつての勢いを失っている。2015年頃からファーウェイ、OPPO、VIVOなどの中華スマホメーカーの追い上げにより、No.1どころかベスト3からも転落しているという。

そんなシャオミは、2018年に発売予定のフラッグシップモデル「Mi Mix2S」と「Mi7」で復活をはかる目論見だ。一方、Appleはすでに一強ではなくなったとはいえ、ハイエンドでもミドルエンドモデルでも根強い人気がある。シャオミにとって目標にするところが大きいのかもしれない。

参照元:新浪新聞、SinaWeibo @小米手机
執筆:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

【動画あり】ソニーが新型スマホ「Xperia XZ2 / XZ2 Compact」を発表! シリーズ史上最高のビデオ画質&スピーカー音量を実現

不思議なおもちゃ「toio(トイオ)」や犬型ロボット「aibo」など、斬新かつ高性能な機器を発売して話題をさらっているソニー。そんなソニーの携帯電話メーカー「ソニーモバイルコミュニケーションズ」が待望の新製品を発表した。

その新製品とは、同社の人気スマートフォン「Xperia(エクスペリア)」の最上位モデルとなる機種だ。さて、どんなに製品に仕上がっているのか? 発表されたばかりの情報をさっそく確認してみよう。

・今春以降から世界各国で発売予定

今回発表されたのは、同シリーズの最上位モデルとなる約5.7インチディスプレイ搭載の『Xperia XZ2』と、そのコンパクトモデルにあたる約5.0インチディスプレイ搭載の『Xperia XZ2 Compact』の2機種。今春以降、世界各国で発売予定だ。

・シリーズ最上位モデル『Xperia XZ2』

同社の情報によると、最上位モデルの『Xperia XZ2』は、ボディーに3D曲面ガラスと側面のメタルフレームを採用。洗練された持ちやすさとなめらかで高級感のあるデザインを両立したほか、ワイヤレス充電にも対応したという。

また、カメラ専用機でしか成し得なかったISO感度51200の静止画撮影(動画は12800)が可能となったほか、スマートフォンとしては初の「HLG」フォーマット 4K HDRビデオ撮影を実現。960fpsのスーパースロー映像も高解像度で撮影できるようになっている。

さらには、同シリーズ史上最大音量を実現したフロントステレオスピーカーも装備しており、臨場感のあるエンターテインメント体験が得られるとのこと。なんともソニーらしい機能が満載の新機種となっている。

・コンパクトモデル『Xperia XZ2 Compact』

そして『Xperia XZ2 Compact』も負けてはいない。ワイヤレス充電には未対応だが、手のひらに収まるコンパクトボディに『Xperia XZ2』と同じCPUや大音量スピーカーを内蔵しているという。

世界的な人気を誇るソニーのスマートフォン「Xperia」シリーズ。正式な発売日や価格などについては今のところ不明だが、製品の全貌を収めた動画が多数公開されている。気になる方はぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

参照元:YouTube、Sony Mobile Communications「ニュースリリース」
執筆:K.ナガハシ

【中国】男性が「iPhoneのバッテリー」を噛んで爆発 → 奇跡的にケガ人ゼロ

これからご紹介する出来事は、嘘のような本当の話だ。お隣・中国で男性が iPhone のバッテリーを噛んだところ、瞬時に発火し、爆発が起きてしまった。何を言っているのか分からないかもだが、紛れもない実話である。

動画を公開した中国の放送チャンネル「CGTN」によると、事件が起きたのは2018年1月19日。江蘇省南京市の家電量販店で、男性が iPhone のバッテリーを交換しようとした時のことだという。

・本物か確かめるために男性がバッテリーを噛んだら……

以前に比べて幾分マシになってきているが、いまだにパチモンがなくならない中国。それだけに iPhone のバッテリーを交換した男性も、購入するバッテリーに対して疑心暗鬼だったのだろう。ただ、今回ばかりは相手が悪かった。

iPhoneのバッテリーが本物かどうか確認するため、何を思ったのか彼は噛む行為に出た。その一部始終は、YouTubeの動画「iPhone battery appears to explode after customer BITES it」で確認できるが、男性がバッテリーを噛んだら、閃光が走るようにして発火。さらに次の瞬間には爆発を起こしている。

・危険を知る大切さ

目を疑うような映像だが、奇跡的にケガ人はいなかったのが不幸中の幸いといったところか。ここのところ、発火事件が急増しているように、iPhoneのバッテリーに使われているリチウムイオン電池は危険な一面を持っている。

熱や強い衝撃など、誤った使い方をすると一転して危険物になってしまう。もちろん、噛むことなど言語道断。本物だとしても発火に繋がる可能性があるので、正しい知識を持っておきたいものだ。

参照元:YouTube電池工業会
執筆:原田たかし

スマホカメラはこんなにも優秀! 130万円の超高級カメラと画質を比べた動画が驚きの結果

各メーカーが続々と新機種をリリースしているスマートフォン。処理能力がアップし、ディスプレイは鮮明に。そしてカメラも高性能になっているのは言うまでもない。

では、新型のスマホカメラと超高級カメラを比べると、どれほど画質に差が出るのだろうか? スマホ3機種と超高級カメラの比較画像が見られる動画「Portrait Mode: Explained!」で、その差をご覧に入れたい。

・驚きの価格差

動画を公開したのは、スマホやカメラなどのレビューを多数アップしている米国人ユーチューバーのマルケス・ブラウンリー氏。機種は以下の4つが登場する。

【スマホ】
Apple「iPhone X」:1200万画素
Sumsung「Galaxy Note 8」:1220万画素
Google「Pixel 2」:1220万画素
※記載はメインカメラの画素数

【ミラーレスカメラ】
HASSELBLAD「X1D」:5000万画素

なお、スマホ3機種の市場価格は7〜12万円(Pixel 2は日本未発売)。ミラーレスカメラの「X1D」は約130万円(レンズ込み)と驚くべき価格差となっている。

・ポートレートモードの画像を比較

動画で比較されているのは、被写体にピントを合わせ背景をぼかす「ポートレートモード」の画像だ。スマホはソフトウェアによってボケを作り出すのに対し、X1Dは大型センサーとレンズで物理的にボケが生まれるのが特徴。果たしてその差はいかに。

動画では、いくつかのアングルや被写体を比較する様子が見られる。注目すべきは、パッと見ではスマホとX1Dに大差が感じられない点だ。細部をじっくり観察すると、さすがにX1Dの方が背景のボケや色の出かたが自然だが、スマホも十分健闘しているから凄い

暗所での撮影や画像を拡大した際、さらに大きな差は出るかもしれない。しかし、いずれにせよスマホカメラが実用的であることは明らかだ。持ち運びに便利、操作が簡単、そして高性能と三拍子揃ったスマホカメラ。今後の進化がますます楽しみになるばかりである。

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ

Amazon1位で圧倒的に支持されている車載スマホホルダー「SmartTap EasyOneTouch2」は本当に有能なのか / 1カ月使ってみた結果

北海道などで雪が降ってはいるものの、地域によってはまだまだ紅葉シーズン真っ只中。鮮やかに色づいた景色を見に、ドライブの予定を立てている方も多いのではないだろうか。そんな時に便利なのがスマホ用車載ホルダーだ。

どれを買うか困ったらAmazonを頼るのも一つの手……てことで、ポチッと探してみると、ランキング1位の「SmartTap EasyOneTouch2」なる商品を発見した。しかもメチャクチャ高評価! これは本当に有能なのだろうか、実際に購入して使ってみることにした。

・Amazonで高評価なスマホ用車載ホルダー

商品ページの情報によると、「SmartTap EasyOneTouch2」は、Amazonランキング大賞2017上半期で、カー用品総合とカーアクセサリー部門の2部門で1位を獲得している

さらにカスタマーレビュー1370件に対して、1170件が星4つ以上の高評価を付けている点も見逃せない。Amazonでの販売価格は2490円(2017年11月17日時点)。他の製品より特別安くもないので、使い勝手が評価されていると考えて良さそうだ。

・組み立て&設置

それでは、使用感を確かめてみよう。まずパッケージから中身を取り出すと、アーム部分とホルダー部分の2つのパーツが入っているのが確認できた。素材はプラスチックだが、しっかりと重量感があり華奢な感じはしない。

組み立て方は超シンプルだ。ホルダー部分の裏側にあるジョイントのネジを緩めて、アームをはめてネジを締めるだけである。ネジが締めやすくなるよう、出っ張りが付いていて大変よろしい。

また設置方法も超カンタン。アーム部分のベースに付いている粘着パッドの保護シールを剥がし、好みの場所に置いてロックレバーを押し下げれば設置完了である。

粘着パッド&吸盤のダブル効果で、張り付きは超強力。温度変化や振動にも耐えられそうな仕様だ。 

・スマホを置いて使ってみる

そしてこの製品の大きな特徴が、スマホを置くことで、ホルダー部分中心の丸いボタンが押され、自動的にロックがかかるらしい。自動でロックといいつつ、本当は……? なんて気持ちも抱きつつ、実際にスマホを置いてみると……。

「カチャッ」という音と共に、一瞬でスマホがホールドされたぞ!

また、ロックの解除もワンタッチ。ホルダー部分サイドのボタンを押し込むだけだ。やってみると……。 

これまた一瞬でホールド解除!! 片手の操作だけで驚くほどスピーディーに着脱ができた。

さらに角度調整もスムーズだ。ジョイント部分がボール状なので、縦、横、斜めにグリグリと無段階で動かせる他、アームの角度に加えて長さも変化させられる仕様となっている。非常によい! これなら幅広い車種に対応できるだろう。

ちなみに、スマホを支えるストッパーの位置も可動式となっていて、充電ケーブルが干渉しないよう配慮されていた。こういったところも評価の一部となっているのだろうか。

その後、1カ月ほど使ってみたが、走行中のガタつきも少なく、片手でホールド&オープンできて超快適! 個人的には、これまで使ってきたいくつかの車載ホルダーの中で、最も使い勝手の良い製品だと感じている。ドライブのお供にぜひオススメしたい。

参考リンク:Amazon「SmartTap EasyOneTouch2」
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「Amazonベストセラー検証」

【マジか】19世紀の絵画にiPhoneが映り込んでいると話題

誰だって一度はタイムトラベルに憧れたことがあるはず。過去に行って歴史を変えたい、未来に行って技術の進歩を体感したい。でも『ドラえもん』じゃないんだし、現実では無理だよなあ……なんて、ため息をついているそこのあなた!

これからご紹介する絵画を見れば、そんな考えも変わってしまうかもしれない。なんと19世紀に描かれた絵画にスマートフォンらしきものが映っているというからだ! タイムトラベラーの仕業か!?

・1860年頃に描かれた絵に……スマホ!?

「1860年頃に描かれた絵に、iPhoneを持つ女性が映っている」「150年前の絵にiPhone登場」……そう、多くの海外メディアが ある1枚の絵を取り上げている。スコットランド在住のピーター・ラッセルさんがTwitter上で指摘したことで話題となった。

オーストリアの画家フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラーによる『期待』と題された絵で、1860年頃に描かれたものだという。

田舎道を歩く女性と、道の途中で彼女を待つ男性の姿が描かれている。男性の手には女性の為に用意したと見られる小さな花が握られており、この部分にタイトルの「期待」が感じられる。

だが注目すべきは、女性の手元。彼女は、手のひら大サイズの物体を両手に包んでいるのだが、なんだかスマホを握っているように見えないだろうか? 下に向けられた目線も、スマホの画面に集中しているように見える。

もしかしたら誰かがタイムトラベルして、彼女にスマホを渡したのでは……などと考えると面白いが、彼女が手にしているのは賛美歌集ではないかと伝えられている。残念!

・17世紀にも iPhone が存在していた!?

昔の絵画に “スマホ” が登場したのは、これが初めてではない。以前にも、1670年頃に描かれた絵画にiPhoneが映っているとAppleのCEOティム・クックさんが指摘した。

オランダの画家ピーテル・デ・ホーホの絵画に登場する男性の手に、 iPhone らしきものが握られているのだ。

絵のタイトルは『玄関ホールで女性に手紙を手渡す男性』なので、彼が握っているのは手紙だと考えるのが妥当。だが、クックさんは「iPhoneがいつ発明されたか、これで分からなくなりましたね」と冗談めかしに発言したのだった。

・チャップリンの映画にも携帯電話が登場?

このように “時を超えた携帯電話やスマホ” が登場する動画や写真は、他にもたくさんある。

例えば、1938年にニューヨークで撮影された動画『Massena Time Traveler Cell Phone 1938』や、1928年のチャーリー・チャップリンの作品『サーカス』にも、携帯電話のようなものを手にした人物が登場しているのだ。

・ラッセルさん「当時の人なら賛美歌集だと分かったはず」

だがこれらは、今の時代に生きる私たちが見るからこそ、なんでもかんでも携帯電話やスマホに思えてしまうのかもしれない。

前述のラッセルさんも……

「技術の普及具合によって、絵の見え方が変わってくる」

「1850〜60年代の人々がこの絵を見ても、女性が手にしているのは賛美歌集や祈とう書だとすぐに分かったはずです。しかし今の時代の人の目には、若い女性がスマホに熱中しているように映ってしまうんですね」

……と述べているのだった。

ということは逆に、今の時代に撮影された写真を昔の人が見たら「みんな、なぜ賛美歌集や手紙を耳にしたり、ジッと見つめて歩いているのだろう?」などと不思議に思うかもしれない。

参照元:Mail Onlineindy100CNBC(英語)、YouTube[1][2]
執筆:小千谷サチ
Photo:Wikimedia Commons[1][2]

日本にもはよ! Googleが「史上最高評価のカメラ」を搭載した新型スマホ『Pixel 2』を発表!!

2017年10月5日、Googleが自社製スマートフォンの新機種「Pixel 2」と「Pixel 2 XL」を発表した。同社の技術を詰め込んだ最新端末ということで、大きな注目を浴びている。

本製品は前モデル「Pixel」で好評だった高性能カメラをさらに強化。ボディーを握るだけでGoogleアシスタントが起動する機能などが、新たに搭載されているとのこと。公式動画と合わせて内容を見ていこう。

・大きな強みは高性能カメラ

昨年2016年10月に初代「Pixel」と「Pixel XL」が登場してから約1年。今回新たに発表されたのは、その2世代目となる5インチの「Pixel 2」、そして5.5インチの「Pixel 2 XL」の2機種である。なお、両機種ともにディスプレイとバッテリーサイズ以外の性能はほぼ同じだ。

新機種の大きな強みは、高性能なカメラといえるだろう。画素数は前面が800万画素、背面が1220万画素。レーザーとデュアルピクセル位相差検出によるオートフォーカスや光学式手ブレ補正にも対応している。

さらには、両面ともにシングルカメラでありながら、どちらも背景をぼかした人物写真の撮影が可能なほか、有名カメラテスト機関「DxOMark」の評価で、スマホ史上最高の98点を獲得した実力を持っているというから驚きだ。

その他、ボディーを握るだけでGoogleアシスタントが起動する「Active Edge」や、カメラで撮影した画像の情報を表示する「Google Lens」など、興味深い新機能が搭載されているところも見逃せない。

・残念ながら日本での発売はなし

基本スペックだが、メインメモリが4GB、ストレージが64GBもしくは128GB、バッテリー容量はPixel 2が2700mAh、Pixel 2 XLが3520mAhとなっており、IP67の防水・防塵機能も備えているとのこと。通常使用での大きな不足はなさそうである

なお、GoogleがYouTubeで公開している動画「Meet Google Pixel 2 | More, more, more」では、本体デザインを見ることができる。背面に “G” と小さな文字があるのと、側面のボタンに色が付いている以外はいたってシンプルだ

しかし、とにかく残念なのは、おサイフケータイ(FeliCa)機能が搭載されていないのと、今のところ日本での発売予定はない点である。おサイフケータイ機能のついた「Pixel」が日本で発売されれば、きっと人気機種となるに違いない。Googleの今後に期待したいところだ。

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ