【超高性能】電動歯ブラシ『ソニッケアー』の最上位機種がスゴすぎた! ブラシの種類を自動認識&アプリと連動してブラッシング指導など

芸能人じゃなくても歯は命。誰もが大切にすべきである。歯が痛いと集中力が落ちるし、治療によっては時間やお金がメチャメチャかかる。筆者もこれまでどれほど歯医者に通ったことか、トホホ……。

とはいえ、ちゃんと磨いてたつもりでも虫歯になっちゃうことって、あるよね~。じゃあ、いったい歯のケアには何を使うのが最強なんだろうなぁ、と思っていたら、レビュー用の電動歯ブラシが送られて来た。う~ん、今までず〜っと手磨き派だったけど、電動歯ブラシって実際どうなんだ……!?

・フィリップス『ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート』

手元に届いた電動歯ブラシは、フィリップスの『ソニッケアー』である。同社のホームページによれば『ソニッケアー』は、日本の歯医者・歯科衛生士の使用率が10年連続No1のブランドらしい。ほぅ、名前を聞いたことはあるが、歯のプロからも人気なのか……。

続いて、外箱に「ダイヤモンドクリーン スマート」と書いてあったので調べてみたところ『ソニッケアー』の最上位機種となっていた。しかし、 “ダイヤモンドクリーン” とは、なんだか歯がキラッキラになりそうなネーミングだが、どんなことが出来るのだろうか?

・開封してみる

ということで箱を開けてみると……なんかいろいろ入ってる! 本体(ハンドル)、ブラシヘッド4本とブラシヘッド専用ホルダー、充電台、持ち運び用のケースのほか、厚手で頑丈そうなガラス製のコップも同梱されていた。

・充電器がシャレオツ

おっ、歯磨き用のコップまで付いてきたぞ!! と感心したのもつかの間、なんとこのコップ、充電スタンドにもなる超便利アイテムなのである。充電スタンドの上にコップをセットして、本体をチョイと入れれば、充電スタート! ワォ、充電中の見た目がシャレオツー!!

しかも、充電スタート時には……

本体がブルっと震えてボワーンと光る!!

・持ち運び用のケースも便利

シャレオツすぎィィィィィイイイイ一ッ! 何度もコップから出し入れしてしまったぞ。さらに、もうひとつの超便利アイテムが、持ち運び用のケースである。パッと見たところ、本体とブラシ2本が入る何の変哲も無いケースのようだが……

な、なんと……

底にUSBケーブルが隠れていて、充電できる優れもの!

これはよい!! スパイ映画の小道具みたいでとってもよいぞ!!! ちなみにコップもケースも満充電に24時間かかるが、約2週間の連続使用(1日2回、2分間使用した場合)が可能とのことだ。

・使ってみる

さて、付属品の説明はこれくらいにして、歯磨きの準備をしよう。まずは本体にブラシヘッドをセットするのだが、4本のブラシヘッドはいずれも色や形が違い、それぞれに目的がある。詳細は次の通りだ。

【ブラシヘッドの目的】

プレミアムクリーンブラシ(C3)→ しっかり歯垢を除去したい
プレミアムガムケアブラシ(G3)→ 歯茎のケアをしたい
プレミアムホワイトブラシ(W3)→ ステインを除去して自然な白い歯にしたい
舌みがきブラシ(T1)→ 舌の汚れを落とし、爽やかな息にしたい

しかも、好みのブラシヘッドをつければ、自動で目的に合わせたモードや強さが設定され、最適なブラッシングができるという。マジかよ! さっそく「プレミアムクリーンブラシ(C3)」を本体につけてみると……

自動的に「clean」の文字が光った!!

・Bluetoothでアプリと連動

電動歯ブラシってこんなに進化してたのか、と思いきや、さらにスゴい機能を発見。なんと、Bluetoothでアプリと連動。本体内蔵のスマートセンサーが歯磨きの癖をチェックしてブラッシングを指導してくれるという。

そうか、これで商品名にある “スマート” の謎がやっと解けた! さあ、アプリをインストールしてさっそく歯磨き開始だ。どんな磨き心地が体験できるのか。ワクワクドキドキしながら口に入れスイッチを押すと……

おっ、おぉぉぉおおおおおーーーーーっ!

ブラシヘッドが「ブゥゥゥゥゥーン」と震えて、歯や歯ぐきに振動が伝わってキターーーーーッ!! これまで手磨き派だった筆者にとって未知の感覚。はじめは振動が強く少し驚いたが、すぐに馴れた。ものスゴい勢いで歯が磨かれつつ、歯ぐきもマッサージされている感じが、とっても気持ちEー!

そしてアプリのブラッシング指導も電動歯ブラシ初心者の筆者にピッタリ。動かしすぎると「動きを小さく」、強く歯に当てすぎると「弱めてください」てな調子で指導してくれて、超わかりやすかった。ソニッケアー先生、アザーッス!

しかも、1回の歯磨きにかかる時間はたったの2分(クリーンモードの場合)と、たとえウルトラマンが使ったとしても余裕だ。いつも5分以上かけて手磨きしていた筆者からみると、え、もう終わり? と不安だったが、その後、歯がツルツルになっているのが実感できたので、きっとしっかり磨けているはずだ。

フィリップスが推しているように、デンタルフロスとマウスウォッシュを併用すれば、きっと最強のオーラルケアができるに違いない。今までは手磨き派だったが、『ソニッケアー』気に入った!

・機能を最小限に抑えた数千円のモデルも大人気

なお、今回レビューした「ダイヤモンドクリーン スマート」はシリーズで唯一アプリと連動できる機種で市場価格は3万7000円前後だ。また、アプリと連動しない「ダイヤモンドクリーン ディープクリーン エディション」は市場価格が2万円前後となっていた。

その他、『ソニッケアー』は機能を省略した数千円のモデルも大人気。とにかくたくさんのラインナップが用意されているので、歯の健康を保ちたい方は予算と相談しながら、ぜひ好みのモデルを見つけてみてはいかがだろうか。

参考リンク:フィリップス ソニッケアー
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.

米ロックバンド「OK Go」の発想力ヤバいって! 1000個以上のスマホを使ったCMが斬新すぎて心を奪われる

ミュージックビデオ界のスターともいえるロックバンド「OK Go」。これまでにも彼らは無重力空間で撮影を行ったり、567台ものプリンターを使用したりと、ブッ飛んだ映像作品で注目を浴びてきた。

先日、その「OK Go」のリーダーであるダミアンが1本の動画を世に送り出した。ダミアンが監督を務め、スマホのCMとなっている本作。なんとも不思議な魅力を持った作品だったのでご紹介したい。

・1000個以上のスマホを使用したCM

動画のタイトルは「ASUS ZenFone 5 Commercial, Director’s Cut (featuring “I’m Not Through”)」である。これは文字通り、ASUSの新型スマホ『ZenFone 5』のCMとして制作された。なにはともあれ「OK Go」のリーダーが監督なので、きっとスゴいアイデアが盛り込まれているに違いない!

──と見る前から期待していたら、やっぱりスゴかった。動画を再生したら、まずは全身にスマホをまとったダンサーが登場。暗闇の中でスマホを光らせながら踊る姿は、幻想的で思わず心を奪われるほど美しい。ただ、そこで終わらないのが「OK Go」の発想力!

なんとダンサーの背後に設置されたイルミネーションの巨大な壁も全部スマホなのだ! 解説文によると、どうやらダンサーの身体には89個、壁には1139個もの「ZenFone 5」が使われているらしい。うひょ〜、スマホの数がパねぇ〜!!

まさに「スマホのスマホによるスマホのためのCM」といったところだが、スマホのディスプレイに様々な映像が映し出されたら斬新な世界観にドップリ。ポップな世界が次々とリズミカルに描かれていくこと、そして色づかいやダンサーの動きといい、見るものを飽きさせない展開がとてもよい。

・現実とスマホの画面が作り出した世界を行ったり来たり

特に00:40以降のトリッキーな仕掛けは必見だ。「ZenFone 5」のディスプレイの美しさをアピールしながら、いつの間にか現実とスマホの画面が作り出した世界を行ったり来たり。「OK Go」ゆずりのブッ飛んだ内容に仕上がっているゾ!

リピート必至の不思議な魅力を持ったこのCM。全編で1:17とコンパクトなのでぜひ視聴してみてほしい。なお、メイキング動画も公開されているので、撮影の裏側をみたい方はあわせてそちらもどうぞ。

参照元:YouTube [1] [2]
執筆:K.ナガハシ

【激論】スマホと財布、失くしてショックなのはどっち? 財布派「カード類の手続きが死ぬほど面倒」スマホ派「他人の個人情報も入っているから財布より危険」

貴重品とは「いつも身につけており、紛失すると非常に困るもの」のこと。その代表が「財布」そして「携帯電話(スマホ)」だろう。そんなことわかっているのに、ふとしたはずみでどこかに置いてしまい、ヒヤッとした経験をお持ちの方もいるのではないだろうか? 私は……ある!

どちらも紛失したくないが、万が一……万が一! 失くしたときダメージが大きいのはどちらだろう? どちらの管理を重視すべき? 見方を変えれば、みんなが「ダメージが少ない」と考える方には何らかの救済措置があるということなのかも? 気になったので調べてみた!

まず聞いたのは、私(沢井メグ)の友人11名。ザックリと「財布(キャッシュカード、クレカ、身分証入り)」、「スマホ」、紛失してよりショックなのはどちらかを尋ねたところ、意見はパックリ! 

私は、断然、財布の方が困ると思っていたのだが、スマホ派からも「なるほど~」と思える声が寄せられた。まずは両者の意見を見てみたい。

【財布派はこう考える】

「スマホはロックがかかってるけど、財布に入ってる免許や保険証などは個人情報丸出しだから」
「カード類の停止や再発行の手続きが死ぬほど面倒。紛失したことがあるがもう二度とやりたくない」
「思い入れがある財布だから」
「スマホは毎日バックアップを取っているので何とかなる。失くしたときのダメージを考えると財布の方がキツイ」
「全財産入っているので、ないと今日の晩ご飯も食べられなくなる」
「スマホはGPSで捜すことができるけど、財布はどうにもならないから」

【スマホ派の意見はこう】

「現金は諦めがつくしカード類は止めればいいけど、写真や連絡先などのデータは戻ってこないから」
「他人の個人情報も入っているので、悪用されたときに友人に迷惑がかかる。そのダメージは財布より大きい」
「Suicaや通帳も全部スマホに入っているから、なくなるとマジ困る」
「友達と連絡が取れなくなるのは困る。財布をなくしてもスマホがあれば助けを求められるし」
「そもそもスマホそのものが高価。10万くらいするでしょ?」

・Twitterでも聞いてみたところ……

ぐむむ……どちらの意見もまさに「その通り」! また最近では、スマホを財布として使う人もおり、利用の仕方によって困る度合も変わってくるようだ。さて、私の周りでは財布派とスマホ派は半々くらいだったが、Twitterでもアンケートを取ってみたところ、3976票の回答が寄せられたぞ(ありがとうございます!)

その結果は……

【紛失してショックなのはどっち?】

「財布(キャッシュカード、クレカ、身分証入り)」→71%(計算すると、2823名)
「携帯電話(スマホ、ガラケー)」→29%(計算すると、1153名)

Twitter上では「財布の紛失の方がより困る」という人が圧倒的に多かった! 寄せていただいた理由は、おおむね上記のものと似通っていたが、財布派からは「スマホならバックアップを取っているからダメージは最小限で済む」というコメントが目立ったように思う。皆さん自身はどう思われるだろうか? 

いずれにせよ、両方とも紛失してショックであることに変わりはない。失くさないことが一番だが、万が一のときのために、普段、カードやアプリなど何を入れているのか、また不正利用を防ぐためにどこに連絡すべきなのかを確認しておいた方がいいだろう。

執筆:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

ソニーが世界最高スペックのカメラを搭載した『Xperia XZ2 Premium』を発表 / ネットでは賛否両論の声

ソニー独自の技術が詰め込まれたスマートフォンとして知られる「Xperia(エクスペリア)」。高音質なミュージックプレーヤーとして、さらには高画質なデジタルカメラとしても支持されている人気の機種だ。

本日2018年4月16日、「Xperia」シリーズのフラッグシップモデルである『Xperia XZ2 Premium』が発表された。世界最高スペックのカメラを搭載しているとのことだが、全貌はいかに。さっそく動画とともに確認していこう。

・高性能なカメラに要注目

前述の通り、『Xperia XZ2 Premium』の大きな特徴といえるのが超高性能なカメラだ。メインカメラに1900万画素(F1.8)のカラーセンサーと1200万画素(F1.6)のモノクロセンサーからなる2眼カメラ『Motion Eye Dual』を搭載しているという。

さらにソニー独自の画像融合処理プロセッサ「AUBE(オーブ)」によって、世界最高スペックのISO 12800の動画、またはISO 51200の超高感度写真が撮影可能となっているほか、世界で唯一、4K動画の撮影と再生ができる機種に仕上がっているもようだ。

・ガラスで覆われた艶のあるボディー

動画「Xperia XZ2 Premium – camera to the extreme」でデザインを確認すると、ガラスで覆われた艶のあるボディーや、2眼カメラ『Motion Eye Dual』が確認できる。特にインパクトはないが、この中に最高峰の技術が詰まっていると思うと感心せずにはいられない。

ソニーによると、ボディーには3Dガラスを使ってホールド感を高めながら「Corning Gorilla Glass 5」を採用することで強度を向上。さらに防水・防塵にも対応しているという。また、本体カラーはクロームブラックとクロームシルバーの2色を用意するとのことだ。

・ネットの反応

ただ、凄まじいスペックのスマホが出たものの、ネット上では賛否両論。まずは好意的な意見からお伝えしよう。

「xperia xz2 premiumはんぱねえ」
「Xperia XZ2 Premiumのスペック化け物かよ…」
「Xperia XZ Premiumよいな。iPhoneから乗り換えるか」
「ワイが求めてたのはこれや…全ての神スペックを兼ね備えた完璧スマホや…」
「デュアルカメラか……と思って7プラにしようとしてたらまさかのXperiaが出そうとしていた」

などなど、カメラをはじめとするスペックに驚いている声だ。では、好意的ではない声はどういったものがあるかというと……

「新しいXperia、やっぱりダサい…」
「xperia xz2 premium、236gってさすがに重すぎない?」
「XPERIA XZ2 Premium、スペックはすごいけど、236gは重いよ…」
「幅80mmと重量236gに唖然とする。無理やり周回遅れに追いつこうとした弊害なのか?」
「Xperia XZ2 Premium 236g って… 無理!/(^o^)\」

もっとも多かったのは、236gという重量に対しての声だ。日本でのシェア率が高いiPhoneは、ほとんどの機種が200g以下なので重量を気にする人は多いのだろうか。また、好みの問題もあるが、丸みを帯びた角のデザインが気になるという声も多く見られた。

ともあれ『Xperia XZ2 Premium』は、2018年夏頃にグローバルで発売される予定となっている。日本での販売はまだ未定だが、とにかくカメラの画質にこだわりたい方は要チェックの機種といえるだろう。

参照元:YouTube、Sony Mobile Communications「Press releases」(英語)
執筆:K.ナガハシ

【神回答】マスコミがスマホメーカーにイジワル質問「Android 端末を作っているのに従業員は iPhone なんですね」→ CEOの答えがカッコよすぎ! 称賛が集まる

答えにくい質問をしたとき、その人の本性や真実が垣間見える。そんな話をよく聞く。この手法は、面接やディベートで使われることもあるが、言われた方はたまったもんじゃないだろう。

さて、先日ある企業のCEOがマスコミに耳の痛~い質問をされたそう。誰もが「あ~確かに」と思っちゃうような問いだったのだが、その切り返しが素晴らしいとネットで称賛されているのだ。

・マスコミがスマホメーカーにツッコミ

「Androidスマホを作っているのに、従業員はiPhoneユーザーなんですね」

マスコミからそんな質問を受けたのは「中国のジョブス」こと家電メーカー『Xiaomi(シャオミ)』のCEO雷軍(らい・ぐん)氏だ。

2011年、シャオミはスマホ「Mi シリーズ」を発表。低価格でありながら、iPhoneやサムスンのGalaxyに匹敵するスペックが評判となり、2013~14年頃には中華スマホ界でブッチギリで話題となっていた。日本のガジェット通の間でも、コスパ優秀と評価されているスマートフォンである。

なのだが! 従業員に多くiPhoneユーザーがいるというのだ。「自社製品を使わない従業員がいる、それをどう考えているのか」いや、そんなことを言われても……という質問だが、答え方によっては会社のダメージになる問題だろう。さて、雷軍氏がどう答えたかというと……

・CEOはこう答えた!

「今のところ、iPhoneが世界最高のスマホと認めざるをえませんね。弊社は従業員の自由を制限することはありません。

たとえシャオミがiPhoneを越えたとしても、従業員にシャオミの使用を強制したりはしませんよ」

・ネットユーザーから賞賛の声

当然と言えば、当然の話だ。しかし、世の中には自社製品の使用や購入を強制、もしくは暗に強要するという企業が多いなか、キッパリとこう答えた。しかも競合の良さをしっかりと認めたうえでだ。

この潔い回答にネットユーザーは

「カッコよすぎる!」
「兄貴と呼びたい」
「誠実な回答だなぁ」
「強制しないというのもいい、そして他社の実力を素直に認めるというのも素晴らしい」
「他社製品の良さを理解してこそ、自社製品も改善されるよね」
「ライバルとの差を認めて初めて進歩できるんだよ」

などと称賛の声が集まっている。

また孫子の兵法から「彼を知り己を知れば、百戦して危うからず」つまり「敵軍と自軍を熟知していれば、100回戦っても負ける心配はない」という格言を引き合いに出す声も挙がっている。やはり大企業のトップとなると視野が広いものなのだなぁ!

・復活を狙うシャオミ

雷軍氏の発言で、シャオミの好感度は爆上がりの様相ではあるが、中国国内のシェアはかつての勢いを失っている。2015年頃からファーウェイ、OPPO、VIVOなどの中華スマホメーカーの追い上げにより、No.1どころかベスト3からも転落しているという。

そんなシャオミは、2018年に発売予定のフラッグシップモデル「Mi Mix2S」と「Mi7」で復活をはかる目論見だ。一方、Appleはすでに一強ではなくなったとはいえ、ハイエンドでもミドルエンドモデルでも根強い人気がある。シャオミにとって目標にするところが大きいのかもしれない。

参照元:新浪新聞、SinaWeibo @小米手机
執筆:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

【動画あり】ソニーが新型スマホ「Xperia XZ2 / XZ2 Compact」を発表! シリーズ史上最高のビデオ画質&スピーカー音量を実現

不思議なおもちゃ「toio(トイオ)」や犬型ロボット「aibo」など、斬新かつ高性能な機器を発売して話題をさらっているソニー。そんなソニーの携帯電話メーカー「ソニーモバイルコミュニケーションズ」が待望の新製品を発表した。

その新製品とは、同社の人気スマートフォン「Xperia(エクスペリア)」の最上位モデルとなる機種だ。さて、どんなに製品に仕上がっているのか? 発表されたばかりの情報をさっそく確認してみよう。

・今春以降から世界各国で発売予定

今回発表されたのは、同シリーズの最上位モデルとなる約5.7インチディスプレイ搭載の『Xperia XZ2』と、そのコンパクトモデルにあたる約5.0インチディスプレイ搭載の『Xperia XZ2 Compact』の2機種。今春以降、世界各国で発売予定だ。

・シリーズ最上位モデル『Xperia XZ2』

同社の情報によると、最上位モデルの『Xperia XZ2』は、ボディーに3D曲面ガラスと側面のメタルフレームを採用。洗練された持ちやすさとなめらかで高級感のあるデザインを両立したほか、ワイヤレス充電にも対応したという。

また、カメラ専用機でしか成し得なかったISO感度51200の静止画撮影(動画は12800)が可能となったほか、スマートフォンとしては初の「HLG」フォーマット 4K HDRビデオ撮影を実現。960fpsのスーパースロー映像も高解像度で撮影できるようになっている。

さらには、同シリーズ史上最大音量を実現したフロントステレオスピーカーも装備しており、臨場感のあるエンターテインメント体験が得られるとのこと。なんともソニーらしい機能が満載の新機種となっている。

・コンパクトモデル『Xperia XZ2 Compact』

そして『Xperia XZ2 Compact』も負けてはいない。ワイヤレス充電には未対応だが、手のひらに収まるコンパクトボディに『Xperia XZ2』と同じCPUや大音量スピーカーを内蔵しているという。

世界的な人気を誇るソニーのスマートフォン「Xperia」シリーズ。正式な発売日や価格などについては今のところ不明だが、製品の全貌を収めた動画が多数公開されている。気になる方はぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

参照元:YouTube、Sony Mobile Communications「ニュースリリース」
執筆:K.ナガハシ

【中国】男性が「iPhoneのバッテリー」を噛んで爆発 → 奇跡的にケガ人ゼロ

これからご紹介する出来事は、嘘のような本当の話だ。お隣・中国で男性が iPhone のバッテリーを噛んだところ、瞬時に発火し、爆発が起きてしまった。何を言っているのか分からないかもだが、紛れもない実話である。

動画を公開した中国の放送チャンネル「CGTN」によると、事件が起きたのは2018年1月19日。江蘇省南京市の家電量販店で、男性が iPhone のバッテリーを交換しようとした時のことだという。

・本物か確かめるために男性がバッテリーを噛んだら……

以前に比べて幾分マシになってきているが、いまだにパチモンがなくならない中国。それだけに iPhone のバッテリーを交換した男性も、購入するバッテリーに対して疑心暗鬼だったのだろう。ただ、今回ばかりは相手が悪かった。

iPhoneのバッテリーが本物かどうか確認するため、何を思ったのか彼は噛む行為に出た。その一部始終は、YouTubeの動画「iPhone battery appears to explode after customer BITES it」で確認できるが、男性がバッテリーを噛んだら、閃光が走るようにして発火。さらに次の瞬間には爆発を起こしている。

・危険を知る大切さ

目を疑うような映像だが、奇跡的にケガ人はいなかったのが不幸中の幸いといったところか。ここのところ、発火事件が急増しているように、iPhoneのバッテリーに使われているリチウムイオン電池は危険な一面を持っている。

熱や強い衝撃など、誤った使い方をすると一転して危険物になってしまう。もちろん、噛むことなど言語道断。本物だとしても発火に繋がる可能性があるので、正しい知識を持っておきたいものだ。

参照元:YouTube電池工業会
執筆:原田たかし