スマホゲーム『荒野行動』が絶望的にヘタな人にありがちなこと30選

2018年平昌(ピョンチャン)オリンピック、男子フィギュアスケートで銀メダルを獲得した宇野昌磨選手。彼がプレイしていることで話題となった、スマホゲーム『荒野行動』。

これは、100名が同時対戦できるバトルロワイヤル形式のゲームである。2017年11月にリリースされて以来、現在までアップデートを繰り返し、ユーザー数も増え続けている。センスの問われるこのゲーム、絶望的にヘタな人なら理解できる “あるある” をお伝えしたいと思う。

・スマホゲームで「荒野行動」が先行

100人対戦のバトルロワイヤルゲームは、2017年3月に「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」(通称:PUBG)のPC版が登場したことから始まる。PUBGは世界的なヒットになったものの、なかなかスマホ版が登場せず、荒野行動は後発ながら、スマホ版で先行してユーザーを獲得することに成功している。

最近になってPUBGもスマホ版が海外で登場したものの、日本でのリリースにはもう少し時間がかかるようだ。そうしている間に、さらに「フォートナイト」がスマホ版の招待イベントを開始しており、3社のスマホ版が揃えば、ユーザーは分散することになるかもしれない。しかしそれまでは荒野行動一強時代が続きそうだ。

・やってもやってもヘタ……

とはいえ、ゲームをプレイしているすべてのユーザーが上達し続ける訳ではなく、ヘタな人はずっとヘタ。上手い人の餌食になり続ける訳である。私(佐藤)も餌食になっているひとりだが、同じく上達知らずの皆さんに、今回のあるあるを捧げたい。

【荒野行動ヘタすぎあるある30選】

1.操作に慣れるまで、自分が何をやっているのかさっぱりわからない
2.最初は武器の違いがわからない
3.鍋の用途がわかってない
4.キャンプで料理するために鍋を使うのか? とか思ってしまう
5.ゲーム開始直後の降下で目的の場所に降りられない
6.安全エリアにスムーズに移動できず毒でやられ、敵と遭遇することなくゲームオーバー
7.誰もいないのに、無駄に乱射してしまう
8.誰もいないのに、ずっと隠れている
9.待ち伏せしているのに誰も来ない
10.ジッとしている間に安全エリアに行き遅れて毒でやられる
11.珍しくゲーム序盤で装備が充実した時に限って、あっさり狙撃される
12.高すぎる場所から意味もなくジャンプして自爆する
13.他人に迷惑をかけたくないという理由から、ずっとシングル戦
14.ボイスチャットも怖くて使えない
15.運良く狙撃できても、その喜びを分かち合える人がいない
16.斜め撃ちの解除に手間取っている間に狙撃される
17.木陰に隠れて荷物を整理している間に狙撃される
18.隠れているのに、うっかり立ちあがって狙撃される
19.物陰に隠れて狙撃のタイミングをうかがっているのに、敵から丸見えで簡単に狙撃される
20.50対50の「DuelMode」で仲間の車に乗ろうとして、誤って轢かれる
21.ただひたすら隠れ続けることで、うっかり残り10人まで生き残ってしまう
22.しかし接近戦はあきれるほどヘタで目の前の敵を倒せない
23.その挙句、相手の1発の銃弾に倒れる
24.建物のなかで敵とバッタリ遭遇すると、とりあえず逃げる
25.生き残りをかけたゲームなのに、戦わずして勝つことを考えてしまう
26.ヘタすぎる自分にうんざりする
27.そもそも自分の性格はこのゲームに向かないんじゃないか? と疑っている
28.でも気が付くと、また挑戦してしまっている
29.正直なところ、PUBGのアプリ版が出たら、荒野行動をやめるかも……
30.いや、プレイ人口が減ったところがチャンス! と考えて、荒野行動をやり続けるかも?

やってもやっても上達しないのに、やめられないのはなぜだろう? もしかしたら、宇野選手も同じ心境なのかもしれない。

参考リンク:荒野行動デイリースポーツ
執筆:佐藤英典
Screenshot:iOS「荒野行動」

【神回答】マスコミがスマホメーカーにイジワル質問「Android 端末を作っているのに従業員は iPhone なんですね」→ CEOの答えがカッコよすぎ! 称賛が集まる

答えにくい質問をしたとき、その人の本性や真実が垣間見える。そんな話をよく聞く。この手法は、面接やディベートで使われることもあるが、言われた方はたまったもんじゃないだろう。

さて、先日ある企業のCEOがマスコミに耳の痛~い質問をされたそう。誰もが「あ~確かに」と思っちゃうような問いだったのだが、その切り返しが素晴らしいとネットで称賛されているのだ。

・マスコミがスマホメーカーにツッコミ

「Androidスマホを作っているのに、従業員はiPhoneユーザーなんですね」

マスコミからそんな質問を受けたのは「中国のジョブス」こと家電メーカー『Xiaomi(シャオミ)』のCEO雷軍(らい・ぐん)氏だ。

2011年、シャオミはスマホ「Mi シリーズ」を発表。低価格でありながら、iPhoneやサムスンのGalaxyに匹敵するスペックが評判となり、2013~14年頃には中華スマホ界でブッチギリで話題となっていた。日本のガジェット通の間でも、コスパ優秀と評価されているスマートフォンである。

なのだが! 従業員に多くiPhoneユーザーがいるというのだ。「自社製品を使わない従業員がいる、それをどう考えているのか」いや、そんなことを言われても……という質問だが、答え方によっては会社のダメージになる問題だろう。さて、雷軍氏がどう答えたかというと……

・CEOはこう答えた!

「今のところ、iPhoneが世界最高のスマホと認めざるをえませんね。弊社は従業員の自由を制限することはありません。

たとえシャオミがiPhoneを越えたとしても、従業員にシャオミの使用を強制したりはしませんよ」

・ネットユーザーから賞賛の声

当然と言えば、当然の話だ。しかし、世の中には自社製品の使用や購入を強制、もしくは暗に強要するという企業が多いなか、キッパリとこう答えた。しかも競合の良さをしっかりと認めたうえでだ。

この潔い回答にネットユーザーは

「カッコよすぎる!」
「兄貴と呼びたい」
「誠実な回答だなぁ」
「強制しないというのもいい、そして他社の実力を素直に認めるというのも素晴らしい」
「他社製品の良さを理解してこそ、自社製品も改善されるよね」
「ライバルとの差を認めて初めて進歩できるんだよ」

などと称賛の声が集まっている。

また孫子の兵法から「彼を知り己を知れば、百戦して危うからず」つまり「敵軍と自軍を熟知していれば、100回戦っても負ける心配はない」という格言を引き合いに出す声も挙がっている。やはり大企業のトップとなると視野が広いものなのだなぁ!

・復活を狙うシャオミ

雷軍氏の発言で、シャオミの好感度は爆上がりの様相ではあるが、中国国内のシェアはかつての勢いを失っている。2015年頃からファーウェイ、OPPO、VIVOなどの中華スマホメーカーの追い上げにより、No.1どころかベスト3からも転落しているという。

そんなシャオミは、2018年に発売予定のフラッグシップモデル「Mi Mix2S」と「Mi7」で復活をはかる目論見だ。一方、Appleはすでに一強ではなくなったとはいえ、ハイエンドでもミドルエンドモデルでも根強い人気がある。シャオミにとって目標にするところが大きいのかもしれない。

参照元:新浪新聞、SinaWeibo @小米手机
執筆:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

【SNS中毒】入国審査官がパスポートを確認しながら同時にスマホをチェック…職務怠慢な姿が物議を醸す

別に何かを密輸しているとか国際指名手配されている訳でもないのに、外国に入国する時の審査は少し緊張するものだ。だが、思わず背筋がピンっと伸びてしまいそうな瞬間に、入国審査官がダラダラした態度で仕事していたら、一気に緊張感が抜けてしまうに違いない。

まさに、そんな入国審査官の職務怠慢を絵に描いたような姿が激撮され、「これは酷い!」とネット民から非難の声が挙がっている。職務中にもかかわらず、入国審査官が堂々とスマホでSNSをチェックしていたのである。

・仕事中にSNSをチェックしていた入国審査官

英ニュースサイト『Mirror』によると、入国審査官にあるまじき行為が激撮されたのは、アフリカのジンバブエ共和国の南マタベレランド州バイトブリッジにある空港だ。問題となった動画に映っている女性審査官は、旅行者のパスポートをチェックしながら、手元に置いたスマホでFacebookをチェックしているように見える。

・いくらなんでも職務怠慢すぎ!?

入国者のパスポートをパラパラとめくると同時に、彼女はスタンプを押しながらスマホ画面を器用に小指でスクロール。とにかくスマホが気になって仕方がない様子で、仕事に身が入っていない……。

1人目のパスポートを確認し終えても彼女の職務怠慢は続く。次の人のパスポートを受け取った時も、視線はスマホに集中していて、顔写真と本人を見比べてさえいないようだ。そして、そんな態度を撮影されていることにも気づいていないと思われる。

・問題の審査官は懲戒処分に

驚くべきことではないが、ジンバブエでは職務中に入国審査官が携帯電話を使用することは禁止されているという。この動画がネットで拡散されたことを受け、同国の自治大臣が事態を重く受け止めた模様で、問題の入国審査官を懲戒処分にする指示を出したと報じられている。

もし、入国させてはいけない犯罪者やテロリストをスルーしてしまったら、大問題になるところだった。SNS中毒になりがちな現代社会。たまたま今回は入国審査官であったが、どんな仕事でも職務中に携帯電話を使用して、注意散漫にならないよう気をつけたいものだ。

参照元:Facebook @NAIJ.comMirror(英語)
執筆:Nekolas

「目が覚めたらスマホの中に入っていた…」 日本を舞台にした短編ホラーが海外で話題 / スマホ依存者は身につまされる思いに!?

我々の生活にすっかり欠かせない存在となったスマホ。メールやSNSでコミュニケーションを取るときにも便利だし、地図で場所を探すことも出来る。しかし、あまりにもスマホに依存しすぎて、手放せなくなっている人も少なくないのでは?

そんな状態を皮肉ったような、「目が覚めたらスマホの中に入っていた…」という日本を舞台にした短編ホラーが、海外で話題になっているので紹介することにしたい。

・スマホの中に閉じ込められてしまう短編ホラー

海外で注目を浴びているのは、『MAN IN PHONE』という短編ホラー。製作されたのは2年前だが、海外メディアが取り上げて話題となっている。海外エンタメ・データベースサイト『IMDb』によると、本作を監督したのは東京を拠点に活動するカナダ人のマッケンジー・シェパードさんだ。

本作の主人公はヒロシという男性で、彼が目を覚ますと何か様子がおかしい……。周りは真っ暗で身動きが取れず、何がなんだか分からない様子の彼はパニック状態である。次のシーンでスマホのクローズアップが登場し、スマホの中から「助けて~!」と叫ぶヒロシの声が聞こえてくるではないか! なんと彼は、スマホの中に閉じ込められてしまったようなのだ。

・スマホ依存症で恋人をないがしろにしていた主人公

かなり動揺しまくっているヒロシは、部屋に彼を探しに来た恋人ユミに「ここだ~!」と叫ぶ。しかし彼女は全く気づかす、彼が閉じ込められた携帯をバッグに放り込み出勤してしまう。

すると今度は、今まで取りつかれたようにスマホを手放せないでいたヒロシの姿が写し出される展開に。ユミとのデート中もスマホに夢中で、そんなヒロシに彼女は寂しい思いを隠せない様子……。

ここで、「もしかしたらスマホ依存症になった罰として、彼はスマホの中に閉じ込められたのでは……」との考えに至る人も多いのでは!?

・スマホ依存症者は身につまされる思いに!?

スマホでヒロシとの写真を泣きながら眺めていたユミは、スマホの中で助けを呼ぶ彼の存在に気づく気配はゼロ……。そうこうしているうちに「充電が少なくなっています」とのアナウンスが聞こえてきて、さらに彼はパニくりまくり!

もし電源が切れたら、二度と外へ出られなくなってしまうのだろうか……!? なんとか充電ケーブルにスマホを差し込むため、必死で動こうとするヒロシに、容赦なく「残り10パーセント、9パーセント……」と、まるで死へのカウントダウンのような声が聞こえてくる。

だが、ヒロシはあと少しで充電ケーブルまで届きそう。その時! ユミが充電ケーブルを取り上げ……!! ──続きがどうなったのかは、動画でご確認いただければ幸いだ。

・スマホ依存者は身につまされる思いに!?

全般的に、ホラーっぽい仕上がりになっているが、スマホ依存症者に対する皮肉が込められているようでもあり、ブラックユーモアも感じられる作品である。スマホとばかり睨めっこしていて、大切な人との会話やコミュニケーションがおざなりになっているという人は、少し自分を見返してみてもいいかもしれない。

参照元:VimeoIMDb(英語)
執筆:Nekolas

【激論】Twitterで「映画館でスマホを見ないでください」と投稿、波紋を呼ぶ → 反対派「神経質すぎる」「さっとなら良くない?」など

「お・も・て・な・し」の精神で勝ち取った2020年の東京オリンピックを約2年後に控える日本。さあ、世界のみなさん規律正しい日本にいつでもおいでなさい! ……と言いたいところだが、残念ながら普段生活をしているとマナーやモラルが欠如した行動を目にする機会はまあまあある。その1つが『映画館でスマホを見るヤツ問題』だ。

いまTwitter上ではこの『映画館でスマホ見るヤツ問題』がアツい話題になっている。総じて見ると多くの人がかねてから腹に据えかねる問題だったらしいが、一方で「何が問題なの?」という意見も少なからずあるから世も末……なのだろうか。

・Twitterで話題

話題の『映画館でスマホ見るヤツ問題』を投げかけたのは、Twitterユーザーのamane(@007_uiro)さんである。2018年3月5日ameneさんが以下のように投稿したところ、2日足らずで2万8000リツイート以上を記録するなど大きな話題を呼んでいるのだ。

「こういうツイートするの嫌なんですけど、それ以上に嫌なのでさせていただきます。映画館でスマホ見るのやめてください。上映中のマナーとして常識だと思うのですが、守れない人が多いようです。あなたの家じゃありません、名作を台無しにしないでください」

きっと多くの人が1度くらいは映画館で同じシチュエーションに遭遇した経験があるのだろう。「わかります」「本当にやめて欲しい」「激しく同意する」……と賛同の声が圧倒的に多い。──のだが、

「神経質すぎる(笑)」
「咳やくしゃみでもキレてそう」
「前の席に行けばいい」
「さっと確認程度ならいいんじゃない?」
「こんなことで怒るなよ」
「ポップコーンはいいわけ?」

……などと、上映中のスマホ使用を容認する声もあるから驚きだ。スマホへの依存度が高いこと自体は否定しないが「本当に日本大丈夫?」と不安にならずにはいられない──。

ちなみに記者は同じシチュエーションに遭遇した際、映画終了後に “そいつ” を追いかけ「おめえ、上映中にスマホいじってんじゃねーよ」と注意したことがある。この問題の厄介なところの1つは上映中に注意できないところで、約2時間我慢し続けなければいけないところも非常にツラい。

おそらく多くの人が不快に感じている『映画館でスマホ見るヤツ問題』。ルール以前にモラルの問題だと思うが、あなたはどう思うだろうか?

参照元:Twitter @007_uiro
イラスト:amane , used with permission.
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

【話題】100作品、2万話以上の「ジャンプ漫画」が無料で読めるサイト『ジャンプPARTY』を実際に使ってみて思ったこと

すべての少年の心の友「週刊少年ジャンプ」が、今年で50周年を迎えるという。それを記念して、ジャンプに関連する様々なキャンペーンが始まっているぞ。本日2018年3月5日に公開となったウェブサイト「ジャンプPARTY」もその一つである。

「ジャンプPARTY」とは簡単に言うと、ジャンプの漫画が無料で読めるサイトのことだ。現在連載中の作品から過去の名作まで、その数なんと100作品、2万話以上! そこで、体の半分がジャンプでできていると医師に診断された夢を見たことがある私(あひるねこ)が、「ジャンプPARTY」を実際に使ってみた!!

・ジャンプの新サービス

ジャンプにはすでに「少年ジャンプ+」というアプリが存在するが、「ジャンプPARTY」はスマホで閲覧するウェブサイトのため、インストールなどの必要がない。ただし、漫画を読むにはTwitterかLINEでのログインが必須だ。

漫画を読む以外にも、「ジャンプPARTY」にはミッションと呼ばれるミニゲームや、友達とパーティーを組んでコミュニケーションできる機能が搭載されている。が、やはりユーザー的に気になるのは「どの作品がどれくらい読めるのか?」という点だと思うので、そこに絞って感想を書いていくぞ。

・熱いラインナップ

読める漫画を一覧で表示させると、『約束のネバーランド』『ドクターストーン』といった現在連載中の作品から、『デスノート』『ジョジョ』などの超定番、『キン肉マン』『聖闘士星矢』のようなレジェンドまで、幅広い年代の有名作を網羅したラインナップとなっている。

・最初から全話ある

そこに『ターちゃん』『ダイの大冒険』『ネウロ』など、いい感じの名作がちょこちょこ登場しておりバランスはいい。また、「少年ジャンプ+」が毎日1話更新されるのに対し、「ジャンプPARTY」の場合、完結済みの作品は最初から全話が掲載されているのが特徴だ。

・ここに注意

だからといって、これらの作品を好き放題読めるかというと、そういうわけではないので気を付けてくれ。実は漫画を1話読むのに、“フリーチケット” と呼ばれる引換券みたいなものが1枚必要なのである。小学館の漫画アプリ「マンガワン」と同じ仕組みと書けば分かりやすいかもしれない。

・チケットは回復する

フリーチケットは、毎日8時と20時に最大4枚まで配布されるそうだ。他にも、前述のミッションや友達招待などでの入手も可能となっている。なので、特に何もしなくても毎日8話分は必ず読めるというわけ。まあ、それなら悪くないかな……。

・良くない点

とりあえず『ドラゴンボール』でも読むか。セルゲームの悟飯覚醒シーンが無性に見たくなったので、さっそく『ドラゴンボール』のページにジャンプ。どのへんかな~と探していると、またしても攻略が必要なシステムが現れたぞ! なんと話の中盤から数話ごとにロックがかかっており、それを解除するのに別のポイントが必要だというのだ。

“解放玉” というアイテムを1つ消費し、ロックを開放してからフリーチケットを使って読む。解放玉は、現在連載中の作品を読むことでチャージされる仕組みらしい。つまり、過去作を読み進めるためには、現在連載中の作品も読む必要があると……。う~む、やや面倒な印象を持ったのは私だけだろうか。

・サイトは期間限定

とはいえ、これだけの漫画が無料で読めるのは魅力的だ。ラインナップには漫画喫茶にもなかなか置いていないような作品も含まれており、個人的にも非常にそそられる。「ジャンプPARTY」は2018年5月11日までの2カ月限定公開なので、上手く活用して思いっきり楽しもうぜ!

参照元:ジャンプPARTY
執筆:あひるねこ

食事中のスマホいじりはマナー違反? 英レストランの新たな試みが話題 / 食事代25%オフと引き換えに自分のスマホをボックスに入れ…

飲食店で大きな声で騒いだり、食い散らかしたりしてはいけないのは当たり前。そういったマナーは常識として、他にも「〇〇を守れば割引」といった規則を設けているレストランがある。

例えば、今ある英レストランは「食事中のスマホ禁止を守れたら25パーセント割引」とのルールを打ち出して話題になっている。このルール、読者の皆様は守れるだろうか!?

・スマホ使用しなかったら25パーセント割引!

英ニュースサイト『Mirror』によると、「食事中にスマホを使用しなかったら25パーセント割引」というキャンペーンにも似たルールを打ち出したのは、英ウェールズにあるレストラン「The Fat Boar:ザ・ファット・ボア」だ。

食事中のスマホ利用に関しては、日本でも「マナー違反だ」「許せない」という声がある一方で、「時代の流れだから仕方がない」「気にしない」「状況による」といった声も。様々な意見があるが、こちらのレストランでは「食事中に客が言葉を交わすことなくスマホと睨めっこしている事態をなんとかしよう」という思いがあったようだ。

レストランの経営者と従業員が「月曜日は食事中にスマホを使わなかったら割引」というルールを作ってしまったのだという。そのルールは厳しく管理され、割引を受けたい人はテーブルに設置されたボックスにスマホを入れて鍵をかけ、スタッフに鍵を渡さなければならないのだとか。

仮に二人の食事代が50ポンド(約7400円)だとしたら、25パーセントの割引きで勘定が37ポンド50ペンス(約5500円)に。日本円にして約1900円の割引になるので、かなり大きな違いである。

・海外マクドナルドの「スマホ・ロッカー」は失敗!?

そういえば、以前にロケットニュースで「海外マクドナルドが『携帯電話を入れるロッカー』を設置」したとのニュースをお伝えしたことがあった。だが、こちらは商品が割引になる訳ではないからか、残念ながらロッカーを使用している客は少ないようだ。

ちなみに筆者がロサンゼルスに住んでいる時、カウンターで「携帯の使用禁止」を掲げる寿司屋は少なくなかった。実際に、カウンターで携帯を使っていたアメリカ人の客が注意され、押し問答になって店から追い出されたのを見たことがある。

前出のザ・ファット・ボアのルールはネットで注目を浴びているようで、多くのユーザーが興味を示しているとのこと。

食事代が割引にでもならなければ、スマホを脇に置けない……とは寂しい気がしなくもない。せわしない毎日だからこそ極力スマホをチェックせず、大切な人との会話やコミュニケーションを大切にしたいものである。

参照元:Facebook @The Fat BoarMirror(英語)
執筆:Nekolas
Photo:RocketNews24.