スゴいぞ日本の小学生! 目にも留まらぬ「高速縄跳び」で世界記録を樹立した動画が神の領域

いまや世界を代表する「縄跳び大国」の日本。10メートルのロープで30秒間跳び続ける記録を樹立したのが日本人なら、1分間のうちチームで単一ロープをどれだけ多く跳べるかを競う世界記録を保持しているのも日本だ。

もはや押しも押されもせぬ存在な訳だが、またしても日本が縄跳びの歴史に新たな1ページを刻んだ。前述のチームでどれだけ多く跳べるか競うチャレンジで、大幅に記録を更新してみせたのだ。

・静岡県の小学生

1分間に何回跳べるか挑戦し、見事に記録を樹立したのは静岡県富士市立原田小学校の生徒たちである。実を言うと、同校は2017年にも225回跳ぶという凄まじい記録を樹立している。すでに人間業ではなかっただけにもう限界……これ以上の記録は厳しいのでは……と思いきや!

どうやら、この世に絶対はないようだ。16人で記録に挑んだ小学生たちは、8の字を作りながら高速で縄を跳んでいく。なお、チャレンジするにあたり、跳ぶ最低人数は12人。今回は前回よりも2人多い14人のメンバー構成で挑んだ。

・目にも留まらぬ高速縄跳び

動画「Amazing team skipping challenge! – Guinness World Records」では、女の子2人が縄跳びを回し、その間を14人の生徒が8の字で駆け抜けていく。なぜ縄が当たらないのか。そのようにしか思えない光景が続くが、彼らは縄の上を軽快に跳んでいく。

そして跳ぶ方もスゴいが、回す方もスゴい。練習の賜物とはいえ、それでもスゴいぞ!! 信じられないような動き&目にも留まらぬ高速縄跳び……神の領域に踏み込んだ縄跳びには、海外のネット民も驚きを隠せない。

・海外の反応

「ワオワオォ」
「ファンタスティック!」
「すげぇぜ」
「ハハハッ、とてもクールだ!」
「ワオ! アメージングデス!!」

……といったように、動画のコメント欄には賞賛の声が相次いでいた。詳しくは彼らのチャレンジを見て欲しいが、とにかくスゴいの一言に尽きる。見ている方が目を覆いたくなるような高速縄跳びは必見だ!

参照元:YouTube
執筆:原田たかし

【動画あり】大谷翔平選手が第6号ホームラン! 完封負けを阻止する一発で一矢報いる

まーた打ったのか。そんな声が聞こえてきそうだが、またしても大谷翔平選手(エンゼルス)がホームランを打った。2018年5月18日(日本時間)のタンパベイ・レイズ戦に5番DHで出場すると、4打席目でSHO TIMEはやってきた。

・一矢報いる一発

0−7とエンゼルスが大きくビハインド状態で迎えた9回裏、1アウト走者なしの場面で大谷選手が一矢を報いた。右腕のプルイット投手が投じた内角低めのボールをとらえると、打球はセンター方向へ。フェンスいっぱいでスタンドへ届き、打者出場4試合ぶりの一発となった。

・ネットの反応

「大谷バケモン」
「大谷また打ったってマジ?」
「やっぱ大谷ってすげぇわ」
「いやしっかし大谷くんはすごいなーー」
「大谷また打ったのかスッゲェ」
「もう大谷がホームラン打っても驚かなくなった異常さよ・。・」

チームは1−7と負けて3連敗となったが、完封負けを阻止しつつ、包囲網が厳しくなっている中でのホームラン。悪い流れを断ち切る一発は、きっと明日以降の試合へ繋がることだろう。

参照元:MLB.com(英語)
執筆:原田たかし

サッカー日本代表、ガーナ戦に挑む27名が発表 / 新体制メンバーにネットの反応は?

2018年5月18日、日本サッカー協会はキリンチャレンジカップ2018・ガーナ戦に臨むメンバー27名を発表した。西野監督新体制で招集されたメンバーは以下の通りだ。

・ガーナ戦に臨むメンバー27名

【GK】
川島永嗣
東口順昭
中村航輔

【DF】
長友佑都
槙野智章
吉田麻也
酒井宏樹
酒井高徳
昌子源
遠藤航
植田直通

【MF】
長谷部誠
青山敏弘
本田圭佑
乾貴士
香川真司
山口蛍
原口元気
宇佐美貴史
柴崎岳
大島僚太
三竿健斗
井手口陽介

【FW】
岡崎慎司
大迫勇也
武藤嘉紀
浅野拓磨

以上である。香川真司選手、岡崎慎司選手が復帰。他には、前大会のW杯に出場した本田圭佑選手らが選出された。しかし、W杯を前にしてハリルホジッチ監督が解任されたこともあってか、メンバー選考に対してネットの反応はおおむね冷ややかだ。

・ネットの反応

「あれ?中島は???」
「久保がいないねー。」
「日本代表メンバーひどすぎる 負け確やん」
「ハリル解任して本田香川入れただけじゃん」
「日本代表に希望を見出せない件」
「中島と堂安は絶対はいると思ってたんやけどなぁ」
「一昔前のメンバーといってもいいぐらいの日本代表だね…」
「チームで結果出してる選手が当たり前のように選ばれない日本代表さん」
「W杯の日本代表メンバーびっくりするわ。ハリルJAPANのほうがメンバーよかったわ。」

といったように、中島翔哉選手、堂安律選手ら海外の所属クラブで結果を出している選手たちが選ばれていないことを指摘する声が多い。ただ、冷ややかな声ばかりかと言えば、そうではない。ポジティブな意見を挙げると……

・ポジティブな声

「本田選ばれたか、よかった…」
「香川も岡崎も乾も好きだから嬉しいけど。」
「香川きたー!!!でも中島いないの…なんで…」
「武藤と岡崎と香川は見て見たかったから、よしだなぁ」
「香川本田岡崎はいて損はないやろ」
「香川と本田はかなり叩かれるだろうけど日本代表に必要な人材だとは思うけどね」

などなど。なお、ロシアW杯に挑むメンバー発表はガーナ戦翌日。今回、招集されなかった選手が選出される可能性もあるとのことだが、はたしてどのようなメンバーとなるのだろうか。まずはガーナ戦に注目だ。

参照元:Twitter @jfa_samuraiblue
執筆:原田たかし

【大フィーバー】大谷翔平は現地でも本当に人気があるのか? ロス在住の知人に聞いてみた結果…

エンゼルス、大谷翔平選手の勢いが止まらない。2018年5月17日現在、バッターとして5号ホームランをかっ飛ばし、投げては3勝を記録するなどアメリカでも二刀流で結果を出し続ける大谷翔平選手。日本ではテレビ・雑誌・Web問わず連日のように大谷特集が組まれ、しばらくの間は “大谷フィーバー” が続きそうな気配である。

ただ、報道の中には「アメリカ熱狂」「全米が大谷を称賛」的なやや大げさに感じるものも少なくないが、果たして現地の人は大谷選手の活躍をどう捉えているのだろうか? 今回は球場から車で20分ほどのところに住む、正真正銘のロスっ子に話を聞いてみることにした。

・超地元民

話を聞かせてくれたのは記者の個人的な知り合い、Aさん(30代女性)である。彼女はカリフォルニア州オレンジカウンティー在住で、エンゼルスの本拠地「アナハイムスタジアム」からは車で20分ほどのところに住んでいる。

つい先週も旦那さんとお子さんが球場に出かけてきたというから「大谷選手は現地でも本当に人気があるのか?」を確かめるには、これ以上ない人物と言えるだろう。それでは以下で記者とのやり取りをご覧いただきたい。

──Hey,what’ up? ちょっと大谷について聞きたいんだけどいいかな?

「OK、大谷くんね。いいよ」

──日本では大谷人気が凄いんだけど、現地ではどうかな? 大谷フィーバーきてる?

「うん、すごいね! ニュースでもよくやってるし、名前も顔もよく見るよ」

──あ、本当なんだ。まあ地元だしね。じゃあ大谷の何が人気なの?

「私は野球のことはわからないんだけど、顔も可愛いし外国人並みにスタイル良いじゃん! あと真面目な好青年だってテレビではやってたわよ。まあ、顔が可愛いのは大きいんじゃないかしら?」

──顔! でも野球もエンターテインメントだから大切かー。じゃあ大谷ユニフォームを着てる人が街中にいる感じ?

「それはないかな。こっちの人ってマニアックじゃないというか、浅く広くの人が多いんだよね。ユニフォーム着るのも球場限定じゃないかな?」

──ふむふむ。

「でもフィーバーではないかもしれないけど、人気というか注目度はかなり高いんじゃないかしら? 先週、旦那と子供が球場に行ってきたんだけど、大谷がバッターボックスに入るときは、他の選手よりも遥かに声援が大きかったって」

──へぇー! やっぱりキテるね、大谷。

「うん、大谷ユニフォームも人種関係なく着用してる人が多かったみたいよ。こっちでは “モンスタールーキー”って呼ばれてるわね」

──モンスタールーキー! じゃあやっぱり大谷は人気あるんだね。

「全米レベルかどうかはわからないけど、少なくとも地元ではかなり人気あるよ。日本で彼がどう報じられてるかわからないけど “ロサンゼルスで大人気” って言ってもウソではないわ」

──OK、サンキュー!

……というわけで、少なくともロサンゼルスの周辺エリアでは「大谷人気」がマジで爆発しているようだった。また、“可愛い顔” も人気のひとつだということは、日本にいるとわからない意外な事実ではなかろうか。日本とロサンゼルス周辺では、しばらくの間、大谷選手が注目を集めそうだ。

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

【シンクロ競馬予想】万馬券ハンター『マンバくん』が導き出したオークス3連単 / 本命はまさかの…!!

勝ちたい! 勝ちたいんや!! いつもそう願っているにもかかわらず、競馬の馬券は毎回のようにハズレてしまう。記者は毎週のように予想するたびにハズレ馬券を量産。半年に1度くらいしか当たらず、収支は毎年のようにマイナスを叩いては泣いてきた。

次こそは……そんな繰り返しを何年もやっていると、さすがに自分の予想が当たらないことに気づいてくるというもの。どうやったら的中できるのだろうか。考えに考えた末、ワラにもすがる思いでシンクロ予想マシン『マンバくん』を製作することにした。

・正夢くんの弟分

説明しよう。『マンバくん』とは、ロト6の抽選マシン「夢ロトくん」とシンクロするために作られた通称『正夢くん』の弟分だ。正夢くんがロトなら、マンバくんは馬券。どちらも理論無視で数字を導き出してくれるマシンである。

狙うは3連単の完全的中。競馬で当たるのはよほどのことがない限り3頭なので、『マンバくん』に選んでもらうのは「本命」「対抗」「単穴」のみだ。連下、星、注意などは不要の直球勝負とする。それでは、さっそく予想を……といきたいところだが、一応マシンの材料も書いておこう。

○●○ マンバくんの作り方 ○●○

【材料】
・フライングタイガーで売っている細長いキャンディマシン(税抜800円)
・東急ハンズで買った50個入りのビー玉(税抜350円)

【作り方】
その1:ビー玉に数字を書き込む

その2:マシンの中にビー玉を入れる

以上である。

・オークスの予想

人知を超えた予想で投資を少なく当てる。記念すべき第1回は、2018年5月20日に行われる優駿牝馬(オークス)に挑むことにした。なお、有力馬は内外枠に分かれており、人気になると思われるのはこのあたりだろうか。

・ここまで好走し続けているリリーノーブル → 1枠1番
・桜花賞2著で阪神ジュベナイルFを制したラッキーライラック → 1枠2番
・トライアルレースのフローラSを勝ったサトノワルキューレ → 4枠8番
・桜花賞馬のアーモンドアイ → 7枠13番

こうして見ると順当に決まるような気しかしないが、競馬の世界に絶対はない。では、勝ち馬の匂いを嗅ぎ取った『マンバくん』は一発勝負でどんな数字を導き出すのだろうか。心を落ち着かせ、マンバくんとシンクロし、いざ予想の刻。マシンをシェイクし……

導かれるように出てきたのは……な、ななな、なんと!

「6」「8」「14」! まさかの桜花賞好走組をぶった切り!! 出てきたビー玉の順番がマンバくんの推している度合いとし、本命から単穴の予想はこうなった。

◎本命 「6・オールフォーラヴ」
○対抗 「14・ランドネ」
▲単穴「8・サトノワルキューレ」

いきなりやってくれるぜ、マンバくん……! 本命のオールフォーラヴは「忘れな草賞」の勝ち馬。競馬に詳しい方ならば、同レースの勝ち馬はオークスに強いのを知っているだろう。ミッキークイーンにエリンコート、ここ10年で2頭も優勝馬を出している。

それを本命に指名するあたり、マンバくん恐ろしい子!! また、対抗にランドネを選ぶのも恐ろしい。個人予想なら忘れて足元をすくわれそうなところをすかさずチョイス。トライアルレースのスイートピーSを勝っているも、人気薄になりそうなところをぶっ込んできた。

そしてそこにサトノワルキューレを組み込むあたり、ミルコ・デムーロ騎手で好走することを見越しているかのようだ。今の時点で詳しいオッズは分からないものの、おそらく万馬券……しかもかなりの配当がつくのではないかと思われる。

・夢配当くるか

無謀な馬券のようにも見えるが、もし当たったら……と考えるだけでヨダレが止まらない。ついに幕を開けた「マンバくんの夢馬券」。はたして『マンバくん』は初めての予想で万馬券をしとめることができるのか。記者は3頭のボックス買いで6通りの600円を買う予定だ。目指せ一攫千金!

参照元:JRA公式サイト
予想:マンバくん
執筆:万馬券原田
Photo:RocketNews24.

現役ブラジル代表・マルセロの息子(8才)が見せた超絶テクがすごい! レアル・マドリードの豪華選手と共演した動画がたった1日で再生数600万回超え!!

いよいよロシアW杯まで約1カ月となり、徐々にサッカー熱が高まってきている。欧州リーグはクライマックスを迎え、2018年5月27日に行われる「UEFAチャンピオンズリーグ決勝」を楽しみにしている人も多いのではないだろうか。

決勝を戦うのは、前人未到の3連覇を狙うレアル・マドリードとイングランドの強豪リヴァプール。世界中が注目する一戦が近づいてきているが、驚きの動画がレアル・マドリードから届いた。若き才能の超絶テクが収められており、なんとたった1日で600万回オーバーの再生数を記録しているぞ!

・マルセロ選手の息子が超絶テクを披露

動画をアップしたのは、ブラジル代表でレアル・マドリードでも不動の左サイドバックのマルセロ選手。父親と同じくアフロヘアの息子エンツォくん(8歳)が、選手たちとヘディングのやりとりをするといった内容なのだが、これがそんじょそこらのものではなかった。

まずエンツォくんの相手をするのが、銀河系軍団「レアル・マドリード」の選手たちだということである。クリスティアーノ・ロナウド選手ら主要メンバー数名は確認できないが、それでも高額年俸選手がズラリ。父親のマルセロ選手はもちろん、10番を背負うルカ・モドリッチ選手、若手有望株のマルコ・アセンシオ選手、キャプテンのセルヒオ・ラモス選手の姿まである。

・世界一豪華なチャレンジ

それだけでも昇天ものだが、ヘディングだけでボールを地に落とすことなく、置かれたボックスまで運んでいく “チャレンジ” をやってのけるからスゴい。もはやヘディング1発が数億円。豪華なチャレンジに臆することがないから、エンツォくんはハートもかなり強そうだ。

そして無事にチャレンジ成功。レアル・マドリードの選手たちに祝福され、周りにできた歓喜の輪もこれまた豪華なものとなった。とても8歳とは思えない技術の高さには、ネット上でも驚きの声が続出している。

・ネットの反応

「マルセロの息子パナい笑」
「マルセロの息子絶対センスの塊だろ」
「マルセロの息子さん上手い(笑)」
「マルセロの子はマルセロって事かw」
「マルセロの子供、8歳でこれが出来るってスゲーぞ笑笑」
「マルセロの息子これで8歳とかw 将来はやはりマドリー入りでしょうか 」

などなど、今から将来に期待する声まであった。ちなみに父親のマルセロ選手は、すでにロシアW杯ブラジル代表の23名に選ばれている。UFEAチャンピオンズリーグとあわせて、最高の姿を息子に見せられるだろうか。

参照元:Instagram @marcelotwelveINDEPENDENT(英語)
執筆:原田たかし

【風評被害】非難殺到中の「日大アメフト部」と勘違いして『日大ラグビー部』を中傷する人が続出しているもよう…

2018年5月6日に開催された、アメリカンフットボール「日大 vs関学大」の試合が波紋を呼んでいる。無防備な相手に対し、いわゆる “殺人タックル” が見舞われたものだが、チームの責任者である内田正人監督は、現在のところ公の場に姿を見せていない。

全治3週間の怪我を負った関学大の選手の回復と、怪我を負わせてしまった日大の選手の心の傷が癒えることを願うばかりだが、一連の騒動で思わぬ風評被害が発生しているので注意喚起の意味合いも込めてご紹介しよう。

・日大ラグビー部に非難の声

現在のところ、なぜ今回のような悪質なプレイが起きてしまったのかは不明だが、スポーツマンシップのかけらもない今回の行為に、国民の関心は極めて高い。まずは内田正人監督が公の場に出てくるのが先決だと思うが、監督が雲隠れしてしまっているのが現状だ。

さて、一連の騒動を受けインターネット上には「日大アメフト部」ではなく『日大ラグビー部』を非難するコメントが続出しているという。各種SNSを見てみると、

「日大ラグビー部最低だな!」
「日大ラグビー部は廃部にしろ!」
「日大ラグビー部には厳正な処分を下して欲しい」

……などと、確かに日大ラグビー部を非難する声が多く挙がっている。中には「ラグビーではなくアメフトですよ」と指摘されても、

まぎらわしいんだよ。同じ日大で同じスポーツなんだから同じようなもんだろ

……と、開き直るネットユーザーもいるから悪質だ。確かにアメフトとラグビーは同じ系統のスポーツだが、一連の騒動に日大ラグビー部は全く関係していない。まさに “お門違い” でしかないので、日大ラグビー部を非難するのは絶対にやめよう。

・選手バッシングもいかがなものか?

また、だからと言って「日大アメフト部」を中傷するのもいかがなものだろうか? 確かにプレイそのものに対する非難の声はあっていいが「選手個人の判断なのか?」「それとも監督やコーチからの指示だったのか?」が明らかになっていない以上、チームや選手に対する中傷はすべきではない。

とにもかくにも、悪質なプレイがが起きてしまった理由を解明するには、まずは監督が公の場に出てくる必要があるハズだ。日大と監督の誠意ある対応が待たれる。

執筆:P.K.サンジュン
Photo:Wikimedia Commons