【憤怒】アマゾンで売ってた中国製「激安スマートウォッチ」専用アプリと説明書の日本語がガタガタすぎて頭に来た!

初代「アップルウォッチ」が発売開始されたのは、今から3年前の2015年4月のことだ。それ以来、私(佐藤)は初代を使い続けていたのだが、ついに天に召されたようである。最近あるアプリをiPhoneにインストールしてから様子がおかしくなり、それ以降充電できない状態に陥った。アプリが問題かどうかは定かではないのだが、私はこれも運命と受け入れ、修理を行わないことにした。

この機に新しいモノを購入しよう! そう思い、アップルウォッチよりもはるかに安い価格で買える激安スマートウォッチを買ってみたところ……まあ値段なりの性能だった訳だが、それ以上に専用アプリや説明書の日本語表記が気になって気になって仕方なくなってしまった!

・購入した激安スマートウォッチ

私が購入したのは……

「スマートウォッチ 防水 スポーツウォッチ 最新版 Bluetoothの時計 心拍計 血圧計 歩数計 腕時計多機能カラースクリーン 活動量計 消費カロリー 睡眠検測 電話着信Lineメール 通知目覚まし時計 長い待機時間 Android&ios iphone日本語対応 (レッド) 」

という製品らしい。正式な製品名は説明書にも記載されていないのでよくわからない。購入時の価格は3999円。アップルウォッチよりもずっと安い。これが本当に一般的に認識されるスマートウォッチとして機能するのか? それすらも怪しい。とにかく購入した。

・スマートウォッチじゃない?

商品が届いたのは、注文した翌々日の午前。アマゾンで購入した時は、翌日の午前の便で来るはずだったのだが、購入直後にその時間がシレっと変わっていた。それだけでも十分不満なのだが、まあ届いたからヨシとしよう。

来たな、格安スマートウォッチ。と思いながら、箱の側面を見ると……

スマート……、ブレスレット?

さりげなく誤魔化している感じが否めないが、とにかく製品を手にとって見てみよう。本体にはボタンの類は一切なく、裏面にはセンサーと充電用の端子が覗いているのみだ。つくりはとてもシンプル。

ちなみに、購入前はMicroUSBケーブルで充電するとばかり思ってたら、専用のケーブルを使用するようだ。実にわずらわしい……。

・専用アプリが必要……

それにしても、肝心の起動方法が分からない。どうしたものかと、英語の説明書と購入者のコメントを参考にした結果、手元に届いた段階では「充電がほぼゼロ」だということが分かった。また、設定には専用アプリが必要とのことだったので、説明書にあるQRコードを読み取ってアプリをインストールしてみた。

う~ん、「MADE IN CHINA」製品の専用アプリを、スマホに入れるのはすこぶる不安である。だが、仕方がない。

デバイスの充電待ちの間に、アプリで設定を行う。最初にユーザーの身長や体重などのプロフィールを入力。これは、活動量を計測するために必要な項目だろう。

次に「デバイスを追加する」で、ペアリングを実行。これでデバイスの細やかな設定をスマホで行うことができるようになる。

・測定の精度は不明

このデバイスや活動量や消費カロリー、血圧、心拍数、睡眠時間の測定などが計測できるそうだ。

そのほかにも音楽アプリの操作、カメラの遠隔シャッターも利用できる。今回購入するに当たって、私が必要としていたのはこの遠隔シャッターだけだ。時計はアナログの文字盤のものを選択できる方が良かったので、このデバイスを選んだ。

という訳で、活動量をはじめとする測定機能は、一切あてにしていない。むしろ、この値段で信頼性の高い測定結果が得られるとは到底思えない。きっと気休めにもならないので、しっかりとデータを取りたければ、ほかのデバイスを購入した方がいいだろう。

一応アプリには、デバイスで測定した数値が表示されるものの、その精度はいかほどか!? などと思いながらアプリをいじくっていたところ……!

・壁紙を変えられる! がッ!!

壁紙を選択できることに気が付いた。しかもなんと! 3種類もある!!

アナログの文字盤のほかに、デジタル表示が大小2種。さらに驚いたのは、小デジタルの背景は、オリジナル画像に編集できる! 結構やるなッ!! ということで早速背景デザインを変更してみることに。

時計の表示位置や、時計の色まで変えられるのか~。そう思ったのだが、画面上部をよく見ると……

「キャンセル」と「イタリア」とある……

……

……

……

イタリア!!!!!!

なんだイタリアって。イタリアってあのイタリアのことか? 壁紙をオリジナルに変えると、イタリアか? そうか、イタリアか〜。う~ん、どういう誤訳なんだ……。わからん! 全然わからん!! 「保存」のことを指しているのか、そとも「完了」を指しているのか。うう、う~ん……。

とりあえず、この画像でイタリアしてみたら、デバイスの画面は指定の画像に変わったけど、時計の色は変更できない。位置の変更に挑んだが、位置も変えることはできなかった。画像をイタリアすることしかできないらしい。

・ペアリング解除すると

さらにアプリを構っている間に、2度もファームウェアのアップデートを要求してきた。これはますます怪しい! このアプリをスマホに入れたままにしているのがマズイ気がしてきたので、一旦デバイスとのペアリングを解除しようとしたら……次の表示が!

「本気ですか?」

「本気(マジ)ですか?」

残念ながら、本気(マジ)です。一旦ペアリングを切った後に、アプリをアンインストール。これでちょっとだけ安心した。再接続できなかったらまたアプリを入れないといけないのだが、ペアリングしてカメラの遠隔シャッターに挑むと、問題なく使えた。ああ、これでいい。これで十分だ。

・厚かましいにもほどがある!

とりあえず、ただの腕時計として使って行こう。たまに自撮り用のシャッターとしての使えれば申し分ない。あらためて箱の中を見てみると、片言の日本語で挨拶めいたものが書いてある。

怪しい日本語ではあるが、言いたいことはよくわかる。なぜ、リターンを示す矢印まで印字されてるんだよ。ワープロで打ったのかよ。

何より気になったのは、後半の一文だ。

「製品に悪いコメントを残してはいけません」

だが、断る!

参考リンク:Amazon
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24
Screenshot:iOS「Da Fit」

たった7秒で一気に6杯も注げる!! ドイツで目撃されたビールサーバー『ビアジェット』がマジ高性能!

世界屈指のビール大国として知られるドイツ。バイエルン州の都市ミュンヘンでは、毎年9月中旬から10月上旬にかけて世界最大規模のビール祭り、オクトーバーフェストが開催されていることでも有名だ。

そこで今回は「さすがドイツ!」と思わず感心してしまう、同国で目撃されたスゴいビールサーバーをご紹介したい。ビール好きの方もそうでない方も動画「Meanwhile In Germany」で、ぜひそのビールサーバーの様子をご確認あれ!

・1度に6杯注げるメチャ効率的なビールサーバー

動画を再生すると、画面にはさっそくビールサーバーらしきシルバーの機械が映し出される。続いて、たくさんのコップを持った男性スタッフが現れ、その機械の上にそのコップを置いていく。しかし、いつビールを注ぎ始めるのだろうか?

そう思いながら機械をよくよく見てみると……ん、んんん!? キターーーーー! まさかの6連注ぎ!! な、なんと、同時に6つのコップへビールが注がれているではないか。これは効率的!!

しかも、止まることなくひたすら注ぎ続けているところがまたスゴい。男性スタッフの向かう先にどれくらい客がいるのかは不明だが、この場所で大量のビールが消費されていることは間違いないだろう。

・その名は「ビアジェット」

ちなみに、このビールサーバーはドイツの隣国、オーストリアで作られた「ビアジェット(Beerjet)」という製品のようだ。公式ホームページを見ると、6連のほかに4連のモデルがあり、それぞれに据え置きのタイプと移動式の “MOBILE” というタイプが用意されていた。

また、公式動画「Beerjet Product Video」によれば、手で注げば1杯で12秒かかるところが『ビアジェット』ならたった7秒で6杯も注げてしまうという。なんともビール愛に溢れた製品。ドイツで目撃されるのも当然といえよう。

参照元:YouTube [1][2]Beerjet(英語)
執筆:K.ナガハシ

【正直レビュー】Amazonで人気の完全ワイヤレスイヤホン「AIKAQI B04(3490円)」を使ってみた

Appleが「AirPods」を発売してから、たちまちブームに火がついた完全ワイヤレスイヤホン。その名の通り、左右のイヤホンが完全に独立していることで、ケーブルによるしがらみから解放されるのが大きなメリットだ。

さて、今回レビューするのは数ある完全ワイヤレスイヤホンの中でも、Amazonで人気の商品『AIKAQI(アイカキ) B04』である。3490円(2018年8月3日時点)と手の届きやすい価格が魅力的だが、音質や接続の途切れについてはどうなのか? 使ってみた感想をお伝えしたい。

・Amazonで人気の『AIKAQI B04』

『AIKAQI B04』は「Amazon ランキング大賞 2018 上半期」のイヤホン部門で6位に輝いている商品である。2018年7月26日時点のカスタマーレビューの数は597件。そのうち72%以上が星4つ以上と高評価だ。

Amazonの商品ページによると、快適な装着感を提供する人間工学に基づいたデザインに加えて、小雨や運動中の汗にも耐えるIP55認定の防水防塵機能を搭載。さらには12カ月間の安心保証も付いているとのこと。内容を見る限りではコスパが高そうである。

・コンパクトでフィット感は良好

手元に届いた商品の箱を開けると、 “AIKAQI” の文字がプリントされた真っ黒なイヤホン充電機能搭載収納ケースのほか、USBケーブル、専用ポーチ、イヤーピース、日本語の取扱説明書などが入っていた。

収納ケースを開ければ……

イヤホン本体とご対面である。サイズは人差し指の第一関節くらいでコンパクト。なお、ケースに付いているボタンを押すと充電が始まり、充電が完了すればイヤホン本体のランプが青く光る仕様だ。耳にはめると……

フィット感は良好である。

試しに、狂ったように首を振ってみたが……

イヤホンが抜け落ちることもなかった。

・コンパクトでフィット感は良好

次はスマホとイヤホンをペアリングして音質をチェックだ。同イヤホンの操作は全てタッチ方式となっているのだが、非常に反応が良いので誤タッチに注意が必要である。左右の本体表面を長タッチしてイヤホン同士の接続が終わったら、スマホのBluetooth設定で「Touch Two」を選択してペアリング完了だ。

果たして、気になる音質はいかがなものか? 聴き慣れた曲をいくつか再生してみたら……

・音質と接続の安定性はイマイチ

低音も高音もモヤっとしていて決して良い音とは言えないが、割り切れば使えるレベルといったところ。念のため、以前にレビューした「SoundPEATS Q30(3380円)」と聴き比べてみたが『AIKAQI Bluetooth』の方が明らかに重低音の迫力と高音の伸びが劣っているように感じた。

続いては接続の安定性をテストだ。今回は札幌駅からすすきのまでの道、約1.6kmをイヤホンで音楽を聴きながら歩いてみることに。

札幌の市街地を歩くこと約20分……

途切れた回数は7回。特に信号機の近くで接続が不安定になることが多かった。また、後日あらためて広い公園内を20分ほど歩いてみたところ、途切れた回数は1回だけだったので、場所によっては安定して使えるようだ。

ちなみに充電の持ちに関してだが、不良品に当たってしまったのか、商品ページには2〜3時間と記載されているところ、左側だけ30分で充電が切れてしまうという残念な事に。後日、AIKAQIに問い合わせると修理で対応するとの返答があった。

以上『AIKAQI B04』を使ってみた結果、用途や場所によっては使えるが、正直、あまり万人受けはしない商品かも……という印象である。イヤホン選びの参考になれば幸いだ。

参考リンク:Amazon「AIKAQI B04」
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.

日本にもはよ!! スイス生まれの2人乗り電気自動車「マイクロリーノ」が超カワイイ! 2018年12月から生産開始

若者の車離れが進んでいると言われている日本。しかし一方で売れ行きが伸びていると言われているのが軽自動車だ。そんななか、海外でも超コンパクトな電気自動車が話題となっているのでご紹介したい。

その電気自動車の名前は『マイクロリーノ(Microlino)』である。公式インスタグラムにアップされている画像を確認すると……レトロな雰囲気でマジお洒落! さらにはコロンと丸いフォルムが超キャワワ~ッ!!

・2018年12月に量産を始めスイス国内で発売予定

『マイクロリーノ』はスイスに拠点を置くMicro Mobility Systems社が開発した2人乗りの小型電気自動車である。ホームページの情報によると同車は先日、販売にあたって必要となる “型式認証” を取得。2018年12月には量産を始めスイス国内で発売する予定だという。

実は、2016年に発表されて世界中で話題となっていた『マイクロリーノ』。もともとは2018年中旬の販売を目指していたが、特殊な構造などが原因で型式認証の取得に予想以上の時間がかかってしまったもようだ。

どんな点が特殊なのかというと……

Instagram Photo

フロント全面がガバッと開くのである!

しかし、個性的でありながらスペックはちゃんと実用的。最高速度は時速90km。航続可能距離はバッテリー容量が8kWhのモデルで約126km、14.4kWhのモデルで約202kmとなっている。また価格は一般的な軽自動車程度で、およそ1万2000ユーロ(約156万円)を予定しているとのことだ。

Instagram Photo

ネット上ではすでに予約の受け付けが始まっているほか、発売に先行して早々に25台を生産。一般ユーザーを対象としたテストを実施するという。軽自動車が人気の日本に上陸すれば、もしかするとヒットするかも。『マイクロリーノ』の今後の展開に要注目だ。

参照元:Instagram @microlino_officialMicro Mobility Systems(英語)
執筆:K.ナガハシ

ハーレーが電動バイク『LiveWire』を2019年に発売! ネットの声「未来的でかっこいい」「マフラーがない…」など

“ハーレー” の愛称でおなじみのバイクメーカー「ハーレーダビッドソン」。同社伝統のV型ツインエンジンが生み出すパワフルな走り、そして重厚感のあるデザインに魅せられるバイクファンは後を絶たない。

そんなハーレーが、なんと電動バイク『LiveWire』を2019年に発売する予定であることを明らかにした。さて、創業115年を迎えた老舗が開発した電動バイクとは、いったいどんなものなのだろうか。

・スポーティなハーレー初の電動バイク『LiveWire』

ハーレーの情報によると『LiveWire』は同社初の電動バイク。クラッチが無しで操作がカンタンな「ツイスト&ゴー」という機能を備えているという。

動画「More Roads to Harley-Davidson」では1:00あたりから『LiveWire』の姿を見ることができる。ハーレーのトレードマークであるV型ツインエンジンのほか、マフラーやチェーンも無く、めちゃスポーティー! 完全に次世代のマシンといった雰囲気だ。

・映画「アベンジャーズ / エイジ・オブ・ウルトロン」にも登場

どこかで見たことあるぞ……と思った方はご名答。『LiveWire』は2014年にプロトタイプが発表され、映画「アベンジャーズ / エイジ・オブ・ウルトロン」にも登場。ついに話題のマシンが発売されるというわけだ。

また、ハーレーのイメージを覆すこの『LiveWire』対し、ネット上では様々な意見がみられた。その一部をご紹介しよう。

【ネットの声】

「未来的でかっこいい」
「乗ってみてぇ」
「めちゃくちゃイケてる」
「300万くらいなら欲しいなぁ」
「マフラーがない…」
「Vツインに見えないなーと思ったらまさかの電動! 」
「ドコドコエンジン音しなかったらハーレーらしくないなぁ」
「静かなハーレーなんてハーレーじゃないんだよなぁ…」
「これはこれでアリだと思う」
「未来はこれ乗りたい」

新しいスタイルを高く評価するコメントが多い一方で、「ハーレーらしくない」といった意見も挙がっていた。確かに、昔ながらのハーレーが好きな方には違和感があるかもしれない。

市販車に関する詳しい情報は不明だが、発表される日もそう遠くはないだろう。なお、ハーレーは2022年までに電動モデルをさらに追加する方針とのこと。今後の新たな展開が楽しみだ。

参照元:HARLEY-DAVIDSONYouTube
執筆:K.ナガハシ

【ハァ? システムの計算ミスだ!?】アマゾンで送料100万円。うっかり注文確定して破滅しかけた話 Byクーロン黒沢

みんな大好きAmazon。半ば習慣、無意識に利用しまくっている人も多いだろう。だかそこに、思わぬ罠が潜んでいたとしたら?

Amazonには、第三者が委託販売できる「マーケットプレイス」という仕組みがあり、Amazonが売っているように見えても、実は全く関係ない業者の商品が山のように混じっているのは、皆さんもご存知の通り。

しかも「78円」とか「88円」とか、原価割れとしか思えない激安プライスでありながら「配送料無料」という「謎の商品」がわんさとある。

常識外の低価格、しかも無料配送。何か腹黒いウラでもあるのか? 恐る恐る何度か注文してみたけど、以前紹介した「39円の激安学習リモコン」をはじめ、実際買ってみると何事もなく到着。品質も申し分ないという拍子抜けのケースがほとんどだった。

しかし今回紹介するのは、それとは全く別。限りなく真っ黒に近い灰色の出来事である。

・変な汗ダラダラ。ヤバイ、ヤバイ! 確認してよかった!

今春、中国人と思われるマケプレ出品者の激安カメラガジェットをいくつか購入した。

国内ブランドだと2000円はするワイヤレスシャッターが数十円。見かけ立派なアルミ三脚がわずか数百円みたいな……とにかくアホみたいに安い。これ、アルミの金属代だけで足出てないか? しかも送料無料。誰が儲かってるのよ?

仕組みは謎だが、安いぶんにはありがたい。この日、私は激安カメラグリップや雲台などを3点ばかし購入。商品代金は1259円。安くてびっくりだが、さらに驚きの出来事が発生した。

注文完了から間もなく、アマゾンから受注確認のメールが届いた。おなじみのテンプレメールで、普段なら読みもせず消してしまうところ、この日は虫の知らせか、久々にメールを開いて内容を確認。その直後、全身から変な汗が吹き出るのを感じた。

請求金額の欄に書かれたとんでもないケタの数字。ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ……。その額、100万円オーバー! ウヒャーッ!

クァッと目を見開いて二度見、三度見する。無料だったはずの送料が、ひゃ、百万円! 送料無料だから買ったのに、いつの間にか発送方法が「マケプレお急ぎ便」になっている……。

これ、業者の自由設定した送料で直接送ってもらう発送方法で、一番選んじゃいけない奴だ。自分で指定した記憶は無いのだが、ともかく送料百万円。しかもすでに注文確定しちゃってる。た、た、助けて!

……と焦りまくっていたところ、当の出品者(中国人)がいきなりこのようなメールを送りつけてきた。

システムの計算ミスで配送料100万円になっていますが、実際の配送料は14,000円ですので(一度あなたのクレジットカードから100万を決済して)商品を出荷した後、差額の986,000円を返金することができまーす。発送しますか? あるいはキャンセルしますか?

おお、親切な人でよかった……。と感動もつかの間、ハッと我に返った。システムのミス? 配送料は1万4000円? 98万6000円を返金? 普通じゃないことをしれっと書くなよ!

とり急ぎ、この尋常じゃない事態を早速Amazonに通報するも……。

「Amazon.co.jpにお問い合わせいただき、ありがとうございます。
お問い合わせのご注文商品はAmazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品であり、Amazon.co.jpでは対応することができませんので、お手数ではありますが、お客様ご自身で出品者に直接ご相談いただく必要があります」
──以下省略。

ご覧の通り、ひどくあっさりとした返信だった。で、この事務的なメールの末尾に【問題が解決しない場合の保証について】 という項目があるのだが──

「お問い合わせ後2営業日以内に出品者からの返答がない、もしくは満足な回答が得られなかった場合には、配送料を含めた購入総額のうち最高30万円までを保証する「Amazonマーケットプレイス保証」というプログラムをご用意しております。」

しょ、しょしょ、しょうなのだ……。仮に満額保証が適用されたとしても、最高30万円の補填しかしてくれない。しかも自ら「注文を確定」してしまった私の場合、満額保証が受けられる可能性すら疑わしい(誓って言うが、マケプレお急ぎ便を選んだ記憶は無いのだが)。なんかもう、死にたくなってきたわ……。

・連中の目的なんなのか?

結局この後、出品者と直接交渉して運良く注文をキャンセルできたが、Amazonは最初から最後まで遥か彼方から我々のやり取りを優しく見守るだけで何もしてくれず、キャンセル後もこっそり100万円を引き落とされるんじゃないかと翌月まで気が気ではなく、落ち着かない日々が続いた。

その後、類似のケースを調べてみたところ、なんと2016年末に佐藤記者がほとんど同様の事例をレポートしていた。あれから1年経っても、状況はほとんど変わってないということか。

私の場合はキャンセルできて良かったが、中には100万円の送料が1万4000円まで安くなった。ラッキー!と、何だかわからないまま騙されてしまう人がいるかもしれないし、最後まで何も気付かないまま、100万円の送料を払ってしまっている人だって、いないとも限らない。

それでもAmazonはやめられない。そんなあなた。魑魅魍魎のマケプレ商品を避けるだけでトラブルの可能性はほとんどゼロになるが、こうした中国系の怪しい激安商品がAmazonショッピングの醍醐味でもあり、難しいところである。

せめてチェックアウトの際、発送方法が「マケプレお急ぎ便」になっていないか、指差し確認を最低三回は行って、安全な買い物を楽しんでいただきたい。

Report : クーロン黒沢
Photo : Rocketnews24.

49型の4K対応テレビが4万6800円! しかもダブルチューナー搭載!! ゲオが2000台限定で販売中だぞ〜!

“若者のテレビ離れ” が進んでいると言われている昨今だが、現代人にとってテレビはいまも大きな影響力を持っているのはいうまでもない。そこでご紹介したいのが、2018年8月1日からゲオが台数限定で販売している格安テレビである。なんと4K対応の49型で4万6800円(税抜)だというから驚きだ。

・ゲオの「格安4K対応テレビ」

ゲオが発売したテレビのモデル名は『4K対応49V型液晶テレビ(GH-TV49D-BK)』 である。これは以前から同社が販売している “格安4K対応テレビ” の第3弾にあたる商品だ。

注目すべきはやはり価格である。店頭で購入するなら冒頭でお伝えした通り4万6800円(税抜)、同社の通販サイト「ゲオマート」で購入する場合は送料込みで4万8800円(税抜)だ。

また、2000台の限定販売となっているほか、同商品が買えるゲオショップは全国で127店舗のみだから、店頭で購入しようと思っている人は事前に電話やメールであるかどうかを確認するといいかもしれない。

ちなみに、2018年5月に発売された旧モデル「GH-TV49B-BK」は4万9800円(税抜)だったそうだ。もともと低価格だった商品が、新モデルになって3000円も安くなっているところがスゴい!

・スペックは……

価格を抑えながらも主な仕様は旧モデルと同じで、メイン基板に日本製ボードを使用。チューナーは地上デジタル放送とBS / CSデジタル放送をそれぞれ2つずつ搭載しているほか、画面には直下型LEDバックライトを採用している。

それから、旧モデルに比べてHDMIポートとUSBポートが1つずつ増えており、プレーヤーやゲーム機、さらには録画用のUSB外付けハードディスクなどがより多く接続できるよう進化している点も好印象だ。

興味のある方は、ゲオショップ店頭か公式通販サイト「GEO-MART(ゲオマート)」 を早めにチェックした方がいいだろう。

参照元:ゲオ「ニュースリリース」「店舗検索」、ゲオマート「4K対応49V型液晶テレビ(GH-TV49D-BK)」
執筆:K.ナガハシ