19万9800円の「オーダーメイドイヤホン(UE18+Pro)」を作ってみた結果 → フィット感・音質ともにマジで半端なかった!

スマホや音楽配信サービスの普及も相まって、愛用者が増えているイヤホン。様々な商品が販売されているが、近頃はユーザーの耳型から作るオーダーメイドイヤホン「カスタムIEM(インイヤーモニター)」が人気なんだとか。

筆者もカスタムIEMの存在は知っていたが「プロミュージシャンがステージで使うもの」と思っていた。しかし、今はどうやら違うようだ。そんななか、なんとカスタムIEMの世界NO.1メーカー「アルティメット・イヤーズ(Ultimate Ears)」がオーダーメイドイヤホンを作ってくれるという! いったいどんな使い心地なのか……ワクワクしてきた!

・「アルティメット・イヤーズ」とは

知らない方のために簡単に説明すると、「アルティメット・イヤーズ(略称 UE)」は、1995年に米国で設立された、イヤホンやBluetoothスピーカーなどを製造・販売するオーディオメーカーである。

そしてUEの製品のなかでも圧倒的に有名なのが、同社設立のきっかけでもあるカスタムIEM。使用アーティストはアデル、コールドプレイ、メタリカ、ローリングストーンズなどなど、その他にも超一流ミュージシャンが勢揃い!

さて、そんなUEのカスタムIEMを作るために訪れたのは、秋葉原にある「e☆イヤホン カスタムIEM専門店」だ。1階の店頭には様々なメーカーの試聴機がズラリ!! こんなに沢山のカスタムIEMがあるとは……知らなかった! 

・値段は約6万円〜約20万円

それはさておき、同店で販売されているUEのカスタムIEMは全6機種。値段は約6万円から約20万円までと高価だが、超一流ミュージシャンが愛用するアルティメット(究極)な逸品でありながら、米国でのハンドメイド仕上げということを考えれば納得だ。

今回はありがたいことに最上位機種の「UE18+Pro(19万9800円)」を作ってもらえるという。なお、全機種試聴してみたところ、いずれも音のキャラクターに個性が感じられて、それぞれに甲乙つけがたい良さがあったぞ。

各機種の特徴についてはe☆イヤホンの製品ページでも確認できるが、気になる方はぜひ試聴してみることをオススメしたい。

・耳型を採取

それではさっそく地下1階のフロアに移動して、耳型の採取スタート!

まずは耳型の採り方を5つの中からチョイス。歌手向けやリスニング向けなど、採り方にも色々あるんだなぁ……と感心しつつ、筆者は基本の「身体の力を抜いて軽く口を閉じる “閉口状態”」に決定〜。

はじめに耳の穴の奥に糸のついた綿球を入れて……

次に注射器のような器具で緑色のシリコンを流し込むと……ウッヒョー! 冷たくて、くすぐった~い!! でもちょっと気持ちEーーー!!!

シリコンは意外とひんやり。さらにくすぐったさもあって終始笑いっぱなしだったが、動じない人も多いらしい。ちなみに痛みや不快感は一切なかった。

その後、10分程たったところで耳から型を抜いて、作業完了! ほぅ、自分の耳の中ってこんなカタチになってるのか……よし、あとは米国で仕上げられるのを待つだけだ。

──そして数週間後……

完成したカスタムIEMが到着!

開けてみると……

キタァァァアアアーーーーー!

これがオーダーメイドイヤホン『UE18+Pro』だ!! 表面がツヤツヤ、ケーブルがネジネジでプロっぽくてカッコイイ〜。

確かに耳型を元にしているだけあって、よく見ると左右の形が違う!

耳にはめてみると……

マ、マジか……

なんなんだ、この……

今までに味わったことのない……

圧倒的なフィット感……!!!!

一般的なイヤホンにある「ゴムのイヤーピース」が無く……

耳の奥まで入り込んでいくぞ!

そして音を出してみると……

こ、これはっ……!!

まるで包み込まれるような……

豊かで美しいサウンドが……

♫ ((((((( 聴こえてきた!! ))))))) ♫

これまで筆者が使用していた2〜3万円のイヤホンと比べても、左右のワイド感、低音の迫力、高音の伸び、解像度、全てが別格! これが19万9800円……すべてにおいて……圧倒的!!

てな感じで、UEのカスタムIEMは、高価だが超一流ミュージシャンが愛用しているというだけあって、フィット感・音質ともにマジ半端なかった。

そして高性能というだけでなく、自分の耳に合わせて作られた特別なイヤホンであるところがまた嬉しい。興味のある方は製品ページをチェックして、e☆イヤホンに足を運んでみてはいかがだろうか。おそらくきっと、未知の体験が、できるはず……!

参考リンク:Ultimate Ears「WHO’S USING UE」(英語)、e☆イヤホン「Ultimate Ears」
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.

【まさかの新曲】小室哲哉さんがスマホ向けゲームの音楽監督に就任! 近日公開の主題歌を含む全29曲を制作 / ネットの声「これは嬉しい」「ワクワク」など

2018年1月、音楽業界からの引退を発表した小室哲哉さん。会見で「元々ただ音楽が好きだった」と自らの原点を振り返るコメントが印象的だったが……な、なんと! なんと現在、スマホ向けゲームの音楽監督に就任! 主題歌を含む楽曲の制作に取りかかっていることが明らかとなった!!

・昨年の春から約1年をかけてゲーム音楽を制作

小室さんが音楽監督を担当するゲームのタイトルは『ガーディアンズ』だ。公式YouTubeチャンネルなどによると、同ゲームはタップ&スワイプの直感操作で、いつでも誰とでも気軽に遊べるスマホ向けロールプレイングゲーム(MMORPG)とのこと。

小室さんは、昨年の春から約1年をかけてゲームの世界を彩る音楽全29曲(主題歌+BGM28曲)を制作。主題歌「Guardian」は、小室さん本人が登場するMVと共に「ガーディアンズ」公式YouTube チャンネルにて近日公開するという。

思い返せば会見で「現在引き受けさせていただいている仕事はたくさんあります」と語っていた小室さん。本作もそのなかのひとつなのかもしれない。──とすると単純に “復活” とは言えないが、いずれにせよ新たなTKサウンドが聴けるのは嬉しいことだ。

小室さんの新曲制作の知らせを受けて、ネットでは多くの声があがっている。

・ネットの声

「これは嬉しい」
「頑張ってほしい」
「楽しみです」
「早くやりたい!」
「ワクワク」
「小室さんバンザイ!」
「最高やん」
「テンション上がります」
「びっくりしました!」
「主題歌も楽しみ」

さあ、主題歌「Guardian」はいったい誰が歌うのだろうか? 近日公開されるというMVの内容に期待は膨らむばかりだ。

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ
画像:(c)LINE Corporation (c)AIDIS Inc.

【マジかよ】タニタが『セガサターン体組成計』を4月26日から限定発売 / ネットの声「最高」「絶対売り切れる」「争奪戦になりそう……」

健康機器でおなじみの「タニタ」とゲームメーカー「セガ」からまさかのコラボ商品が登場だ。その名も『セガサターン体組成計』。なんと、あの伝説のゲーム機「セガサターン」のデザインを忠実に再現した体組成計だ。

しかも、本体がセガサターンに激似というだけでなく、外箱まで本物に近いデザインとなっているからもうヤバい。ターゲットは「30~40代のセガサターンファン」とのことだが、すでにホイホイされる気配がプンプンだ。

・ツイッター上でのやり取りがきっかけ

タニタの情報によると、公式アカウント同士のツイッター上でのやり取りがコラボのきっかけとなった。タニタがセガグループに話を持ちかけたところ、お互いの考え方が一致し、商品化が実現したとのことだ。

同機種の計測・表示項目は「体重」「体脂肪率」「BMI」「内臓脂肪レベル」。大きさは縦210mm、横297mm、高さ25mmで、重さは約1.4kg(電池含む)。乗るだけで電源が入り、測定者を自動で識別するため、ボタン操作をすることなく毎日手軽に健康チェックが行えるという。

・1122台のみの限定販売

気になる販売台数は、セガサターンの発売日である11月22日にちなんだ1122台。価格は6000円(税別)となっており、4月26日からタニタオンラインショップで販売予定だ。また、ヴィレッジヴァンガードの一部店舗では、本日4月13日から先行販売が実施されている

この意外なコラボ商品の誕生を受け、ネット上では次のようなコメントが見られた。その一部をご紹介しよう。

・ネットの声

「最高!」
「購入決定」
「予約しました!」
「こんなん買うに決まってるやん」
「絶対売り切れる」
「争奪戦になりそう……」
「1122台とか少なすぎやろ」
「買い占め転売にならないよう対策お願い致します」

すでに注文したという声のほか、転売ヤーの買占めを危惧(きぐ)する意見などが見て取れた。ちなみに4月13日現在、ヴィレッジヴァンガードのオンラインショップを確認してみたところ、予約注文を受け付けていたので、欲しい方は早めにチェックした方が良いかもしれない。

参照元:Twitter @TANITAofficial、TANITA「プレスリリース」、Village Vanguard「オンラインストア」
執筆:K.ナガハシ

40年間の「ゲームコントローラーの歴史」をまとめた動画が興味深い / 革新的なのはやっぱりあの機種だった!

スマホでも簡単にゲームができる時代になったとはいえ、未だに根強い人気を誇るゲーム専用機。タッチパネルも悪くないが、せっかくならゲーム専用機でコントローラーを握った瞬間のワクワク感や直感的な操作を楽しみたいという方も多いだろう。

今回は40年間(1977年〜2017年)のゲームコントローラーの歴史をまとめた動画をご紹介したい。あなたの知っている機種はいくつ登場するだろうか? さあ、再生ボタンをポチッと押して要チェック!

・時代を遡りながら様々な機種が登場

動画のタイトルは「History of Game Controllers」である。これは以前、「Windows95からWindows10まで」の起動音をまとめた動画などを発表している、ロシアの映像クリエイター「4096」さんが制作したものだ。

再生ボタンを押すとはじめに現れるのは、2017年発売の『Nintendo Switch』専用コントローラー「Joy−Con」。ご存知の通り、本体左右に付いている2つの「Joy−Con」を専用グリップに装着することで、1つのコントローラーとしても使えるのが特徴だ。

その後は、2013年発売の『PS4』や『Xbox One』。2012年発売の『Wii U』。2006年発売の『Wii』や『PS3』。2005年発売の『Xbox 360』などなど、時代を遡りながら様々なゲーム機のコントローラーが映し出される。こうしてみると、なんとも懐かC〜。

・革命的だったファミコンのコントローラー

数ある機種の中でも革新的な変化が感じられるのは、動画の0:50あたりで登場する1983年発売の海外版ファミコン『NES(Nintendo Entertainment System)』からだ。以前のゲームコントローラーとの違いは、動画を見れば一目瞭然!

今となっては当たり前の、左側に十字キー、右側にボタンという配置が『NES(ファミコン)』から定着したことがわかる。充実したゲームの内容もさることながら、コントローラーの操作性まで確立していたとは……さすが世界の任天堂!!

最近では新たにVRが盛り上がりをみせているゲーム業界。これからVRに合わせたコントローラーが続々と誕生することだろう。今後もまだまだゲームの進化から目が離せない……ピコピコ。

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ

VRの可能性ハンパねぇ! ジャミロクワイの『Virtual Insanity』をヴァーチャル・リアリティ上の楽器で演奏してみたっていう動画

1990年代に一世を風靡した英ロンドン出身のバンド「ジャミロクワイ」。同バンドの楽曲のなかでも、圧倒的な人気と知名度を誇るナンバーが『Virtual Insanity(ヴァーチャル・インサニティ)』だ。

そんな有名曲を、なんとヴァーチャル・リアリティ上の楽器で演奏するアーティストが現れた。ちなみにダジャレを言いたいだけではないのであしからず……。それでは、動画「“Virtual Insanity” Performed in Virtual Reality (Jamiroquai Cover)」でどんなサウンドなのかをチェックしてみよう。

・VRヘッドセットを装着した瞬間に様々な楽器が出現

『Virtual Insanity』をカバーしたのは、シンガーソングライターのチェイス・ホルフェルダーさんだ。動画を再生すると、冒頭からさっそくホルフェルダーさんが登場。グリーン色の部屋に入り、VR専用ヘッドマウントディスプレイを装着すると…… 

「ヒュィィイイイーーーン!」という音とともに、突然、部屋にキーボードや電子ドラムといった様々な楽器が出現!! ホルフェルダーさんは次々と楽器を演奏していき、やがて素晴らしい歌声で『Virtual Insanity』を歌い始めるのだった。

動画の解説文によると、このカバー曲はVR専用ヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」の仮想現実上にある楽器やサウンドだけで作られているという。つまり、その場に実在していない楽器で演奏されているというわけだ。VRの可能性ハンパねぇぇぇえええーーーーー!

また、完成度の高いアレンジや歌声もさることながら、ポップかつサイバーな映像も必見。ぜひヴァーチャル空間に映し出されたヴァーチャル楽器で奏でられる『Virtual Insanity』を動画でご覧あれ!!

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ

【Xperia Ear Duo】ソニーが発表した “耳をふさがない” ワイヤレスイヤホンの動画がこちらです / 周囲の音を聞きながら音楽が楽しめてスポーツもOKっぽいぞ!

ソニーから超画期的なオーディオアイテムが登場した。2018年4月21日に発売されるその商品の名前は『Xperia Ear Duo(XEA20)』。周囲の音を聞きながら音楽や会話を楽しめるワイヤレスイヤホンだ。

・“耳をふさがない” 左右独立型のワイヤレスイヤホン

ソニーモバイルコミュニケーションズによれば、『Xperia Ear Duo』は前述の通り、周囲の音を聞きながら音楽や会話を楽しめる “耳をふさがない” 左右独立型のワイヤレスイヤホン。ソニーストアでの価格は2万9880円(税別)となっている。

また、同製品はソニーのオーディオ部門で培った技術を用いて高音質かつ自然でクリアな音を実現しているのだとか。さらには、音漏れの低減も実現しており、電車やオフィスなどでも安心して使用できるという点がまた興味深い。

・直感的に操作できるらしい

操作性にも要注目。独自開発のボイスアシスタント「Assistant for Xperia」が生活をサポート。音声や頭の動き(ヘッドジェスチャー)によって通話の発信やメッセージ送信、音楽再生など、ハンズフリーで様々な操作が可能だという。

ちなみに連続再生時間は最長約4時間。充電機能を搭載した専用ケースに約12時間分のバッテリーを装備しており、本体と合わせて最大約16時間の連続再生を実現しているそうだ。しかも急速充電によって、7分間で約1時間分のチャージも出来るらしい。

・動きの激しいスポーツもOK

公式YouTubeチャンネルでは『Xperia Ear Duo』の解説動画とともに、WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗さんや有名若手ダンサー・MARINAさんなどが出演するPR動画も公開されている。多機能でありながら、動きの激しいスポーツにも耐える様子には驚くばかり。ソニーはまたなんとも凄い物を作ったものである。

他にも優れた機能が盛りだくさんなので、興味のある方は製品ページをご確認あれ。

参照元:YouTube [1] [2] [3] [4]、SONY「Xperia Ear Duo」ニュースリリース
執筆:K.ナガハシ

これやりたい! サイバー空間ライトセーバー斬りまくりVRリズムゲーム『Beat Saber』がメチャ楽しそう!!

2018年3月29日よりPlayStation VRが値下げされ、盛り上がりをみせているVRゲーム市場。続々と新作がリリースされているところをみると、ユーザーの数はより一層増えることが予想される。

そんななか、今回は数あるタイトルの中でもひときわ話題となっているVR専用ゲームを紹介したい。その名は『Beat Saber(ビートセイバー)』。サイバーな世界観と爽快なアクションが印象的なリズムゲームだ

・メチャメチャ楽しそう

『Beat Saber』を制作したのは、チェコのゲームスタジオ「Hyperbolic Magnetism」である。動画「If You Want to ESCAPE with Me…Beat Saber」で、ゲームのプレイシーンを確認すると……

VR空間に立つプレイヤーが、ノリノリのビートと共に向かってくるキューブをライトセーバーで「バサッ、バサッ!」と豪快に斬りまくり!! これはメチャメチャ楽しそう!

・サイバーな世界観もイイ感じ

さらにデザインにも要注目。映画「トロン:レガシー」と「マトリックス」と「スター・ウォーズ」を足して割ったような、サイバーな世界観と爽快なアクションが印象的なリズムゲームに仕上がっているゾ!!

公式フェイスブックページによると、同タイトルの価格は20ドル程度(約2100円)になる見込みで、PSVR、HTC Vive、Oculus Rift、Windows Mixed Realityに向けにリリースされるとのことだ。

また、ホームページの情報では、現在のところPSVR版の発売日は未定のようだが、他の3機種については5月1日からPCゲーム販売サイト「Steam」とOculus Rift専用ゲームストア「Oculus Store」にて販売予定となっている。

実際にプレイしてみないと詳細はわからないが、このクオリティーのゲームが2000円程度で買えるなら欲しいと思う方はきっと多いハズ。まだプレイシーンを見たことのない人は動画を要チェックだ。

参照元:YouTube、Facebook @Beat SaberBeat Saber(英語)
執筆:K.ナガハシ