【動画あり】ソニーが新型スマホ「Xperia XZ2 / XZ2 Compact」を発表! シリーズ史上最高のビデオ画質&スピーカー音量を実現

不思議なおもちゃ「toio(トイオ)」や犬型ロボット「aibo」など、斬新かつ高性能な機器を発売して話題をさらっているソニー。そんなソニーの携帯電話メーカー「ソニーモバイルコミュニケーションズ」が待望の新製品を発表した。

その新製品とは、同社の人気スマートフォン「Xperia(エクスペリア)」の最上位モデルとなる機種だ。さて、どんなに製品に仕上がっているのか? 発表されたばかりの情報をさっそく確認してみよう。

・今春以降から世界各国で発売予定

今回発表されたのは、同シリーズの最上位モデルとなる約5.7インチディスプレイ搭載の『Xperia XZ2』と、そのコンパクトモデルにあたる約5.0インチディスプレイ搭載の『Xperia XZ2 Compact』の2機種。今春以降、世界各国で発売予定だ。

・シリーズ最上位モデル『Xperia XZ2』

同社の情報によると、最上位モデルの『Xperia XZ2』は、ボディーに3D曲面ガラスと側面のメタルフレームを採用。洗練された持ちやすさとなめらかで高級感のあるデザインを両立したほか、ワイヤレス充電にも対応したという。

また、カメラ専用機でしか成し得なかったISO感度51200の静止画撮影(動画は12800)が可能となったほか、スマートフォンとしては初の「HLG」フォーマット 4K HDRビデオ撮影を実現。960fpsのスーパースロー映像も高解像度で撮影できるようになっている。

さらには、同シリーズ史上最大音量を実現したフロントステレオスピーカーも装備しており、臨場感のあるエンターテインメント体験が得られるとのこと。なんともソニーらしい機能が満載の新機種となっている。

・コンパクトモデル『Xperia XZ2 Compact』

そして『Xperia XZ2 Compact』も負けてはいない。ワイヤレス充電には未対応だが、手のひらに収まるコンパクトボディに『Xperia XZ2』と同じCPUや大音量スピーカーを内蔵しているという。

世界的な人気を誇るソニーのスマートフォン「Xperia」シリーズ。正式な発売日や価格などについては今のところ不明だが、製品の全貌を収めた動画が多数公開されている。気になる方はぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

参照元:YouTube、Sony Mobile Communications「ニュースリリース」
執筆:K.ナガハシ

【Xperia Hello!】ソニーが「話しかけてくれるロボット」を11/18より発売! 能動的な会話が可能で ‟家族の一員” として生活をアシスト

本日2017年10月17日、ソニーモバイルコミニュケーションズが、同社の人気ブランド「Xperia」の名を冠したロボット『Xperia Hello!』を発表した。11月18日より、ソニーストアや家電量販店で販売を開始するという。

「生活に寄り添うことで大切な人とつながり、日常を豊かにしてくれるロボット」とのことだが……一体どんな機能を備えているのだろうか? 解説動画と合わせて内容を見ていこう。

・『Xperia Hello!』の主な機能

同社のホームページの情報によると、『Xperia Hello!』の主な機能は次の3点だ。

家の中や外にいる家族とつながるコミュニケーション機能
家の中の様子を確認できる見守り機能
情報を提供するインフォテインメント機能

詳細の説明は製品ページに明記されているため割愛するが、家族間のメッセージの送受信や通話のほか、外から家の中の様子を確認できたり、興味のあるニュースやよく使う路線の障害情報などを能動的に知らせてくれるという。

・フレンドリーなロボット

ソニーの公式動画「あなたを理解するコミュニケーションロボット」で、『Xperia Hello!』が実際に動く様子を確認すると……これは便利そうだ!

細い電気ポットのような本体が、「おはようございます」という挨拶に続いて、家族に天気予報を伝える。「最高気温は24度、最低気温は4度です」と寒暖差が尋常でないことはさておき、知りたいことを調べてくれたり、家族間のメッセージを伝えてくれたりと、フレンドリーな点が好印象だ。

ロボットが生活をアシストすることで、家族につながりをもたらし、まさに ‟一員” と言える存在になっている。なお、インターネット接続はWi−Fiのみ。人感センサーが人を感知するほか、マイクで声の方向を認識したり、カメラが顔を判別するという。

気になるお値段だが、ソニーのオンラインストアで税別14万9880円。フレンドリーで手を出せる価格ではないかもだが、気になる方は製品ページをチェックしてみてはいかがだろうか。

参照元:YouTube、SONY「Xperia Hello!」
執筆:K.ナガハシ

SONYが発表した「新型Xperia」の新機能がヤバイ

2017年8月31日、ソニーが人気のスマートフォン「Xperia」シリーズの新機種『Xperia XZ1』と『Xperia XZ1 Compact』らを発表した。今秋から世界の各市場で導入予定だという。

新機種はハイスペックなだけでなく、ソニーが独自に開発した新機能が搭載されているというから見逃せない。そこで今回は、製品の紹介動画とともに詳細についてお伝えしたい。

・フラッグシップモデル『Xperia XZ1』

『Xperia XZ1』は、5.2インチのフルHDディスプレイを装備したソニーのハイエンドスマートフォンだ。同機種には最新のMotion Eyeカメラシステムを採用しているほか、ハイレゾオーディオにも対応。さらにはソニーが独自で開発した新機能「3Dクリエイター」が搭載されているという。

・ハイエンドコンパクト『Xperia XZ1 Compact』

一方『Xperia XZ1 Compact』には、約4.6インチのディスプレイを装備。コンパクトサイズながらも高性能なMotionEyeカメラシステム、ハイレゾオーディオ、3Dクリエイターなどの最新技術を搭載しているとのこと。なお、フロントカメラには画角120度の超広角レンズを採用しているそうだ。

・人間の顔などを3Dデータ化する「3Dクリエイター」

中でも注目すべきヤバイ新機能は、両機種に搭載されている「3Dクリエイター」である。これは、人間の顔などをカメラでスキャンして3Dデータ化。そのデータを使って作成した3DステッカーをSNSで共有したり、3Dプリンターから立体で出力することが可能になるというものだ。

3D クリエイターの紹介動画では、『Xperia XZ1』のカメラで男性をスキャンすると……たちまち男性がリアルな3Dデータに早変わり! さらにはピンクの着ぐるみに合成して遊ぶ様子が見て取れる。老若男女問わずに楽しめそうな機能だ。

2017年9月1日現在、両機種とも日本国内での正式な発売日や価格などは不明だが、詳細が発表される日もそう遠くはないだろう。発売に関する続報を待ちたい。

参照元:YouTube、Sony「Press releases」(英語)
執筆:K.ナガハシ

▼「3D クリエイター」の解説動画がこちら

▼『Xperia XZ1』の解説動画がこちら

▼『Xperia XZ1 Compact』の解説動画がこちら