【惨劇】W杯クロアチア戦で “痛恨ミス” アルゼンチンGKカバジェロのTwitterが大炎上「死んじまえ、くそったれ野郎!」「あなたは災害そのものだわ」

大番狂わせが続くW杯。優勝候補のアルゼンチンがまさかの予選敗退の危機である。初出場アイスランドと引き分けた第1戦に続き、現地時間2018年6月21日に行われたクロアチア戦では「3対0」の大差で敗北。一体どうしてしまったのか?

中でも、クロアチア戦で先制点を献上することになったGKカバジェロのキックミスに目を覆ったサポーターは多いと思う。そんな痛恨のミスを犯してしまったウィルフレード・カバジェロのTwitterが大炎上している。

・噛み合わないチーム

世界最高峰のFWメッシを擁しながらも、チームが噛み合わずに勝利が遠いアルゼンチン代表。クロアチア戦でのカバジェロのミスはまさにそんな空気を集約したようなものだった。

・痛恨のミス

0対0で幕を開けた後半すぐ。味方のバックパスにGKカバジェロはダイレクトで対応したが、ボールは中途半端な浮き球に。結果的にクロアチアFWアンテ・レビッチにパスをするような格好になってしまった。その絶好球をアンテ・レビッチがダイレクトボレー。強烈なシュートがゴールネットを揺らした。

頭を抱え、地面を叩くカバジェロ。本人にとっても痛恨のミスだったことは言うまでもない。そんなカバジェロのTwitterには、以下のような声が吹き荒れている。

・カバジェロへのリプライ

「地獄に落ちろ」
「死んじまえ、くそったれ野郎!」
「彼のミスで、グループリーグ突破ができなくなった」
「我々が心の底からあなたのことを嫌っていることを知ってほしい。よくもアルゼンチンの夢を壊してくれたな!」
「お前とサンパオリは、ロシアに残ってろ」
「あなたは災害そのものだわ」
「もしあなたに品位というものがあるなら、代表から辞退してください」
「お前は史上最悪のゴールキーパーだ」
「ハロー! 4000万人の夢をメチャクチャにする気分はどう?」

──サッカー先進国のアルゼンチンだけにイライラも相当溜まっているようだ。アルゼンチン代表とカバジェロがこの状況を打開するには、もはや予選を突破するしかないが、残る試合はあと1試合。はたして、アルゼンチン代表に奇跡は起こるのか。

参照元:Twitter @willy_caballero
執筆:中澤星児

マラドーナってそんなにスゴかったの? 答えがたった1分で分かる動画がこちらです

サッカー界のレジェントとして必ず名前が挙がる存在といえば、アルゼンチンのマラドーナだ。現在57歳でぽっちゃりしている「オモシロおじさん」としての印象が強いが、その存在感は相変わらずである。

日刊スポーツによると、マラドーナは2018年5月16日にディナモ・ブレスト(ベラルーシ1部)のチェアマンに就任することになったという。新たな挑戦を始めたことで日本でもニュースになっているが、きっとこう思っている人も多いのではないだろうか。マラドーナってそんなにスゴかったの?

・マラドーナという男が凝縮された1分間

現役引退から約20年経ったのだから、そのように思う人はいるはず。しかし、結論から言えば、マラドーナはやはりスゴいという一言に尽きる。なぜなら、自身の Facebook に1本の動画を公開しているのだが、これがとにかくヤバい。

たった1分間の短い時間ながら、それだけでもスゴさ……いや、マラドーナという男が分かるのだ。ボールタッチをはじめとする次元の違うプレーはもちろん、若かりし頃の彼は特別なオーラもまとっている。また、振る舞いも「王様」とでも言おうか。破天荒なところも伝わってきて、唯一無二の感じさえする。

Instagram Photo

・中性的なところもマラドーナらしい

今、当時のプレーを見てスゴいと思えるなら、現役時は本当に神のような存在だったのだろう。近年の写真こそ、中性的に見えなくもないがそれも含めてマラドーナ。整形しようが、ママドーナになろうが、マラドーナはマラドーナ。1分間で分かる「マラドーナ講座」は必見だ!

参照元:Facebook、Instagram @maradona日刊スポーツ
執筆:原田たかし

警察の倉庫から『540キロ分の大麻』が消える →「ネズミが食べた」と言い訳したアルゼンチンの警官4人がクビに

市民の味方である警察が、治安を守ってくれていると思うと本当に心強い。ところが、残念なことに中には悪事を働いてしまう不届き者の警官もいるようだ。

というのも、アルゼンチンで警察の倉庫から540キロ分の大麻が消える事件が発生。 しかも、疑われた警官4人がどう考えても嘘としか思えない苦しい言い訳をして、仕事をクビになったのである!

・警察の倉庫から540キロ分の大麻が消失

英ニュースサイト『UNILAD』によると、奇妙な事件が起きたのは、アルゼンチンはブエノスアイレスの警察署にある証拠保管庫だ。押収された重さ6000キロもの大麻が2年間にわたり保管されていたのだが、なんと540キロ分の大麻が忽然(こつぜん)と消えていたことが発覚した。

そして容疑をかけられたのは、前警察本部長のハビエル・スペシア。本部長の任を降りた2017年4月、押収薬物の在庫確認で署名を怠っていたのが理由だという。

・「ネズミが540キロ分の大麻を食べた」と言い訳

その後、内政監察課によって調査が行われた結果、スぺシアと彼の部下3人が嫌疑をかけられて法廷に出廷するよう命じられた。さて、彼らの言い分だが、これが最高に笑えるのだ。4人全員が「540キロ分の大麻はネズミに食い尽くされた」と釈明し、「我々は関係ない」と主張したからビックリである。

しかし、法医学の専門家が「もし本当にネズミが大麻を食べていたとしたら、現場に多数の死骸が発見されているはずだ」と事実誤認を証明。その結果、4人は警察の職務から解雇されたそうだ。

・映画に登場するような悪徳警官!?

このニュースを耳にした時に、筆者は「フィクションの世界で起きそうなことだな」と思ってしまった。なぜなら、押収された違法薬物や大金を警官が着服する……という展開は、洋画や海外ドラマでよく登場する筋書きだからだ。

例えば映画『リーサル・ウェポン2 / 炎の約束』では、マータフ刑事が目の前に積まれた札束の誘惑に駆られ、「これで娘を名門大学に行かせてやれる!」と言いながら、一束を上着のポケットへ……。そして、秀作ドラマ『TRUE DETECTIVE / 二人の刑事』では、コール刑事が個人的な捜査のために、証拠保管庫からコカインの塊を小麦粉に入れ替えるシーンが描かれていた。

前出の4人は全員で口裏を合わせていたようだが、下手な言い訳は全く通用せず……。再び裁判のため、出廷するよう言い渡された。ネズミもとんだ濡れ衣を着せられそうになったものである。

参照元:UNILAD(英語)
執筆:Nekolas
Photo:Rocketnews24.

アルゼンチンにサッカー界の「星一徹」がいた! GKのトレーニング風景が完全に狂気

試合で最大のパフォーマンスを発揮するため、プロスポーツ選手は日頃から血のにじむような努力をしている。練習して準備すればするほど……引き出しが増えれば増えるほど、想定外のプレーにも対応することができるというものだ。

近年だとデータはもちろん、最先端の技術を取り入れたトレーニングが行われているが、時代に逆行するようなサッカーコーチがアルゼンチンにいたので報告しておきたい。その風景は完全に狂気。もはや漫画『巨人の星』で鬼とも言える特訓を息子に課した星一徹のようなのだ。

・アルゼンチンのクラブにいる星一徹

サッカー界の星一徹がいるのは、アルゼンチン4部のスポルティバ・ドック・スッドというクラブ。海外サイト『THE SUN』によると、ゴールキーパーコーチのディエゴ・スヴェリーさんがそうらしい。

では、どんなトレーニングを選手に課しているのか。同国のテレビ局『DeporTV』が公開した動画「El entrenador de arqueros mas raro del mundo: Diego Svery」で確認してみると……うぉっ、これはまさしく星一徹!

・スポ根全開のトレーニング

煙で視界を遮ったセービングにはじまり、逆さづりになったままボールをキャッチ……と意味不明にも思えるようなトレーニングが盛りだくさん。「火の玉ノック」「大リーグボール養成ギブス」に勝るとも劣らない猛特訓はド直球の根性論で、昭和の日本を思い出すような風景だ。

絶対に役に立たないだろっていうものがある一方、中にはユニークなアイディアで理にかなったものもある。ただ、予測不能なボールに食らいつけるようになっても、練習で怪我をしてしまっては元も子もない。それを忘れず、試合に備えて欲しいものだ。

参照元:YouTubeTHE SUN(英語)
執筆:原田たかし

ワンコがプロのサッカー試合に乱入! 天才的なドリブルテクを見せつけて会場がヤンヤの大喝采に!!


すごい脚力で駆け回り、高い塀も跳び越えてしまうジャンプ力を誇るワンコは、素晴らしいアスリートだと言えるだろう。

そんな抜群の運動神経を持つワンコがプロのサッカー試合に乱入! プロ選手顔負けの天才的なドリブルテクを見せつけて、会場がヤンヤの大喝采で大いに盛り上がったという。

・ワンコがプロのサッカー試合に乱入!

米ニュースサイト『UPI』によると、珍客が迷い込んで来たのは、南米アルゼンチンで行われたCAサン・ロレンソ・デ・アルマグロ vs アルセナルFCの試合中でのこと。いきなりピッチに乱入してきたワンコは、選手からボールを奪ってすごい勢いでドリブルを開始!

その様子を捉えた動画を見ると、体に吸い付くようなドリブルは同国出身のメッシ選手のよう。これにはアナウンサーも観客も大喜びな様子で、突然加わった新メンバーにスタジアムがヤンヤの大喝采になった。

・試合よりもワンコに夢中

しかし、このままでは試合が続行できない。そこで、ピッチの外へボールを出し、ドリブルに夢中になっているワンコを何とか場外へ誘導して事態を収拾させた。

ただ、試合が再開したはいいが、カメラマンもアナウンサーも意外な珍客に夢中なまま。画面に映し出されるのはワンコばかりという状態になってしまった。その後、会場スタッフがワンコを捕えようと必死になっていたが、天才的フットワークで逃げ回るため、ナカナカ捕まらなかったようである。

・試合後にインタビューを受けたワンちゃん

ちなみに、会場の外に連れ出されたワンちゃんは、地元ニュース番組のインタビュー(!?)を受けることに。マイクを向けられると、元気に尻尾を振りながらマイクカバーのスポンジに噛みついて、試合に出場した興奮が冷めやらなかったようだ。

両チームの選手は、すっかりワンコにお株を奪われてしまったが、下手な余興より大いに盛り上がったことは間違いなさそうだ。なお、試合は1−0でサン・ロレンソが勝利している。

参照元:Twitter @TyCSportsUPI(英語)
執筆:Nekolas

▼ワンコがプロのサッカー試合に乱入した動画はこちら

【感動の再会動画】迷子の犬が8カ月ぶりに帰ってきた! 飼い主少年の喜ぶ様子が見る者の涙を誘う「痛いほど気持ちが分かる」

動物好きな人も、そうでない人も。これからご紹介する動画を再生するときは、ハンカチの用意をお忘れなく。

迷子になっていた犬と飼い主の少年の再会シーンが収められているのだが、少年の喜ぶ様子を見れば、鬼の目にも涙。誰だって涙が止まらなくなってしまうからだ!

・8カ月前に姿を消した飼い犬

今から8カ月前、アルゼンチン在住のロッコ・リッソ君(11)の親友であり、飼い犬のジャックが姿を消した。家族みんなで探してもジャックはどこにも見つからない。どこに行ってしまったのジャック……。大泣きしながらも、ロッコ君は諦めることなくジャックの帰りをずっと待っていたという。

そんなある朝、知り合いから「ジャックを近くのガソリンスタンドで見かけた」との情報が寄せられた。ロッコ君のお母さんが信じられない気持ちで現場に向かうと、ジャック発見! そのままお母さんはジャックを連れ帰り、家の前からロッコ君に「贈り物があるよ」と声をかけた。

・ジャックとの再開で泣きじゃくるロッコ君

ここからが動画に収められてる場面だ。家から出てきて、ジャックの姿を目にしたロッコ君。驚いて息を飲み「ジャック!」と叫ぶと、ジャックをギュッと抱きしめた。体に顔を埋めると、感極まったように大声で泣き始める。

ジャックもロッコ君の体の下で、嬉しそうに尻尾を振っている。うう、これぞ感動の再会。よかった……よかったね、ロッコ君とジャック!

・夏は犬の脱走のシーズン

さまざまなサイトで公開されては、何百万回以上も再生されているこの動画。「だれかタマネギを切ってる? 涙で前が見えない」なんて声と共に、「私も飼い犬がいなくなったことがあるから、痛いほど気持ちが分かる」「こういうアクシデントに備えて、マイクロチップを装着させて」などのコメントも多く寄せられている。

また「花火に驚いて飼い犬が逃げてしまったことがある」といった告白も。そう、花火や雷の音でパニックになり、逃亡したり、迷子になってしまう犬や猫は多い。「犬の脱走は8〜9月に増える」という調査結果も発表されており、ペットと離ればなれになってしまうことは他人事ではないのだ。

「人生で最も大切なものはペットと家族だ」と日頃から語っているというロッコ君。もう二度と離ればなれにならないように、ジャックの手をしっかり握っていてね!

参照元:The Dodo(英語)、YouTube / Jukin MediaFacebook
執筆:小千谷サチ

▼ジャックが無事でよかった!

▼『The Dodo』でも紹介された動画。再生回数200万回越えで話題に

【伝説サッカー動画】なぜマラドーナは「神の子」と言われているのか一発でわかる変態パス集

mara

ディエゴ・マラドーナ。もしサッカーに詳しくなくても、この名前を知っている人は多いことだろう。周知の通り、彼は伝説のサッカー選手。56歳となった今でも……たとえ整形してオカマみたいな「ママドーナ」になったとしても……その類いまれなる能力を語り継がれている存在だ。

近年は「ぽっちゃりした破天荒オジさん」というイメージがついてしまっているマラドーナ。しかし、当時の彼のプレーは何度見返してもスゴいものがある。例えば今回お伝えする動画もそう。パスしている映像だけでも、やはり彼は「神の子」だとわかる。

・考えられないほど上手いマラドーナ

「5人抜き」をはじめ、いくつもの伝説的ゴールを決めてきただけにストライカーというイメージが強いマラドーナだが、実際は何でもできる万能型。シュートはもちろん、ドリブル、パス、状況判断……すべてにおいて異次元の存在だった。

その中で照準をパスだけに絞ったのが、動画「Maradona Unreal Passing Skills」だ。一昔前の映像だけに少々画質は悪いが、それがどうでもよくなるくらいマラドーナのパスが上手い。というのも……

・魔法の左足

現代風にいうと「神ってる」のだ。マラドーナはたった1本のパスで局面を変えてしまうシーンを連発! 中には「背中に目がついているの?」と思うくらい視野が広いものもある上、受け手のことも考えて最高のパスを出すから、さすがの一言に尽きる。

そして相手のメンタルをズタズタに切り裂くようなテクニックも随所に披露。きっちりタイミングを外し、ここしかないという位置に絶妙なパス……しかもそれを当時の劣悪なピッチでやってのけているのだから “変態” だ。

・やはり神の子

多少ぽっちゃりしている姿でも、魔法の左足の精度は相変わらず。見れば見るほど彼のスゴさがわかる内容となっている。やはりマラドーナは神の子。彼を尊敬する選手が、後を絶たないのも納得の一本である。

参照元:YouTube
執筆:原田たかし