10年来の愛犬と間違えて「見ず知らずのワンコ」をペットサロンから連れて帰ってくる “致命的ミス” をパパが犯した理由 / 年配の方なら共感必至!?


「世の中には自分に似ている人が3人いる」とはよく言われるが、どうやらそれは動物にも当てはまるのかもしれない。というのも、動物の “ソックリさん” を判別できなかったのか、あるパパが「10年も飼っている愛犬とは違うワンコ」をペットサロンから連れて帰って来て、ネット民から失笑を買ってしまったというのである。

・ペット美容院から違うワンコを連れて帰って来たパパ

米ニュースサイト『boredpanda』によると、米フロリダ州マイアミに住むアレックスさんという青年が、「ペットの犬(名前:ニーヴス)をペットサロンから連れて帰って来てほしい」と父親に頼んだのだという。

こうして、ほどなくしてパパがワンコを連れて “無事” に帰宅。ところがアレックスさんがワンちゃんを撫でると、「なんだかニーヴスと毛並みが違う……」と妙に思ったのだとか。

そう! なんということか、パパは一家が飼っている愛犬とは違うワンコを連れて帰って来てしまったのである! 

・一歩間違えばペット誘拐事件!?

一歩間違えばペット誘拐事件に発展してもおかしくない展開だが、見知らぬ家に連れて来られたワンコは我が家にいるかのように振舞い、すっかりくつろいでいたのだいう。

その時の様子を捉えたTwitterの動画では、アレックスさんが父親のミスに大爆笑となり、ワンちゃんを撫でながら「君は誰なの~?」と話しかけている。

・なぜそんなことが?

それでは一体なぜ、間違いが起きてしまったのだろうか? パパの言い分によると、原因は……!

老眼!

さらに、ワンコが付いて来て車に跳び乗ったため、パパは我が家のワンコだと思い込んでしまったのだそうだ。

・無事に本物のニーヴスと交換して一件落着!

その後、直ちに偽ニーヴスはペット美容院に戻され、無事に本物のニーヴスと交換されたとのこと。しかし、その際も再び間違いがあってはいけないとばかりに、パパが「これで間違いないか?」と、ニーヴスの写真を家族に送信して確認していたというから笑えるではないか。

それにしても、ニーヴスはアレックスさん一家の家族になってから10年になるというのに、パパに他のワンコと間違われるなんてちょっと可哀想……。ネット民からは大いに失笑を買うことになってしまい、ニーヴスを不憫に思う同情のコメントも寄せられていた。

偽物と本物のニーヴスの画像を比べたら確かに似ているが、自分のペットと間違える人はそう多くはないのではなかろうか。アレックスさん一家が集う度に、しょっちゅうパパはこの話を持ち出されて笑いのネタにされそうである。

参照元:Twitter @Pineappl3pizzaboredpanda(英語)
執筆:Nekolas

卑猥に聞こえる? 保護者が「高校のマスコット名(フェニックス)を変えよう」と著名運動を始めた “斜め上すぎる” 理由

最近の署名運動は、道端で声を掛けるよりもネットで行う方が主流になってきた感がある。なかには、ちょっと変わった目的でキャンペーンが展開されることもあり、今回はその典型と言えるような署名運動を紹介したい。

なんでも、あるお父さんが息子の高校のマスコット「フェニックス」を改名するべきだと、キャンペーンを開始! その理由が……斜め上すぎるのである!

・学校のマスコット「フェニックス」を改名すべき!

米オンライン署名サイトChange.orgでキャンペーンを始めたのは、米ユタ州ファーミントン高校に息子が通っているというカイル・フロウトンさんだ。なお「Phoenix:フェニックス」とは不死鳥という意味で、学校のマスコット名でも特に問題はなさそうだが、一体何がマズいのだろうか!?

彼によると学校のマスコットは、「Vikings:ヴァイキングス」とか「Wild Cats:ワイルド・キャッツ」などに例えられるように、複数形で呼ぶのが普通なのだとか。なので、お父さんは近所の人達とチームを応援する練習をしていた時に、「Phoenix」を複数形の「Phoenixes:フェニクシーズ」と呼んでみたそう。ところが……全然しっくりこなかったのだという。

・男性の “ブツ” の響きにソックリ……!?

そこで、お父さんはフェニックスの複数形が本当にフェニクシーズなのか調べたところ、「Phoenices:フェニシーズ」という複数形もアリなことが判明。じゃあこれを使おうと、みんなで「行け~! フェニシーズ!」と叫んでみると、なんだか「Penis:ペニス」の複数形「ペニシーズ」にしか聞こえない……。

ちなみにペニスとは、男性に付いている “ブツ” の英語名。いくらなんでも、学校で叫ぶには適切な言葉だとは言えないし、そういった経緯でカイルさんは署名運動を始めたという訳だ。なんとも斜め上な理由だが、お父さんは本気のようである。

・もうすぐ目標署名数に到達!

カイルさんが始めたキャンペーンは5000件の署名を目標に展開されていて、2017年11月17日13時時点では3000件強集まっている。どうやら、同じように感じていた保護者や生徒な意外に多かった(?)ためか、この様子だと近いうちに目標署名数を達成しそうだ。

フェニックスに代わる代案があるのかどうか不明だが、署名運動が功を奏して改名されることになった暁には、どんな名前になるのだろうか。気になるところだ。

参照元:Facebook @Davis School DistrictChange.org(英語)
執筆:Nekolas

「子ネコなんて抱っこしたくないんだからね!」とか言いながら子ネコと眠るツンデレ親父が激カワ

ネコの性格は「ツンデレ」だと表現されることが多い。たしかにたしかに。名前を呼んでも聞こえないふりでガン無視を決め込んだかと思えば、尻尾を立てて甘えてきたり……う〜ん、かわゆすなあ。ネコ、ラブ!

だがこれからご紹介するお父さんも、ネコに負けず劣らずのツンデレっぷりを発揮。「ネコなんて抱っこしたくないんだからね!」とか言っておきながら……お、お父さん、なんて可愛らしいことしてるんすか……!?

海外サイト『Reddit / Imgur』にユーザーネーム meet_the_deanさんが、自身の父親の写真を投稿した。タイトルは「子ネコなんて抱っこしたくないんだから(”No, I don’t want to hold a kitten.”)」。どうやらこれはお父さんの台詞のようだ。

お父さんはネコが嫌いなのかしらん? と写真に目をやると……ちょっと、お父さん! ツンデレが過ぎませんこと!?

ネコを抱っこしたくないとか言っておきながら、子ネコを胸元にチョコンとのっけて仲良く一緒にお昼寝しているのだ。たしかに抱っこしていないけれど、これは反則! 可愛いすぎかよ。

実はお父さんはネコ嫌いではなく、14歳のネコも飼っているそう。しかし「今は別のネコは飼わない」と言っていたところに、この子ネコが拾われて来た。そして問題のツンデレ発言が飛び出し、今回の写真が撮影されたようだ。やはり人類は子ネコの前では無力になってしまうものなのだ。

参照元:Reddit(英語)、Imgur[1][2]
執筆:小千谷サチ

▼「子ネコなんて抱っこしたくないんだからね!」

▼こちらは3ヶ月後に写されたもの

娘の自撮り写真をからかうために父がマネ写真をインスタに投稿し続けた結果 → フォロワー14万人突破で娘よりも人気者に

娘をからかうために始めたことが原因で、一躍有名人になってしまった一人の父親が海外で話題になっている。

ワシントンのクリス・バー・マーティンさんは、ある日、娘のキャシーさんがSNSにセクシーな自撮り写真を投稿していることに気づいた。そこでクリスさんは娘のセクシー写真の投稿をからかうために、あるアイデアを思いつく。それは娘の自撮り写真を真似た父の自撮り写真を投稿するというもの!

・娘の自撮り写真を徹底的に真似る

写真に写っている娘のタトゥーと同じものを自分の体に描いたり、同じポーズをとったりと、娘の自撮り写真のあらゆる点を真似し、かなりクオリティーの高いマネ写真を完成させた。

それを自身のInstagramに投稿すると、みるみるうちにフォロワーが増加。そして、オヤジ自撮り写真を1年間以上投稿し続けた結果、なんと娘のフォロワーの約2倍にあたる14万人以上のフォロワーがついてしまったのだ。

・クリスさんもビックリ

この結果には、クリスさんも驚いており、英国メディアDaily Mailは以下のようなクリスさんの言葉を紹介している。

「こんな大きな反響があるなんて予想もしてませんでした。世界中の人が私の写真を見るなんて知ってたら、少なくとももっと上手にタトゥーを描きましたよ」

・娘の反応は?

米国メディアCNNによると、娘のキャシーさんはお父さんによる自撮りマネ写真を見て、最初はあきれていたようだが、友達がお父さんの写真を面白いと思っていると知った後は、それほど気にしなくなったようだ。

また、キャシーさんは以下のようなことをCNNに語っている。

「私の父は子育てにおいて、いつもユーモアを大切にしていました。子どもが下した選択について、親はユーモアをもって意見を伝えた方がいいケースがあると私は思います。でもそうする前に、まずは子どもの気持ちを理解してあげてください」

説教するのではなく、ユーモア溢れる方法で娘にメッセージを送ったクリスさん。ちなみに、クリスさんは人を笑わせるのが好きらしく、今でも娘の自撮り写真を真似たオヤジ自撮り写真を投稿し続けているようだ。

参照元:Instagram @therealburrmartin, CNN, Daily Mail(英語)
執筆:田代大一朗

▼楽しそうな親子だ♪

【傑作写真】「人生の生き方」を語らず示してみせた父親がなんともカッコイイ!

人生を、どう生きればいいのか? きっと誰もが一度はぶつかる疑問である。だが、もう心配ない。今から紹介する写真さえ見てくれれば、その答えはおのずと見つかる。

海外掲示板サイトRedditにユーザー「Cradnee」さんは、「父は人生の生き方を私たちに語るのではなく、示してみせました」というタイトルをつけて、一枚の写真を投稿した。

そこには、ビニールプールの水を宙にすくい上げ、楽しそうにはしゃいでいる3人の子どもが写し出されている。なんとも微笑ましい光景ではないか。

そうかそうか、お父さんが子どもたちに加わり、一緒に遊ぶことで「童心を忘れず生きていくことが、人生の楽しみ方だぞ!」と示してみせてくれたというわけ……じゃないぞ、これはッ!?

よく見ると、水着姿のお父さん、はしゃぎまくっている子どもたちの隣で気持ち良さそうに横になってるじゃないかッ! 「子どもたちよ、たまにはリラックスすることも大事だぞ。そして人生は周りのことなんか気にせず、自分のペースでゆっくり楽しむものさ」と言わんばかりに、日光浴しながら、家族との時間を満喫しているではないかッ!

でも、まあ、確かにこれはこれで、人生の楽しみ方を教えてくれる素晴らしい父親の姿である。ちなみに、この写真には「君のお父さん、ハンサムだなあ」「セクシーすぎる!」というコメントが多数寄せられている。

人生の楽しみ方を、そのセクシーな姿で堂々と示してみせるお父さん、なんだかとってもカッコイイぞ!

参照元:Reddit, imgur
執筆:田代大一朗

▼Cradneeさんの投稿「父は人生の生き方を私たちに語るのではなく、示してみせました」

▼【おまけ】2016年11月に撮影されたCradneeさんのお父様の写真。相変わらずダンディ!

小学校でおもらししちゃった娘のためにお父さんがとった行動が素敵!

失禁や尿漏れを恥ずかしがらないで! 当サイトではこれまで「尿漏れあるある」や「カビゴンをゲットした直後の “失禁” 」、「男性用尿もれパッド体験レポート」などを通じて、 “これらは生理現象。恥ずかしがるべきではない” と何度もお伝えてしてきた。

今、そんな当サイトの訴えを体現してくれたようなお父さんが、話題になっている。小学校でお漏らしをしてしまった娘を励まそうと、ある素敵な行動をとったのだとか……一体なにをしたの、お父さん!?

・小学校でお漏らししてしまった娘

米ユタ州に住むというベン・ソワーズさん。米メディア『ABC7』によると、ある日ベンさんの元に、6歳の娘ヴァレリーちゃんが通う小学校から「娘さんがお漏らしをしました」と連絡があったそう。

・「恥ずかしがらなくてもいい」と伝えたかった父

大人がいくら「お漏らしは恥ずかしくない」と言い聞かせても、小学生には通じないことも多いはず。学校でお漏らしをすれば、クラスメートから笑われたりからかわれして、傷つき、恥ずかしい思いをするケースもある。ヴァレリーちゃんも傷ついていたという。

そこでベンさんは、娘に「1人じゃない。恥ずかしがらなくてもいい」と伝えるために、体を張った。なんと、自分のズボンの股を水で濡らして、「自分もお漏らしをしてしまった」ように演出したのである!

・ベンさん「いつだって無条件に子供たちを愛すること」

そんなベンさんの姿を、ヴァレリーちゃんの姉ルシンダさんがツイートしたところ、6万回以上リツイートされて大きな話題に。「いいね」も25万以上も寄せられている。

「こんな格好をしたお父さんに来られた方が、子供は恥ずかしい思いをするのでは……」なんて声も聞かれたが、写真の中のヴァレリーちゃんは嬉しそうに “お漏らしした” お父さんと一緒と並んで立っているのだった。

7人の子供をもつベンさんは「いつだって無条件に子供たちを愛することが大切だ」と語っている。今回の彼の行動を見ると、その愛がヒシヒシと感じられるのだった。

参照元:ABC7(英語)、Twitter @LucindaSowards
執筆:小千谷サチ

▼ベンさんとヴァレリーちゃん。ベンさんの股間に注目だ!

ネット民が明かした『変な理由でお父さん達がキレた体験談』10連発 「チョコだと思ってキャンドルを食べた時」など

img_27151

毎日、子供達を食べさせて学校に通わせ、いつも素晴らしいお手本を見せてくれる両親は、限りなく尊敬に値する存在である。

しかし、時には子供が「???」と、思ってしまうような行動をすることもある。そこで、あるネット民が「変な理由でお父さんがキレたことってある!?」と質問を投げかけたところ、オモシロ体験談が集まったので10連発で紹介したいと思う。

・変な理由でお父さん達がキレた体験談

Twitterユーザーでイギリス在住のジョエル・ゴルビーさんが、「変な理由でお父さんがキレたことってある!?」と質問を投稿したところ、次々とオモシロ体験談が集まった。その10連発をまとめた物が以下である。

1.「親父がガーデン用のテーブルに迷彩柄をペイントして、お袋が気に入らないとコメントしたら、テーブルに斧が下された」
2.「レストランでお父さんが、チーズソースかと思ってカスタードクリームを料理にかけまくった時に、キレていたわ」
3.「ギネス(黒ビール)を、プラスチック製のコップに注がれて出された時に激怒していた」
4.「親父が録画していたラグビーの試合のテープに、お袋が誤ってドラマを録画した時、怒りが収まるまで親父が木陰で2時間もジっとしていた」
5.「隣人が焚火をしていて、良く分からないけど怒鳴っていたな」
6.「クリスマス用の七面鳥がオーブンに入らなくて、上段の天板を外せばいいのに、無理やり突っ込んで怒っていた」
7.「生焼けのトーストを見て、‟パンと家電の無駄だ” とムカついていたことがある」
8.「パパが作ったリゾットが最高にマズくて、私とママが全部食べられずにいると、気分を害したパパが、私達の食べ残しと鍋に残っていたリゾットを一人で平らげていた」
9.「テーブルに置いてあった白い小さな鳥型のキャンドルを、チョコレートだと思って食べた時にキレていた」
10.「私が13歳だった時、こっそり夕食前におやつを食べていたら、お父さんに ‟ママを愛していないな” って叱られたことがある」

・お父さんだって人間!

お父さんだって人間である。特に、誰にも見られていない時ならまだしも、周りに家族がいる時に失敗してしまったら、男のプライドを隠すために自己防衛的にキレてしまうのかもしれない。

ちなみに、筆者の父は超優しく温和な性格で、キレたり怒ったりしたところを一度も見たことがない。なので、「1回くらいは、そういう父の側面も見てみたいな」と思ってしまった次第だ。

参照元:Twitter @Joel Colby(英語)
執筆:Nekolas
Photo:RocketNews24.