下半身不随のニャンコがインスタで見せる変顔が大人気! ネット民の声「ハンデをもろともせずに笑わせてくれる」

SNSなどでは、変にカッコつけたり気取ったりするよりも、変顔で写真に収まった方がウケが良かったりするものだ。

それはペットにもいえるようで、下半身不随のニャンコがインスタで見せる変顔が大きな人気を呼んでいる。「脚が不自由で大変なはずなのにメチャクチャ笑わせてくれる」と、励まされるネット民が続出しているようだぞ!

・下半身不随になってしまったニャンコ

Instagram Photo

米ニュースサイト『boredpanda』によると、インスタで大人気となっているのは、3歳になるレキシーという名前のニャンコ。同サイトに語った飼い主ダシャ・ミニーヴァさんの話では、前の飼い主による虐待でレキシーは背骨を折り、後ろ脚が動かせなくなってしまったのだという。

レキシーを飼い始めた当時、彼女は歩行が楽になるよう下半身に車椅子を付けていたとのこと。ところが、ニャンコは自分が4本脚で歩けないと認識していないのか、他の猫と変わらず元気に動き回っているのだとか。

・レキシーの変顔がオモシロすぎる!

Instagram Photo

そんな元気一杯のレキシーの写真を、ダシャさんが撮影してInstagramに投稿を始めたところ、ニャンコの表情豊かな変顔がオモシロすぎて大人気に!

舌をクローバーのように丸めたかと思えばアッカンベーのポーズを取ったり、「ホラーかよ!」と言いたくなりそうな激おこ顔を見せたり、その七変化ぶりが超愉快なのである。

・ニャンコに励まされるネット民

Instagram Photo

猫は動物なので「こんな顔して~!」と指示を出したところで、思い通りに動いてくれる訳ではない。ところがダシャさんがレキシーにカメラを向けると、必ず期待に応えて様々な表情&変顔を見せてくれるのだそうだ。

本来なら思うように後ろ脚が動かせず大変なはずなのに、そんな苦労をもろともせずにユーモアあふれる変顔を見せてくれるレキシー。ネット民からは、「ハンデがあるのに笑わせてくれて強いな~」といった声が寄せられ、個性的なニャンコに励まされる人が続出しているようだ。

きっとダシャさんとレキシーの間には、フォトグラファー&モデルとして特別なケミストリーが存在しているのかもしれない。筆者もレキシーの愛らしい表情や変顔に、思いっ切り癒されてしまったのであった。

参照元:Instagram @rexiecatboredpanda(英語)
執筆:Nekolas

米青年が32キロのダイエットに成功 → 肥満体型から『美女と野獣』のアダム王子ソックリに大変身!

一度決めたはいいが、実行してもなかなか目標を達成できないのがダイエットである。減量を始める理由は様々だと思うが、ある米青年は病に倒れた母親の強さに感化されてエクササイズを始め、2年ほどで約32キロの減量に成功したそうだ。

そして、すっかり体重が落ちた彼が、ディズニーアニメ『美女と野獣』のアダム王子にソックリだと話題になっている。とにかく、その変貌ぶりが超スゴいぞ!

・病に倒れた母親の強さが減量のきっかけに!

米ニュースサイト『boredpanda』によると、病気の母親に感化されてダイエットを始めたというのは、米コネチカット州に住む26歳のジェフリー・ケンダルさんだ。2015年7月、ジェフリーさんの母親は脳動脈瘤で倒れて入院を余儀なくされ、話すことも歩くことも出来なくなった。

そして集中治療室で横たわっていた母親を見たジェフリーさんは、健康の大切さと命の尊さを実感したという。困難な状況であるにもかかわらず、真摯(しんし)に人生と向き合う母親の強さを目にしたジェフリーさんは、何か新しいことに挑戦しようと決意! 子供の頃からコンプレックスだった肥満体型を改善するために、エクササイズを始めたのである。

・2年ほどで約32キロの減量に成功!

こうしてジェフリーさんは、失恋から立ち直ろうとしている友達と一緒にバーベルで筋トレを始め、腕立て伏せやウォーキングなど少しずつ運動量を増やしていったのだとか。続けてジョギングやヨガも取り入れ、毎日エクササイズするように。そうするうちに徐々に体重が減り、2年ほどで約32キロものダイエットに成功することが出来た。

・痩せたらアダム王子にソックリ!

Instagram Photo

そのビフォー&アフター写真を、ジェフリーさんが海外掲示板サイトRedditに投稿したところ、激変ぶりだけでなく『美女と野獣』のアダム王子にソックリなことでネット民は騒然!

肥満体型だった頃のジェフリーさんはまん丸顔だったのに対し、顔の贅肉がソギ落とされた減量後はまるで別人である。ダークでサラサラなロングヘアに映える青い瞳が際立ち、本当に王子様のよう! アダム王子と比較した画像など眉毛の形もソックリで、マシュマロ体型から王子様を彷彿(ほうふつ)とさせるイケメンへと華麗なる変身を遂げたのであった。

ネット女子からは「アダム王子そのものだわ!」という黄色い声が挙がり、コメント欄は目がハートになった絵文字であふれ返るほどの大人気となっている。自分の変貌ぶりをSNSに投稿することで、ダイエットを目指す人達を励ましたかったというジェフリーさん。きっと大変身した彼を見て、勇気づけられた人もいることだろう。

参照元:Instagram @jeffk8991Redditboredpanda(英語)
執筆:Nekolas

『ハン・ソロ / スター・ウォーズ・ストーリー』の最新予告編に「チューバッカの妻マーラ」がチラっと登場!?


『ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー』に続く、シリーズのスピンオフ第2弾となる『ハン・ソロ / スター・ウォーズ・ストーリー』。

その最新予告編が先日公開されたが、そこに「チューバッカの妻マーラらしきウーキーが写っている!?」と、海外のファンやメディアが沸き立っているぞ! 実は、チューバッカの家族はシリーズの関連作品に登場したことがあり、その辺のトリビアについても語ってみることにしたい。

・「チューバッカの妻マーラ」がチラっと登場!?

チューバッカ(チューイ)の妻マーラらしきウーキーがチラっと写っていると騒がれているのは、2018年4月9日に公開された予告編第2弾が始まって1分34秒あたりのところだ。

チューイが他のウーキーを抱き寄せて額を合わせるシーンなのだが、これはどう見ても愛情表現……。親しい間柄でないと見せないような行動なので、海外のファンやメディアが「もしかして妻のマーラか!?」とザワついたという訳である。

・テレビの特番にチューイの家族が登場していた!

ちなみにチューイの家族は、1978年にアメリカで放送された『The Star Wars Holiday Special』というテレビの特番で紹介されているのだ。

海外エンタメ・データサイト『IMDb』によると、チューイが故郷の森林惑星キャッシークで祝日を祝うために、ハン・ソロと一緒に帰郷。妻マーラと息子ランピー、父親イッチーが二人を迎えて仲良くホリデーを過ごすという、なんともほのぼの~な内容なのである。

・『スター・ウォーズ』の黒歴史!?

しかも、ハン・ソロだけでなくルーク・スカイウォーカー役を演じるマーク・ハミルや、レイア姫役のキャリー・フィッシャーも出演。さらにダース・ベイダーまで姿を見せ、単なるテレビの特番にしては信じられないほどの超豪華キャストだったのだ。

ところが、『スター・ウォーズ』の生みの親ジョージ・ルーカスは超チープな作りになってしまった番組が気に入らず、本作は再放送もされなければビデオ化もされず、シリーズの黒歴史的な存在になってしまったのであった。

ルーカス監督が闇に葬りたがっていた幻の作品が、「『ハン・ソロ』にチューバッカの妻が登場!?」と騒がれたことをきっかけに再び注目されることになるとは、なんとも皮肉である。

参照元:YouTubeIMDb(英語)
執筆:Nekolas

目覚まし時計がない時代の人ってどうやって起きていた!? イギリスでは「人を起こす仕事」が存在していたらしい


仕事に遅刻したら迷惑をかけてしまうし、出勤日に目覚まし時計をセットしないという人は少ないだろう。アラームが鳴っても「あと5分だけ……」とナカナカ起きられないのに、目覚ましがなかったら遅刻してしまう可能性大だからだ。

では目覚まし時計がなかった時代に、人々は一体どうやって時間通りに起きていたのだろうか? その質問に答える動画によると、イギリスには「人を起こす仕事」が存在していたらしい。そして依頼人を起こす仕事に就いている人が、どうやって起きていたのかという謎も動画で明らかになっているぞ!

・目覚まし時計がない時代に存在していた仕事

海外サイト『Great Big Story』の公開した動画「Before Alarm Clocks, There Were ‘Knocker-Uppers’」に登場するリチャード・ジョーンズさん(ロンドンの歴史研究家)によると、イギリスで “人を起こす” 仕事に就いていた労働者は、“Knocker-Uppers:ノッカー・アッパー” と呼ばれていたのだとか。

「階上の人をノックする人」という意味になるが、ノッカー・アッパーは1800年代から1960年代まで存在していたようだ。それでは、どのようにノッカー・アッパーが依頼人を起こしていたのかというと……

・窓をトントン叩くノッカー・アッパー

なんと2階まで届く長い棒の先に鉤(かぎ)爪状にした針金を巻き付け、それを使って窓をトントン叩いていたのである。シンプルな方法だが、鉤爪で窓を引っかけば黒板をスクラッチするような「キィー」という音が出るため、かなり目覚まし効果が高かったようだ。

依頼人が窓際に姿を見せるまで、ノッカー・アッパーが窓を叩き続けていたのかという説明はなかったが、もしそうならば目覚まし時計よりも頼ることができそうである。目覚まし時計だとアラームを自分で止めた後に二度寝して、寝坊してしまう可能性があるからだ。

・誰がノッカー・アッパーを起こしていたの!?

工場で働く人が多い時代の起床時間は朝3時頃だったらしいため、目覚まし時計がない時代には不可欠な仕事だったに違いない。そして、朝3時に依頼人を起こさなければいけないノッカー・アッパーを、誰が起こしていたのか気にならないだろうか。

その点についてリチャードさんは、「資料によると、ノッカー・アッパーは仕事に行くまで寝ずに起きていたそうです。なかには朝早く起きられる体質の人もいたのかもしれません」と述べている。目覚まし時計がない時代でも、当時の人は知恵を絞って起きていたようだ。

参照元:YouTube
執筆:Nekolas

【旅行記】スペインで見た闘牛が残酷すぎて大ショック…途中で闘牛場を抜け出す結果に

どの国にも、昔から受け継がれている伝統や文化があり、歴史を守って行くことは国が担わなければならない役割の一つではないかと思う。海外旅行好きの筆者は、現地に行ったらその国の伝統文化をできるだけ体験するようにしている。

スペインを訪れた時は、何世紀も続いている闘牛を見に行くことにした。初体験なので楽しみにしていたが、あまりにも残酷すぎて大きなショックを受け、途中で闘牛場を抜け出してしまった経験がある。

・スペインで闘牛を初体験

筆者が闘牛を見るために足を運んだのは、スペインのマドリッドにあるラス・ベンタス闘牛場。ちなみに、すでにバルセロナでは2012年に闘牛が禁止されている。

筆者は、トンカツや焼き肉が大好きな肉食系なだけに偉そうなことは言えないが、それでも動物をエンターテイメントに使用する娯楽施設には抵抗がある。だが、スペインに来たからには闘牛を見ておこうと思い、オンラインでチケットを購入して闘牛場へ向かった。

・地元民にも人気がある闘牛


闘牛場へ着いたはいいものの入り口が多数あって、一体どこから入ってよいのか分からなかったので、近くにいたおじさんに尋ねたところ会話がスタート。マドリッド郊外に住んでいるという彼は、年に4~5回は闘牛を見に来るほどの大ファンだと語っていた。

その話を聞いていると「闘牛ってスゴいんだ!」との印象を持ち、高まる期待を胸に闘牛場内へ。中へ入ると、観光客だけでなく地元民も多そうだった。

まずはファンファーレと共に、闘牛士と馬に乗った槍(やり)士が入場してコロシアムを一周。そして、すでに興奮している様子の牛が場内に駆け込んで来て、それを相手に闘牛士がマントを使って華麗なテクニックを披露する。この時点では、初めて体験する闘牛に圧倒されて見入っていた。

・残酷としか言いようがないシーンに呆然……


恥ずかしい話だが、全く闘牛に関して知識がなかった筆者。現在行われている闘牛は、闘牛士が牛を相手にマントをサっと振るだけなのかと思っていた。

ところが、突進して来た牛の背中に馬に乗った槍士が槍を突き立て、想像もしなかった展開に呆然……。「ええっ!」とうろたえている間に、今度は闘牛士が飾り付きの短い銛(もり)を牛の急所めがけて突き刺した。

それと同時に血しぶきが辺りに飛び散り、牛は血みどろに……。ゼエゼエと苦しそうに息をする牛があまりにも可哀想で、残酷としか言いようがない場面に筆者は完全に言葉を失ってしまった。

・我慢できずに途中で退場

そして、何度も槍や銛で突かれた闘牛は、ついに地面に倒れて息絶えてしまう……。牛は器具を付けた馬に引きずられて退場となり、第1ラウンドが終了。場内は歓声と拍手であふれ返ったが、筆者はとてもではないが拍手をする気になれなかった。

目の前に座っていた観光客らしき女性が、牛が刺される残酷な場面で何度も目を覆っていたことを覚えている。筆者が購入したのは5回ラウンドを見られるチケットだったのだが、第3ラウンドを見ている途中で気分が悪くなり、ついに我慢できずに退場してしまった。

闘牛士は命がけで戦っているし、闘牛はスペインで昔から受け継がれている伝統文化。とはいえ、人生初となる闘牛が衝撃的すぎて、文化を継承していくにも現代に合わせたアップデートは多少必要かもしれない……と考えさせられた体験だった。

Report:Nekolas
Photo:Rocketnews24.

タバコを吸っているかのように「煙を噴き出すゾウ」が激撮される / 珍しい行動が話題に

世界最大の陸上動物であるゾウは、動物園でも大人気。大きな耳や長~い鼻が特徴的で、子供向けのアニメや絵本などにも登場することが多い。そんなゾウが、タバコを吸っているかのように口から煙を噴き出す姿が激撮され、珍しい行動だと話題になっている。

それにしても、一体なぜゾウが煙を吐き出しているのだろうか!? その謎について、海外の生物学者は次のように理由を述べている。

・タバコを吸っているかのようなゾウ

米ニュースサイト『BBC』によると、口から煙を噴き出すゾウが撮影されたのは、インドのカルナータカ州にあるナガラホール国立公園だ。その様子を捉えた動画「The Smoking Elephant!」を見ると、ゾウは鼻を使い地面から木炭をすくって口の中へ入れ、それと同時にバフっと煙を吐き出している。

・なぜ木炭を吸うの!?

その姿はまるでタバコを噴かしながら束の間の休憩を楽しんでいるように見えるが、一体なぜこのような行動を取っているのだろうか!? その点について、野生動物保護団体(WCS)の生物学者ヴァルン・ゴスワミ博士はこう答えている。

「木炭にほとんど栄養素はないが毒消しの成分を含有しているとされ、薬効の目的で動物が引き付けられるようです。また木炭には下剤の効果もあり、山火事や落雷、森林管理で木々を燃やした時などに野生動物が木炭を食べることがあるのです」

とのことで、口に入れた余分な木炭をゾウが吐き出した時に煙が立ち、タバコを吸っているように見えたという訳である。

・薬効の目的で木炭を消費

人間の場合、「喫煙は百害あって一利なし」と言われてしまうのに対し、タバコを楽しんでいるかのようなゾウは、薬効や健康のために行っているとはなんだか面白い話である。そう言われてみれば、人間も炭を材料に使った洗顔料やシャンプーなど使っていることから、本能的に動物が健康のために木炭を体に取り入れても不思議はないかもしれない。

参照元:YouTubeBBC(英語)
執筆:Nekolas

『ウォーキング・デッド』の視聴をやめてしまう人が続出している5つの理由 「ストーリーが同じことの繰り返し」など

2010年に放送開始して以来、世界中で大ヒットを飛ばしているサバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』。ウォーカーと呼ばれるゾンビが蔓延(はびこ)る世紀末的な世界を描く本シリーズは、社会現象を巻き起こすほどの人気を博している。

ところが、最近アメリカでは視聴率が急激に下降気味で見るのをやめてしまう人が続出している。それは一体なぜなのだろうか!? 理由について、海外エンタメライターである筆者が分析してみることにした。

1.ストーリーが同じことの繰り返し

Instagram Photo

本シリーズはシーズン8の放送が終了し、すでにシーズン9への更新が決定している。しかし、これまでに描かれてきた出来事は、主人公リックたちのグループがサバイバルの最中に敵と遭遇しては戦い……と、気がつけば同じことの繰り返し。ストーリーに新鮮さが欠けている印象は否めず、「なんだか飽きてきた……」と感じているファンは少なくないようだ。

2.キャラクターの描かれ方が中途半端

シリーズの中心となるキャラクターはリックと彼の仲間だが、最近は救世主や王国、アレクサンドリアにヒルトップなどに住む登場人物が一気に増え、キャラクターの描かれ方が中途半端になっているような気が……。

あまりにも登場人物が多すぎて、筆者も誰が誰だか分からなくなってしまうことがあるし、名前を覚えるのも大変! そうなると物語に集中しにくくなってしまうし、作品のクオリティ的には、「登場人物の描写が乏しくストーリーに厚みを欠く」という状態を招いているように思う。

3.暴力描写が過激すぎる

Instagram Photo

シーズン7第1話で、悪役ニーガンが有刺鉄線を巻いたバットでリックの仲間2人を撲殺する暴力描写が、あまりにも過激すぎると問題に。ファンからも批判の声が挙がるようになり、この時期からシリーズの視聴率が下降気味になってしまった。

4.シリーズが中ダルミの極みに……

人気作品になれば、製作スタジオや放送局は利益を生むためにいくらでもシリーズを更新し続けたがるものだ。しかし、そうなると免れないのが “中ダルミ現象” である。

人気絶頂期のシーズン5で、あえてシリーズを完結させた傑作『ブレイキング・バッド』のような作品は、実は数えるほどしかない。やはり、後世にわたって語り継がれるほどの作品になるためには、中ダルミが訪れる前に潔く切り上げなければ有終の美は飾れないだろう。

5.ドラマの競争率が激しすぎる

Instagram Photo

ひと昔前は、地上波局とケーブル局で製作されるドラマシリーズしかなかったが、最近はNetflixやHuluなどの配信サービスが続々と新作を生み出し、ドラマシリーズの競争率が激しくなる一方だ。

さらに、FacebookやYouTubeもドラマシリーズを次々に製作し始め、ディズニーも映像配信サービスの開始に向けて動いている。よって、面白くなければシリーズの途中でファンが視聴をやめ、他の話題作へ乗り変える現象が起きてしまうのだ。

実のところ、筆者の周りでも『ウォーキング・デッド』離脱者が続出している。筆者は、仕事柄シリーズの視聴を続ける必要があるから見ているが、「シーズン9で起死回生を図らなければ、中途半端な状態で打ち切りになるんじゃ……」と気が気でない。

参照元:Instagram @amcthewalkingdead
執筆:Nekolas