【期間限定・数量限定】ガストの「うな丼(税込1133円)」を食べてみた結果 → まさかの激ウマだった!

夏になると様々な店で登場するうなぎ料理。ある日、ガストの前を通りかかったところ、今更ながら『うな丼』が販売されていることに気がついた。

以前の記事でチェーン店のうなぎを食べ比べていたこともあり、気になってしょうがなくなった筆者は後日、ふたたびガストに足を運んだ。さて、ガストのうな丼はどんな仕上がりなのか……いざ実食DA!

・他のチェーン店に比べて高価

ガストの『うな丼』は期間・数量限定の商品。価格は単品で税込1133円となっている。なお、販売期間を問い合わせてみたところ、8月の前半まで在庫が持つかどうかという状況とのことだ。

参考までに、以前の記事で食べ比べた4社との価格を比較してみると……

【他のチェーン店との比較】

・吉野家『鰻重 一枚盛』750円 (669kca)
・すき家『うな丼 並盛』790円 (679kcal)
・なか卯『うな重』850円 (693kcal)
・ほっともっと『うな重』790円 (711kcal)
・ガスト『うな丼』1133円 (749kcal)

ガストのうな丼が明らかに高価だが、これは味への自信の表れだろうか。期待は高まるばかりである。ちなみに、うなぎの産地は他社と同じく中国産とのことだ。

・激ウマだった

店内の席に座り『うな丼 味噌汁・漬物セット(税込1241円)』を注文。待つこと10分ほどで料理が到着した。大きめの丼にはうなぎの切り身が、ひと切れ+3分の1ほど盛られている。ボリューム感は可もなく不可もなくといったところだ。

それより何より気になるのは味だ。さっそくうなぎに箸を入れてみると、おっ! フワッとしていてメチャメチャ柔らかい!! こいつはかなり良い感じに仕上がっている気がするぞ。ひとくち食べてみたところ……

うめぇぇぇえええええーーーーー!

しっかり脂がのっていながら臭みやクドさはなく、口に入れた瞬間トロッと溶けるような舌触りが感じられた。また、うなぎ自体の味付けはやや濃いめだが、ご飯とのバランスでみるとちょうど良い。

筆者の個人的な感想としては、他の4社と比べるとガストの味が圧倒的勝利! なお、日を改めてテイクアウトも味わってみたが、店内で食べた時と比べて時間が経っている分フワトロ感は劣るものの、やはり他の4社に比べて、食感、味ともに明らかに優れているように感じた。

値は張るものの、正直言ってガストのうな丼は期待を大きく上回る出来だった。前述の通り、期間・数量限定なので、気になる方は早めに食べに行くことをオススメしたい。

参考リンク:ガスト「うな丼」
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.

【ツッコミどころ満載】こんな食レポ見たことない! プロでも転がせなかった「新スイーツ」がこちらです

ネットでは日々たくさんのレポート動画が公開されている。中でも定番となっているのが、レポーターが実際に料理を食べて、味の感想を述べる “食レポ” だ。美味しさをいかにして視聴者へ伝えるか、そこはレポーターの腕の見せどころでもある。

さて、今回は数ある食レポ動画の中からツッコミどころ満載の1本をお届けしたい。プロの女性レポーターが桃の新スイーツを紹介するのだが、どうにもこうにも転がせていないのだ。こんな食レポ見たことない!

・タレントの鈴木あきえさんが食レポ

レポーターを務めるのは、これまでテレビの情報番組などで数多くの食レポを担当してきたタレントの鈴木あきえさんだ。動画を再生すると、鈴木さんの「今日のお店はこちら!」という元気なかけ声とともに食レポがスタートする。

・桃の新スイーツをレポート

鈴木さんが出演していると、安心感と一緒にそこはかとなく週末の朝の雰囲気が漂うのはさておき、画面の左上には「ハンパない桃感 新スイーツをレポート」という文字を確認できる。いったいどんなスイーツが登場するのだろうか。

これまでにない斬新なスイーツだとしても、百戦錬磨の鈴木さんにかかれば要点をバシッと紹介してくれるに違いない……と期待しながら動画の続きを見ると、さっそくスイーツがテーブルに運ばれてきた。皿の上に乗っているのは、ん、んんん!?

なんとスティック状の焼き菓子である。

予想していたものと違ったのか、鈴木さんは思わず「おっと」と口走る。明らかに動揺の色を隠せていないし、しかも焼き菓子……こうなるとプロのレポーターでもお手上げか……と思いきや!

すぐに切り替えて「きれいな長方形ですねぇ!」と褒め始めるからさすがプロ。片っぱしから褒めちぎる姿は「プロの鑑(かがみ)」だ!! しかし、よく考えたら “きれいな長方形” って褒めるポイントが強引すぎる ……ような気もするが、それでも鈴木さんはたたみ込むようにしてレポートを続ける。

「やっぱ正方形より長方形ですよねぇ」や「見事な茶色!」と見た目をゴリ推し。コメント探しで行き詰まっているのが分かる。そしていよいよ実食! 鈴木さんがフィニッシュブローで選んだ感想はというと……!!

「桃!」

まさかの直球で「桃」の一言のみ!! 全然伝わってこねぇぇぇえええええーーー! と突っ込まずにはいられないコメントだ。ちなみにフタを開けてみたら、動画は『SOYJOY クリスピー ピーチ』のCMだった。マジかよ〜!!

商品を普通に説明してもらえばよかったのでは……とも思うが、何はともあれ転がせないながらも形にした鈴木さんはさすがプロだし、ピーチフレーバーのまるごと大豆バーSOYJOYは美味しそう。どれくらい「桃」なのかも気になるところである。

参照元:YouTube、大塚製薬「SOYJOY」
執筆:K.ナガハシ

チェーン店の「うな丼」で1番おいしいのはどこなのか / 吉野家・すき家・なか卯・ほっともっとを食べ比べてみた

2018年夏、7月20日と8月1日はうなぎ屋が忙しくなる「土用の丑の日」である。近年、価格が高騰していると言われているうなぎだが、親しみやすい価格設定でグッと身近な存在にしているのが、牛丼屋などをはじめとする大手外食チェーンだ。

そこで今回は、「すき家」「吉野家」「なか卯」「ほっともっと」のうな丼(うな重)をテイクアウトして食べ比べ、どこが1番おいしいのかチェックしてみることにした。購入した商品の内容は次の通りだ!

【購入した商品】

吉野家『鰻重 一枚盛』750円 (669kca)
すき家『うな丼 並盛』790円 (679kcal)
なか卯『うな重』850円 (693kcal)
ほっともっと『うな重』790円 (711kcal)
※価格はいずれも税込

最も高い「なか卯」と最も安い「吉野家」で100円の価格差がある。ちなみにうなぎの産地は、いずれも中国産だった。

また、カロリーについては最大で約40kcalの差なので、全体の量に大きな違いはないと考えても良さそうだ。それでは、筆者の個人的な意見にはなるが、各社のうなぎ弁当を食べ比べた感想をランキング形式でご紹介していくゾ!

・第4位:吉野家『鰻重 一枚盛』750円

4社のなかで、見た目も食感も明らかに残念だったのが「吉野家」だ。商品の個体差を少なくするためか、3つの切り身を組み合わせて1枚にしてあり、端がボソボソと崩れてしまっているのが印象に残った。

食べてみると、見た目と同じく食感もボソボソしており、タレの味も強すぎてうなぎの旨味がイマイチ感じられない。ひつまぶし的な食べ方には合いそうだが……そういったメニューが無い点もまた残念だ。牛丼に定評のある吉野家だけに、今後に期待したい。

・第3位:ほっともっと『うな丼 並盛』780円

ボリュームがあって脂も乗っているが、皮が厚く身も硬めだったのが「ほっともっと」である。また、付属される小袋入りのタレの味にクセがあり、米発酵調味料からきていると思われるアルコールの匂いが少し気になった。

同商品に関しては、時間が経ってしまった場合はレンジで温めてから味わうのがベターだろう(弁当容器は電子レンジ不可)。そして、好みにもよるが付属のタレは量が多めなので、かけすぎに注意した方がいいかもしれない。

・第2位:すき家『うな丼 並盛』790円

前述の2社に比べてクセが少なかったのが「すき家」。柔らくなめらかな舌触りのうなぎが甘めのタレで仕上げられていて食べやすかった。今ひとつだった点として、皮のねっとりとした食感が挙げられるが、ご飯と一緒に食べればさほど気にならないレベルである。

すき家の情報によると、中国の福建省で養殖されたうなぎを使用。養殖を始めるまえから店舗で販売されるまで11回にも渡る検査を実施しており、これは一般的な国内養殖うなぎよりも厳しいものだという。もしかすると、そうしたこだわりが味に現れているのかもしれない。

・第1位:なか卯『うな重』850円

そして、4社の中で最もおいしかったのが「なか卯」だ。ふっくらとしたうなぎの食感に加えて、臭みやしつこさを感じさせないタレの濃さもまた絶妙。本格専門店で食べるような焼きたての味には及ばないが、香ばしく仕上がっていて豊かな味わいが楽しめた。

ご存知の方も多いかと思うが「なか卯」は「すき家」と同じ「ゼンショーグループ」が運営するチェーン店。うなぎの質感や味の濃さはそれぞれ異なってはいるものの、今回の食べ比べで同グループのうなぎに対する強いこだわりを見たような気がする。

以上、食べ比べてみた結果、個人的な意見としては「なか卯」のうな重が最も美味しく感じた。他の3社に比べてやや高価だが、うなぎの市場価格を考えれば高コスパといえる。気になる方はぜひその味をご自身で確かめてみてはいかがだろうか。

参考リンク:なか卯すき家ほっともっと吉野家
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.

【動画あり】視覚に頼らない新型の四足歩行ロボット「チーター3」が有能すぎてマジすごい! 自由自在に動いて悪路だって何のその!!

有名な四足歩行ロボットといえば、ボストン・ダイナミクス社の「SpotMini(スポットミニ)」が挙げられる。日本では建設現場で同ロボットを使った実証実験が行われるなど、実用化を準備する段階まできている。

そんななか、米マサチューセッツ工科大学(MIT)が超高性能な新型四足歩行ロボットの動画「Vision-free MIT Cheetah」を公開した。「Cheetah(チーター)3」と呼ばれるロボットの主な特徴は、視覚(カメラ)に頼らず行動する点とのことだが、いったいどんなロボットなのか? 動画で詳細を見ていこう。

・動きの自由度が高い『チーター3』

チーター3の性能を知るにあたり、まずはじめに注目すべきは各部の動きが自由自在なことだ。足の付け根部分は大きく捻(ねじ)れても大丈夫なのに加え、関節部分は前後に曲げることができる。

もちろん、ピョンピョンと飛び跳ねながら移動することも可能で、動画内では屋外の芝生や砂利の上などの不安定な足場の上だって歩く。さらに1本の足だけ使用しない3足歩行なんかも余裕でOK!

また、チーター3はスピード性能にも優れており、ゆったりとした歩きに始まり、軽快な駆け足も披露してみせる。なんなら秒速3m……つまり時速10.8kmでダッシュすることも可能だ。ここまででも有能だが、極めつけは強力なジャンプ力である。

・視覚に頼れない場所で活躍すること間違いなし

動画の2:33あたりでは、高さ76cmのテーブルの前に立つチーター3が特大ジャンプ! テーブルの上へ見事に着地する様子が見られるぞ。そして、これら全ての動きが視覚を使わずにやっているというのがまた凄い。

MITによると、チーター3は接触検出アルゴリズムとモデル予測制御アルゴリズムを組み合わせた「blind locomotion」との機能によって姿勢を制御している。超ざっくり言うと、触覚と予測をもとに動いているロボットというわけだ。

真っ暗で何も見えない現場など、視覚に頼れない場所で活躍すること間違いなしの『チーター3』。近い将来、人間が脚を踏み入れることのできない場所で作業する日も近いかもしれない。

参照元:YouTubeMIT News(英語)
執筆:K.ナガハシ

いよいよ『トヨタ・スープラ』の復活が現実に! 新しい市販モデルがこちらです

2002年に生産が終了した伝説のスポーツカー「トヨタ・スープラ」。復活を望む声が多く挙がっていた中、トヨタは2018年3月に『新型スープラ』のレーシングコンセプトモデル「GR Supra Racing Concept」を発表。たちまちネット上で話題になったことは以前の記事でお伝えした。

そして先日、英国で開催されたモータースポーツ関連のイベントで市販モデルのプロトタイプとなる『新型スープラ(A90)』が世界初公開。再び大きな注目を集めている。果たしてどんなマシンとなっているのか、それではさっそくイベントの様子を動画でチェックしてみよう。

・カモフラージュカラーに覆われた「新型スープラ」

動画「New Toyota Supra makes world debut at FOS」では、英国で開催されたモータースポーツ関連のイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018」で初めて公開された『新型スープラ』の姿を見ることができる。

再生すると、ボディー全体がカモフラージュカラーに覆われた『新型スープラ』が登場! ボディーフォルムの詳細は見えにくいものの、全体的に丸みを帯びたイメージだ。レーシングモデルでおなじみのウイングなどは装備されておらず、市販モデルらしくシンプルなマシンであることがわかる。

・いよいよ「スープラ」の復活が現実に

また、エンジンのサウンドは太くてパワフルな印象だ。ちなみに、いずれかのグレードに直列6気筒エンジンが搭載されることはわかっているが、まだ市販車のスペックに関する正式な情報は明らかになっていない。

レーシングモデルはスポーティーでカッコ良かったが、市販モデルもきっとスタイリッシュでカッコ良く仕上がることだろう。いよいよ伝説の名車「スープラ」の復活が現実味を帯びてきた。市販車の発売は2019年前半の予定となっている。トヨタのさらなる発表を待ちたい。

参照元:YouTube、トヨタ「ニュースリリース」
執筆:K.ナガハシ

マイクロソフトが話題の新機種『Surface Go』の国内価格を発表! 一般向けは6万4800円から / ネットの声「高すぎ」「急速に興味を失った」

米マイクロソフトが発表した、タブレットPCの新機種『Surface Go』。海外では一般向けモデルが399ドル(約4万4000円)となっており、Surfaceシリーズとしてはこれまでになくお手頃価格であることは以前の記事でお伝えした。

さらに昨日、日本マイクロソフトも「Surface Go」の国内販売についての詳細を発表。価格を見ると、どうやら海外よりもかなりお高いようだ。同社が発表した価格は次の通りである。

【Surface Go(メモリ:4GB、記憶域:64GB、OS:Windows10)の参考価格】

・一般向け:6万4800円
・法人向け:5万2800円
・教育機関向け:4万7800円
※いずれも税抜

なお、OSについてだが、一般向けモデルには、「Windows 10 Home(S モード)」と「Office Home & Business 2016」を搭載。法人向けモデルと教育機関向けモデルは「Windows 10 Pro」のみで「Office Home & Business 2016」は非搭載とのことだ。

こうしてみると、一般向けモデルは「Office Home & Business 2016」を搭載しているために高くなっていると考えていいだろう。いずれにせよ、冒頭でもお伝えした通り、海外では一般向けモデルが399ドル(約4万4000円)なだけに、ちょっと拍子抜けしてしまう内容だ。

今回の発表を受け、ネット上ではさまざまな声が飛び交っている。その一部をご紹介しよう。

【ネットの声】

「高すぎ」
「とんだ肩透かし」
「結局、日本だとこの値段になるのか」
「なんで Office同梱版しか無いのかな…」
「日本展開ラインナップがひどいから急速に興味を失った」
「Officeとか要らないし、試しに買ってみようみたいな気持ちが遠のいた」
「既にOffice365の年間ライセンスを契約しておりまして、プリインストールされていても困ります」
「6万5000円ならiPadProの方を選択する」
「納得できるのは5万円くらいまでかなあ」

確かに、Office非搭載のモデルを5万円以下で用意すれば「試しに買ってみよう」というユーザーは増えそうである。ちなみに、キーボード付きのカバーも別売りとなっており、価格が1万1800円からなのも気になるところだ。

『Surface Go』の予約開始は本日2018年7月11日から、発売は8月28日からとのこと。その他、更なる詳細を知りたい方は製品ページをご確認あれ。

参照元:YouTube、Microsoft「Japan Windows Blog」、Microsoft「Surface」
執筆:K.ナガハシ

ゴージャスすぎ! 日産「GT-R」の50周年記念モデル『Nissan GT-R50 by Italdesign』、想定価格は約1億1700万円なり

日産自動車が誇る世界的スポーツカー「GT-R」。先日、同社がその「GT-R」の50周年記念モデルを発表。さらに、生産予定台数や想定価格などを明らかにした。

同社の情報によると、このモデルは「何の制約もなくGT-Rをつくったらどうなるだろう」という考えを実現したもの。しかも、GT-Rと同じく50周年を迎えたイタリアの超名門デザイン会社「Italdesign(イタルデザイン)」との共同開発だというから見逃せない。果たして、気になるお値段はいかに……!?

・高級感あふれまくりのデザイン

50周年記念モデルの名前は『Nissan GT-R50 by Italdesign』だ。開発、設計、製造を手がけたのはイタルデザイン。内装と外装のデザインを担当したのは、日産デザインヨーロッパ、そして日産デザインアメリカとなっている。

マシンの外観は公式ホームページやプロモーション動画などで見ることが可能だ。もともとパワフルでスポーティーなイメージのGT-Rだが、深みのある漆黒のボディーカラーにゴールドのアクセントが効いていてエレガントでゴージャス! 高級感あふれまくりのデザインとなっている。

・内装のデザインもスペシャルでカッコいい

さらに内装もスペシャルでこれまたカッコいい。高級素材であるカーボンファイバーが随所に使用されているほか、ところどころにゴールドのパーツも散りばめられており、落ち着いていながらもオシャレな雰囲気に仕上がっているぞ

また、エンジンも強力だ。現行のGT-Rを120馬力も上回る、最大出力720馬力の手作業で組み立てられた3.8リッターV6エンジンを搭載。そして、そのパワーに対応するべく、ビルシュタイン製サスペンションやブレンボ製ブレーキなど、世界トップメーカーのパーツが採用されるという。

・気になる価格は……

同マシンは7月12日に英国チェスターで開催されるイベントを皮切りに、世界各地でお披露目される予定だ。将来的には販売される見込みで生産台数は50台以下、気になる想定価格は……90万ユーロ(約1億1700万円)とのこと! 現行の最上級グレード「GT-R NISMO」が約1870万円であることを考えると、とんでもなくゴージャスだ。

特別感がハンパないこの「Nissan GT-R50 by Italdesign」。正式に発売されれば、どんなセレブがハンドルを握るのかにも注目が集まりそうだ。

参照元:YouTube、日産自動車「ニュースリリース」
執筆:K.ナガハシ