【100均検証】絶対に学校に持っていっちゃダメ系なボールペンがダイソーに売ってました

ここ最近、ダイソーが「うんち」に力を入れていると思うのは私だけだろうか? やたら見るのだ、うんちグッズを。このまえ行った店舗なんて、「うんちコーナー」まで設けられていた。コミカルなうんちからリアルなうんちまで、すべて100円。もしも私が小学生だったら、おねだりして全部買い占めていたところである。

しかし私も38歳。もうじき39歳の、いい大人だ。「うんち」なんかで喜ぶ歳でもないのだが、ついついうっかり『光るうんちペン』なる小学校低学年男子抱腹絶倒狂喜乱舞マチガイナシ的な商品を買ってしまったので情報共有しておきたい。

まずパッケージだが、うんち感全開。「うんち」のフォントもうんちっぽく、バックを茶色にすることにより、よりうんち感を出すことに成功している。しかしながら、かわいらしく描かれたピンクのうんちが忠告している通り、

ペンの色は藍色(indigo)である。

それはどうでもいいとして、わざわざ英語で「Light Up Poo Pen」と書かれているので、心の中で「ライトアップ、プーペン……」と読んでみたら、なぜか無性にタイのプーパッポンカレーが食べたくなってきたこともさておいて……

書き味は以外にも最高である。

もとから0.7mmのボールペンは好きなのだが、実に、実に書きやすい。普通にボールペンとして使うのも大アリの書き味だが、唯一の違和感は、もう見たまんまだが……

先っちょのうんちだ。

たとえ無心で書いたとしても視界にうんちがチラチラ見えるので、ついついうんちのことを考えてしまう。もしも小学校低学年男子がこの『光るうんちペン』を使ったら一巻の終わり。ひたすら「できの良いうんちの絵」の練習をすることだろう。

ただこれだけでも危険なのに、この『光るうんちペン』は、その名の通り……なぜか光る。一体どうして光らせる必要があったのか謎であるが、とにかくライトのオン・オフスイッチがペンの上部に備え付けてあるのだ。ためしにONしてみると……

予想外にキレイ。

しかも予想外にいろいろ光る。

ていうかハマる。

もしも私が小学校低学年男子であれば、暗い場所に引きこもって、延々とこの『光るうんちペン』のイルミネーションを眺めていたのだろう……と思うと恐ろしい。昔に売ってなくて本当によかった。今の時代の子たちは誘惑だらけで大変だ。

ちなみに、「学校にはボールペン持っていっちゃダメなんですぅ〜。えんぴつしか認められていないんですぅ〜」なんて声も出てきそうだが、残念ながらえんぴつ派の諸君たちも、ダイソーのうんち包囲網からは脱出できない。というのも……

鉛筆キャップも売っている……!!

しかもこれ、裏面を見ると……

うんち、4個

そう、文字通り、「うんち4個」が100円で買えるのである。パッケージのうんちは「鉛筆の先にくっつけよう!」と推奨しているが、そのまま置いたり飾ったり、オブジェとして使うのもアリかと思う。マグネットにするのも良いかもね!

ほかにも様々なうんち商品が売っているので、興味のある人は近くのダイソーで探してみよう。見つかるといいね。グッドラック。幸ウンを祈ります。

Report:100均研究家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証

インスタの広告に出てきた「マッチョになれる画像加工アプリ(Photable)」を試してみた結果

シャッシャとインスタ画像をチェックしてたら、突如として表示された褐色のマッチョマン動画。どうやら筋肉を付け足せたりする「マッチョになれる画像加工アプリ」の広告らしい。オレもマッチョになりたいし、インストールしてみっか……

──と、謎のマッチョ画像加工アプリ『Photable』を試してみたのだが、結果としてとてもむなしい気持ちになったので、軽く情報共有しておきたい。

まずは起動直後、いきなり「えーっ!?」という気持ちになった。というのも、バリバリ使うには1年会員(3800円)がかかるそうな。もうこの時点でアンインストールしようと思ったが、『フリートライアル(試用)3日間』があるので続行。

しかし恐ろしいのは、フリートライアル期間中に、iPhoneの「設定」から「登録をキャンセルする」をタップしないと、自動的に1年会員扱いになるとのこと。なにこれ怖い。しかし、きちんと手続きを踏めば大丈夫と見越して続行した。

でもって、まずは自分の自撮り写真を用意。そして、このアプリでできることは……

あらかじめ用意されている腹筋などの筋肉を自分の体にあてがう……だけ。

拡大縮小や回転、透明度の設定はできるので、そこそこリアルな感じで体に馴染むが……

やればやるほど、どれだけ自分の体がタルんでいるのかを見せつけられているような気がして、悲しくもあり、せつなくもあり……

筋肉以外では、ウィッグや、タトゥーなどのパーツも用意されている。さらに、インスタのようなフィルターも用意されているのだが、結果としては……

ものすごく怪しい男になってしまった。

胸筋は自然にできた感もあるが、そのほかは、なんか変。というか、こんなマッチョ加工写真をインスタにアップするなんて、なんだか悲しすぎるし、むなしすぎる。おれ、もうやーめっぴ。ということでアンインストール……の前に!!

「登録をキャンセルする」をしておかなければならない。これを忘れたら自動的に3800円抜かれてしまうからだ。

ちなみに文字で説明すると、「設定」 → 「iTunes StoreとApp Store」 → 「一番上の自分のApple ID」 → 「Apple IDを表示」 → 「登録」 → 「Photable Plus」 → 「トライアル(または登録)をキャンセルする」で、キャンセルできる。

なお、このアプリのほかにも不要な登録サービスがある場合は、上記の「登録」の画面からキャンセルできるので、あらためて自分がどんなサービスに入っているのか確認しておくと良いかもしれない。

サービス断捨離してサッパリしたら、筋トレでもして真面目に体を鍛えよう٩( ‘ω’ )و

参照元:App Store「Photable
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
Screenshots:iOS / Photable

【100均検証】ダイソーの『ひんやりエアーまくら(保冷剤入)』を使ってみた結果…

暑い暑い、あっつ〜い!! 冷房ガンガン、しかも全開フルパワーにしてるっつーのに まだ部屋が暑いってどういうこっちゃ……ってくらいに暑い!! だが、そんな2018年の夏に大活躍しそうな100円グッズを発見したのでお伝えしたい。

商品名は『ひんやりエアーまくら(保冷剤入)』で、購入したのはダイソー。当然ながら価格は100円だ。はたしてどんだけ “ひんやり” なのか? 実際に使ってみた!

まずは恒例のパッケージチェック。「寝心地爽快!!」や「ひんや〜り」と、涼しげな文言が踊っているが、気になるのが使い方。裏面を見ても、まったく「使い方」が書いていないのである。そのかわり、注意書きはビッチリ書いてあるのだが……

冷凍庫等で凍らせないでください

──というのが気になる。

たしかに、商品そのものが「保冷剤」なのだから凍らせたくもなる。しかし、「凍らせないでください」。ならば「冷蔵庫で冷やす」のは?……と思いつつも、OKともNOとも書いていない。ということで、そのまま常温で使ってみることにした。

構造としては、エアーまくらの片面に保冷ジェルが入ってるという感じで……

フーフーと空気を入れたら……

完成……

枕元にセットして……

ごろんっ……

(………………)

(言うほど、冷たくはない……)

が!

(ぬるいわけでもない……)

(どのくらいの温度なのかというと……)

(ずばり「日陰にある石」くらい……)

(よって、「ひんや〜り」ではある……

が!

(言うほど快適ではない……)

(できれば冷蔵庫で冷やしてから使いたい……)

(なんなら凍らせてから使いたい……)

(でも、凍らせるのはNGだし……)

(冷蔵庫OKなのかは書いていない……)

(なので常温で使ってみたが……)

(日陰にある石レベル……)

(はたして、この程度の温度で……)

(快適に眠れ…………)

(…………)

Report:100均研究家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証

【非常食にも】お湯か水を注ぐだけ!「にぎらずにできる携帯おにぎり」を食べてみた

なにやら最近、自分の中で「非常事態」への意識が高くなっている。つい先日も100円グッズで防災袋を作ったり……と、いつなんどき、何が起きても対応できるように心がけている。そんな意識でホームセンターをパトロールしていると……

えっ!? にぎらずにできる携帯おにぎり』なる謎めいたネーミングの食品を発見した。なんでも「お湯または水を注ぐだけ」で、おにぎりができるらしい。そりゃすごい! はたしてどういう仕組みなのか? さっそく「わかめ」と「鮭」を買ってみた。

まずは「わかめ」のおにぎりから。パッケージの裏面を見てみると……

正式名称、「アルファ米」というらしい。原材料は、国産の「うるち米」、そして「味付け乾燥具材」と調味料だ。

んで、開封すると……

カピカピになったお米とわかめ、そして乾燥剤が入っている。袋ごと振るとシャカシャカと音がするくらいに乾燥している。ともあれ……

まずはパッケージ表面のシールをはがし……

注水範囲まで水を入れ……

シェイク!

まんべんなくカピカピ米と水が混じり合ったのを確認し……

放置!

〜60分後〜

できてるかな……

ふくらんでいる!

あとは指示通りにパッケージを切り取れば……

わかめおにぎりの完成でーす\(^O^)/

気になるお味は……

激ウマ!!……と言える味ではないが、まずくもない。きちんと「お米」の味はするし、わかめもイイ感じにふやけている。これはまぎれもなく「わかめおにぎり」であるが、そりゃコンビニの「わかめおにぎり」には味で劣る。でもまあ、食える。

具体的に、普通の「わかめおにぎり」とどう味が違うのかと言うと……なんというか、ダシ的な味が強いというか、化学調味料的な味が強いのだ。しかしながら、非常事態に水だけで「わかめおにぎり」が作れるのはありがたい。

・鮭編

続いては「鮭」である。こちらは水ではなく、お湯を注いで作ってみた。

作り方は、さっきと同じ。

お湯を注いで、シェイクして……

水とは違い、たった15分で完成する。

ホカホカしてて美味しそう!! 心なしか、水の時よりも ふっくら しているように思える。いただきま〜す\(^O^)/

あむっ……

もぐもぐ……なるほど。

どちらかといえば、「わかめ」よりも「鮭」のほうが美味しい。こちらも化学調味料的な味は強いのだが、しっかりと「鮭おにぎり」している。少なくとも、どこかの飛行機で機内食で出された「キンキンに冷えたオニギリ」よりは美味しいと感じた。

ちなみに賞味期限は今から5年後の2023年8月だったので、防災袋スタメン入りは決定だ。アウトドアや海外旅行時にも大活躍しそうだし、お店で見かけたら要チェック! 備えあれば憂いなし٩( ‘ω’ )و

参考リンク:尾西食品株式会社「おにぎりシリーズ」
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

【100均検証】ダイソーに売ってる3種類の「冷却・冷感スプレー」を比較してみた結果…

うだるような暑さのなか、ダイソーの店先をチェックすると、メシア(救世主)的なモノが目に飛び込んできた。シュッと吹きかけるとヒンヤリするスプレーである。それも1つだけでなく、なんと3種類も並んでいた。ど、どれにすればいいのかしら……!?

ということで3つ全部ゲットして、うだるような暑さのなか使ってみた。具体的には『スゴッ冷感!! ひんやり持続冷感ミスト100ml』と『スゴッ冷却!! 冷却スプレー スーパークール150ml』、『スゴッ冷感!! ひんやり持続冷感ミスト160ml』の3つである。

・缶スプレータイプが最強

読むのが面倒な人のために、先に結論から書いてしまおう。ズバリ「買い!」なのは『スゴッ冷却!! 冷却スプレー スーパークール150ml』である。どれもこれも「スゴッ冷却!!」シリーズだが、突出したスゴッ冷却感を感じたのは、缶スプレータイプの商品だった。詳しくは以下の通りだ。

・『スゴッ冷感!! ひんやり持続冷感ミスト100ml』

まずはミストタイプの商品から。今回購入した3種類は、どれも地肌に吹きかけるモノではなく、衣類にスプレーするのがルールとなっているもよう。で、こちらの商品は「着用する前の衣類にスプレーしてください」と書いてある。さらに……

脇・首元・など汗をかきやすい部分にスプレーすると “ひんやり感” が得られます」とのことなので、そのとおりにTシャツに向けて吹きかけてみた。ちなみに成分は「水、メントール、エタノール」で、プッシュタイプのスプレーだ。

シュッ、シュッ……

で、すぐに着用してみたが……

正直……

よくわからない。

扇風機を抱えてみたが……

正直、よくわからない。

外に出てみても……

正直、よくわからなかった……が!

少し汗をかくと、「あれ? 若干スースーするかな?」という気持ちに。しかし、結論から言うと、正直、よくわからなかった。もしも店にこの3種類が売っていたら、確実にスルーしても良い商品かと思われる。というのも……(以下に続く)

・『スゴッ冷却!! 冷却スプレー スーパークール150ml』

この商品がスゴッ冷却すぎた! 前出の商品と比べたら月とスッポン。ミストタイプではなく、高圧ガス「LPG」が入っている缶スプレータイプの商品であり、成分は「エタノール、LPG」のみ。よって、平たく言えばエタノールスプレーである。

使用方法も前出の商品とは全然違って、「服の上からスプレーする」だけでOK。着用前ではなく、「着たままOK」なのだ。でもって、10センチほど離してスプレーしてみると……

プシューッ!!

ふほっ!

スゴッ!

スゴッイひんやり!!

思わず震えるレベル!!!!

服の上からなのに、まず「ヒャァーッ」とした涼を感じ、その後もスースー、かなり長い時間、ヒンヤリを感じることができる。どういう原理なのだろう。よくわからないが、即効性&持続性がダントツなのは、こちらの商品である。これは買い!

・『スゴッ冷感!! ひんやり持続冷感ミスト160ml』

最後の商品は、トリガー式のミストタイプ。プシューってしやすそうだ٩( ‘ω’ )و しかし、よーくパッケージを見てみると……

『スゴッ冷感!! ひんやり持続冷感ミスト100ml』と成分が完全に同じである。なのにこちらは160mlなうえ、使いやすいトリガー式。となると……

プッシュタイプの存在って……

という気持ちになるが、きっと100mlを携帯したい人もいるのだろう。世の中には色んな人がいる。それはさておき、こちらの商品も「着用する前の衣類にスプレーしてください」が前提となっており、

言われるがままTシャツに吹きかけ……

着用してみたが……

やはり……

よくわからない。

すこーしだけ、ひんやりするかな的な……

しかし……

よくわからない。

もしかして自分が麻痺しているのかなと思い、あらためて缶スプレータイプの『スゴッ冷却!! 冷却スプレー スーパークール150ml』を吹きかけてみたが……

ンヒャァ〜〜〜〜ッ!!

やはり「買い」なのは『スゴッ冷却!! 冷却スプレー スーパークール150ml』一択であろう。調子乗ってシューシューしていると、わりと150mlはあっという間に無くなってしまうが、即効性と実用度はピカイチだ。報告は以上で〜す!

Report:100均研究家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証

【簡単なのに激ウマ】香り際立つ『純正ごま油 濃口』で手羽中焼いたら「うまいうまい」の大合唱! 使う油は少量なのにこんがり&香ばしい!!

ささっと料理ができる男はカッコイイ。女性でもカッコイイが、男だったら なおさらだ。しかも作る料理が「みんなで食べられるもの」だとしたらカッコよさは倍プッシュ。「料理ができる男」に加え、「気配りもできる男」という二翻役……!!

普段から麻雀はしないけど、麻雀漫画だけで覚えた単語をフル活用して上記のようなことを考えていると、ある男が「満貫(マンガン)狙っちゃいます?」とささやいた。話を聞けば、「油選び」がポイントとのこと。何の油かと言えば……

濃口(こいくち)……!!

正式名称は、かどやの『純正ごま油 濃口』……!!

普段から料理はしないけど、調味料の最新情報だけには詳しい男「じゅん君」によると、『純正ごま油 濃口』で料理すると激ウマになるらしい。さらに……

じゅん「濃口の特徴は、ごまを深く煎ることで強調された、強い香ばしさです。ごま油の風味が強めに効くので、パンチのある料理に適しています。そうですね、たとえば手づかみで食べられる鶏料理とか……」

──と言いながら、机の上に具材やら調理器具やらをズラっと並べ始めた。これで「こんがり手羽中のごま油香味ダレ」を作ってくれ的な顔をしている。

なるほど……「あした、会社にエプロンを持ってきて下さい」と言っていたのは、そういうことか。よしっ、ならばキッチンはとり出張版だ! さっそく作ってみよう〜!!

【用意するもの】

・鶏手羽中 → 400g
・塩・こしょう → 各少々
・純正ごま油濃口 → 大さじ1/2
・レモン(くし形切り)→ 適宜
・ブラックペッパー → 適宜

【A】

・長ねぎ(みじん切り) → 大さじ1
・おろしにんにく → 小さじ1/2
・純正ごま油濃口 → 大さじ1 
・みりん → 大さじ1
・しょうゆ → 小さじ1
・塩 → 小さじ1/2
・いりごま白

【作り方】

その1:ボウルなどに【A】を入れて、よく混ぜ合わせておく。鶏手羽中には塩、こしょうを。

その2:フライパンに純正ごま油濃口を敷いて中火で熱し、鶏手羽中を皮目を下にして3分ほど焼く。なお、ごま油濃口は、そんなに多く入れなくてもOKだ。

その3:鶏肉を裏返し、余分な脂をキッチンペーパーなどでふき取りながらもう3分ほど焼き、両面にしっかりと焼き色をつける。

その4:(その3)に(その1)のタレを加えて火を弱め、タレとからめるようにして炒め合わせる。

その5:あとは器に盛りつけて、お好みでレモン、ブラックペッパーをふる。

──以上。ようするにタレを作って、手羽中焼いて、タレとからめるだけである。

そして完成した「こんがり手羽中のごま油香味ダレ」を編集部に差し入れしてみたところ……

「うまい」
「おいしいです」
「うまいです」
「うまい!」
「ビールが欲しくなる」
「うまいっすね」
「めっちゃうまいっすね」
「ビールだね」

──と、とても記者の集団とは思えないほどのシンプルな感想しか返ってこなかったが、総括すれば「美味い」ということ。その後も、お皿に余った手羽中を求め、ワラワラと記者たちがゾンビのように集まってきて……

無言でモシャモシャ食べていた……。きっと、よほどウマかったのであろう。

事実、私も食べてみたが、香ばしさと風味の強さが手羽中とマッチして、とってもとってもウマかった……と、やはりシンプルな感想に。しかしある意味、言葉を忘れるほど美味しかったということだ。いいぞこれ〜\(^O^)/

参考リンク:かどや『純正ごま油 濃口』レシピ「こんがり手羽中のごま油香味ダレ」
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

【100均検証】1000円以上の可動式サンバイザーとダイソー200円サンバイザーとキャンドゥ100円サンバイザーを比べてみた結果

照りつける太陽、夏本番! この季節、誰もが気になっているであろうアイテムこそが、通称『可動式サンバイザー』だ。まちがいない。どんな商品かっつーと、よく おばさま や おねえさま が頭(顔)に付けてるサイバー戦士みたいなアレである。そういえば、男性の戦士は見たことがない。なぜだろう。

それはさておき今回は、そんな隠れた人気商品『可動式サンバイザー』を徹底比較! Amazonで買った1000円以上のサンバイザーと、ダイソーの200円のサンバイザー、そしてキャンドゥで買った100円のサンバイザーを比べてみるゾ〜!

・Amazonで買った1000円以上のサンバイザー

まずは大本命、超高級品サンバイザー『アイメディア(Aimedeia) しっかりUVcutサンバイザー紐付 ワイドブラック』だ。今現在の価格は1199円だが、私は2年前の夏に1377円で購入した。ちなみに、なぜ購入したのかは我ながら謎である。

それはどうでもいいとして、もうね、完璧。誰もが納得のサンバイザーという感じである。まずは大きさ。今回用意した3つの中で最も大きいビッグサイズなので、顔面デカ男の私でさえもバッチリとアゴまでフルカバーしてくれる。

視界も良好。

可動部分も「カコカコ」と気持ちよく動く。

だが、特筆すべきは「あご紐」であろう。これさえあれば風に飛ばされることもないし……

そこはかとない武将感が出る。最高じゃ。

・キャンドゥで買った100円サンバイザー

続いては、さっきとは真逆、最安値「100円」の方をレビューしてみたい。結論から言うと、「惜しい」というか、「100円だな」という感じの出来である。まず、そもそもの大きさが、3つの中では最も小さい。これが最大のネックなのだ。

というのも、顔面をカバーしようとすると……

デコが出る。

デコを隠そうとすると……

アゴが出る。

アゴを隠そうとすると……

デコが出る。

なんという究極の選択。デコかアゴかどっちか選べといわれたら、そりゃアゴであろう。デコチラ状態で日焼けしたら「ついにシャドーを入れてハゲを誤魔化そうとしているな」と思われる可能性もゼロではないからだ。しかし冷静に考えてみると……

ここまでデコが出るのは私くらいの広いデコを持った人だけかも知れない。よって結論としては、「デコが広くない人ならアリ」である。

ちなみに視界も良好だし、可動部分もキチンと動く。可動式サンバイザーの入門用としてなら大アリだ。

・ダイソー200円サンバイザー

たしか150円のサンバイザーも売っていたような気がするが、私が購入したのは100円の倍プッシュ、200円のサンバイザーだ。しかも……ミラー! ミラータイプの98%UVカットモデルでござる。これは期待。なにせミラーだから……

透けないっ……!

顔が完全に見えないっ……!!

これは大きい。かなり大きい。ついでに言うならサイズも大きめ。しかもミラーだから、一気にサイバー感も倍増で、はっきり言ってカッコイイ。なお弱点は……

そこそこ視界が暗く感じることだが……

可動部分は……

可動英孝

上出来、感激、ぼくヒデキ

文句なし、「さすがは200円」といった感じである。1000円以上の商品が最強なのは当然として、ダイソー200円サンバイザーは1000円クラスと大差ないクオリティだ。よって、「実用的&安く」を求めているのであれば、ダイソー200円サンバイザーがオススメです。ん〜、ハイッ。

参考リンク:Amazon「アイメディア(Aimedeia) しっかりUVcutサンバイザー紐付 ワイドブラック
Report:100均研究家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証